S さん プロフィール

  •  
Sさん: クラシックギターを極める日記
ハンドル名S さん
ブログタイトルクラシックギターを極める日記
ブログURLhttp://cguitarkiwametaru.seesaa.net/
サイト紹介文クラシックギターに関連する書籍、楽譜の紹介や、テクニックに関する記事を書いています。
自由文クラシックギターを練習する際の気づきやアイディア、他の方の演奏を聴いた際に感じたことなどを綴っています。

上達したいけれども伸び悩んでいる方のヒントになれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/01/26 00:27

S さんのブログ記事

  • 埼玉ギターコンクール 2018
  • 埼玉ギターコンクール。2018年の募集要項がホームページに掲載されていました。↓http://www.saitama-guitar.org/2018/04/25.html今年はもしや、やらないのか?とも思っていましたが、そんなことはありませんでした。このコンクールは、身近な感じのすると言いますか、アットホームな雰囲気でゆったり見れるコンクールです。出場者は終了後の懇親会で、審査員の先生方に直接感想を伺うこともできるので、専門家を目指していない方 [続きを読む]
  • メンスー ギター
  • 少し前のことになりますが、そういえば書いていませんでした。メン・スーさんの来日コンサートに行ってきました。豊洲シビックホールで開催されたものです。あの方のテクニックは本当にずば抜けています。超絶技巧の曲ばかりだったのですが、曲の難しさを微塵も感じさせないような演奏でした。もちろん表現も素晴らしかったです。ピアソラに関しては、個人的にはちょっときれいすぎる演奏かなと思ったのですが、それも、あまりにテ [続きを読む]
  • 第1関節だけを曲げるって可能なのか?
  • ちょっと今手元に本が無い状態で書いているので、本の表現が正確に再現はできないのですが・・・アベル・カルレバーロの名著『ギター演奏法の原理』という本があります。クラシックギターの教本ですね。この本で異色なのは、ギターの構えに関する深い洞察と、タッチの種類について細かく分類されていることではないかと思います。(アルアイレとアポヤンドというざっくりした分類ではない)私はこの本が好きで、二回ほどこのブログ [続きを読む]
  • 和声学の本
  • 以前、こちらの記事で、和声学を独学するのに良い本として、『ネットで採点 和声学課題集 I』をご紹介しました。↓和声学が独学できるサイトその当時はⅡがまだ出版されていないくて、中途半端な感がありました。最近確認したら、Ⅱが出版されていました。ⅠⅡ揃えるとかなり体系的に和声学を勉強できます。独学でも採点がネットでできるので、勉強がかなりはかどるのではないかと思います。こちらがⅡです。↓ネットで採点 和声学 [続きを読む]
  • クアトロパロス 卒業
  • クアトロパロスの齊藤さんと萩野谷さんの卒業の話題で驚いた方って、どれくらいいらっしゃいますかね?CD クアトロ・パロス/iLeva !発端は、クアトロパロスのメンバーである齊藤泰士さんがtwitterで更新を通知されていた、こちらの記事です。↓齊藤泰士のブログ | ご報告─────────────────みなさま、突然のご報告になってしまって、本当に申し訳ありません。私、齊藤泰士は明日の活動でクアトロ・パロスを卒業 [続きを読む]
  • いちむじん 解散
  • 以前、「いちむじん 卒業」という記事を書いたのですが、そのときはメンバーチェンジのお知らせでした。今回はついに、本当に解散です。2018年3月末をもって、いちむじんとしての活動は終了になりました。こちら、山下さんが「いちむじん」として書かれた最後の記事です。でもとっても前向き!↓今日で最後!!!!!感謝のメッセージ!!!!!こちらが、その2日前の記事で、解散が発表されています。まさか、この日が来てしまう [続きを読む]
  • 高音弦の共鳴
  • 弦の消音というのを考えるとき、1弦の開放弦を弾いたあとには、5弦と6弦のハーモニクスが鳴ってしまうので消音する2弦の開放弦を弾いたあとには、6弦のハーモニクスが鳴ってしまうので消音するというのは基本的だと思います。最近重要だなと思い始めたのが、このような低音弦の共鳴ではなく、高音弦の共鳴です。例えば、4弦の9フレットの「シ」の音を弾くと、2弦の開放の音と一緒なので、この場合はハーモニクスではなく開放弦の音 [続きを読む]
  • MuseScore2 小節 追加
  • MuseScore2で楽譜を作っていて、途中で小節が足りなくなることがあると思います。その場合の追加の仕方です。基本の操作は、上のメニューの中に、「追加」というところがあるので すると、「小節」というところがありますので、そこにカーソルをあわせます。すると4つの項目が出てくるのですが、「追加」というのは楽譜の末尾に、「挿入」というのは、現在編集中の小節の前に、小節を追加します。メニューに書かれている通 [続きを読む]
  • 左手のこすれる音を積極的に利用した例
  • ギターの巻き弦は、押さえている左手の指を離すときに気をつけないと、あるいは押さえたまま指をスライドさせると、「キュッ」という音が出ますよね。クラシックギターでは雑音の一つに数えられると思います。そんな左手のこすれる音を積極的に利用した例が身近なところにありました。それは、朝の連ドラ『わろてんか』の主題歌です。連続テレビ小説「わろてんか」 明日はどこから (NHK出版オリジナル楽譜シリーズ)音と音の間の絶 [続きを読む]
  • フォルマール ギターオーディション
  • フォルマ―ル・ギタリスタスという団体が主催するコンクール(オーディション)があります。詳しい情報なのですが、ネットで検索しても見当たらないという・・・(2018/4/3追記:以前はホームページがあったと思うのですが、今探すと見つかりません)ということで、詳しくはこちら。審査員の一人、萩野谷さんのTwitterです。↓https://twitter.com/hagynari/status/952000578690822145審査員の講評がいただけるのがありがたいとこ [続きを読む]
  • 鈴木大介さんの演奏がすばらしい
  • 最近鈴木大介さんの録音をまとめて聴いているのですが、すばらしいですね。とてもロマンチックで説得力のある演奏他の人がしないような演奏をされています。これまで聴いたことがあったのは武満徹の曲集(12の歌が入っているやつ)だけだったのですが、CDがとてもたくさん出ていて、レパートリーの多さにも驚きましたし、どれもクオリティが高いです。まだまだ、自分が知らないだけですばらしい演奏家の方というのはたくさんいらっ [続きを読む]
  • 紙やすり ジャバラ
  • 紙やすりをジャバラ状にして弦にセットして、それを弾くようにして爪をやする方法というのがあります。こちらの動画で紹介されている方法です。↓※2分付近から紙やすりを弦にセットして削る方法が解説されています。ちなみに、動画に出ているThomas Viloteauさんは、2006年GFA、2012年タレガ国際など多くの国際コンクールで1位を取られている方です。ところが、この動画だと紙やすりの折り方まではよく分からないんですね。自分で [続きを読む]
  • 福田進一 マスタークラス DVD
  • Yahoo知恵袋で紹介されていて気になるDVDがあります。それが、「福田進一 ギター・マスタークラス」 というものです。福田進一 ギター・マスタークラス [DVD]当然のように価格が高くなってしまっているんですね。上記リンク先のAmazonのレビューを見ると、DVD2枚組で2枚目では村治佳織さんが生徒としてレッスンを受けているそうです。日本を代表するクラシックギターの大家がどんなレッスンをされているのか、とても気になります。 [続きを読む]
  • 現代ギターの定期購読をお得に
  • 私は現代ギターを定期購読していまして、契約更新の時期が来ました。一年間購読すると、以前だと1冊分無料で13ヶ月分が届くというのをやっていましたが、現在はそれは行われていません。しかし、価格は10パーセントオフになりますから、バラで購入するよりはお得です。ということで、一年間単位で購入をしているのですが、これまでは振込用紙を使っていました。しかし・・・Fujisan.co.jpという色々な雑誌の定期購読申し込みができ [続きを読む]
  • アルトギター チューニング
  • アルトギターやバスギターのチューニング、プライムギターと違うので迷うことがあります。プライムギターは、1弦:E2弦:B3弦:G4弦:D5弦:A6弦:Eですが、アルトギターやバスギターは、1弦:B2弦:F#3弦:D4弦:A5弦:E6弦:Bです。チューナーを使う時は、間違えないように気をつけたいですね。 [続きを読む]
  • クラシックギター 独学
  • クラシックギターを独学で練習するということについて、以前記事に書いたことがあります。↓クラシックギターを独学で学ぶそこで、情報を得ることは今の時代簡単にできますが、その取捨選択が難しいというような趣旨のことを書いています。ギター歴が長くなればなるほど感じることですが、はっきり申し上げて、ギターが上達したいと考えているなら、早い段階で先生についた方が良いと思います。自力で弾けるようになる方も、当然い [続きを読む]
  • 暗譜のコツ
  • 暗譜のコツと言いますか、ある程度覚えた段階でやる必要があるのが思い出す練習だと思います。試験勉強などでも一緒ですが、何かを覚えて使うためには、覚えているだけでなく、思い出せないと意味がありませんよね。早押しクイズなどはまさにその典型で、問題を見た一瞬で思い出せなければ、せっかく知識としては持っていても他の回答者に得点を持って行かれてしまいます。そして、クラシックギターのような音楽の演奏も、今演奏し [続きを読む]
  • YouTubeに動画をアップすることに憧れる
  • 最近はプロ・アマチュアを問わずYouTubeに演奏動画をアップする方が増えていますね。私もYouTubeに動画をアップすることに憧れるのですが、なかなか勇気が出ません。一昔前だと、ニコニコ動画にアップしている人が多くて、どちらかというとYouTubeは人が少ないような印象を持っていたのですが、最近はYouTubeもとてもにぎわっているなあと思います。プロの方の演奏も、以前なら本人に許可を取っているのか怪しいような動画が多かっ [続きを読む]
  • 藤岡幹大 訃報
  • 藤岡幹大(ふじおかみきお)さんの訃報をTwitterで知りました。この方はものすごい才能をお持ちのギタリストで、私はそんなにこの方のことを知っているわけではないのですが、HidenoriさんというYouTubeにギターテクニックに関する動画をたくさん上げてくださっているギタリストの方がいらっしゃって、その方の動画で知りました。Hidenoriさんの動画に二人で出演されていたことも何度かあって、呼吸のように指が自然に動く方だなあ [続きを読む]
  • れんしゅうくん が届きました
  • 先日記事に書いた、右手練習機「れんしゅうくん」が家に届いたので、どんな感じのものだったかご紹介します。箱はこのように、厳戒態勢で送られてきました。本体以外に、納品書兼領収書と、ショップのチラシとカードが入っていました。本体はこちらです。竹ひごは本当にただの竹ひご、土台はしっかり磨き上げられており表面はなめらか、面取りもしてあって角はありません。竹ひごの部分ですが、なぜか真っすぐには並んでいませんで [続きを読む]
  • ギターの右手練習機
  • パソコンの画面のロード時間ですとかテレビを見ているときなどに、右手の練習をしたいなと思いまして、エアでも良いのですが(※)、やはり弦の位置を正確に捉えるという部分を練習するためには何か器具が必要だなと思っていました。※筋肉を素直に動かすことに焦点を当てた練習なら、むしろエア「が」良いと思います。「なんの制約もなかったら筋肉はこう動きたがっているのだな」というのが確認できるのでギターの右手練習機とし [続きを読む]
  • ギター演奏法の原理が今なら3999円です
  • この記事をご覧になるタイミングでまだ残っているか分かりませんが、先ほどAmazonを確認したら、3,999円でした。↓GG212 ギター演奏法の原理 アベル・カルレバーロこちらの過去記事(2015年4月のものです)によれば、私は5500円で購入しています。当時、ほとんどの出品が1万円近いかそれ以上だったと思うので、現在の価格はかなりリーズナブルと言えると思います。↓http://cguitarkiwametaru.seesaa.net/article/417469352.html( [続きを読む]
  • 和声学が独学できるサイト
  • 日本で古くから使われてきたのが俗に言う芸大和声というものです。このルールで和声学を独学する場合にとても良いサイトがあります。和声課題では、音楽的により良いものを作るというのが最終目標ですが、それ以前に禁則事項に引っかからないようにするのが前提となっています。ところが、これを自分で判定するのは非常に難しいです。以前このような記事を書きました。↓ソルフェージュが無料で学べるサイトそこでご紹介した洗足学 [続きを読む]