めぐみ さん プロフィール

  •  
めぐみさん: シンプルライフってなんだろう?
ハンドル名めぐみ さん
ブログタイトルシンプルライフってなんだろう?
ブログURLhttp://laviesimplecestquoi.blog.fc2.com/
サイト紹介文「自分らしく暮らす、働く」を追求する40代。実用・機能・清潔のインテリアとファッションを目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/29 16:49

めぐみ さんのブログ記事

  • 40代シンプル・チープファッション
  • 上下合わせて、お値段はなんと・・・↓この夏は、会社員のように安定していないフリーランスとして、身を粉にして働いていたので、自分としては収入は多かったのですが、訳あって支出も多かったため、消費については工夫をしてしのぎました。特に、女性費といってもよいであろう、服飾と化粧というのは、人それぞれ捉え方はあろうけれども、高いモノがいいのか?安いモノでいいのか?という選択肢を行ったり来たりするテーマである [続きを読む]
  • シンプルライフ事件簿
  • 2か月以上、ブログを更新できなかった間、「シンプルライフ」を追求しているなりに、いろいろな出来事がありました。事件簿①仕事に変化あり。私はフリーランスとして、2種類(時にはそれ以上)の職業を仕事としているのですが、そのうちの1つの仕事の取引先が変更。そうなった経緯は、ある一つの理由がありました。それは、旧取引先の担当者が恐ろしく仕事ができない上、しょっちゅうミスを起こしてはお客さんに迷惑がかかる・・ [続きを読む]
  • 女が幸運をつかむための秘訣 Part 4/4
  • この本が、不運から脱する気づきのきっかけでした・・・4. これが「女性が幸運をつかむ秘訣」だ!日本最古の女性向け「自己啓発」(ではないか)として、ご紹介している、平安末期の女性の言葉は次の通りです。当代きってのルポライター(建御前)がちゃんと記録してくれています。それは・・・「女は心がけしだいでどうにでもなるもの。親や周囲のせいではない。自分の心をしっかりもって我が身を粗末にしなければ、自然と身に余 [続きを読む]
  • 女が幸運をつかむための秘訣 Part 2/4
  • 以前にも紹介したかと思いますが、けっこうベタだけど大好きな開運本です。2. 日本最古の女性のための「自己啓発」?  こうすれば超ラッキーな女になれる!↑かどうか、実はちゃんと調べたわけではないので、わからないのですが、おそらく、フィクション作品の中にはきっと平安初期くらいの作品群の中に「こうすれば女はラッキーになれる!」という発言や意見というのはあるのではないか、と思います。でも、フィクションの中の [続きを読む]
  • 女が幸運をつかむための秘訣 Part 3/4
  • 「美人」は時代によって違った評価をされてきた、ということを論じたかつてのベストセラー本です。今でも面白く、「美人」について客観的に考えさせてくれます。3. 女性の美しさと幸運の関係個人的に、元祖「自己啓発」の女王だと思っているその人は、皇太后という位にあった方なのですが、「女王」なんて言葉使ったらネトウヨさんに叱られるかもしれません・・・この人物は、平慈子(建春門院)という名前で、有名な平清盛の親族 [続きを読む]
  • 「シンプルライフをしていて生活苦だと思われた」
  • 私が憧れるミニマル・スタイルです。写真を見ているだけでうっとりです。前の記事とは関係のない別の記事をひとつかませます。タイトルは、本ブログへの「検索ワード」の中で、かなり印象的な最近の例のひとつです。以前から、「ミニマリスト 押しつけがましい」とか、「ミニマリスト危険」など、気になる検索ワードがありましたが、その中でも、この「シンプルライフをしていて生活苦だと思われた」には思わず、「おおっ」と思っ [続きを読む]
  • 女が幸運をつかむための秘訣 Part 1/4
  • 寂聴さん、けっこう誰とでも対談するんですよね・・・あの小保方さんとも・・・1. 瀬戸内寂聴さんのことから・・・7〜8年ほど前、日本橋の丸善の一階で、瀬戸内寂聴氏を見かけたことがあります。ぱっとみて見間違えることのない、オーラ全開の瀬戸内氏。思わず「昔からファンです!!」と話しかけてみようかと思ったのですが、頭の中で急にこんなことを思い始めました。「でもな・・・自分、寂聴さんの小説のファンじゃないんだ [続きを読む]
  • 無駄な出費は意外なところに隠れている
  • 自分自身、「お金を払って」何にも考えていないことがありそう。そんな盲点があるのも「なまけもの」だからです。「なまけ」てお金を無駄にすることにも気づかせてくれる本です。無駄に払っているお金って自分では気づきにくいという面があると思います。ファイナンシャル・プランナーの家計診断などで、よく保険(とくに生命保険)の見直しというのが指摘されたりすると思います。ネットで調べたらすぐにわかることですが、例えば [続きを読む]
  • シンプルじゃないお金の使い方
  • 昔、ポテトチップス作りに入れ込んでいたことがあります。・・・結果、どんなに頑張っても市販のポテトチップスの方がおいしく、カンタンであることがわかりました・・・私は、いわゆる「団塊ジュニア世代」(1971〜1974年生まれ)に属するのですが、この世代独特の、共通する、ある世界観というものがあるような気がします。かのバブル時代というのは子供〜高校生ごろに経験していて、実際に社会に出てからは「就職氷河期」を目の [続きを読む]
  • 私がシンプルじゃなかったワケ
  • リビング・ダイニングの広さは11畳程度なのですが、シンプルな雰囲気になったのは、天井からぶら下がる照明がなくなったからかもしれません・・・自分のことを「シンプルな人間です!」という気は毛頭なく、そもそも、「シンプル」には「単純」という意味があることを考えると、やっぱり、人間て単純ではないよなぁ、と思うので、かつて「シンプルじゃなかった」というタイトルの言葉は、決して、昔はシンプルじゃなかったけど、 [続きを読む]
  • 「備える生活」が私のシンプルライフ
  • ほとんど使うことのないデイパックは、災害グッズ入れにしています。シンプルライフの定義は、人によってさまざまで、例えば、ある人にとっては、お気に入りの少数のモノだけに囲まれた暮らしであったり、別のだれかにとっては、ひたすらモノのない暮らしだったり、または、機能的で時短家事な暮らしなど、いろいろな形があると思います。今の自分にとって、シンプルライフを他の言葉で言い換えるとすると・・・わたしの場合、備え [続きを読む]
  • シンプルライフとベランダ活用法
  • テレビか何かで、小さな子供のいるご家庭では、ベランダが第2のリビングルームのように活用されていて、自宅にいながらにして屋外感を楽しむ方が結構いると、聞いたことがあります。夏などは子供プールなどを置いて楽しむご家庭もあるようです。ただし、高層マンションなどでは、やはり安全については十分に気を配る必要がある、ということも言っていました。子供中心の場合、ベランダの床はべたっと座って遊びやすいように、専用 [続きを読む]
  • 苦手なコトは捨てる方が吉
  • 猫でも犬でも馬でも、動物は自分の個性を変えようとはしない・・・子供時代、というのは、家でも学校でも、しつけや教育とかによって、こうあるべき言動というのが示されたり、教えられたり、時には押し付けられることもあります。勉強についても、あらゆる科目を習い、どれもテストされ、能力の評価が下されます。そして、受験では、突出した得意科目ひとつで「よし」と言われることはなくて、たいていは、国語・数学・英語の三科 [続きを読む]
  • モノを置かないイケアの本棚
  •  左の写真が上部、右の写真が下部です。自称家庭内ノマドの私は、冬の間、この本棚の前、つまり、我が家で一番南の位置で、日中、仕事をしたり、用事をすませたりと大半の時間を過ごしていました。現在は、2LDKの別の場所に移動してしまったので、本棚のあたりはすっきりとしました。このイケアの本棚には、購入時からあまり本を収納していません。本は家の中の他の場所に収納しています。下の2段には、サイズが大きくてここに [続きを読む]
  • 半年ぶりにMUJI で買い物
  • MDF書類整理トレーです。デスクはイケアです。本ブログにMUJI とイケアが好きです、などと標榜しているのですが、実はこの1年ほど、MUJI にもイケアにも行くことがほとんどなくなっていました。もうそろそろ、我が家には必要なモノがなくなってきたのだろうか・・・と思っていたところです。また、それに加えて、特にほしいと思うモノも心当たらず・・・今年に入ってからは今回が2度目、そして1000円以上買うのは初、という具 [続きを読む]
  • MUJI&イケアでミニマリスト的収納
  • パウダールーム(洗面室)がすっきりした件を先日の記事にしたのですが、細かいモノの収納の状況が、ミニマリストっぽいと思ったので、記事にしてみます。とかく細々したモノが多かったこのスペースの小物収納。イケアの収納ボックスの中に、MUJI の収納グッズをはめこんで、小物整理ボックスにしてみたのです。・・・しかし!出来上がって、数か月使ってみたのですが、妙にヘン!!それは、入れるモノ自体がなかった!!というオ [続きを読む]
  • 梅雨の季節をさわやかに過ごす
  • リビングルームのカーテンを梅雨が終わって夏がくるまで取り外し、寝室のレースカーテンを横流しして、取り付けました。(寝室はレースがなくなった!)暑い夏の間は、これに遮熱・遮光仕様のレースカーテンを重ね付けする予定です。ニトリにいいのがありそうで、お値段も3000円台からあるようです。遮熱効果がどの程度あるのか、使ってみないとわからないのですが、電気使用量が減って、料金が減れば元がとれるかな、と期待し [続きを読む]
  • MUJIのトレーと嫌われる勇気について
  • 無印良品のタモ材トレー。つかの間の心地よい季節は、ベランダで仕事したり、読書したりしています・・・そんな時、お供のコーヒーを運ぶにも手軽で便利なトレーです。1枚600円ですが、いい仕事しています。夕食時には、しょうゆやドレッシング置きになったりもします。ひとつで2つ以上の用途がある、というのは優秀だなあ、と思っています。・・・そんなベランダティータイムの読書時間に考えたこと。最近のベストセラー『嫌 [続きを読む]
  • 「お気に入りだけ」の生活はしない
  • お気に入りだけに囲まれた生活って、どんなものでしょうか・・・?シャネルのチークは、自分の生活の中でもまずまず「お気に入り」のモノだと思います。自分の中での「お気に入り」認定されたのも、5年以上使用してみての評価によるものです。1個5000円以上するので、高価なメイクグッズだと思いますが、自分にとってはお値段に合った価格だと思います。というのも、このブランドならではの、硬質なテクスチャー鮮やかな発色 [続きを読む]
  • 無印良品ミックスが好き
  • 我が家の冷蔵庫は、10年来のMUJIのものです。実は、この冷蔵庫、ものすごく不便な点があって、それは、右開きだという点です。もちろん、ウチのキッチンの設計から考えての不便さです。もしこれが、左開きだったら、すごく使いやすいと思います。ですが・・・物事には、悪い面もあればいい面もあるということで・・・この使い勝手の悪さのおかげで、我が家では、冷蔵庫の開け閉めの回数が少ないという利点があります。冷蔵庫の中 [続きを読む]
  • 洗面所スッキリのヒミツ
  • 半畳くらいしかない、究極の狭小スペース。過去10年くらい、試行錯誤してきましたが、去年あたりから、ようやく自己満足できるスッキリ空間になっていました。そのポイントは・・・と申しますと・・・・ホワイト&ネイビーの2色に統一・基礎化粧品を夫と共用(冬はニベア、夏は適当な乳液、季節の変わり目にオールインワンジェル等)・入浴剤を使うのをやめて、重曹(ベーキングソーダ)とエッセンシャルオイルで代用・衛生面 [続きを読む]
  • カトラリーの整理はやっぱり無印
  • ダイニングスペースに、長年使っているキッチンカウンターがあるのですが、その引き出しの中身は、長年、1〜2か月放置したDM類の巣窟となっていました。巣窟、といってもそんなに容量がないので、たまってきたら中身を確認して処分、ということで、それなりに機能していたのですが、今春からはその引き出しをカトラリー入れにしてみました。そしてDM類は、もう、引き出しに溜めずに即処理。それまで過去15年くらい使っていた籐の [続きを読む]
  • 自分好みのクローゼットと断る勇気
  • 今の季節は、暑かったり、寒かったり、気温の変動も大きいので、半袖、長袖、薄手、厚手、と、一年の中でも幅広いアイテムが必要だったりします。私は、所謂「ミニマリスト」ではないと思っていて、服の管理については、枚数より、かさ(容量)を重視しています。つまり、冬の服はかさばるので、数は少ない夏の服はかさばらないので、数が多いということになります。これは、洗濯回数など、実用面で考えても理に適っていて、ガンガ [続きを読む]