まりほ ぱうら さん プロフィール

  •  
まりほ ぱうらさん: カトリック信徒、まりほの覚え書
ハンドル名まりほ ぱうら さん
ブログタイトルカトリック信徒、まりほの覚え書
ブログURLhttps://ameblo.jp/margarita0708/
サイト紹介文カトリック信徒の信仰日記。ご聖体訪問や霊的読書の記録、講座やセミナー、黙想会などで学んだこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供291回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2015/01/24 15:37

まりほ ぱうら さんのブログ記事

  • サンロレンソの涙
  • 今日は聖ラウレンチノ助祭殉教者の祝日です。私の大好きな聖人の一人ですサンロレンソの涙、ペルセウス流星群の極大日は13日。サンロレンソは3世紀の人。4世紀には公式な崇敬を集めていたようです。手術に伴う治療が一段落しました。悪性の所見は見当たらないとの事。もう強い運動もできるそうなので、挨拶周りから仕事復帰し、体力向上のためのスローランニングも再開しようと思います [続きを読む]
  • 今日は聖ドミニコ司祭の記念日です。
  • ドミニコさん、ドミニクさん、ドミンゴさん、霊名日おめでとうございます。8月8日 聖ドミニコ司祭の記念日 結びの祈願すべての人の救いを望まれる神よ、聖ドミニコの教えと模範によってあなたの民を照らしてください。すぐれた説教によって人々を導いた聖人の取り次ぎに支えられ、真理の光に近づくことができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。ドミニコ会の修服、めちゃめちゃツボ [続きを読む]
  • 奥に隠してる。
  • 悪魔という霊的存在を信じますか?カトリック教会では「悪魔は存在する」という教義はなく、信じるかどうかは個人の判断に任せられていて、聖職者でも信じない人がいます。 昔流行った『天使と悪魔』はまだうちの本棚の奥の奥にあります映画も観たんだよね〜。ちょっと教会でも話題になったけど、普通に楽しんで読んだし、トムハンクスの演技もよかった おとといの夜、BSプレミアム「世界神秘紀行」でイタリアの悪魔祓いのドキュメ [続きを読む]
  • ぶっちゃけ、無理したな。
  • 最寄り駅から四谷駅まで30分ほど電車に乗らなくてはなりません。今週はやっと続けて30分ほど歩けるところまで快復してきて、でも痛みもまだあるし、、と悩みまくり。日曜の朝は座れる可能性がほとんどないので、今日術後初めて電車に乗り、イグナチオの主日ミサに与りました。お掛けさまで行きも帰りも座ることができ、本当にラッキーでした。神に感謝! [続きを読む]
  • 1000円超える雑誌は、、、
  • 買わないんだけどさ。久しぶりの本屋さんだったし、つい、ね。新約聖書を元にした小説、かなあ?宗教絵画を説明するために、筆者によってかな〜りかみ砕いているので、人によってはちょっと・・・と思うかも。そういや昔、中丸明というライターがいて、若いころハマって読みましたが(『絵画で読む聖書』など。カトリック理解はかなりいい線いってますが、まあ下品)、この特集も敬虔なクリスチャンは抵抗あるかもしれません。ちな [続きを読む]
  • も、戻り梅雨?
  • 8月になりました。東京は今日も蒸し蒸しと曇り空。 2017年8月の「きょうをささげる」の意向です。 世界共通の意向:芸術家たち 今を生きる芸術家たちが、与えられた才能によって、被造物の美しさに誰もが気づく助けとなりますように。 日本の教会の意向:戦争で亡くなった人々戦争で亡くなった人々のための祈りに、戦争を繰り返さない決意と行動が伴いますように。 絵画や写真、音楽・舞台関連、私の友人はアーティストばっかり。 [続きを読む]
  • 積読を横目にまた新しい本。
  • tsundokuという麗しい日本語!外国で紹介されているネット記事を読んだことがあります時間があっても読めない本というのは、私の頭レベルには難しい、重い本ってことですが、読めないなりに字づらを追うという対処療法で。ところで、お見舞いに本を頂きましたその一つがなんとユスト高山右近列福式の写真集188人殉教者の列福式の写真集は図書館で眺めただけで、これは列福式も出たし欲しいな、でもYouTubeもあるし本も図書館でいつ [続きを読む]
  • 祖父母の日
  • 7月26日は「聖マリアの両親聖ヨアキムと聖アンナの記念日」です。祖父母の日とする国や地域もあり、日本で言うと敬老の日になるのかしらん。ヨアキムさん、アンナさん、アナさん、霊名の記念日おめでとうございます。聖マリアの両親 聖ヨアキムと聖アンナの記念日 結びの祈願信じる者の父である神よ、あなたは聖ヨアキムと聖アンナによって、救い主の母マリアを世に与えてくださいました。聖人の祈りを聞き入れ、あなたの民に約束 [続きを読む]
  • さんちあーごー!
  • 明日7月25日は聖ヤコブ使徒の祝日です。ヤコブ(大)、サンティアゴが霊名の皆様、おめでとうございます。絵画ではホタテ貝がトリビュートですね。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂主祭壇のご像。祭壇の後ろ通路の階段を登り、ここまで上がることができます。昔はこのご像(のマント。宝石がごろごろ埋め込まれています)に直接ハグやキスが出来ましたが、現在はアクリル板越しだそうです。私が行ったのは20年前島原の乱で天草 [続きを読む]
  • 都の聖母に会いたい
  • 東京のS病院の外来受付から病棟に入る通路の角に、「都の聖母」像(レプリカ)が安置してあります(この病院にはあちこちに様々なマリア像が置いてあります。イエス様は正面玄関に)。私は通院中、そこで初めて「都の聖母」の存在を知り、一緒に置いてあったチラシでその云われを知りました。実物は京都カテドラルにあるそうです。S病院の「都の聖母」。退院直前は外来の方まで散歩していたので、最後に撮りました。京都カテドラル河 [続きを読む]
  • 目に見えないことは、なんだって難しい。
  • 家を空ける時、朝・晩・寝る前の祈りは、普段と違う祈りをします。普段私は『教会の祈り』という、カトリックの聖務日課をやっていますが、この祈祷書は重くて嵩張る上、他の本も必要とします(聖書と『毎日の読書』)。教会の祈り 新しい聖務日課 Amazon 毎日の読書「教会の祈り」読書第2朗読―年間3(第14~20週) Amazon 今回入院先に持ち込んだ祈祷書は『祈りの友』。祈りの友 (普及判) Amazonこれで朝・晩の祈りをやっていまし [続きを読む]
  • 梅雨明け!
  • 旅に出たいですが、この身体じゃね。久しぶりに、日本じゃ誰も知らない聖人。これは去年今頃、西美で撮ったもの。常設展示なので今もきっとあるよね?ガラス越しに撮るのは難しい今日はこの2人、聖ユスタと聖ルフィーナ殉教者の日(姉妹)。サンタフスタという駅がスペインのセビリアにあります。スペインの地方都市、高速鉄道のターミナルでとても立派な駅です。セビリア大司教区では祝日。セビリア、セビージャ、来年行きたいんだ [続きを読む]
  • 特別な日曜日
  • 日本語では日曜日だけど、ラテン語起源の言語だと土曜日は「安息日」、日曜日は「神の日」です。なぜ日本語では太陽の日というのでしょう。主日、主の日です。7月16日はカルメル会典礼では大祝日、カルメル山の祝されたおとめ聖マリアの祭日(一般の典礼暦では任意の記念日)ですが、残念ながら盛式ミサに与ることが出来ません。今日退院します。院内チャペルのマリア様ともお別れです。カルメル会どころか、所属教会にも行けません [続きを読む]
  • 使えるものはなんでも
  • ご絵のたぐいはたくさん持ち込んでいます差し入れに分厚い黙想書を頂きました。そっちは退院してから読むかなー。これはアマート枢機卿様に祝福して頂いたロザリオ。院内チャペルでお祈りするのは、特別な気持ちがします。なんと公教会祈祷文、しかも古いやつ、が置いてありました。もしかして創立者神父様が使っていたものでしょうか。まさか、ね。持ち込んだロザリオが切れてしまったけれど、なにせ入院中でペンチも何もありませ [続きを読む]
  • 本とリハビリと。
  • ここはある修道会の運営する病院ですが、ほとんどシスターは見かけません。このブログにいらしたアナタ、どうかこの病院のため、修道会のため、一緒に召し出しを祈ってくださいっ。病棟内の本棚に、創立者の伝記を見つけました。『信仰の遺産』で有名な、岩下壮一神父の後輩にあたる方だそうで、医師になってからの海外留学中に召命を感じ、叙階して帰国され、こちらの病院を建てたそうです。医師で司祭だなんて、そんなに大きな召 [続きを読む]
  • 真夏...
  • まだ梅雨は明けていませんよね?入院生活も折り返しまで来ました。少しずつ、確実に回復してきています。入院までにしっかり鍛えておいた甲斐がありました。主治医は若い兄ちゃんで、ここへ来てやっと打ち解けてきた感があります。もっとリラックスして患者に向き合えばいいのにさ、、なんてオバサンの発言?勿論本人には言わないわよ読み返そうと思っていた『パウロ 十字架の使徒』を新約聖書と合わせながら読んでいます。 [続きを読む]
  • 待つの。
  • あとは日にち薬なんです。主日ミサ連続記録(ほぼ2年)と、初金ミサ連続記録(1年ちょい)がついに途絶えましたま、そういう時のために、普段は行けるだけ行くんですよ〜。教会の方からの差し入れは今日の「聖書と典礼」とルルドのパスティーユ。今日から完全常食になったので、おやつもちょっとだけ頂けます。また仕事仲間が業界紙の、古くて余ってるやつを持ってくれました。絶好の暇つぶしです。この病院では、病室入り口にこういう [続きを読む]
  • カトリックと…
  • 日本のカトリック教会では、オーソドックスチャーチのことを正教会と言わず東方教会と言うことがほとんどです。個人だと正教会と言う人も結構いますが、神父様たちの口から聞いたことはないかも…。はて、プロテスタントの方はどう呼ばれているんでしょうか。こんなリーフレットを頂きました。正教会の入信のためのテキスト的なものでしょうか。ニケア・コンスタンティノープル信条と呼ばれている、いわゆるクレドの解説本です。私 [続きを読む]