violet さん プロフィール

  •  
violetさん: Violet@Tokyo
ハンドル名violet さん
ブログタイトルViolet@Tokyo
ブログURLhttp://violet-tokyo.com/
サイト紹介文ジャンルはバラバラですが、日々の生活や趣味を好き勝手に綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/01/25 14:47

violet さんのブログ記事

  • 強すぎる仲間意識がウザい理由
  • ふだん何気なく使っている言葉「仲間」について、思うことを書いていきます。「仲間は必要か」と問われればYESと答えます。でも何かにつけて「私たち、仲間だよね」と、やたらに仲間意識を強調されるとむず痒くなる私がいます。ごく控えめに言ってウザい。その理由はなんだろうと考えてみました。 [続きを読む]
  • 幸せとは縁遠い人の特徴
  • 人を表面だけで見れば、この人にはこういう条件が揃っているから幸せだろうと勝手に想像してしまうもの。お金があるから幸せ、いい車に乗っているから幸せ、立派な家があるから幸せ、子供や孫に囲まれて賑やかに暮らしているから幸せ、やりたいことが自由にできるから幸せ、安定した仕事があるから幸せ・・。ところが実際は不満だらけというのはよくある話。こういった事実を知るにつけ、不幸とまでは言わなくても、幸福だと思って [続きを読む]
  • 女が派閥を作りたがる理由
  • 人の集まりには派閥はつきもの。面倒なことはイヤ。煩わしいことには関りたくない、付かず離れずでいようと思っている人も、気がつくと一定のグループに仲間入りしていることはよくあります。特にママ友やご近所付き合いが多い女性にはつきものです。そんな時に注意してほしいのは、友達づきあいの延長のつもりが、いつのまにか派閥になっていたときです。派閥と仲良しグループは違います。 [続きを読む]
  • 誰も愛せない男ほど「一緒にいても楽しくない」と言う
  • 前彼に「一緒にいても楽しくない」といわれてフラれた女性の書き込みを読んで思うこと。それは「一緒にいても楽しくない」というのはただのこじつけで、最初から好きじゃなければ、別れの理由なんてあってないようなものです。こういう人ほど自分がいちばん大事で、誰のことも愛せない典型です。だって自分のことしか考えてないもの。この記事ではその理由について書いていきます。 [続きを読む]
  • 賢い離婚報告と賢くない離婚報告
  • 友人が離婚した旨をメールで報告してきました。本当に1〜2行程度の短い文面で、詳しいことは何一つ書かれていませんでした。「賢い離婚報告」とは、余計なことを一切言わず、事後報告程度ですませたことを意味します。これと反対に、「この人、ヴァッカじゃね?」と思った離婚報告もあります。それは別れた相手の悪口オンパレード。夫婦のことは当事者にしかわからないことが前提である以上、言われたところで返事のしようもない。 [続きを読む]
  • 「はい、論破」が裏目に出るとき
  • 論破すること全てが悪いとは言いません。時と場合によっては論破することも必要だとは思ってます。ただし、相手の意識を変えられるかどうかは別として、というのが前提ですが。だけど「これはないわ」と思うのは、自分の正当性をアピールするのが目的となったとき。そんなときはたいてい論争になった事柄から大きく外れ、「論破」という名の、その実「感情的な断罪」になっていることがほとんどです。 [続きを読む]
  • この春、「チェアリング」デビューしませんか?
  • あっという間に葉桜になって、景色はみずみずしい新緑に変わってます。今の季節は外で過ごすのが本当に気持ちいいですよね。自他共に認めるインドア派の私でさえ、蚊に刺される心配がない今の季節だけは、屋内にいるのがもったいないと感じます。そこでこのゴールデンウィークは、近くのお気に入りスポットでチェアリングをして過ごそうと、さきほどアウトドア用の椅子を購入しました。この記事ではチェアリングにぴったりの椅子と [続きを読む]
  • 遅くて雑!最悪なリフォーム業者にイラついた話
  • リフォーム業者の選び方は本当に難しいですよね。つい最近、二軒の業者に入ってもらいました。うち一軒は最高。片やもう一軒は最悪。どのくらい最悪かといえば、なかなか来ない上にやっと来たとしてもやり残しだらけ。とにかく、全てにおいて雑。ひどい目に遭いましたよ。ということで、この記事では両者の違いから見えてきた、失敗しないリフォーム業者の選び方やコツを書いていきます。 [続きを読む]
  • 嫌な思いをした人に許す努力を強要する偽善者
  • 誰かにひどいことをされて怒っていると、怒っている方が悪いみたいなことを言われたことはありませんか?被害を受けた当事者でもないのに「"そんなこと"でいつまでも怒っているあなたが悪い」と諭す偽善者って、どこにでもいますよね。いちばん苦手とするタイプです。許すか許さないかは被害を受けた側が決めること。第三者が口を挟む筋合いではありません。それこそ見当違いのよけいなひと言なのに、本人にはそれがわからない。わ [続きを読む]
  • ここがすごいよ、LION MEDIA!最強の無料WordPressテーマ
  • 無料のWordPressテーマは、そのままだとデザインは味気なく、好きなデザインに仕上げるにはカスタマイズが必須。私の中ではそんなイメージが勝手に定着してました。ところがFITのLION MEDIAというテーマを使った瞬間、そのイメージが覆りました。このテーマ、すごいです。オススメです。これ以降、WordPress無料テーマ・「LION MEDIA」を使った感想を書いていきます。 [続きを読む]
  • 陰湿な女のいじめは嫉妬から生まれる
  • 「嫉妬はいつも正義の服を着てやってくる」タモリはいいこと言いますよね。女のいじめの多くは、嫉妬が原因です。中でも特に厄介だと思うのは、世間体を重んじるあまり、表面的には「正しい人」の体を保ちつつ、軽くチクッと、なにげない会話の中で小バカにしたような、棘のある言葉を吐いてくる人。そういった二面性のある人は、自分の中にある「無意識の悪意」から目をそらしているからいじめをしている自覚がありません。世間的 [続きを読む]
  • 後ろめたさゆえの饒舌は、墓穴を掘る!
  • 後ろめたい人ほど饒舌になる、というのは世間一般でよく知られた話。でも、逆効果ですね。喋れば喋るほどボロを出し、相手にどんどんヒントを与えていきます。そのヒントを元に矛盾点を指摘すると、図星であればあるほど支離滅裂なことを言い出し、最後には怒り出します。たまたまそんな光景を目撃して思うこと、それは、月並みですが隠す必要のないくだらない隠し事は、しないがいちばんだということです。 [続きを読む]
  • 人の秘密をばらす人とばらされた人。どちらに非がある?
  • 人の秘密をばらす人,秘密をばらされた" data-medium-file="https://i1.wp.com/violet-tokyo.com/wp-content/up
    loads/2018/02/4.png?fit=390%2C219&ssl=1" data-large-file="https://i1.wp.com/violet-tokyo.com/wp-content/uploads/2018/02/
    4.png?fit=830%2C467&ssl=1" />「誰にも言わないでね」と念を押して打ち明けた秘密なのに、いつの
    間にか周囲に知れ渡ってしまうというのは世の常。口さがない女性の世界は特に多いことです。 [続きを読む]