DalDal さん プロフィール

  •  
DalDalさん: DalDalとドールの夢語り
ハンドル名DalDal さん
ブログタイトルDalDalとドールの夢語り
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/odenhappy193
サイト紹介文主にブルーフェアリーの球体関節人形です。 他にプーリップやダルもいます♪
自由文あくまでもドール(ダル)のブログなので、
人間である私の自己紹介はありません(・ω・)b

たまにマイブーム記事や、落ち込んだどーでも良い
記事もありです。そんな時は、お人形さんが私の
心の声を代弁してくれる事でしょう・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/01/27 22:36

DalDal さんのブログ記事

  • 何も・・・
  • まだ少し寒いですね〜あともう少しです・・・ちゃんと体調管理しましょうで、今回は特に何もないのですが・・・あ、愛絆さん可愛いです?˘?˘?♪でわ! [続きを読む]
  • お詫びとちぇる子
  • 先日の「あなたの望み・・・」なのですが・・・なんとなく返答コメが意味不明で、長くなってしまい・・・今日は力尽きましたので・・・申し訳ございませんが、「きょぴん」さん「杏莉」さん今しばらくコメ返しをお待ちください・・・ヽ(≡ω≡;ヽ)ォロォロ(ノ;≡ω≡)ノ 今夜は、こ・れ・に・て・・・・(|||O?O;) でわ [続きを読む]
  • 望み
  • 考えて下さいあなたには、望むものがあるでしょうか?あなたにとって、それが本当の望みと言えるのでしょうか?あなたは、あなたの「本当に望むもの」に気づいているのでしょうか?残念ながら私には「私の望む事」がいったい何なのか分かりません・・・それは、きっと、とても不幸なことなのです。 [続きを読む]
  • 赤魔女ちぇる子
  • 先日、ちぇる子さんの魔導士ローブが届きましたので・・・ちぇる子さんの赤魔女完全版が完成です。ちぇる子さん本気モードです。実に悪そうな顔をしています( ?Д?) 「お前も蝋人形にしてやろうかー!!」なんちゃって( ,,>з↑(それは魔女ではなく悪魔です・・・)でわ! [続きを読む]
  • 赤魔女衣装なのです
  • 寒い・・寒いです・・・毎朝起きるのが辛いですおまけに寒さのせいか腰も痛いですそれはさておき・・ちぇる子さんの新しいお洋服です♪引き締まった黒衣装で、ちぇる子さんもちょっとかっこいいのです。着物からドレスまで着こなしちぇる子さんはスーパーモデルさんなのです♪(今回の衣装は「3人の魔女」様というディーラー様の衣装なのです。ディーラー様の衣装はあまり持っていないのでちょっと嬉しいです♪)愛絆さんと一緒に [続きを読む]
  • またまたブラウンで
  • まずはこちらを・・・これが、今まで使っていた歯ブラシね!汚らしい〜! 生意気にも、歯磨きのナビ付じゃないの!! でも、汚いし壊れてるなら早く捨てちゃいなさいな(`Д´) これが、新しい歯ブラシね!・・・ なかなか渋いじゃない・・・・・・・(やっぱりぶらうん・・・!?)よりみたいな記事を4〜5年前に書いていたのですが・・・ついに、そんな歯ブラシもすでに寿命がきてしまいました。 そこで・・フン!最新モデル買っ [続きを読む]
  • dal
  • 今日はダルの生誕祭ということでツイッターの「#ダル生誕祭」で可愛いダル達がたくさん投稿されています♪私も現在は4体になってしまったダル達ですが投稿しました。思えばドールが好きになったのはこの子達のおかげでとても特別なドール達です・・・初めてお迎えしたダルは現在はいないのが残念なのですが・・・ちょっとツンデレなダルちゃん・・・なのです? .? ? ♪ [続きを読む]
  • 洞窟・・・その2
  • 最大の見せ場になる「黄金の滝」です。あまりにも規模が大きいので写真で全貌を捉える事が出来ません・・・滝の落差は約30mあり、地底の滝としては日本で最大級の規模を誇ります。青の照明が地底湖?を神秘的に演出します。見ごたえのある鍾乳石です。竜ヶ岩洞のもうひとつの見せ場の「鳳凰の間」です。クライマックスは「黄金の富士」です。こうして洞窟の旅は終わりです・・・浜松にお寄りの際には是非♪でわ! [続きを読む]
  • 洞窟・・・その1
  • 今夜はダンジョン・・・ではないですが洞窟の世界をご紹介します。今回ご紹介しますのは静岡県西部にある「竜ヶ岩洞」と言う洞窟です。洞窟の案内板です。いよいよ洞窟探索の始まりです。地下水が溜まっています。様々な地形にはタイトルがつけられています。斜めっている岩の間を抜けて行きます頭上を見上げるとハシゴが・・・こんな感じに案内がありました。「ワニ」あり「ヘチマ」ありです。タイトルが「マリア像」です。虹の演 [続きを読む]
  • そして伝説へ
  • それは突然に・・・・・!!ついに・・発見してしまったのだそう・・それは、伝説のお宝の眠ると言われる無限ダンジョン・・・そして今・・若者は決断する生死を賭けた冒険を・・・はたして、彼女の運命は!!と、そんな感じに、ディテールアップです♪少し雑ですが・・・ソレっぽく撮影を出来たのではないでしょうか??でわ! [続きを読む]
  • 勇者へ
  • あなたには進む勇気がありますか?それは真っ暗闇に・・・真っ直ぐ続くダンジョン・・・行き着く先には何が・・・・・って昔、こんなおもちゃありましたね♪ちょっと懐かしいです。でも、これの原理って合わせ鏡なのですよね。夜中の2時に見るのは・・・あまりにも危険なのですよ??あなたには見る勇気がありますか・・・でわ・・・ [続きを読む]
  • 寒いだけ
  • 寒いです・・・雪は降らないのにただ寒いです雪が降って困っている人には悪いですが雪が降っているところが羨ましいです・・あー寒いだけです・・・ [続きを読む]
  • 阿波々神社
  • 今日はこんなところを紹介します。(今回は写真が多めになっています)ここは、静岡県掛川市にある粟ヶ岳山頂になります。(標高532メートル)後ろのアンテナはテレビ塔群です。今年の干支の戌が藁で作られています。わん♪と、目的はここではないのです・・・実はこの裏に今回目的の神社があるのです。そうです。ここが今回目的の「阿波々神社」なのです。この神社は「遠州七不思議」のひとつ「粟ヶ岳の無間の鐘」として有名なの [続きを読む]
  • 油山寺
  • 油山寺静岡県袋井市村松にある真言宗智山派の寺院。遠州三山の1つです。以前紹介出来ませんでしたのでご紹介させていただきます。山門は元掛川城大手門で万冶2年(1659年)井伊直好公が建立したものであります。山内風景です。るりの滝千古の昔、孝謙天皇眼病の砌、油山寺の薬師如来に祈願をかけられ滝の水を加持祈祷し、その霊水にて洗眼され、眼病全快された所以の滝であります。薬師如来にちなんでるりの滝と呼ばれ、祠には、 [続きを読む]
  • 小国神社
  • 小国神社本宮山の南側の山麓に鎮座する。「小国」という社名は、出雲の「大国」に対する遠江の美称であるとしている。境内は秋には紅葉の名所として有名である。以前に紹介するつもりでしたが、すっかりと忘れていました・・・静岡県周智郡森町にある神社です。歴史はとても古くこの地方では、パワースポットとも知られとても人気がある神社なのです。私も好きな神社のひとつです。正月には30万人あまりの人々の初詣で賑わいます。 [続きを読む]
  • もう夢から覚めないと・・
  • ううう・・・わしゃわしゃしていてそれで頭がいっぱい・・・頭の中が騒がしいのですスッキリしなくてひょっとしてまだ夢を見ているのかも・・そう夢・?こんな非現実的な日常からは眼を覚まさないと駄目こんなこんな抽象的な言葉でしかお伝えできない事をお許しください・・・ [続きを読む]
  • 夢は覚めます・・・
  • ん〜アリチェさんと比べるとまた少し違った雰囲気のアリーシャさん・・色味こそ派手な感じなのですが雰囲気は落ち着いています・・・最近はアリチェさんばかりが注目されていましたが・・・アリーシャさんもとても良い子です。いつもはキツめなアリーシャさん今回はちょっとおとなしい感じでちょっと可愛いです♪でも・・可愛いって失礼かな?とっても綺麗な美人さんなのです。です♪ [続きを読む]
  • 悩みが多いです
  • ネガティブなんですよね・・・そう、私は色々考え過ぎてしまい損をして生きてきたようです。今も・・・不安がいっぱいで逃げたいですよく「石橋を叩いて渡る」って言うのですが・・・私は、叩き過ぎて石橋を崩してしまい渡れない性格のようです。私の問題はつねに自分自身にあることなのです・・・分かっているけど治すのが難しい・・・それが生まれ持っての性格なのですね。それはそうと・・・れいらさん・・・可愛いです♪でわ [続きを読む]
  • 輝いていますか?
  • ああ・・・なんてキラキラなの♪寒いけれど軽装になって軽やかにキラキラなの♪うふっ♪そんな気分・・・ん?なにがキラキラかですって?ふふ・・そうね!陽気がキラキラとかペンダントがキラキラとかあるのだけれども私の瞳がキラキラってことが一番とても重要なことなのです♪そう・・・そんな気分なのですよ?? .? ?? きらきら・・・お嫌いですか? [続きを読む]
  • 気分も・・・
  • お正月気分も終わり普段通りの日常が戻ってきます・・・もうそろそろ夢からさめる時ですね・・楽しい時は過ぎるのは早いものでももう少しだけ寝よっか・・・夢におちていきたいそんな気分・・?? .? ?? [続きを読む]
  • ご挨拶
  • あけましておめでとうございます!少し?遅くなりました・・・今年は珍しく着物を着ているのはこの二人だけ・・・それはそれで・・今年もよろしくお願いいたします。 [続きを読む]