もも さん プロフィール

  •  
ももさん: 派遣OL・30代独身一人暮らしが乳がんになった記録
ハンドル名もも さん
ブログタイトル派遣OL・30代独身一人暮らしが乳がんになった記録
ブログURLhttp://nyuuganmomo.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文39歳で乳がんになった。乳房温存術(部分切除)、放射線治療、ホルモン療法。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 45日(平均3.4回/週) - 参加 2015/01/28 23:24

もも さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おすすめの書籍④はじめての乳がん
  • おすすめの本を紹介します。この本はネットサーフィンする前に読むことをおすすめします。ネットサーフィンをした後でしたら、あまり役に立たないかもしれません。私の場合は仕事を休まずに治療したいと考えていたので、経験者の声が読めてよかったです。はじめての乳がん 働くあなたが聞きたい本音Q&A83 [ 土屋美樹 ]価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/1時点) [続きを読む]
  • 生理痛のため婦人科へ①
  • 2010年10月頃※31歳ごろ生理痛がひどいため病院に行くことにしました。子宮頸がんの検診を受けていた婦人科に行くことにしました。とりあえず病院で痛み止めもらったら治まるだろうという安易な考えでいきました。病院でもらえる薬は強いから強い痛み止めをとりあえずもらう気持ちで行きました。先生に「生理痛がひどすぎて痛み止め下さい」と言ったら、内診しましょうということで内診してもらいました。先生は「子宮内膜症ま [続きを読む]
  • ももが婦人科に通うようになったきっかけ
  • このカテゴリーでは生理痛について書きたいと思います。ももが婦人科に通うようになったきっかけですが、仕事ができないほどの生理痛になったためです。ももの生理は初めてからずっと生理痛が全くありませんでした。生理前の違和感や痛みもなく、生理の周期の不順で35日後に来たかと思ったら、60日後と生理の感覚がなさすぎて恥ずかしい話、トイレに行くまで生理に気づかず大出血ということもあるぐらい痛みに無縁でした。そう [続きを読む]
  • 【ももの乳がんの振り返り】6.紹介状の受け取り&病院選びについて
  • 2018年4月7日(土)紹介状の受け取りS個人乳腺クリニックに紹介状を受け取りに行きました。紹介状は病院を決めてから、その病院に事前に予約を取り、その先生宛に紹介状を書くということでした。紹介先のO病院の診察曜日時間が決まっているので、私の希望日を伝えた後、S個人乳腺クリニックから予約を取ってもらうということでした。======================================≪病院選び [続きを読む]
  • 針生検(組織診)
  • 乳がんの疑いがある場合、細胞を取って調べる検査をします。その検査の種類を簡単な言葉で説明します。あくまでも私の個人的説明ですので間違いがあるかもしれませんので、参考程度に検査前にイメージを持ってもらえたらと思います。細胞診<針生検<マンモトーム生検<外科的生検※右のものほどたくさんの細胞を取るので、精度が高まります。そのかわり体の負担も高まります。========================= [続きを読む]
  • 穿刺吸引細胞診(細胞診)
  • 乳がんの疑いがある場合、細胞を取って調べる検査をします。その検査の種類を簡単な言葉で説明します。あくまでも私の個人的説明ですので間違いがあるかもしれませんので、参考程度に検査前にイメージを持ってもらえたらと思います。細胞診<針生検<マンモトーム生検<外科的生検※右のものほどたくさんの細胞を取るので、精度が高まります。そのかわり体の負担も高まります。========================= [続きを読む]
  • おすすめの書籍③乳がんと診断されたらすぐに読みたい本
  • おすすめの本を紹介します。「乳がんと診断されたらすぐに読みたい本」です。乳がんと診断されたらまずネットサーフィンの日々でした。その後この本を買いました。私の場合すでにネットで色々ブログを見た後なのであまり役に立たなかったのですが、本当に「診断されたらすぐに」だったら役に立っていたと思います。乳がんの体験記ですので、ネットサーフィンするよりこの本を読めば少しは落ち着くかもしれません。乳がんと診断され [続きを読む]
  • おすすめの書籍②がんでもなぜか長生きする人の「心」の共通点
  • 乳がんと告知されたとき、早期発見ではありましたが、「がん」と言えば死とか考えてしまい、色々気持ちが揺れることがあります。そんな時読んだ本です。時々読み返すと沈みそうな心が前向きになります。がんでも、なぜか長生きする人の「心」の 共通点 [ 保阪隆 ]価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/15時点)がんでもなぜか長生きする人の「心」の共通点抜粋SNSを通じて「がん友」に多くの人とのつながりが力に。色々なことが書 [続きを読む]
  • 【ももの乳がんの振り返り】5.針生検の結果
  • 2018年3月31日(土)12:00 針生検の結果針生検の結果を聞きに行きました。受付の人「おひとりで来られたんですか。お連れの方が外に待ってるとか?」私「一人ですよ」?????嫌な予感・・・以前も針生検を受け検査結果も聞きに来ましたが、そんなこと尋ねられませんでした。ここで初めて悪い結果??まさかね〜。と思い、待合室で待っていました。良性でもお連れの方連れてくる人もいるはず・・・早く結果が聞きたい。。。S先 [続きを読む]
  • 【ももの乳がん振り返り】4.針生検
  • 2018年3月15日(木)8:30 針生検針生検は今回で2回目でした。S先生「前もやったことあるから大丈夫だよね。」私「はい」と言ったものの、約一年ぐらい前ですっかりどうだったか忘れていました。看護師さん「パチンと少し大きな音がするけど痛くはないから驚かないでね」と言って「パチン」という音を聞かせてくれました。すっかり忘れていたので、聞かせてくれた看護師さんありがとう。と思いました。S先生「初めてじゃないんだ [続きを読む]
  • 【ももの乳がん振り返り】3.細胞診の結果
  • 2018年3月13日(火)9:00 細胞診の結果Sクリニックへ細胞診の結果を聞きに行きました。結果:この検査だけでは、良性・悪性の識別が困難でした。ということで針生検をすることになりました。私の中ではこれで終わりと思っていたのに予想外の針生検。だったら先に郵送してもらえば、すぐに針生検の予約を入られたのにと思いました。しかし普通の女性はこの結果が郵送されて来たら気になって診察を受けたくなるのかもとも思いまし [続きを読む]
  • 【ももの乳がん振り返り】2.細胞診
  • 2018年2月28日(水)8:45 細胞診Sクリニックでは診察時間が9時からだが、その30分前は細胞診・針生検の人だけの予約時間となっている。細胞診は過去何回も受けていて慣れているがこのSクリニックは麻酔をするので逆に痛かった。今回も痛いのではないかと覚悟していたが、今回は全く痛くなかった。しこりの位置や硬さにもよるのかもしれない。細胞診の流れ①乳に局所麻酔の注射をする。②細い針を刺し、細胞を採取する。痛みに弱 [続きを読む]
  • 【ももの乳がん振り返り】1.定期検診
  • 2018年2月24日(土)エコーの定期検診を受ける。※良性腫瘍、外科的生検の結果、良性。この経緯があるため、定期的に検診を受けていた。乳腺専門の個人クリニック(S先生1人)のため土曜日は定期検診の人でいつもいっぱい。いつも通り予約時間になっても呼ばれず待合室で待っていた。。この病院はマンモとエコーは技師さんがするんだけど、自分の順番を超えて明らかに後から来た人が呼ばれて一度忘れられているのではないかと看護 [続きを読む]
  • 放射線治療中の下着①〜カップ付きキャミソール〜
  • 放射線治療中の下着について、私の場合1回目からかゆみがあったため、ブラはしていませんでした。そのためカップ付きキャミソールの締め付けなしタイプを使用していたのですが、キャミソールでカップのみついているものは中々売っていなかったため、紹介します。※ユニクロやGUのプラトップでいいんじゃないかと思われた方もいると思いますが、ブラの変わりにアンダー部分にゴムが使用されているかと思います。このゴムすらも締め [続きを読む]
  • 妊娠について
  • 乳がんを告知されて、泣いて泣いて何も考えられない。という方もいるかもしれません。告知されてからは次々と治療が進められていきます。知識がないから全て先生におまかせしますという人もいると思います。将来子供を産みたいと思っている方は早めに先生に伝えて下さい。自分から質問しないと詳しくは説明してもらえないかもしれません。乳がんの治療方法が変わってくるからです。乳がんと妊娠は関係ないと思っている方もいるかも [続きを読む]
  • 自覚症状なし・早期発見の方へ
  • 私が乳がんの告知を受けたとき、ここにしこりがありますと言われて触っても肉と肉との境目ぐらいにしかわからず、言われても気づかないしこりでした。痛くもかゆくもないし体調も悪くない。なのに手術・・・一瞬放置でもいいんじゃ。。なんて考えてしまいました。私は派遣社員、気ままな一人暮らし。治療にお金もかけられないし、病気したら人様にお世話になるしかない。せっかく”早期発見”できたのです。そう考えると [続きを読む]
  • おすすめの書籍①〜ガイドライン〜
  • 乳がんの疑いありと言われて、一番最初にしたことはネットサーフィンでした。誰にも言えないし、意味もなく夜中まで「乳がんブログ」を読み続ける毎日。ネットでも色々情報が出てきますが、ブログはやはり個人的意見に過ぎません。その中で見つけたおすすめの書籍を紹介します。「乳がん診療ガイドライン」という本です。 先生によっては買うように勧めてくれる先生もいるぐらいです。患者さんのための乳がん診療ガイドライン(201 [続きを読む]
  • 過去の記事 …