丸尾祐嗣 さん プロフィール

  •  
丸尾祐嗣さん: 丸尾祐嗣 Pianist blog
ハンドル名丸尾祐嗣 さん
ブログタイトル丸尾祐嗣 Pianist blog
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yuji1205pf/
サイト紹介文ピアニストの丸尾祐嗣によるブログです。 音楽、日常の事などを感じたままに綴ります。
自由文趣味:散歩、映画鑑賞、料理、お酒、旅行
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/01/26 02:01

丸尾祐嗣 さんのブログ記事

  • テンポ、拍感について
  • 本来の音楽的なテンポ感って何でしょう。。「聴いている人が不安にならないように」「自由でもいいけど、基本的な拍感を失わないように」こういった言葉掛けとメトロノームで拍感を養う教育が一般的ではないでしょうか。メトロノームで基本的な拍感を知ることは、確かに大切かもしれません。ですが最終的な演奏がメトロノームを意識したものだと、聴いている側は眠くなり本末転倒な結果に終わります。往年のロシア人たちを聴いて [続きを読む]
  • バッハは大切
  • あらゆる作曲家が、音楽の父と謳われるJ.S.バッハを崇拝しています。メロディー、和声、リズム、どの瞬間にも無意味なものはなく、そこにあるのは十字架や溜息といったキリストに関係した音型が散りばめられています。369といった数字の持つ意味合いも非常に大切です。(こういう暗号のような事は専門的過ぎるのかもしれませんが、僕はむしろバッハを演奏する上で、また西洋文化を認識する上で知っておくべき重要事項だと思 [続きを読む]
  • ソヴィエトの音
  • 最近ふと考えるのですが、自分はロシアのピアニズムの中でもどんな系統の音に惹かれるのかという事について。。ショパンとリストという二人の潮流が交わり、独自のピアノ史を築き上げたロシアなわけですが、今や黄金期だった頃の音は失われつつあると思います。その理由の一つに、先日ニューヨークスタインウェイの技術者の方とお話していても感じましたが、楽器がデジタル化し過ぎているという事も挙げられます。材料も質より値 [続きを読む]
  • 色々と改良を重ねて
  • ロシアのピアノ奏法において、特にネイガウス派のようにショパンのピアニズムが基盤となっている響きを出すにあたっては、掌の筋肉(指の付け根も含めて)が非常に重要です。もはやピアノというものは、指で弾くものではなく掌の筋肉で弾くと言っても良いほどです。前腕の筋肉や腱も、結局のところ掌をしっかりと支える事で強くなっていくと感じます。しかしながらもっと重要なのは、鍵盤に重さを乗せるという事の奥深さです。こ [続きを読む]
  • 声部分けについて
  • 「声部分け」というとバッハの作品を思い浮かべる方が多いかと思われますが、ここで言うのはバッハに限らずそれ以降の時代に生まれた作品にすら当てはまる事です。もっと言えば、ピアノ作品であれば絶対に必要不可欠な事だと思うようになりました。それはなにかと言うと、左右のバランスをズラすという事です。これは、所謂テンポルバートにも繋がる重要な奏法の一つで、例えばポリフォニックな作品においては各声部を強調する [続きを読む]
  • プロコフィエフの戦争ソナタ
  • プロコフィエフ の作曲したピアノソナタ第6番から第8番の3つは、「戦争ソナタ」三部作として知られていますが、作曲者はそんな命名をしていませんし、そもそもこれらのソナタは戦争を描いたものではありません。第6番と第7番は、試験やコンサートでも何度か弾いてきましたが、第8番は特に難解なソナタで全く理解不能な世界でした。一度、戦争ソナタという世間の評価から離れる時間が必要だと思いました。これらのソナタのすぐ後 [続きを読む]
  • ダンテを読んで(3/18)
  • フランツ・リストの代表的なピアノ作品である「ダンテを読んで」は、巡礼の年第2年イタリアの最終曲として並べられました。タイトル通り、1200年代後半から1300年代前半に活動したイタリアの文豪アリギエーリ・ダンテによる「神曲」の地獄篇を題材としています。ダンテ自身を主人公とした物語で、地獄から煉獄を巡り、最後には天国を見るという全3章に分かれたイタリア文学の最高傑作なのですが、重要なのはこの作品が書かれる [続きを読む]
  • 指が脱力していること
  • 脱力とはどういうことなのかを本当の意味でわかったのは、ロシアの教育について知ったからこそ言えるのですが、「支え」と「響き」が一体になった時にこそ叶うものです。ところが一般的な奏法では指の関節でしか支えないため、生まれつきの指の硬さで出来る人と出来ない人の差が激しく生じてしまいます。ロシアでは、指の硬さに関係なく前腕や手のひら等の指以外の筋肉を鍛えて支えを強くするため、どんな人でも脱力が可能になり [続きを読む]
  • 競争社会
  • 「音楽は競争社会」という観念は、今や業界内はもちろん外から見ても当たり前のように根付いてしまっています。本来は、人と人を繋いでいくための文化であるはずが、音楽=競争という真逆の公式ができてしまっているのは非常にナンセンスな事です。。コンクールというものがその代表で、どんなにそこで結果を残したとしても、そこには人が人を選ぶというシステムで動いている限り個人の音楽が深まる事はあり得ません。何故なら、 [続きを読む]
  • ピッチャーの技術
  • 僕はピアノをやる前、ずっと野球や陸上をやっていたので、身体のメカニズムを知る事には非常に興味があります。ロシアのピアニズムは、そのようなメカニズムをほぼ完璧に近いほど考え抜かれたピアノ奏法ですから、他の業界における共通点も非常に多いなぁ…と感じる事が増えました。例えば肩の力を抜くためには膝が脱力しているのが理想で、その際の重心は爪先にあるそうです。これは、ロシアンピアニズムの重心と同じです。ピ [続きを読む]
  • 球体の構造
  • これはあくまで僕の感じる事です。一つの作品を構築する際、必ず物語のように緊張弛緩が存在し、始まりから終わりまでの起承転結を提示するように考えるのは一般的でもあり、またセオリーでもあります。最近思うようになったのは、ロシアンピアニズムにおいて倍音の響きを辿って次の音に導かれながら演奏すると、どうもこの構築方法と矛盾する瞬間があると思います。要するに自分で考えている作品構造と、楽器からの反応に良い意 [続きを読む]
  • 音の混ざり方
  • ロシアのピアノ教育に存在する、「響きを混ぜる」というテクニック。これは結局ペダリングと耳にもリンクしている事なのですが、旋律を歌わせる際、弾き終わった一音一音をエコーの如く残しつつ歌うというものです。もちろんそれだけにとどまらず、違う和声同士を混ぜてみたり……ロシアのピアニズムで発音する音は、一音に倍音を多く含んでいて柔らかいため、音同士がぶつからずに上手く溶け合うのです。これは幻想的な効果を生 [続きを読む]
  • ダン・タイ・ソンについて
  • ベトナム人ピアニストのダン・タイ・ソンは、モスクワ音楽院に留学してロシアの伝統的な流派とテクニックを継承しました。彼はウラディーミル・ナタンソンに師事し、基礎からテクニックを洗い直したそうです。しかしこれはとても稀なケースで、現在ではモスクワ音楽院に留学してもロシア奏法となる基礎を一から学ぶことはできません。ダン・タイ・ソンが学んだのは珍しくもショパンの流派で、とあるインタビューによればナタンソ [続きを読む]
  • ショパンの革命エチュード
  • ショパンのエチュードは、ピアノ学習者にとっては避けて通れない作品です。最近、名曲とされるOp.10-12「革命」を読んでいますが、その繊細さには圧倒されます。セルゲイ・ドレンスキーに師事したスタニスラフ・ブーニンが、ショパンコンクールで弾いた力強い演奏は確かに名演で、迸る情熱と計算されたタイミングはリストのピアノ学派から来る伝統だと思います。ただ僕が思うショパンの16分音符は、どんなに激しい革命や木枯らし [続きを読む]
  • 抵抗感
  • サクソフォンの友人からいつも聞く話…。管楽器奏者にとって、息を入れる時に楽器から返ってくるエネルギー…つまり抵抗感というものがあるそうです。それはリードやマウスピースによっても全然吹き心地が変わるそうですが、常に自分が楽器に向かうエネルギーと同時に、楽器から返ってくる力も利用して発音しているということだそうです。これは、ロシアのピアノ奏法においても基本の概念として同様です。一般的なテクニックで [続きを読む]
  • ◆2/11 トリオコンサートin 川西市
  • 突然ですが、、来月の2/11(日)の夜19:00(20:00頃終演予定)より、僕の地元川西市でトリオのコンサートをさせていただくことになりました!今回は、普段愛知県で共演している2人の仲間をゲストにお迎えできることとなり、白熱のアンサンブルを聴いていただきたいと思っております。◆サックス、カホン、ピアノで贈る名曲コンサート&お絵かきの部屋日時: 2/11(日)18:40開場 19:00開演(20:00終演予定)会場: 川西市みつなか [続きを読む]
  • ◆リサイタルのお知らせ
  • 大阪府池田市におきまして、リサイタルを開催させていただきます。定員120名ほどですので、ブログや以下チラシの詳細からご連絡をいただければご用意させていただきます。 2018/3/18(日)13:30開場 14:00開演逸翁美術館 マグノリアホール(阪急宝塚線 池田駅より徒歩9分)◆チケットお問い合わせyumail.1205pf@gmail.com090-1718-0684宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • 2018年を迎えまして
  • 新年明けましておめでとうございます。??本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。??♂???今年初めての記事は、僕が普段行っているレッスンについて書いてみたいと思います。まず最初に、このブログでもロシアのピアノ奏法に関する内容を掲載しており、尚且つ「ロシア」という国名が付いているせいで、「ロシア音楽の専門家」という風に見られがちなのですが、全くそういう事ではないと断言させていただきます。。僕が「 [続きを読む]
  • 響く音の感触
  • ネイガウス派の奏法において響く音を感触として例えると、鍵盤がとてつもなく柔らかく感じるという事でしょうか…。やはり指の関節を除く、手のひらの筋肉や前腕の力で引き上げれば引き上げるほど、その柔らかさは増します。自分で何かしようとしなくても、響きは勝手に変化していくので、それを耳で聴きながらどのように次の音を鳴らすか…といった練習にシフトしていきます。つまり音楽そのものがどんどん変わっていくという [続きを読む]
  • ◆石川貴憲 サクソフォンリサイタルのお知らせ
  • 宣伝をさせていただきます。大学時代からの同期で、現在もデュオとして活動させていただいております、石川貴憲氏のサクソフォンリサイタルが2018/2/9(金)と、2/28(水)に開催されます。↑メインフライヤーサクソフォンとピアノが交わっているというアーティスティックなデザイン!↑こちらは長久手公演のフライヤーです!↑見にくいですが、プロフィールや詳細ですこの公演で注目すべきは、彼の音です。サクソフォンとい [続きを読む]
  • プロコフィエフに学ぶ事
  • セルゲイ・プロコフィエフは、ラフマニノフやスクリャービンと並んでロシアピアノ学派の代表的な作曲家とされています。学生時代から好きな作曲家の一人で、小品から協奏曲まで色々取り組んでいたものの、最近また一つ新しい発見がありました。プロコフィエフはピアノソナタを全9曲遺していますが、その中でも第6番から第8番の3曲は最も難解で深い内容を持ち、「戦争ソナタ」と呼ばれる作品群とされています。ウラディーミル・ [続きを読む]
  • 奏法基礎のニコラーエフ教則本
  • ロシアのピアノ奏法に変えられる方には、プロアマ問わず必ずやっていただく基礎教則本があります。ロシア4大流派の一人として高名なレオニード・ニコラーエフによる教則本で、ロシアの子供達は現在でもこの基礎によって育てられています。指の関節を脱力し、第3関節から手のひら、前腕下側の支える筋肉を徹底的に鍛え、尚且つロシア特有とされる音を動かしてレガートで歌わせるための使い方まで学びます。ちなみにキーシン、ポ [続きを読む]
  • 犠牲から生まれる音楽
  • 僕は、とある方々との出会いによって「演奏家におけるプロフェッショナルな感覚」というものに対する価値観、考え方を根底から覆されました。現代はこれだけ競争社会となり、コンクールで結果を残す事と演奏家になる事がイコールに捉えられていますし、キャリアという先入観で演奏を判断されてしまう時代でもあると思います。楽譜の指示通りに、そしてそれを完璧に計算されたタイミングで音を繋ぎ合わせた演奏(もちろんそれは [続きを読む]
  • テンポについて
  • テンポの重要性について考えてみます。これは様々な言い方で形容できるほど、音楽の根源に関わる要素だと思います。一つの作品を手掛ける際、以前はメトロノームを使用してきっちりと拍感を強調する練習を行っていました。たしかにそういう練習が必要な時もあると思うのですが、演奏にそれが見えてしまうのは非常にマズイ事だと思います。作曲家や作品それぞれにテンポ(ルバートやアゴーギク)の感じ方というのは違います。音 [続きを読む]