Zeppin1819 さん プロフィール

  •  
Zeppin1819さん: Zeppinファクトリー通信
ハンドル名Zeppin1819 さん
ブログタイトルZeppinファクトリー通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/zeppin1819/
サイト紹介文世界中のヴィンテージバイクをお届けします カワサキ スズキ ホンダ BMW ドゥガッティ ハーレー
自由文初めまして!

世界中のビンテージバイクに囲まれている日常での出来事、おどろき、おもしろいことをご紹介して行きたいと思います。
Z1 Z2 CB750 R100 CBX H2 KH XT TX GT380 GT750 SS GS等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/01/28 12:09

Zeppin1819 さんのブログ記事

  • 続・とあるバイクの仕上げ風景
  • 前回に引き続きホンダゼルビスの仕上げ風景です。エンジンは始動確認できたのですが、もちろんアイドリングはしないし、キャブレターからはガソリンじゃじゃ漏れまーやることはお約束事項ですがネ。それでは始めましょうか!埃だらけのタンク下。まずは洗車します!やったことのある方はお解りの通りV型エンジンのキャブは総じて面倒な事ばかり。外すも付けるも、そして構造もややこしいんです外したエアクリーナーのコンディショ [続きを読む]
  • 閲覧注意!とあるバイクの仕上げ風景
  • 縁がありこの度入庫してきたホンダゼルビス250。ワンオーナー車で低走行のこの車両、中々走らせる機会に恵まれず少々長い月日を不動で過ごされたようです。エンジンは直ぐにかかりましたが、タンクキャップがキーシリンダーの固着によりあけることが出来ませんでした。塗装面のコンディションは非常に良好で旧車とは思えぬ色艶!とても美人なバイクなんです。固着したタンクキャップは我々プロの整備士と言えど対応出来ない症 [続きを読む]
  • 続・プラスチックパーツのリペア最終回
  • 気が向いたのでアップしますフォードF250のセンターキャップのリペアですがバリ取りも終了し、仕上げに色を入れるだけという段階です。ね、もう色が剥がれているだけにしか見えないでしょ?作業者としてはここが最大の見せ場なんです。あとは色塗れば終わりなんですから。これくらいの透明度。何もなかった欠損部分の再生手術いかがでしたでしょうか?現品修理しかないヴィンテージバイクのオーナー様、お困りでしたらご相談 [続きを読む]
  • 絶品輪業雑誌広告の撮影
  • 初夏を想わせるポカポカ陽気。すっかり春めいてきましたね昨日は弊社雑誌広告の撮影に某所スタジオにてバイクとともにお邪魔してきました。勿論主役はバイクなのですが、いつも弊社広告に華を咲かせてくれるモデルさんとバイクを、離れで見ている私は鼻の下を延ばしながらの見学です。 プロのカメラマンさんの撮る写真の出来栄えの素晴らしい事!もちろんモデルさんも一流なんですが、素晴らしい写真が次々と撮られておりました [続きを読む]
  • カワサキW1SAポイント交換
  • 以前他の車両の整備をさせていただいたお客様からのオーダーです。車両はカワサキW1SA。名車ですねお客様のW1は点火方式をフルトラに替えてあるとの事だったのですが、それが原因なのかいまいち調子が出ないと悩まれてのご入庫となりました。元々ついていたフルトラキットです。ポイントベースなどはお客様お持ち込み品を使用していきますが、今回も何か起こりそうな気配お持ち込みになられた純正のポイントベースとスパー [続きを読む]
  • 続・プラスチックパーツのリペア
  • 前回の続きです。ヴィンテージトラックフォードF250のホイールキャップパーツのリペア作業です。出来上がった型にリペア材を流し込んでみます。この怪しげな白い粉と、謎の液体でプラスチックを再生します。謎の液体に怪しげな粉が溶け込み、溶剤が乾くとしっかりした固体となる訳ですね熱を使い母材を溶かし込む金属の溶接と原理は一緒です。なので、しっかり作業を理解し適切に処理すれば相当な強度を持たせることも出来る [続きを読む]
  • 続・GT380アルミスイングアーム
  • 前回の続きです。お客様よりオーダーいただいたスイングアームの交換も終わり、同時にオーダーいただいたマフラー交換も済んで、いよいよ輸入新規車検取得と言うところです。スガヤ集合チャンバー通称イモ管。当時モノですアルミスイングアームのスペシャル感と相まって、いい雰囲気です道交法適合品であればお持ち込みのパーツ取り付け及びセットアップも喜んで承ります!構造変更などの届け出など注意事項もあるので任せて安心 [続きを読む]
  • シート張替加工
  • CB750のシート張替加工頂きました。K6のシートをK0風に仕上げてほしいとのオーダーです。加工次第ではK0シートがそのまま使えるのですが、今回はベースをK6の物を使用し完全なボルトオンシートの作製です。フカフカのシートで乗り心地はいいのですがコッペパンのようなイメージが払しょく出来ないんですよね出来上がったワンオフシートです。K2以降のシートではモールの形状と言うより革の固定方法が違うので根本的に [続きを読む]
  • CB750キャブレター整備
  • ホンダCB750のキャブレター整備しています。始動確認ではまずまずの調子だったキャブレターですが若干のオーバーフローも気になるので整備開始です。CBのキャブレターは整備性はとても良くエアクリーナーケースも力技を使うことなく外すことが出来ます。ジェット類をすべて取り外し慎重に洗浄します。何故に慎重なのかと言うとジェット類を手荒にクリーニングすると精密な内径がくるってしまいなんとな〜く調子が落ちたように [続きを読む]
  • カワサキ750RSオイルにじみ修理
  • 他店で購入されたZ2のオイル漏れ修理を承りました。フルレストア車両という事でとても美しいZ2です。購入後3000km弱という事ですがシリンダー周辺からのオイルにじみというよりオイル漏れになっていました。嫌な個所からの漏れでしたのでお客様の了承後エンジンをばらすことにさせていただきました。手際よく分解してゆく過程でパーツ一つ一つを確認していくんですがエンジン本体はおそらくガンコートで処理されており [続きを読む]
  • ブレーキラインの整備
  • ヴィンテージバイクの整備では日常的な一コマ。今日もふつーにCB750のブレーキのオーバーホールをしております。粉吹いてます。レバー握るとバイク動きませんでした下側は?ピストンが固着したキャリパーからピストンを抜き取る作業です。粉吹き過ぎでしょう普通ならエアガンでキャリパーピストンはポポンなんですが、そんな生ぬるい相手ではないですよ!専用に特殊工具?を用いて油圧をかけながら抜くんですよ!!使用する新品 [続きを読む]
  • GT380アルミスイングアーム
  • 現在納車整備中のGT380初期型も順調に作業が進んでおり暖かくなる前にはお客様のお手元へご納車できそうな感じです。お客様よりオーダーいただいたGT380のスイングアームが入荷しました!!UEDARACING製。アルミスイングアームと言えばUEDAと言われるくらい有名処ですねさすがに良い造りです!どのように雰囲気が変わるか楽しみですね装着画像は次回のお楽しみhttp://zeppin.bike/index.html [続きを読む]
  • 続・空間の有効利用
  • 昨日アップしたブログの続きです。単管パイプで組み上げた二階建ての棚が組みあがりました。なんだかんだで夜になっちゃいましたけどね欲張ってもう一段!!と言いたい所ですが、なんせフォークリフトなんぞありませんのでこれくらいがちょうどいい感じです棚板を張り付けバイクを入れてみました。どうですかこの収納力!!一瞬にしてデカい段ボールのパーツが収まってしまいビックリです。これを倉庫全体に張り巡らせちょっとし [続きを読む]
  • 空間の有効利用
  • いつまでもダラダラ続く寒さのおかげでバイクに乗る気が失せているバイク乗りも多い事かと思います。我々も少し業務に余裕と言い聞かせている時間がでてきたので、かねてからやろうと思っていた倉庫の改造を着手していこうと思います。倉庫といえば天井が高く平地にバイクを置くだけだと上の空間が相当余る訳です。しかも絶品秘密倉庫には当時モノ逸品パーツが所狭しとバイクを押し退けています。空いている空間を使って、少しで [続きを読む]
  • 当時モノパーツのリメイク
  • 現在ミスターバイクBGで連載中のCB750耐空検査コーナーでお馴染みのCB750K0なんですが、BG紙面の撮影には出てこない作業の一コマをご紹介しましょう。現車は1970年ホンダCB750K0いわゆる金型K0と呼ばれる車両ですが、BG紙面を見ていただけるとお判りと思いますが機関的には新車を凌駕するコンディションを基本コンセプトにしています。48年前のノンレスオリジナルバイクでしたので、写真写りはとてもとても良いのですが、ところが [続きを読む]
  • プラスティックパーツのリペア―
  • ヴィンテージバイクのオーナー様ともなると、所有される車もヴィンテージ車をお持ちの方も多くおられます。今回はそんなオーナー様よりご依頼で1969年式フォードF250ピックアップトラックのホイールキャップのリペアを承りました。UFOではありません見事な造形美のホイールキャップです。当時のアメリカンテイスト全開のデザインですね。今やこういった手の込んだデザインは生まれてこないのでしょうね。話がそれましたが今回のリ [続きを読む]
  • ガソリンタンクのサビ(錆び)取りリペア
  • ヴィンテージ車の多くの車両はガソリンタンク内の錆びが目立ちます。軽微な症状の物はそのまま使用していて問題はないのですが、完全に赤く染まっていたり、黒く岩山の肌のようになっていたりするものはリペアの必要がありますね。作業中のタンクです。中には錆び取のケミカルを充填しています。赤ちゃんを包み込むように暖かな毛布でくるんでいるのは、塗装面に傷をつけないのはもちろんの事。ケミカルの化学反応を促進するため [続きを読む]
  • バイクを調子良く走らせる基礎整備
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2018年もスタートしました!今年は戌年で私年男なんですね皆様にもたくさんいいことありますように。新年を迎えバイクもしっかりメンテしていきましょう!まずは調子良くバイクを走らせるための基礎的な整備の電気系です。画像はGT380のトリプルポイントです。バイクの電装系でプラグの次にしっかりメンテしなければならない部分ですね高価なテス [続きを読む]
  • GS425輸入新規登録までの道vol.8
  • 外装や装着するパーツ構成もやや固まってきた感のあるGS425。前回分解したフロント周りを組み付けました。ちらっと仮組まだまだ仮組なんですがフロントの雰囲気だけはつかめてきましたねいい雰囲気になってきました。絶品秘密倉庫でヨシムラショート管の新品を発見!クロームとブラックの二品。どちらを装着するか悩みますね〜次回装着してみます。お楽しみに!! http://zeppin.bike/index.html [続きを読む]
  • GS425輸入新規登録までの道vol.7
  • いよいよ今年も残すところあと僅かです。前回の続きで純正新品ビンテージKHテールランプ埋め込み計画を進めてみました。先日入手したちょっと派手目な外装を使っての加工をしていきます。こんな感じの外装です。前回はテールランプの下穴をけがいたところで終わりましたが実際のノーマルの形状がどんな形かおさらいしておきましょう。これはこれでGSファンには普通な感じではありますが、出っ張りすぎているのと、すっきり感を出 [続きを読む]
  • バイクのご納車整備について
  • お客様に良く聞かれるご質問に、「納車整備ってどのような事をしてくれるのか?」との問いですが、こんな記録簿があることをご存知でしょうか?二輪の整備記録簿です。車検などに用いられる整備記録簿ですが、ざっと60項目あります。私どもの取り扱うヴィンテージバイクのご納車ともなると、このように形式ばった点検では話にならない程、点検及び作業が待ち受けている訳です。いろいろな広告を見ていると独自の点検何十項目!! [続きを読む]
  • ハーレーのキャブレター交換
  • 近頃のハーレーダビッドソンは近代化が進み我々旧車屋の手の出せるところも少なくなり始めてますね。今回はツインカムキャブレターモデルのFXDLです。ノーマルキャブからS&SスーパーEショーティーにスワップ。性能はノーマルのキャブが一歩優先していますが、やっぱりハーレーは見た目!!と少しの性能、加速感!それでも乗りやすさ扱いやすさを重視したノーマルのキャブからのスワップとなる訳ですが、そうそうポン付けで調子が出るもの [続きを読む]
  • GS425輸入新規登録までの道vol.6
  • 今年も残すところあと僅か。師走に入ると自分の周りがあわただしく見えるもので、当の私たちも少々バタバタしていて、にぎやかな毎日です年の瀬だというのにフロント周りをばらしちゃいました。フロント周りはバイクにとって非常に大切なキャラクターを決める場所。フォークのアウターも色を付けるか、ポリッシュで行くか悩みます。絶品秘密倉庫を探ってみると、中々良さげなパーツが出てきました。ハンドル。ハリケーンコンチお [続きを読む]
  • 続・旧車の整備の落とし穴
  • 前回書きましたブログの続きです。肝心なギヤが装着されていなかったというオチでしたが、まだまだ続きが出てきましたので綴らせてもらいます。スズキ純正パーツのギヤを組み込んで、いざ!始動確認です。こういうギヤが入ってなかったという事ですね入れ忘れるものではないはず・・・・・。 で、いざエンジン始動。ウォーターポンプタコメーターワイヤともに正常作動。ところが!!!何やら嫌なギヤ鳴りが聞こえてくるわけです [続きを読む]