へなちょこかいご さん プロフィール

  •  
へなちょこかいごさん: へなちょこかいご
ハンドル名へなちょこかいご さん
ブログタイトルへなちょこかいご
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shino-ka-nami
サイト紹介文アルツハイマー型認知症・80代の母との暮らしで思う事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/24 08:40

へなちょこかいご さんのブログ記事

  • 猫の死がわからない??
  • 親戚宅の猫が、その猫生を終えたときき、母に小さな花束を持たせて訪問しました。直前に母に、こういう訳だから、と言うと、「ああそう〜」とわかっていましたが、やはり忘れる。到着するとテンションも上り調子。ふわふわ毛布に寝かされていた亡き猫を、私が声掛けしながらなでていると、「あら〜! おとなしいこと〜!!」「普通触られたら逃げるんだよ?!」眠っているようではありましたが。場に居合わせた人は、死んだんだよ、と言 [続きを読む]
  • 仏前が気になる母
  • 彼岸の入りで、父の仏前もいつもよりにぎやかに。そうなると母は気になって仕方ない。朝供えた柿が、すぐなくなっていました。母の部屋を見ると、ありました。お盆でもお彼岸でも命日でも、いつもより品数の多いお供えからいつの間にか取ったり食べたりするのはもうあきらめましたが、やはりちょっとがっかりするのです。お供え取っちゃダメだよ、と言うと、またいつもの取り繕い、言い訳が始まります。今日は「だって、柿が爆発す [続きを読む]
  • 参列は難しい
  • 知り合いが亡くなって、葬儀の日程がわかりましたが母のデイの日ではありませんでした。母は私と一緒に参列することも、私が出かけている間に留守番することも難しいのでやむを得ず欠席することに。3年前に、近所の方の葬儀に一緒に行った時に、母はもう無理だな…と思ったのですし。母がデイの日でも、帰り時間に間に合わない距離では私1人でも行けない。この先も、間柄と移動距離が近しい親戚以外はこのようなことになるでしょう [続きを読む]
  • 保冷剤を?!
  • 母の部屋に、小さな保冷剤がありました。お店で食品を買った時につけてくれる、あれです。瞬時に不安になりました。角が切ってあったからです。ギザギザなので、歯で引きちぎったのでしょう。すでに溶けてぷよぷよですが、中身は減ってもいないような。急いでネット検索。保冷剤、食べる…表記されていたメーカー名でさらに調べると、口に入れても安全ではあるけれど、子供とお年寄りは様子を見て下さい、とのこと。少しほっとして [続きを読む]
  • 歯医者再び
  • 母の歯科定期チェックがありました。数日前、横の歯がなくなっている事に気づいていたので、そこの治療が始まるだろうなとは思っていました。終わってから説明が。母が疲れるようなので、休み休みやったとのこと。そして虫歯2ヶ所、腫れ、そしてやはり歯が折れて根元だけ残っている、などの指摘があり、しばらく通院することになりました。去年、数ヶ月かかって全部治したのに。朝晩の歯みがきはしていますが、なにしろ夜にみがい [続きを読む]
  • 母の親戚との会話に
  • 親戚から、仏前にとお菓子が届きました。○○さんに、今からお礼の電話をかけるからと母に伝え、私が話した後、代わろうと受話器を渡すと、「誰?」○○さん。「……??」○○さんからお菓子いただいたからお礼を。向こうに丸聞こえですがそうやって母が電話に出ると、「もしもーーし! △△(自分の名前)ですーー!!」何ともハイテンション。「私、お菓子大好きだからね〜。今踊りながら喜んでたの〜」「うん、良かったぁ〜」母は自分 [続きを読む]
  • お盆は終わった?!
  • 明日からのお盆に備えて、仏前の飾り、お菓子、花、果物などを買って来ました。仏前の飾りは、スーパーの特設コーナーで売っている、簡易お盆セット。敷物や造花の蓮の花などがセットになった物。帰宅して荷物を出していると、母がそれを見て「これ飾るの?」そう。「いいんじゃない? かわいくて」仏壇の前に飾るんだよ。「ああそうなの」お盆だから。そんな会話をしていたら、「じゃあ来年だね」と母。え?「今年はもう終わったも [続きを読む]
  • ここはどこ?!
  • 親戚宅を訪問した時の事。到着した時、ちょうど用事をしていたので、終わるまでソファに座って待っていました。少し時間が経つと、母が何やら落ち着かない様子。すると「お茶かなんか頼んだの?」あっと思った私は、ここ、◯◯さんの家だよ、と母に。「あ〜、そうなの?!喫茶店だと思った」頼まなくてもお茶は出て来ましたし、取り急ぎの訪問にもかかわらず、おもてなしをいただきました。母ものんびりと過ごし、懐かしい、会いた [続きを読む]
  • どっちだ?!
  • 母は、立ち上がりが少し時間がかかります。その際、その様子を見ていなかったり、いたわりの声掛けがないとたちまち不穏に。そして、悔しさや怒りを表すように、足をドンドン踏み鳴らします。あれ…??今、あんなに足が痛いみたいだったのに…。ものすごい音で、足を床に叩きつけています。だから、いったい母の足はどうなのか。立ち上がりがつらいのは確か。でも心配しなくていいのか。わからなくなる時があります。 [続きを読む]
  • 車イス
  • 母、5月に一旦おさまって治療終了した足の腫れと痛み。蜂窩織炎(ほうかしきえん)なのですが、その後またぶり返し、通院しました。3〜4日、立てなかったので、急遽ネットで車イスも購入したり。レンタルも考えましたが、手続きが面倒だし、以前腰を痛めた時にも車イスの必要性を感じたので、簡易型の折り畳み式を。クッションマットも使うと、なかなか乗り心地は良いようです。最初、車イスなんて嫌がるかなと思ったのですが、積極 [続きを読む]
  • 岡村と一緒に?!
  • 母が庭で小さなシャベルを持ってるなあと見ていたら、何か埋めていました。後で掘り返したら、バナナの皮でした。まあいいけれど、アリが来たリ猫が持って行くと困るので生ごみ入れに。ある時は冷蔵庫を開けたら、使用済みの割りばしが。洗ってあるのはいいとして、なぜ冷やす。そんな母、体調を崩して病院へ。待ち合いスペースのテレビに、ナイナイの岡村が映っていました。すると、「この子、なんだっけ…岡村か!」今はすぐに寝 [続きを読む]
  • 冷凍冷蔵
  • 母、冷蔵庫の物を冷凍庫に移す事が多いです。ヨーグルトの大きいパックが冷凍庫に入っていました。フローズンヨーグルトはいいのですが、ちょっと肌寒い朝には気が進みません。ジュースもお菓子も冷凍庫に。そうかと思えば冷凍庫が開いたままになっていて、本来冷凍されるべき物が解凍されていたり。私も、開けてみてから、あっそうだこれがあった、と思う事がありますが、母にとっては毎回初めましてなので、何が入っているか興味 [続きを読む]
  • 自販機のボタンを
  • 自販機でそれぞれ飲料を買いましょうという事になり、私が先にドデカミンストロングを買い、母がラインナップを眺めて「これにするか」と決めたのがりんごジュース。押しボタンの所にお金を入れようとするので、正しい場所を教え、入れると「えーと…どれだっけ」少し考えた後、「これか」と、ガラスの向こうの本体を押す。「あっ、違う」気づいて、りんごジュースのボタンに人差指をあてた…と思ったら、その隣のオレンジジュース [続きを読む]
  • 割れたカップ
  • お客さんと母と私のお茶を用意した時。お客さんが母のカップを見て「かわいいですね」。母は「ああこれ。なんだかこんな模様」と、カップの模様を見せていました。母のカップ…ああそうだ。割ったんだった。それで、使っていない私のカップで間に合わせてたんだ。ホルター心電図をはずした前回の記事。何度説明しても言い聞かせてもわからなくて、お願いだからつけたままにしてて、と懇願しても、とうとう自分ではずしてしまったと [続きを読む]
  • ホルター心電図
  • このところ、具合が悪くなる事が続いた母。回復は早いのですが、念のため心臓の詳しい検査をすることになりました。その中にホルター心電図がありました。ホルター心電図とは、携帯型長時間心電図。この検査の基本を作ったホルター博士の名前をとり、ホルター心電図と呼ばれているそうです。先生に、これをやってみましょうと言われた時、不安がよぎりました。胸部に数ヶ所シール状の電極を貼り、心臓の動きを心電計に記録するので [続きを読む]
  • 足の腫れ
  • 母の片方の足の甲が腫れて、整形外科に。歩けるし、レントゲンも異状なし。血液検査で炎症反応が出たので、ばい菌によるものだろうとのこと。少し前に、自分ですねをかいて、血がにじんでいた事がありました。乾燥肌でかゆかったのでしょうか。もしかしてそこから??投薬治療になり、翌週の検査では炎症反応もなく、腫れもほとんどひきましたが、念のために薬は続け、その次の受診で終了になりました。ふいに思いがけない事がありま [続きを読む]
  • ガチガチあつあつ
  • 夕方、冷蔵庫を開けて、あれ?! と思いました。バナナがない。今日、買って来たはず。母が食べたとしても、ひと房全部は無理でしょう。ああ、部屋に持って行ったな?!母の部屋に行ってみました。すると、真っ暗。そして、ムッと熱気。すぐにカーテンを開け、ストーブを消しました。母はベッドで寝ていました。今日はとても暑くなり、夕方とはいえまだ気温は高い。それなのにストーブをつけていました。いつからつけていたのでしょう [続きを読む]
  • それは呪い
  • ちょっと混乱したり不穏になると「もう死んだ方がいい」と言う母。何度も何度も何年も聞いているので、私は聞き流し。「早く死にたいのに、なんで死なないんだろう」「なかなか死なない」などと。そしてこの間は「早く死ぬように祈って!」と言われました。そんな嫌な役目をやらせないでよ。それはもう、祈りじゃなくて呪いだから。 [続きを読む]
  • 正直に
  • 年を取って、同じ話を何回もするという事はよくあります。認知症じゃなくても。酔ってなくても。他愛ないエピソードだったり、正確性が求められる話だったり。ある70代の人の話で、あれ?! この前と同じ話だけど内容がちょっと違う…と思った事が何度かありまして。○○さんが見た事が、自分が見た事になっている…ありえない事をあったように話す…などなど。さらには、自分がこうじゃないかと思った、思い込んでいる事を、事実の [続きを読む]
  • 耳が遠くなった母
  • 危ない事を注意したのに、「もういいっっ!!」「怒ってばっかり!!」と、怒る母。訂正、言い聞かせ、注意なども、不当に怒られている、と思う。危ない時に、危ない、と言うのも。私もね、大きな声を出したり、荒げたりしたくないよ。最近、母は耳が遠くなって来たので、1度では聞き取れない事が多くなりました。それで2度目は大きな声で言うと、「大きな声、やめて!」と言われます。1.5度目のボリュームってどんなだろう。亡き父は耳 [続きを読む]
  • 家庭内徘徊
  • 暖かくなってきて、母の始動も早くなりました。6時に起き出して、うろうろ。私は起きていますが、先に自分の身支度や仏前の事を済ませてから母の食事の用意をするので、母はテーブルにご飯が出されるまで何度も自室と茶の間を行き来して確かめる。ストーブのタイマーも母が起きる…7時頃に部屋が暖まっているようにセットしてありますが、その前に起きてしまう。デイサービスのない日は午前中たっぷりと車であちこち周りながら買い [続きを読む]
  • 挑む?! 母
  • 買い物などで外にいて、母が、自分の周りに気に入らない人がいると、態度に出るようになりました。通路にいる人…商品を見ているのですが、ジャマだと思うのでしょう。手を叩いたり、足音をたてたり、咳払いをしたり。ああ嫌だなあ、失礼だなあとゆううつになります。先日、セルフのコーヒー屋で、先に空いている席に母を座らせ、私は注文に。順番を待っている間、母を見ると、ちゃんと座っていない。テーブルに向かわず、隣の席を [続きを読む]
  • スカーフを何枚も
  • 母の着替えを手伝っていたら、首元がもこもこしていました。これ取ってもいいね、とスカーフをはずしました。スカーフといっても、それをぎゅうぎゅうに細く、ヒモ状にして、固く結んでいました。それを取ると、その下にまたスカーフ。ヒモ状の。それも取ると、その下にまたスカーフ。ヒモ状の。母は首元が開いていると、ものすごく気にするので、スカーフを巻きたがります。それはいいのですが、ふわっと巻くのではなく、細くたた [続きを読む]
  • 回復が早い母
  • 元気になった母、買い物もデイサービスも行くようになりました。以前から、よく近所の人達に「お母さん、元気だねぇ」と驚かれ、親戚などに母の体調をきかれて、こうだったけど治った、などと言うと「お母さん、回復早いよねぇ」と驚かれていましたが、本当にその通りです。2人でかかったインフルエンザも、私は少しずつ熱が下がったのですが、母は大汗をダーッとかいた後、スッと平熱に。ちゃんとはかれてなかったのではと、何度 [続きを読む]
  • インフルエンザ ②
  • 幸い熱はその日のうちに37℃台まで下がりました。翌日、母をなんとかデイに行かせ、身体を休めていると、午後に電話が。体調が悪いようです、熱もあるようです、とスタッフさん。私がインフルエンザなので迎えに行けません、誰かあたってみて都合がついたらかかりつけの病院に行きますと伝えました。土曜日の午後だったのですが、かかりつけの病院は急患を受け付けてくれるので。しかし。病院に電話したら、現在急患の受付はストッ [続きを読む]