櫻井頼朋 さん プロフィール

  •  
櫻井頼朋さん: ブリコラージュ
ハンドル名櫻井頼朋 さん
ブログタイトルブリコラージュ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/skjbkt54
サイト紹介文算数の面白さと、算数指導、中学受験指導や身の回りの事等を話題にした、徒然なるよりともの独り言
自由文横浜で中学受験の算数指導をしています。小学生の発想の豊かさに毎日が驚きの連続です。「算数の面白さ」「算数と数学の違い」「小学生には方程式は時期尚早」「教えすぎは逆効果」などをテーマを中心に、身の回りの出来事なども勝手気ままに掲載してます。著書「コツブックシリーズ」3冊、「ヒラメいた!」シリーズ2冊があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/01/29 12:38

櫻井頼朋 さんのブログ記事

  • 暑中お見舞い申し上げます
  •  忙中閑あり。15日間投稿できずにいました。にもかかわらずたくさんの方にこのブログを読んでいただきまして、感謝申し上げます。しかし、暑い日が続きますね。くれぐれも体調管理に留意しましょう。本日はこれから個別授業後、急いで帰宅し墓前にて母親の三年祭を執り行います。はやいなぁ・・・もう3年が経つ。病院に泊まり込んで付き添っていた時も暑かった。・・・さて、これからの予定ですが、明日からのターム(4日間 [続きを読む]
  • 意志の介入  言葉から学ぶ24
  • 連日の暑さ どうかくれぐれもご自愛下さい。この暑い中で白球を追いかけている高校球児。地区大会が各地で開催しています。神奈川テレビでもその様子を放映していて、地区予選ならではの感動シーンを観ることができます。神奈川は高校数が多い地区ですが、この番組では合同チームや1年生中心でやっと9人そろったチームなどの取材があり、甲子園というひのき舞台へと邁進するシーンとは違った側面からのリポートが多く、ほのぼ [続きを読む]
  • 予選リーグ明けと梅雨明け
  • 賛否が分かれて面白い。西野監督は今で言う「持っている」男。結果オーライ、完全に他力本願。精神論と確率の論議になると思うが、私は結果オーライだった西野監督の判断を支持する。後半日本がせめた直後に何度も危ない目に合っているための冷静な判断だ。4年に1度のチャンス、予選リーグを突破するとしないとでは、世界は大きく変わる。というより突破しないことには監督を引き受けた意味がない。1戦2戦で上手く闘ったメン [続きを読む]
  • 決勝進出!
  •  梅雨の最中なのに暑いですね。湿度が高いので余計熱く感じます。暑いと言えば、熱い戦いが2つ!サッカーワールドカップと算数オリンピックです。西野ジャパンの活躍に心躍ります。いろいろな分析がなされていますが、素人ながら自分の分析と提案を述べます。ハリルジャパンとの違いは、性格と能力を見極めた選手起用とハーフタイムでの作戦の確認(意思疎通の徹底)の2つに尽きるように思います。意思の疎通ではやはり日本語で [続きを読む]
  • 再挑戦とは
  • 梅雨入りした。しかし今日明日は晴れの予想。シナリオ通りにはいかない。何事も予定通りに事が運ばないからハラハラ、ドキドキ、ワクワクする。決して楽ではないが、ここで辛抱、そして挑戦する。これを面白いとするか、面倒くさいとするかでその人の生き方が変わる。と、私は思う。このブログを始めてもう8年になる。その間、算数の学習において大切な取り組みは「再挑戦」であることを繰り返し述べてきた。もちろん授業でも訴 [続きを読む]
  • 考察シリーズ 途中を軽視する傾向Ⅱ 子どもの意識
  • 梅雨入り間近です、食品管理に留意しましょう。さて、シリーズのお題目。早速複数のお母様から反応を頂きました。どうして途中をきちんと書いてくれないんでしょうか。家でも塾でも困ったものです。昨日の授業でも初めて指導する生徒に対して、その必要性を話したところです。最近は次のように板書して説明しています。途中をきちんと書くと良い事が3つある。→① 慎重さが生まれミスが減る。② 見直し、間違い直しが容易にできて [続きを読む]
  • 考察シリーズ 途中を軽視する傾向Ⅰ 解答ではなく回答する子ども
  • 図も式もない。式があってもどこに何を書いているのか不明。どのよう解いたのか解読不能。筆算もない。ひどいのは踊った数字の羅列。こういうケースの答案用紙が最近増えているように思えます。 20年前だと4年生であればまだ間に合った。が、最近は違う。低学年から塾に通っているケースが当たり前になっているためなかなか修正が難しい。途中の過程を書き残す重要性は以前記載した通り(念のため次回話題にします)で、授業で [続きを読む]
  • お疲れ様 イチロー様
  • この時がきた。イチローを尊敬しています。今も真似してストレッチをしました。まだ引退ではありませんが、敬意を表すために以前保護者会で配布した資料を再度掲載します。算数学習における心技体〜 理想はイチロー 〜「心」⇒ 師曰く「もっと上手になりたいから練習をする」 1.次の3つの意識を常に肝に銘じておく  「わかった」から「できた!」へ進化させてはじめて身につく「解く力」と「正解する力」は違う 「 [続きを読む]
  • 正座の勧め
  • まさに無責任な独り言です。なんの根拠もなく、ただの感覚です。みなさんに正座した状態で腹式深呼吸をすることをお勧めします。 以前記載したように家を出る2時間前に起き、ストレッチ&ゾンビ体操をしています。約40分の工程の中で開脚ストレッチ後に正座を取り入れてみました。足の親指同士を重ねて正座をし、背筋を伸ばし腹式深呼吸をゆっくりする。横隔膜の動きが大きくなるよう意識して行い、息を吸って、吐いてでそれぞ [続きを読む]
  • 圭君楽しみ!
  • 今日は久しぶりの桜蔭ゼミだ。先日ゼミの保護者会にて偉そうなことを喋った手前責任を感じている。当たり前のこの現状は自分には刺激的で心地よい。今日はコツノートにたくさんメモしてもらう??。今電車の中から原稿を書いているのだが、陽気のせいか気持ちがハイテンションだ。血圧でも上がっているのかな?いや、違う。おそらく圭君のせいだ。いや、ゼミのせい?どっちもだ、これは。久しぶりだから。圭君はBSで放映。生中継! [続きを読む]
  • 徒然なるままに
  • お陰様で最近閲覧件数が増えており、感謝申し上げます。読者の方の顔が見えないので一方的に好き勝手に、自分の中では日記のようなものとして徒然なるままにしたためております。それがブログですね。先日お母様と面談した際に「先生のブログ見てますよ。」と言われたり、生徒から「お母さんが先生のブログ見てたよ。」と教えてくれたり、30年前のTAP時代の教え子が母親になって書き込みをして下さったり、というように読者の方 [続きを読む]
  • 余震に気をつけてください
  • 午前2時7分着信ショートメール「だいぶ揺れたが、大丈夫」同級生からだったが、自分は着信にも気づかず眠りの中。午前6時5分着信。今度はメール。「地震、大変でした。離れていると心配だね。」これで目が覚めた。郡山にいる大学時代の親友からだ。えっ!なに! あわててテレビのスイッチを入れた。「震度5強。島根県大田市」すぐに同級生何人かにショートメール。みんな無事ではあるものの、水道管が破裂したり、食器が散乱な [続きを読む]
  • 同級生は最高!
  • 和の心。だから絆は素晴らしい!以前にも記載しましたが、先月の帰省での同級生の心温まる実話をさらに紹介します。と、同時に同級生に感謝申し上げます。先月帰省して家の周りを観ると、綺麗に草が刈ってあり余分な木の枝まで伐採してあるではありませんか。昨年の11月にマコしん(ニックネーム)から「また草刈っといたで〜!」の連絡があったが、あれからまた刈ってくれたみたい。同窓会の時に聴きだすと今回の帰省に合わせてやっ [続きを読む]
  • 手と目と心でヒラメく算数
  • 昨日は久しぶりに車を運転して横浜駅周辺まで出かけた。首都高は緊張の連続でした。開設した教室に荷物を置きに向かったのだが、行きはヨイヨイ帰りは・・・⁈。調子こいてたら第三京浜で反対の港北インターまで旅する羽目に・・さて、新学期が始まりました。先日の春期講習4月1日、4年生の授業開始早々コツノート1ページ(はじめから開けておくように指示)に、表題の言葉を書かせた。手・・・とにかく手を動かして考える。図、書き [続きを読む]
  • 三江線
  • 今出雲縁結び空港にいます。この度の帰省は人、物、心それぞれてんこ盛りでした。落ち着いてそれぞれ書き記したいのですが、横浜到着後は新教室開設のため時間が取れそうにありません。同級生にも「ブログ見とるで〜」と言われ、なるべく早く忘れないうちにご報告します。今回は写真で勘弁して下さい。例の三江線の旅です。芸備線にて広島から三次(みよし)。地上20mにある宇都井駅。生まれてから小学3年までいた浜原。乗車 [続きを読む]
  • 思い出の三江北線
  • 昨年NHK「あさイチ」でも数回取り上げていたJR三江線(島根県の江津と広島県の三次を結ぶ江川(ごうがわ)沿いにある路線)は今月の31日をもって廃線になる。以前にも掲載しましたが、私が生まれた浜原はその三江線の駅の一つです。生まれてから小学校3年までいましたが、当時は三江線ではなく、浜原から江津までの三江北線だった。実に思い出深い路線です。レールに耳をあてて汽車が近づくスリルを味わったものです。 [続きを読む]