matapon さん プロフィール

  •  
mataponさん: 人文研究見聞録
ハンドル名matapon さん
ブログタイトル人文研究見聞録
ブログURLhttp://cultural-experience.blogspot.jp/
サイト紹介文日本全国の文化を写真付きで紹介するブログです。無料スポットの紹介が多いです。
自由文日本の文化や歴史について、見聞を通して理解を深めていくことをテーマにしているブログです。全国各地の自然や名物をはじめ、歴史文化・食文化・芸術文化・宗教文化などを紹介していきます。神社などの無料スポットが多めです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/02/11 15:29

matapon さんのブログ記事

  • 日御碕神社(神の宮・日沈宮) [島根県]
  • 島根県出雲市にある日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)です。神代に創祀されたと伝わる古社であり、上の社(神の宮)に神素盞嗚尊、下の社(日沈宮)に天照大御神を祀っています。地元では「みさきさん」と呼ばれており、出雲大社の祖神(おやがみ)さまとして崇敬されているそうです。また、神社の対岸にある経島は日沈宮の旧鎮座地であり、現在はウミネコの繁殖地として知られています。神社概要由緒由緒書によれば、当社はスサノ [続きを読む]
  • 因佐神社 [島根県]
  • 島根県出雲市にある因佐神社(いなさじんじゃ)です。出雲大社の境外摂社であり、祭神に武甕槌神(タケミカヅチ)を祀っています。神社概要由緒由緒書によれば、当社は出雲大社の境外摂社であり、祭神に稲佐の浜でオオクニヌシと国譲りの交渉をしたタケミカヅチを祀っているとされます。また、出雲観光ガイドによれば 『出雲国風土記』に「伊奈佐乃社」と記される古社であり、地元では速玉(はやたま)さんと呼ばれ、勝負・進学・ [続きを読む]
  • 屏風岩(国譲り岩) [島根県]
  • 島根県出雲市にある屏風岩(びょうぶいわ)です。日本神話にゆかりのある奇岩であり、別名 国譲り岩(くにゆずりいわ)とも呼ばれています。概要案内板によれば、この屏風岩の岩陰でオオクニヌシとタケミカヅチが国譲りの話し合いとしたとされています。この屏風岩は町中の一角の民家の横、やや分かりづらい位置にあります(Googleマップに載っている)。なお、案内板による説明は以下の通りです。【屏風岩】出雲国を造られた大国 [続きを読む]
  • 稲佐の浜(弁天岩) [島根県]
  • 島根県出雲市にある稲佐の浜(いなさのはま)です。日本神話にゆかりのある海岸で、波打ち際に鎮座する弁天島には豊玉毘古命が祀られています。概要由緒案内板によれば、稲佐の浜は日本神話ゆかりの地であり、『古事記』においては「伊那佐之小浜」という名で登場し、国譲りの交渉が行われた場所であると記されています。また、夏場には海水浴場として人気を集めており、毎年の旧暦10月10日に行われる出雲大社の神在祭では、その冒 [続きを読む]
  • 真名井の清水 [島根県]
  • 島根県出雲市にある真名井の清水(まないのしみず)です。出雲大社の神事に関わる清水であり、祭神に水の神である彌都波能賣神を祀っています。概要由緒由緒書によれば、古来より出雲大社の神事に関わる神聖な清水であり、「島根の名水百選」にも選ばれているそうです。なお、由緒書による説明は以下の通りです。【真名井の清水(まないのしみず)】真名井の清水は、昔から出雲大社の神事に関わる神聖な清水とされてきました。特に [続きを読む]
  • 出雲大社 大歳社 [島根県]
  • 島根県出雲市にある大歳社(おおとしのやしろ)です。出雲大社の境外の西に位置する末社であり、大歳神を祀っています。由緒由緒書には創建についての説明はありませんが、大歳神を祀っているとされています。大歳神は『古事記』ではスサノオとカムオオイチヒメの御子神で、ウカノミタマ(稲荷神)の兄神とされています。なお、由緒書による説明は以下の通りです。【大歳社 由緒】素戔嗚尊(スサノオ)の御子神であり、田畑の守護 [続きを読む]
  • 出雲大社 下宮 [島根県]
  • 島根県出雲市にある下宮(しものみや)です。出雲大社の境外の西に位置する末社であり、天照大御神を祀っています。由緒由緒書には創建についての説明はありませんが、天照大御神を祀っているとされています。なお、由緒書による説明は以下の通りです。【下宮 由緒】天照大御神は皇室の御祖先神です。優れた御霊徳で、その御神徳は広大無辺とされます。祭神下宮の祭神は以下の通りです。・天照大神(アマテラス):太陽を神格化し [続きを読む]
  • 出雲大社 上宮 [島根県]
  • 島根県出雲市にある上宮(かみのみや)です。出雲大社の境外の西に位置する摂社であり、素戔嗚尊と八百萬神を祀っています。神社概要由緒由緒書によれば、当社は出雲大社の摂社であり、旧暦10月の神在月に全国の八百万の神々が出雲に集まり、神在祭のときに神議(かみはかり)が行われる、神々の会議所となっているとされています。なお、由緒書による説明は以下の通りです。【上宮 由緒】一般に旧暦10月は神無月と云われています [続きを読む]
  • 神魂伊能知奴志神社(命主社) [島根県]
  • 島根県出雲市にある神魂伊能知奴志神社(かみむすひいのちぬしのかみのやしろ)です。通称「命主社」と呼ばれる出雲大社の摂社であり、祭神に神皇産霊神(カミムスビ)を祀っています。神社概要由緒当社は出雲大社の摂社で、古くから命主社(いのちぬしのやしろ)と呼ばれており、『出雲国風土記』の「御魂社」 もしくは 「企豆伎社」の「同社」の一つに当てられている古社とされています。寛文5年(1665年)の出雲大社の造営時に [続きを読む]
  • 野見宿禰神社 [島根県]
  • 島根県出雲市にある野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)です。出雲大社の摂社であり、第13代出雲国造で相撲の祖である野見宿禰命が祀られています。神社概要由緒由緒書によれば、当社は出雲国造(出雲大社宮司)の祖先神・天穂日命(アメノホヒ)の13世孫である野見宿禰命(のみのすくね)を祀る神社であり、野見宿禰命が相撲の始祖であることから、相撲やスポーツの神として崇められているとされます。また、垂仁天皇の御代まで [続きを読む]
  • 北島国造館 [島根県]
  • 島根県出雲市にある北島国造館(きたじまこくそうかん)です。出雲大社に隣接する出雲国造 北島家(出雲教)の総本院であり、主祭神に大国主大神を祀っています。地元では「北島さん」と呼ばれており、境内には結婚式場や披露宴会場も設けられています。施設概要由緒由緒書によれば、当施設は出雲国造 北島家によって創設された「出雲教」の宗教施設であり、全国各地に分院・教会を置く出雲教の施設の総本院であるとされます。ちな [続きを読む]
  • 全国の出雲大社分祀
  • 全国には出雲大社の出張所とも言える出雲大社分祀(分院・教会)があります。その所在地は以下の通りです。北海道地方・出雲大社 網走教会:北海道網走市港町118(マップ)・出雲大社 新十津川分院:北海道樺戸郡新十津川町中央32-9(マップ)・出雲大社 三神教会:北海道恵庭市北柏木町1丁目8-17(マップ)(公式)・出雲大社 函館教会:北海道函館市高松町327-3(マップ)(公式)東北地方【 青森県 】・出雲大社 弘前分院:青森 [続きを読む]
  • 出雲大社の豆知識(観光情報まとめ) [島根県]
  • 出雲大社の参拝に役立つ知識や周辺の観光情報についてまとめました。一般的な出雲大社の紹介については こちらを参照:【出雲大社】出雲大社について出雲大社の参拝方法出雲大社の参拝方法は「二礼・四拍手・一礼」となっており、一般的な神社とは異なります。まず、神道における拍手とは、「神への感謝や喜びを表すため」、「願いをかなえるために神を呼び出すため」、「邪気を祓うため」であると言われています。出雲大社で四拍 [続きを読む]
  • 出雲大社の予備知識(詳細情報まとめ) [島根県]
  • 出雲大社に関する沿革・神話・関連知識などの詳細情報をまとめました。一般的な出雲大社の紹介については こちらを参照:【出雲大社】【目次】概要出雲大社とは?出雲大社の社名・社号祭神の変遷出雲大社の沿革出雲大社の関連社古文書に見る出雲大社「日本神話」『古事記』『日本書紀』『出雲国風土記』関連知識神在祭出雲国造家神紋遷宮出雲大社教概要出雲大社とは?出雲大社(いずもたいしゃ)とは、島根県出雲市にある日本神話 [続きを読む]
  • 出雲大社(杵築大社) [島根県]
  • 島根県出雲市にある出雲大社(いずもたいしゃ・いづもおおやしろ)です。日本神話を起源とする格式の高い神社であり、祭神に大国主大神(オオクニヌシ)を祀っています。良縁を授ける縁結びの神として有名で、毎年の旧暦10月(神在月)には全国の神々が集まると言われています。そのため、出雲の観光地の中心として、国内外から観光客が訪れる人気スポットとなっています。また、熊野大社と共に出雲国一之宮であり、出雲國神仏霊場 [続きを読む]
  • 佐太神社(神在の社) [島根県]
  • 島根県松江市にある佐太神社(さだじんじゃ)です。『出雲国風土記』に「佐太大神社」と記載される古社であり、主祭神に佐太大神(佐太御子大神)を祀っています。出雲国二ノ宮、出雲國神仏霊場の第四番であり、神在の社(かみありのやしろ)とも呼ばれています。また、正中殿・北殿・南殿の三つに分かれた本殿は、非常に珍しい形であるとされています。神社概要由緒由緒書等によれば、『出雲國風土記』に「カンナビヤマの麓に座す [続きを読む]
  • 揖夜神社 [島根県]
  • 島根県松江市にある揖夜神社(いやじんじゃ)です。『記紀』や『出雲国風土記』に記される古社であり、主祭神に伊弉冉命・大巳貴命・少彦名命・事代主命を祀っています。また、日本神話の黄泉比良坂にまつわる神社でもあり、六社参りで知られる意宇六社の一社にも数えられています。神社概要由緒由緒書等によれば、当社の創建年代は不詳なものの、『古事記』には「伊賊夜坂(当地にある黄泉比良坂に続く坂)」についての記述があり [続きを読む]
  • 黄泉比良坂 [島根県]
  • 島根県松江市東出雲町にある黄泉比良坂(よもつひらさか)です。日本神話にまつわる場所であり、神話ではあの世の入口で、その通り道になっていると云われています。史跡概要黄泉比良坂とは?黄泉比良坂(よもつひらさか)とは、日本神話の「イザナギの黄泉国訪問」の登場し、『古事記』においては「オオクニヌシの根の国訪問」にも登場する 日本神話のゆかりの場所 とされています。なお、『古事記』の「イザナギの黄泉国訪問」で [続きを読む]
  • 六所神社 [島根県]
  • 島根県松江市にある六所神社(ろくしょじんじゃ)です。『出雲国風土記』の「佐久佐社」に比定される古社であり、祭神に伊邪那岐命など6柱の神を祀っています。また、出雲国総社であり、六社参りで知られる意宇六社の一社にも数えられています。神社概要由緒パンフレットによれば、当社は奈良時代の『出雲国風土記』に「佐久佐社(さくさのやしろ)」、平安時代の『延喜式神名帳』に「佐久佐神社」と名を載せる古社であり、平安時 [続きを読む]
  • 真名井神社(眞名井神社) [島根県]
  • 島根県松江市にある真名井神社(まないじんじゃ)です。『出雲国風土記』の「久真名井社」に比定される古社であり、祭神に伊弉諾尊・天津彦根命を祀っています。また、六社参りで知られる意宇六社の一社にも数えられています。神社概要由緒案内板によれば、当社は『出雲国風土記』の「真名井社」、『延喜式神名帳』の「真名井神社」と名を載せる古社であり、祭神に伊弉諾尊(イザナギ)、天津彦根命(アマツヒコネ、山代直の祖)を [続きを読む]
  • 神魂神社(大庭大宮) [島根県]
  • 島根県松江市にある神魂神社(かもすじんじゃ)です。神代に天穂日命によって創建されたと伝わる古社であり、祭神に伊弉冊大神・伊弉諾大神を祀っています。また、一説に出雲大社の元の地とも言われており、六社参りで知られる意宇六社の一社にも数えられています。なお、国宝指定される最古の大社造の本殿は非常に見応えがあるので、とてもオススメの神社です。神社概要由緒社伝によれば、天照大神(アマテラス)に"大国主命(オ [続きを読む]
  • 八重垣神社 [島根県]
  • 島根県松江市にある八重垣神社(やえがきじんじゃ)です。日本神話の八岐大蛇退治にゆかりのある神社であり、主祭神に素盞嗚尊・櫛稻田姫命を祀っています。縁結びの神社として有名であり、日本最古の壁画が保存されていることでも知られています。また、出雲國神仏霊場の第14番であり、六社参りで知られる意宇六社の一社にも数えられています。神社概要由緒パンフレットによれば、当社は日本神話の「素盞鳴尊の八岐大蛇退治」にゆ [続きを読む]
  • 珍宝石大明神(珍宝石さん) [島根県]
  • 島根県松江市にある珍宝石大明神(ちんぽうせきだいみょうじん)です。玉造温泉付近の大型農道に位置しており、古来より当地に鎮座するといわれる珍妙な形の自然石が祀られています。なお、家庭円満・子孫繁栄・下半身の病などに御利益があるとされています。概要珍宝石大明神(珍宝石さん) とは?案内板によれば、珍宝石さんは 古くから当地に鎮座する男根形の自然石で、神代また玉作部(玉作りに従事した人々)が居住していた時 [続きを読む]
  • 玉造温泉 [島根県]
  • 島根県松江市にある玉造温泉(たまつくりおんせん)です。「美肌の湯」として有名であり、規模・歴史ともに島根県随一の温泉地となっています。また、当地は古代玉造の地としても知られ、勾玉に関する史跡公園(遺跡)や資料館などもあります。玉造温泉について概要玉造温泉は島根県松江市にある温泉で「美肌の湯」として知られています。当温泉は神代に少彦名命(スクナヒコナ)が発見し、奈良時代に開湯されたと伝わる古湯で、『 [続きを読む]
  • 玉宮史跡 [島根県]
  • 島根県松江市の玉造温泉にある玉宮史跡(たまみやしせき)です。玉作の祖神・櫛明玉命が製玉事業を起こした場所と伝えられ、出雲の玉作部の居住地であったとされています。また、玉宮神社の跡地でもあり、製玉の遺物が発掘される貴重な古代遺跡として史跡保存地にもなっています。概要案内板によれば、玉作湯神社の社伝に「当地は玉作の祖神・櫛明玉命(クシアカルダマ)が玉作の事業を起こした地であり、その後は玉作の工人が集落 [続きを読む]