私の発言 さん プロフィール

  •  
私の発言さん: 私の発言
ハンドル名私の発言 さん
ブログタイトル私の発言
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yo1939
サイト紹介文言いたいこと、話したいこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/01/24 11:30

私の発言 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 年をとったり、長年居座ると
  •  長年権力のいすに居座ると、自分ではそんなことは思っていないと言っていても、周りの連中が気を遣いだす。この人にすり寄っていけば、自分にとって損はないと周りの連中が忖度する。私は、こういうような状態が自分の周りに起こるようになったら、自分ではまだまだやれると思っていても辞める潮時だと思っている。自分の周りの人が気を遣うようになったら、自分の不徳の至りとして、辞める潮時だと思ったほうがいい。 また、体 [続きを読む]
  • 年をとったり、長年居座ると
  •  長年権力のいすに居座ると、自分ではそんなことは思っていないと言っていても、周りの連中が気を遣いだす。この人にすり寄っていけば、自分にとって損はないと周りの連中が忖度する。私は、こういうような状態が自分の周りに起こるようになったら、自分ではまだまだやれると思っていても辞める潮時だと思っている。自分の周りの人が気を遣うようになったら、自分の不徳の至りとして、辞める潮時だと思ったほうがいい。 また、体 [続きを読む]
  • 障害者雇用水増し問題
  •  これが国の官庁で働く人の姿ですかね。中央省庁の人って、こんなウソででっち上げた結果を平気でやるのですねえ。公務員はもらえる給料が変わらないから、どんなに働いてもどんなにさぼっていてもいいという特権があります。だから、分からないようにうまくやって、早く出世をしてしまいましょうという気持ちが出てくる人がいるのです。 自分の信念に従って、せめて不正だけはしないで、自分の利を考えることなく真摯に仕事をや [続きを読む]
  • パワハラと忖度
  •  日大とかレスリングに続いて、ボクシングもか?  ちょっと昔に生きてきたやつはこういう権威を振りかざすやつが多い。自分のやっていることがいいか悪いかの判断ができない。自分が得せりゃあ何でもありだ。また、虎の威を借るやつが多いのも特徴。この権威を利用しておれも得しようと考える。文科省のお役人もこの機会を逃してなるものかと自分の利益を得ようといいか悪いかの判断ができなくなっている。この風潮は、安倍さん [続きを読む]
  • チャレンジ
  •  ゴルフやってます。どうしてずっと続けられたかというと(20年以上)、 まず、ゴルフをやる仲間がいたことですね。一人で黙々とやるわけでなくて、べちゃべちしゃべりながら、一日5時間ぐらい歩きます。健康のためにもいいですね。年をとってもできます。年をとると暇つぶしみたいなもんです。田舎では一万円以下で一日遊べます。昔に比べると随分安くできます。 次は、どんなにそのホールが悪くても次のホールでまたチャレンジ [続きを読む]
  • 磯田道史著から
  •  この人の書いた本を読み出したのは、ここ一、二年のことです。日本にどんどん外国人が来るようになって、どこに日本の良さがあるのか見ているうちに「JAPAN CLASS」という季刊雑誌を読みだしました。そこから日本と日本人には世界にないものがあるということに気付きました。それが「徳川がつくった先進国日本」という磯田道史氏の書いた本でなんとなく分かってきました。この人の古文書からの著書に惹かれていくつか読んでいく [続きを読む]
  • 世界卓球女子の南北合同チームの真意は?
  •  このままではどちらが勝っても、日本には勝てない。頑張ってうまくいっても3対2負ける。 南北には日本に勝てる選手が一人しかいないから。しかし、合同チームにすれば、悪くても3対2で勝てる。 そうすれば私たちは、南北の距離をさらに縮めるというヒーローになれる。それが、相手チーム日本を叩きのめすというコリア国民の願いにかなう。 しかし、日本の3対0という結果になった。韓国北朝鮮の選手たちの思惑どおりにはならな [続きを読む]
  • 狡い役人と出世競争
  •  頭がいい人は、仕事の理解力もよく仕事がよくできる。しかし、こういう人が人間的に優れているかどうかは分からない。俗に成績がイイ人は頭の回転も速いが、人間的に優れていないと狡賢くなる。狡賢い人は、人をだますのもうまい。口がうまいから相手の心をもて遊ぶ。大抵の人はこの人の口車に乗せられる。口のうまい人は、相手の心を見透かしておだてる。このおだてに自分を認めてくれる人だと勘違いする。頭がいいから相手の考 [続きを読む]
  • 佐川さん、役人から悪人へ
  •  証人喚問なんてやっても無駄みたいだが、これをやれば解決すると考えてはだめだ。「刑事訴追の恐れがありますので、答弁を控えさせていただきます。」「記憶にございません」との二つで切り抜けられる。 佐川さんは悪の仲間から脱出できない人である。国民を敵に回したようなものだ。日本の政治史に残る悪い見本を残した。悪の仲間入りして人生を終わろうとしている。 佐川さんは、人生が一度しかないってことを分かっていない。 [続きを読む]
  • 狡賢い政治家と保身の役人
  •  佐川国税庁長官が辞任した。上手く国民の目をごまかしてくれたから、ご褒美に長官にしてあげるとして長官になってから日も浅いのにこのざまである。安倍さんも麻生さんも適任とほざいた人物である。これで森友問題の幕を引くつもりではないと思うが見苦しい限りである。トカゲのしっぽ切りということで終わらせるようなら、暴力団のやり方と一緒である。 日本人はこういうことを見越して選挙に臨むべきなのに、まだまだ、日本人 [続きを読む]
  • 衆議院議員選挙   狡猾
  •  ずるいことをやったら。それは世間に通用しないということを思い知らさないといけないのに、世論調査ではそれを許す傾向にある。こんなこと許したら 北朝鮮が今にも攻めてくるとか言って国民の目をそらし、自分の悪いことをうやむやにしようなんて狡い。戦争していいことなかったではないことぐらい日本人は承知しているはずだ。威勢のいいこと言うとすぐ乗ってしまう人がいるからこういうことになる。あれは、国民の目から自分 [続きを読む]
  • 必殺仕事人
  •   世の中狡い奴が得するようになったらやってられない。必殺仕事人をTVでみていると、毎回ざまあみろという気持ちがしてくる。狡い奴が得して一般の善人が損するような世の中は間違っている。最後は狡い奴を殺してしまう結末に快感を覚える、裁判でなく殺人という手段にもかかわらず。 今のこの日本に、こうした狡い奴を殺すという手段はとっていいというわけにはいかないが、懲らしめてやりたいと思うのは間違いだろうか。法の [続きを読む]
  • 法的には何ら問題はない
  •  今回の東京都議選の結果を見て、東京都民は賢い人が多いと感じました。舛添さんは結果的に小池さんの結論は自分のときと変わらない、無駄なお金を使ったとインタビューに応えていましたが、舛添さんはやっぱり何にも分かっていないなと思いました。税金は自分の利益のために使ってはならないのです、たとえ一円でも。税金は私的に使うなと言っているのです。小池さんは都民のために働いています。そこが違うのです。 安陪さんは [続きを読む]
  • 「美しき日本」が「薄汚れた日本」になってしまう
  •  「しらを切る」とは、まさに今の菅官房長官のことを言います。おまけに前川氏のことをあれこれ引きずり出して、肝心のことをうやむやにしようと企んでいます。卑怯な言動と言わざるを得ません。こういう手を使う人を恥知らずというのです。自民党が日本を汚い薄汚れた国にしようとしています。日本のよき資質が壊されてようとしています。過ちは潔く認め、過ちは直ちに正していくべきです。子供たちが菅官房長官をまねていくよう [続きを読む]
  • 日本国憲法
  •  70年たってもわが国の憲法は、世界に誇れるものです。戦争という苦い経験を持つわが国が永久に誓った不変のものです。このままで何の不都合もありません。この世界に誇れる憲法は改正必要なしです。 国連に貢献したいという願いをもつならば、国連軍を常設にして世界中から隊員を募集し世界の平和を守るようにすればいいと思います。各国は自国の軍隊と切り離します。各国が自分勝手に他国へ軍隊を送ること、他国を攻撃するこ [続きを読む]
  • 法を曲げて正当化しても
  •  日本の司法は政治に迎合している。その点アメリカの司法はさすがだ。大統領が言おうがダメなものはダメということができる。日本の司法は、何が正しいかということに基づいていない。時の政治に左右されている。こうした誤りは戦前と同じ過ちを犯している。歴史に学ぶということが分かっていない。 稲田防衛大臣は、表現を変えれば法は避けて通ることができると思っているが、司法がしっかり指摘していくべきだ。 司法が独立し [続きを読む]
  • 議員の質低下現象
  •  最近の議員は質が低下している。特に地方議員はひどい。碌でもないのが議員になってのうのうとしている。議員になってしまえばこっちのものという具合で、善悪の判断もできないのが議員になっている。何にもやらないから、政務活動費を使いこなせない。私利私欲に取りつかれている。 国会議員も質が低下している。寄らば大樹の陰という議員がおおく、自分の考えとか信念を持たない。だから、何でも賛成と手を挙げているだけ。日 [続きを読む]
  • 過去の記事 …