よく学びよく遊ぶ さん プロフィール

  •  
よく学びよく遊ぶさん: よく学びよく遊ぶ
ハンドル名よく学びよく遊ぶ さん
ブログタイトルよく学びよく遊ぶ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sgyosr
サイト紹介文いくつになっても学ぶ姿勢は大切ですね。そして仕事の中にも生活にもちょっとした遊びび心があると前向きに
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/30 13:12

よく学びよく遊ぶ さんのブログ記事

  • 賃上げ2.41%、20年ぶり高さ
  • もしかすると揺れ返しが大きいかもしれません。賃上げ2.41%、20年ぶり高さ 人材確保へ脱・横並び、陸運・小売りけん引 本社1次集計 2018/4/16付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29413920V10C18A4MM8000/ 日本経済新聞社が15日まとめた2018年の賃金動向調査(1次集計、4月3日時点)で、平均の賃上げ率は2.41%と1998年以来20年ぶりの高い水準となった。大手製造業が主導して相場を形作る従来のモデル [続きを読む]
  • 「転職で賃金増」広がる
  • 同時に格差が広がっている面もあるかもしれません。「転職で賃金増」広がる 求人倍率最高、ITけん引 経済 2018/4/10 23:00日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29217080Q8A410C1MM8000/ 転職が活発になっている。IT(情報技術)分野などで求人が増え、民間企業の調査では、17年度は転職者の求人倍率が過去最高となった。転職後の賃金が1割以上増えた人も3割と、最も高い水準にある。景気回復による [続きを読む]
  • 雇い止めを広げる労働規制
  • 確かに厳しすぎる規制は逆効果の面もありそうです。雇い止めを広げる労働規制 日本経済新聞 社説 2018/4/2付https://www.nikkei.com/article/DGXKZO28863850S8A400C1PE8000/ 期間の定めのある有期雇用の人が、契約を更新されない「雇い止め」になる例が相次いでいる。背景にあるのは規制の強化だ。 非正規の人を一定期間を超えて雇う企業は、その人の雇用安定への責任が重くなった。雇い止めはこれを避ける動きだ。労働規制の [続きを読む]
  • 最低賃金上げ 支援手厚く
  • 最低賃金にもある程度の幅が必要かもしれません。厚労省、最低賃金上げの中小支援手厚く時給30円上げの助成倍増 2018/3/6付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2770821005032018EE8000/ 厚生労働省は、最低賃金を引き上げる中小企業向けの支援策を見直す。時給30円上げた企業に対して今の2倍の最大100万円を助成する。大幅な引き上げを想定した支援はやめる。安倍晋三政権が掲げる「年3%の最低賃金上げ [続きを読む]
  • 人生100年時代、備え厚く
  • 60代、70代はもはや若造でしょうか。人生100年時代、備え厚く 「長生き年金」相次ぐ金融機関 2018/2/2 1:30日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26437670R00C18A2MM8000/ 日本人の長寿化が進むなか、老後の資金不足に備える動きが広がってきた。金融機関は個人が生涯にわたり、お金を受け取れるようにする年金保険や投資信託を開発。政府も70歳を超えてから公的年金を受給できる仕組みなどを検討している [続きを読む]
  • 失業率、23年ぶり2%台
  • アンマッチの解消には至っていないように思います。昨年の失業率、23年ぶり2%台   雇用改善、求人倍率44年ぶり高さ 消費への波及は弱く 2018/1/30付日本経済新聞 夕刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2629745030012018MM0000/ 雇用改善の流れが一段と強まってきた。総務省が30日発表した2017年の完全失業率は2.8%と、1994年以来23年ぶりに3%を割り込んだ。3%割れは、働く意思があれば職に就ける完全雇用の状態を [続きを読む]
  • 働き方法案巡り応酬
  • 細かい区分を明確にする必要があるように思います。衆院予算委、働き方法案巡り応酬 本格論戦スタート 政治 2018/1/29 23:59日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26272110Z20C18A1PP8000/ 今国会で最初の本格的な与野党論戦の舞台となる衆院予算委員会が29日、始まった。焦点の一つとなったのが今国会の最重要法案である働き方改革関連法案。野党は法案の核となる「脱時間給制度」の導入や裁量労働制の拡 [続きを読む]
  • 税や年金、一括電子申請
  • わずらわしさが軽減され、未加入・未納問題の解消の一助になりそうです。税や年金、一括電子申請 20年メド、企業負担減 2018/1/30付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26267180Z20C18A1MM8000/ 政府は2020年をめどに企業による税や社会保険の手続きをオンラインで一括して済ませられるようにする。オンライン申請の普及の障害になっていた電子署名を省略し、企業名や給与額など各申請に共通する情報は一度 [続きを読む]
  • 待機児童 越境入園促す
  • 少なくともシステムは統一する必要があるように思います。待機児童 越境入園促す 都道府県で対策 政府、地域間のばらつき是正 2018/1/30付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2627187029012018EE8000/ 保育所に入りたくても入れない「待機児童」について、都市部の中でも地域ごとのばらつきが問題になっている。居住地の子どもを優先して受け入れる仕組みがあるため、隣接する自治体間で預けやすさに差が出 [続きを読む]
  • 企業を蝕む「熱意なき職場」
  • ここでもまた「従業員をしっかり評価できるかどうか」が問われているようです。企業を蝕む「熱意なき職場」 社員の強み重視の文化を 編集委員 西條都夫 コラム(ビジネス) 2018/1/28 20:17日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26246480Y8A120C1TJC000/ 次の質問に「はい」「いいえ」で答えてほしい。・私は仕事をする上で、自分の最も得意なことを行う機会が毎日ある。・職場で自分の意見が考慮されて [続きを読む]
  • 病児・学童の受け皿拡大 厚労省、共働き世帯支援
  • 病気の際の対応の拡大は大変有意義でしょう。病児・学童の受け皿拡大 厚労省、共働き世帯支援 急病対応、2.5倍150万人 2018/1/26付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26137410V20C18A1MM8000/ 厚生労働省は共働き世帯やひとり親世帯の子どもの受け皿を拡大する。保育所では急な発熱などへの対応を広げ、現在の2.5倍の年150万人まで受け入れるようにする。小学校では放課後に預かる学童保育の定員を増やす [続きを読む]
  • 日本の賃金、世界に見劣り
  • 発想を変えて、生産性も賃金もアップ!?日本の賃金、世界に見劣り 国際競争力を左右(賃金再考) 働き方改革 賃上げ交渉 経済 2018/1/22 1:31日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25960110R20C18A1MM8000/ 世界の賃上げに日本が取り残されている。大企業の賃上げ率は4年連続で2%を超えるが、主要7カ国で日本だけが2000年の賃金水準を下回る。多くの人が賃上げの実感に乏しく、このままではデフレ脱却 [続きを読む]
  • 年金受給開始 70歳超も
  • 受け取りを遅らせた場合の割増率を更に高めるようです。年金受給開始 70歳超も  政府検討 選択制、額は上乗せ 高齢者に就労促す 2018/1/17付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25752900W8A110C1MM8000/ 政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った。年金の支給開始年齢(総合2面きょうのことば)を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を [続きを読む]
  • 自由な働き方、企業が支援
  • キーワードはワークシェアリングでしょうか。自由な働き方、企業が支援 キャスター、出社なし/シックス・アパート、テレワーク手当 2018/1/15付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25627190S8A110C1TJE001/ 従業員に出社を義務付けないなど、スタートアップ企業の間で自由な働き方が広がっている。管理部門支援のキャスター(東京・渋谷)やソフトウエア開発のシックス・アパート(同・千代田)は在宅勤務 [続きを読む]
  • 現場の共感、不正防ぐ
  • 企業規模にかかわらず、応用できる点は多そうです。稲盛氏が褒めた「2000円節約」 現場の共感、不正防ぐ 編集委員 塩田宏之 コラム(ビジネス) 2018/1/15 6:40日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25568920R10C18A1916M00/ 経営者はどれだけ社員と意思疎通できているのか。昨年、そんな懸念を抱かせる事例が相次いだ。 日産自動車では無資格者による検査が社長の是正宣言後も続いた。製品データの改ざ [続きを読む]
  • 副業容認で社員育成
  • 大きな変化です。副業容認で社員育成 コニカミノルタやDeNA 働き方改革 ネット・IT 自動車・機械 2017/12/28 1:31日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25163440X21C17A2MM8000/ 本業を持ちながら異業種などで働く副業を認める企業が増えている。人材育成の一環として、コニカミノルタやソフトバンク、ディー・エヌ・エー(DeNA)が相次ぎ容認し始めた。人材の流動性が海外に比べて低い水準にと [続きを読む]
  • 事務の9割、AIが代替
  • ちょっと怖い気もします…。事務の9割、AIが代替 三井住友海上の営業職 【イブニングスクープ】 金融機関 2017/12/28 18:00日本経済新聞 電子版 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25205040Y7A221C1MM8000/?n_cid=NMAIL006 損害保険大手の三井住友海上火災保険は2018年度から、営業部門の職員が手掛ける事務作業のうち9割を人工知能(AI)などで代替する。保険の契約にかかわる手続きや情報照会の対応などを自動に [続きを読む]
  • トップ育休 育つ人・組織
  • トップだからこそという面もあるかもしれません。トップ育休 育つ人・組織 メルカリ社長 不在時でも新規事業/CRAZY社長 取得者の成長評価 2017/12/25付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24957300S7A221C1TY5000/ 男性の育児休業取得率は2016年度で3.16%。それぞれの会社の理解が深まらなければ取得率は上がらない。男性トップで育休を取得した2人に聞くと、「育休が組織と人を育てる」と口をそろ [続きを読む]
  • 「働きやすさ」収益に直結
  • やはり相関関係があるようです。「働きやすさ」収益に直結 SmartWork本社調査格付け上位40社の4割が最高益2017年12月18日 2:30 [有料会員限定]https://r.nikkei.com/article/DGKKZO2465380014122017MM8000日本経済新聞社は17日、上場企業・有力非上場企業602社を「働きやすさ」の視点で格付けした「スマートワーク経営調査」をまとめた。格付け上位40社の4割が今期、過去最高の純利益を見込む。いずれの企業も外国人など多様な [続きを読む]
  • 消費でなく貯蓄に課税を
  • ときには常識を疑う必要もありそうです。[FT]消費でなく貯蓄に課税を 企業の余剰金、投資に活用 経済 FT 2017/12/14 2:30日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24574240T11C17A2TCR000/ なぜ日本は、2%の物価上昇目標をなかなか達成できないのだろうか。なぜ日本の金融政策は、ここまで過激なものになったのか。そして、なぜ日本の公的債務はこれほどに巨額になったのか。その理由は、日本が直面する課題 [続きを読む]
  • 雇用促進税制を廃止へ
  • 賃上げにつながるでしょうか。雇用促進税制を廃止へ 自民税調、賃上げ重視に転換2017/12/2 1:30日本経済新聞 電子版https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2415822001122017EA4000/ 自民党税制調査会(宮沢洋一会長)は1日、非公式幹部会合を開き、2018年度税制改正の個別項目の扱いを決めた。雇用を増やした企業の法人税を減税する雇用促進税制は廃止する。一方で賃金を引き上げたり、設備投資を増やしたりした企業への減税を [続きを読む]
  • 労災保険料1300億円下げ
  • 雇用保険料の下げ分と合わせてとんとんという計算のようです。労災保険料1300億円下げ 企業の子育て負担増を軽減2017/12/2付日本経済新聞 朝刊https://www.nikkei.com/article/DGKKZO24191180S7A201C1EA4000/ 厚生労働省は2018年度から労災保険料率を引き下げ、企業の負担額を現在より年約1300億円減らす方針を固めた。雇用保険料率の引き下げ分と合わせると、労働保険による企業の負担額は年3千億円規模で軽くなる。政府は企業 [続きを読む]