ハマリョウ さん プロフィール

  •  
ハマリョウさん: ハマリョウの2010年2月膵臓がん手術、そして2度再発
ハンドル名ハマリョウ さん
ブログタイトルハマリョウの2010年2月膵臓がん手術、そして2度再発
ブログURLhttps://ameblo.jp/hamaryo201404/
サイト紹介文2010年2月に膵尾部と膵嚢胞摘出手術、 2年後の2012年5月に奇跡的に根治手術を実施
自由文まず、この5年間を振り返り、これまでに行った手術2回のこと、
抗がん剤の副作用、自分がどのように考え、膵がんと向き合ってきたか等を
少しずつ書いていこうと思っています。

膵がんに関する治験や新薬のことなどもお話ししていきたいと思っています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/01/23 21:09

ハマリョウ さんのブログ記事

  • 【すい臓がんカフェ】残席11です。
  • 第9回すい臓がんカフェを下記の通り開催します。今回はクリスマスイブ開催なので、まだ11名ほど参加可能です。(12月14日22時現在)18日(日)8時で空席が有っても締め切ります。 気を使い新しい人のために参加を見合せていた方もお越しください。                記【日 時】2017年12月24日(日) 13:10〜16:30(開場・受付:12:50ごろ)【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分    Luz大森 4階 入新井 [続きを読む]
  • たまには、観光案内(抗がん剤治療の後で)
  • 本日、アブラキサン+ゲムシタビン16クール3回目終了後妻と東京駅丸の内口の広場を見てきました。 やっぱり、副作用が強いので写真アップでご勘弁を、 東京駅と反対側の風景 申し訳ありません、寝ます。 膵がん患者のブログが読めます。 色々参考になると思います。ポチッとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • サンデー毎日買いました
  • 本日発売の「サンデー毎日」に免疫治療について特集が掲載されています。 今、アブラキサン+ゲムシタビンの診察待ち、ブログ書いたら記事をゆっくり読みます。 執筆者山内さんがこの記事を書くため免疫治療肯定のクリニック医者は勿論のこと、反対派の国立がんセンター情報センター長、日本医科大学の勝俣医師にも直接会ってインタビューを行いました。 匿名で片寄った記事を書く記者もいる中、山内さんはジャーナリストの鏡だと [続きを読む]
  • ついに始まった代替医療肯定
  • 本日発売の「サンデー毎日」に免疫治療について特集が掲載されています。 私はまだ読んでいませんが、執筆者山内さんがこの記事を書くため免疫治療肯定のクリニック医者は勿論のこと、反対派の国立がんセンター情報センター長、日本医科大学の勝俣医師にも直接会ってインタビューを行いました。 匿名で片寄った記事を書く記者もいる中、山内さんはジャーナリストの鏡だと思います。 明日、抗がん剤治療の前に購入して読むつもりで [続きを読む]
  • 【すい臓がんカフェ】まだ間に合います
  • 第9回すい臓がんカフェを下記の通り開催します。先週土曜日に申し込み開始しましたが、クリスマスイブなので、25名ほど参加可能です。 気を使い新しい人のために参加を見合せていた方もお越しください。                記【日 時】2017年12月24日(日) 13:10〜16:30(開場・受付:12:50ごろ)【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分    Luz大森 4階 入新井集会室【参加資格】すい臓がん患者とその [続きを読む]
  • ありがとうございました。
  • 数日前にアップした、中村祐輔教授の記事のリブログ並びにフェイスブックへのリンク本当にありがとうございました。 信じられない数のよいねもありがとうございました。 これほど多くの方の希望があるのですね。 すい臓がん患者さんのブログが見られます。大変参考になりますので、プチッとお願いします。にほんブログ村 がんのブログです。ポチッとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • がん患者大集会 中村教授の話 (拡散希望)
  • 11月26日、東京医科歯科大学病院M&Dタワー大講堂で行われた  がん患者大集会 中村祐輔教授の講演について大変遅くなりましたが報告します。 憧れの中村祐輔教授とも会終了時に握手でき、5年前の東大医科学研究所退官記念講演の話をさせて頂きました。流石に怖いもの無しの私でも世界の中村教授とお話しなどと思い近寄れなかったのですが、何と妻が先陣を切ってくれました。凄いですね‼ さて本題、中村教授の話 がんの治癒を [続きを読む]
  • また始まった,困った人だ
  • 今日の読売新聞の記事です。 投稿者は、多分読売新聞 医療部 原隆也氏 です。 バックには、国立がんセンターがん情報センター長がいますね。今回は、免疫療法のみならず遺伝子治療についても書いてます。 最初に東京都内のクリニックで遺伝子治療を行ったがん患者が、10回の遺伝子治療で546万円支払ったが上手くいかなかった。とネガティブなことを記載。 解説でたくさん登場する、、国立がんセンターがん情報センター長若尾 [続きを読む]
  • 聖橋プライムカフェ参加
  • 昨夜12月4日(月)18時から御茶ノ水でがん哲学外来「聖橋プラムカフェ」がありました。 会場までの銀杏、ボケてるけどキレイ?順天堂大学の樋野先生の講演と豊島病院緩和ケア医の山田先生や東京医科歯科大学大学院生達のウクレレ演奏などもありました。 がん哲学外来メディカルカフェと言うものがあり、樋野興夫先生が理事長で医療現場と患者の隙間を埋める活動をされています。今回、東京医科歯科大学市民公開講座で山崎先生の講 [続きを読む]
  • 海外医療情報:免疫療法の併用はタイミング
  • 海外がん医療情報リファレンスからの記事です。 ここでは、FDA(米国食品医薬品局)、NCI(米国国立がん研究所)、ASCO(米国臨床腫瘍学会)、MDアンダーソンがんセンター、ジョンホプキンス大学、ESMO(欧州臨床腫瘍学会)、その他欧米の機関が発表する論文をボランティア医師によって翻訳公開しているサイトです。 ここで取り上げられる情報は、信頼できる情報だと思います。 サイトでは以下のお断りが記載されていますので、転 [続きを読む]
  • また始まった
  • 今日の読売新聞の記事です。 投稿者は、医療部 原隆也氏 です。 バックには、国立がんセンターがん情報センター長がいますね。今回は、免疫療法のみならず遺伝子治療についても書いてます。 最初に東京都内のクリニックで遺伝子治療を行ったがん患者が、10回の遺伝子治療で546万円支払ったが上手くいかなかった。とネガティブなことを記載。 解説でたくさん登場する、、国立がんセンターがん情報センター長若尾文彦氏この人は [続きを読む]
  • 【すい臓がんカフェ】:本日20:00から申込み開始
  • 皆様ご存知だと思いますが、第9回すい臓がんカフェを下記の通り開催します。 これまで最短は20分ぐらいで満席になりましたのでご注意下さい。でも、8月のカフェと同様、遠方からの方はホテルが取れないので多少、多分1週間位は申し込み出来ると思います。 でも、予想外れたらすいません。全て自己判断でお願いします。                記【日 時】2017年12月24日(日) 13:10〜16:30(開場・受付:12:50ごろ)【 [続きを読む]
  • 何を言いたいのでしょうか
  • 私は、読売新聞の記事をよくよく読みました。 ますます、国がんが何をしたいのかわからなくなってきた。 特に、最後の同センターは「実施しない理由の検証が必要。病院側の理由による格差をなくすきっかけとなれば」としている。 すべてを国立がんセンターの思い通りの治療を先進的治療を行っている病院を含め押し付けようとしている。これでは、日本のがん治療は世界からますます遅れていき、患者は「絶望」へと向かう。 再発が [続きを読む]
  • 考えられない組織
  • 先ほどのブログ記載事項の新聞記事です。 キノシタさんも疑問に感じてブログ先を越されましたので詳細は、 キノシタさんの該当記事へ 何を考えているのでしょうか「国立がんセンター」あえて中央組織と付け加えます。と言いますののは、国立がんセンターは「中央病院」「東病院」があり、研究も組織も独立性が保たれているようです。東はゲノム解析や先進医療に目を向けてそれなりにやっていると思います。それに反して、理事長が [続きを読む]
  • 副作用に鞭打って
  • 昨日アブラキサン+ゲムシタビンを打って、夜3時30分に目が覚め朝まで眠れず、このところ、打った日の夜はこの傾向が続いている。そして、しゃっくりが続いていて、体がだるい。 中村先生の話を書くことはちょっと難しいが、免疫に関してよい話題が2、3あったので紹介します。 まずは、佐藤先生のブログから、がん種は「大腸がん」ですが、化学療法前の免疫の力、すなわちリンパ球のT細胞、B細胞、NK細胞が多いか少ないかで抗がん剤 [続きを読む]
  • アブラキサン+ゲムシタビン16クール1回目これから
  • 最初にお詫びです。 がん患者大集会での中村教授の話、まだ書き終わっていません。すいません、月曜日火曜日勤めていた会社から、仕事の依頼があり、それに対応していました。 今日も夜、大学の講義があり、明日明後日の副作用どうなるか? 先生の情熱早く皆さんにお伝えしたいです。 この病気、希望がないと立ち向かえません。 すい臓がん患者さんのブログが見られます。大変参考になりますので、プチッとお願いします。にほんブ [続きを読む]
  • がん患者大集会 中村教授の話1
  • 昨日、東京医科歯科大学病院M&Dタワー大講堂で行われた  がん患者大集会 について報告する。ただし、今日は仕事なので書けるところまでである。昼休みに記事アップなり、 会場入り口 浜中先生と開会前に記念写真アブラキサンをはじめて14ヶ月、ずいぶん老けたな。 憧れの中村祐輔教授とも会終了時に握手でき、5年前の東大医科学研究所退官記念講演の話をさせて頂きました。流石に怖いもの無しの私でも世界の中村教授とお話し [続きを読む]
  • はじまります
  • これから東京医科歯科大学病院M&Dタワー大講堂で行われる  がん患者大集会 に行きましょう。 直接会場にお越しになっても入れます。ホール定員は500名ですが、万が一ホールに入れなくても、周りにスペースがあり、インターネット中継も行われます。 是非このがん患者大集会に参加しがん患者の声を行政や医療者に伝えましょう。 私は受付奥のスペースに「すい臓がんカフェ」のプラカードを机上に出しています。 来れない方も [続きを読む]
  • 中村教授シカゴに戻る
  •   がん患者大集会  を終わり、昨日朝シカゴに戻られたそうです。2ヶ月で4往復、アメリカの東海岸と日本の往復は若い人でも相当に大変だと思います。 日曜日の講演中はしっかりしていましたが、こういっちゃなんですが、普通の時は目が虚ろでしたね。中村先生がここまでするのは、日本のがん患者の為なのです。 http://yusukenakamura.hatenablog.com/entry/2017/11/28/094222 このブログの最後で先生は、 がんが遺伝子の異 [続きを読む]
  • 最後のお願い(笑)
  • 以前からお願いしている「がん患者大集会」が明後日に迫りました。 是非、11月26日東京医科歯科大学病院M&Dタワー大講堂で行われる  がん患者大集会 に行きましょう。 第13回がん患者大集会は「がん患者団体支援機構」が主催される会で事前申し込みが必要ですが、 第13回がん患者大集会HPへ こちらからPDFファイルをダウンロードして、必要事項を書き込んだものをスキャンしてメールで申し込みしてください。 しかし、今日明日 [続きを読む]
  • がんにはリンパ球の多さが必要条件です。
  • このすい臓がんブログ参加者229名になりなした。でも最近参加された方に苦言を呈したいと思います。 一つは、白血球の好中球ばかり書いている人が多いのです。白血球は好中球とリンパ球がほとんどを占めています。好中球は例えて言うならば、警察官の役割、リンパ球は、軍隊の役割をはたしています。 即ち好中球は、風邪の菌や感染症にたいし、速攻で攻撃を加えるものです。抗がん剤接種に際して、風邪などの感染が命取りになる [続きを読む]
  • 患者の権利 ”世界医師会の宣言世界⑤リスボン宣言”
  • ご自身は良い主治医と治療を続けておられます。 しかし、一部医療機関と医師の行動に疑問を持たれてます。私も結構酷い話を聞きます。 そんなお医者さんにも理解してもらいたいですね。特に日本のがん治療を推進する組織に判って貰いたい。 すい臓がん患者さんのブログが見られます。大変参考になりますので、プチッとお願いします。にほんブログ村 がんのブログです。ポチッとお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ご協力ありがとうございます:11月26日がん患者大集会
  • 18日から19日にかけ皆さんにお願いした拡散依頼ななんと、すい臓がん患者以外の方からもご協力頂き、12リブログ記録しました。 本当にありがとうございました。 世界のがん治療は確実に免疫と遺伝子解析に移っています。第3回がんサミット小林教授の治療法も私が兼ねてから話しているT細胞ががん細胞を攻撃するものです。人の免疫が働くことにより、副作用が少なく、薬剤耐性が起きにくい治療ができるのだと思います。 そして、 [続きを読む]