スピリチュアルな本 さん プロフィール

  •  
スピリチュアルな本さん: おススメのスピリチュアルな本 & 自己啓発の本
ハンドル名スピリチュアルな本 さん
ブログタイトルおススメのスピリチュアルな本 & 自己啓発の本
ブログURLhttps://ameblo.jp/spiritualbooks/
サイト紹介文皆さまの人生がより幸せになるように、スピリチュアル系&自己啓発系の良書を紹介させていただきます。
自由文私が紹介する本に共感してくださる方とつながれることを楽しみにしています。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/25 13:42

スピリチュアルな本 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 挫折:「おめでとう、いよいよ、あなたの人生の本番がやってくるようですね」
  • 挫折:「おめでとう、いよいよ、あなたの人生の本番がやってくるようですね」 - 山川夫妻の言葉〜『魂のことば』より物事が思ったとおりや予定どおりに進まず、途中でくじけたとき、「挫折してはじめて、あなたは自分が本当に望んでいたものを、心の片隅から見つけることができるのです」と山川夫妻はおっしゃいます。挫折したということは、あなたの思いや計画が、本当に心から望んでいるものではなかったからで、 [続きを読む]
  • 人との関わりを持ち、苦労も味わうからこそ、切磋琢磨できる。
  • 人との関わりを持ち、苦労も味わうからこそ、切磋琢磨できる。江原啓之氏の言葉- 『あなたにメッセージが届いています』より現世の人々はみな人間関係に苦労しています。しかしそのような苦労によって人は磨かれるのであり、人間関係の摩擦を通して人の心を知り、より高い人格となることで、より愛し愛され幸せになるのだと江原氏は言います。 しかし人は磨かれることを恐れがちで、人とぶつかることを避けていると、いつまで [続きを読む]
  • あまりに多くの人が自分を忘れています。
  • あまりに多くの人が自分を忘れています。幸福を求め、愛と喜びを求めているのですが、自分自身の外側ばかりを捜しているのです。ジェームズ・ヴァン・プラグ氏の言葉- 『天国との会話』(著者:ジェームズ・ヴァン・プラグ、出版社:光文社)グローバル・コミュニケーションや科学技術が発達した現代、満たされない不幸せを感じている人の姿が目立つとプラグ氏は指摘します。自分のことばかりを考えている人、怒りや不健康、絶望、 [続きを読む]
  • あなたの行くところが光り輝く
  • あなたの行くところが光り輝く斉藤一人氏の言葉 - 『変な人が書いた成功法則』よりまわりの人が否定的な考え方をしていても、自分の肯定的な考え方を失わずに、自分の居場所を照らすような宝石になることを斉藤氏は勧めています。宝石は、砂利の中で1つだけ光っているから宝石なのです。そもそも人に照らしてもらおうという気持ちがあるから、暗いところは避け、明るいところに行きたいと人は考えて右往左往しなくてはならなくなる [続きを読む]
  • 成績がよくても人生のピンチやチャンスには役に立たない
  • 学校の成績がよくても、人生のピンチやチャンスにはほとんど役に立たないダニエル・ゴールマン氏の言葉- 『EQ こころの知能指数』よりIQ(知能指数)が高くても富・名声・幸せを得られる保証はないのに、学校も社会も学力を重視して、EQ(心の知能指数)がなおざりにされていることは問題だとゴールマン氏は言います。1940年代に米国の名門大学ハーバードを卒業した人々を中年になるまで追跡した調査によると、大学時代に成績優秀 [続きを読む]
  • おがくずを挽こうとするな
  • おがくずを挽こうとするな『道は開ける』(デール・カーネギー氏)よりデール・カーネギー氏は、過去の失敗を建設的なものにするには、その失敗を冷静に分析して何かの足しにする、そしてあとは忘れることだと言います。しかしこれを実行することは難しいことだと、カーネギー氏は自身の苦い経験を引き合いに出します。同氏はかつて大規模な成人教育事業を立ち上げ、各都市に姉妹校を設けながら広告費や経費に惜しみなく投資し、約 [続きを読む]
  • 敵は恩人
  • 敵は恩人中村天風氏の言葉-『ほんとうの心の力』より日本の昔の武士は、どんなときも敵を愛し、憎むことはしなかったと中村天風氏は言います。自己の存在は相対的なものがあってはじめて、その存在を確保できるからというのが理由です。つまり、相対するものがなくなれば、自分の存在価値を定めてくれるものがなくなるということです。たとえば、剣豪宮本武蔵の強さを知らしめられたのは、佐々木小次郎という強い相手があってから [続きを読む]
  • 「他者の関心事」に関心を寄せることが尊敬への第一歩
  • 「他者の関心事」に関心を寄せることが、あらゆる対人関係で求められている、尊敬の具体的な第一歩「哲人」の言葉-『幸せになる勇気』よりどんな対人関係でも相手の関心事に関心を寄せ、ありのままにその人を見ることが尊敬だと哲人は言います。たとえば、親子ならば親が子を尊敬し、会社組織ならば上司が部下を尊敬するということで、つまり自分の価値観を押し付けようとはせず、その人が「その人」であることに価値を置くという [続きを読む]
  • 他人に興味を持つことによって自分を忘れよう。
  • 他人に興味を持つことによって自分を忘れよう。毎日、誰かの顔に喜びの微笑みが浮かぶような善行を心がけようデール・カーネギー氏の言葉-『道は開ける』より「他人への配慮は、自分の悩みから自分を救うだけでなく、多くの友達をつくって、多くの楽しみを得ることにつながる」とカーネギー氏は言います。同氏は、これを裏付ける逸話やさまざまな人の言葉を使って、このことを説明しています。まず同氏は、『道は開ける』を執筆し [続きを読む]
  • やらなければならないことに 縛られない
  • やらなければならないことに縛られない桝野俊明住職の言葉-『禅的生活ダイエット』より忙しい日常生活の中で、「あれもしなければ、これもしなければ。ああ、時間が足りない」と、やらなければならないことにがんじからめになって、やる気がくじかれている人が多いと、桝野住職は指摘します。食べ物でいうならば、どんなに美味しい料理でも、お皿に山盛りにして出されて「これを全部食べてください」と言われたら、誰でも引いてし [続きを読む]
  • 過去の記事 …