transniper さん プロフィール

  •  
transniperさん: Don't think, just let it flow
ハンドル名transniper さん
ブログタイトルDon't think, just let it flow
ブログURLhttp://www.transniper.com
サイト紹介文日々思ったこととか音楽とか車とか翻訳とか
自由文The days of a frelance translator/keyboardist who loves rock music and cars – 日々思ったこととか音楽とか車とか翻訳とか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/01/30 16:05

transniper さんのブログ記事

  • テレビ(今週の一曲)
  • ウェブのニュースでも話題になってたが、時代を象徴していたような雰囲気のある二つのバラエティ番組が終了するらしい。 終了する両番組に対しては特に何の感慨もないんだけど、ちょっと昔のことを思い出した。我が家はその昔、いわゆる両親の「教育上の方針」とやらでテレビがなかった。小学校の頃から中学二年くらいの間だったように記憶している。今からまあ30年位前の僕ら世代が小学校の頃のメインのエンタメはテレビ、テレビ [続きを読む]
  • ソフトウェアトラブル
  • PC使ってりゃそりゃまあ遭遇します、ソフトウェアトラブルとやら。 音楽、最近はもう自分のライブラリはほぼGoogle Play Musicに集約されている。この手のサービス、色々あるけど、結局自分が使いたいサービスを提供してくれてるのがGoogleだったのでずっと使い続けている。その機能とは、自分の持っているライブラリのストレージへのアップロード。5千何曲持ってるんだけど全部アップロードした。で、Chromeの拡張が特定のフォル [続きを読む]
  • “Child in Car”
  • そう、ご存知、”CHILD IN CAR”なのである。日本ではおなじみ。 「子供が乗っています」とか「子供がいます」と、外部の車に知らせる目的で見かける”Child in Car”ステッカー。日本ではかなり一般的となっている感じがする。よく見かけるし、車系の量販店でもいろんなバリエーションのものが売られてたりする。英語的には「車の素材として赤ちゃんが使われて…」みたいなニュアンスが出てしまうっていうのもあるとは思うけど( [続きを読む]
  • ILSAのコツ
  • だいぶ慣れたILSAで淹れる直火エスプレッソ。ここのところ抽出不良っぽい感じだったのだが、ようやく解決したので備忘録として。 ある日、バスケットに粉を詰めて火にかけて、そのまま作業部屋で仕事してたら、火にかけていたことを忘れてしまって、20分位ILSAを空焚きしてしまった。その日以来、抽出があまりよくない気がしてて、いろいろ試してみた。 ちなみにここで言う「抽出不良」っていうのは、 * エスプレッソの上がりが遅 [続きを読む]
  • 距離感(今週の一曲)
  • 個人的にとても忙しかった一週間が過ぎ去った。 仕事その他(その他のほうがメイン)で忙しかった一週間。それも今日で終わり。ちょっと気が抜けた。疲れたけど。漠然としていて抽象的だけど、この一週間、ちょこちょこと距離感ということについて考えることがあった。 人との距離感。車を運転しているときの他の車との距離感。特定の物事との距離感。 どちらもほどほどがいい。特に「あるコミュニティ内においての人との距離感」 [続きを読む]
  • OJTの思い出
  • 仕事としての翻訳を始めた頃に大変お世話になった英国人校正者先生の具合が悪いという。 過去の話になるけれど。 この仕事をするきっかけとなったのは、プログラミングを勉強したくていろいろ学校のようなところを探していた時に、求人情報誌のタウンワークで目についた1つの求人広告だった。その小さなソフトウェア会社は、ネットワークツールやソフトウェアの開発・販売、サーバー・ウェブサイト運用、ウェブアプリの開発なんか [続きを読む]
  • 夏の終わりの米軍基地
  • 夏の終わりに、米軍基地内のレンジャーパークでBBQしてきた。 自分の知っている限り、一般開放以外で基地内に入るには、業者としてパスを発行してもらうか、中の人からエスコート(お迎え)してもらえるかのいずれかのケースとなるはず。今回は、エスコート方式で中に入った。これまで米軍基地にはいろいろお邪魔している。横田、座間、横須賀、相模原米軍住宅、相模原デポ、瀬谷、そして厚木基地。特に厚木基地と瀬谷通信隊基地は [続きを読む]
  • ジャケ買い(今週の一曲)
  • ジャケ買いなんて言葉、多分今の若い人には通じないんだろうな。 僕が音楽に目覚めた頃、世の中の音楽媒体はカセットからCDへ移った頃で。その頃新しもの好きだったうちの父親がコンポを買ってきて、そこに付いてたCDプレイヤーが始まりだった気がする。なので本格的に音楽に目覚めた高校の頃は、基本的にCDが音楽の入口になり、色んなアーティストのアルバムをCDで買ってきた。当時は今のようにインターネットなんてなかったから [続きを読む]
  • 偏光グラスのすすめ
  • 夏真っ盛りで目に写るものすべてが眩しい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 夏に限ったことではないんだけど、僕は基本眩しさに弱い。人の「眩しさ」にも弱いけど、基本的にここで言う眩しさは太陽光線の眩しさのことですね、はい。なので、運転を含む外出時にはサングラスが手放せない。加えてガチャ目なので度入りでないと厳しい。というわけで、免許取得以来、度入りサングラスを使用してきた。フレームは、しばらくは [続きを読む]
  • オペ(今週の一曲)
  • 友人がオペをすることになった。 久々に会った友人が、オペをするのだという。オペの箇所は脳内血管における異常という(この理解で合ってると良いのだが)、まあとにかく難しい病気で、何でも10万人に0.3か0.4人くらいしかかからない非常に珍しい病気なのだと言う。ちょっと前から耳鳴りがするというので少し気になってはいたが、どうやら脳神経外科で診察・検査を受けた結果オペの運びとなったということらしく。本人曰く、オペ [続きを読む]
  • 専門書の断捨離
  • 仕事柄、参考書と称して様々な書籍・専門書を購入する。 この仕事していると、プロジェクトごとにいろんな書籍を購入したりするので、自然と本がたまっていく。辞書類、入門書、専門書、洋書、いろいろ。最近はKindleでそうした参考書籍類を購入することも多くなったけど、まだまだ紙の書籍も現役でお世話になっている。で、そのプロジェクトでしか使わなくて、2年3年経っても特に開くことのない本もあったりする。特に紙の書籍類 [続きを読む]
  • マキネッタ
  • マキネッタを買ったんです。 マキネッタって、直火エスプレッソメーカーのことで、ビアレッティっていうのだと目にしたことがあるかもしれない。 今回購入したのはILSAっていうメーカーのものでもちろんイタリア製。正直このデザインに惚れました。ステンレス製で単純な構造なので、誰にでも美味しいエスプレッソが味わえるんです。このお店で購入しましたよ。サイズは6カップ。うちは結構飲むので、このサイズで良かった。 作り方 [続きを読む]
  • KP41再発、そしてすぐに治癒
  • あの憎き再起動現象、KP41が再発…。 と思ったが、思い当たる節に手を入れたら一応静かになった。 発端はこれ。 この時以来、メモリは16GBにして落ち着いていた。でもメモリをもう少し増やしたくて、このマザーボード(MSI製)の上限、32GBに増設。同じブランドのものを再購入した。しばらくは何もなく動いていたんだけど、二ヶ月くらい経ってから、翻訳作業中に突如ブルースクリーンに。このときはちゃんとエラーメッセージが出た [続きを読む]
  • ペナルティ
  • しばらく前だけど、もうほぼまったく取引のない取引先からメールが届いた。 何でも、複数の登録翻訳者がGoogle翻訳を使って訳したと見られる訳文を納品していたことが判明したので、翻訳者におかれましては今後一切そういう機械翻訳を使った訳文を納品するなよコノヤロウ!っていうことらしくて。そしてそのメールは、今後そういうことをする翻訳者は厳しく取り締まります、別添のペナルティ表を見ておくように!ったく!みたいな、かな [続きを読む]
  • 電話かメールか
  • 打診や確認時の連絡方法についてなんですけどね。 基本的には取引のある翻訳会社さんほぼすべてがメールでしてきてくれます。そして個人的にはメールのほうがとても助かるんだよ。 っていうのも、電話だとどんな作業してても結局電話を取ることでその作業を中断させなきゃいけなくなるし、特に訳出中は頭の中あーでもないこーでもないとこねくり回しているから、一旦思考が翻訳から離れると、その作業に戻ったときに、色々意識して [続きを読む]
  • 最近読んだ本
  • Kindleを導入してから、どうしても積ん読が増えてしまっている現状。 それでも本を買い続ける。もう少し読書のためのまとまった時間が欲しい今日このごろ。 最近「なるほど」とうなずきながら読んだ本が、ウェブ上では舌鋒鋭いツイートで有名なめいろま女史。その物言いを受け付けられない人もいるだろうけど、個人的には嫌いではなく、著書もほとんど読んできた。直近の一冊。 「批判したくてたまらない、気にくわねえ!」という [続きを読む]
  • 8年ぶりに
  • 長らくかかっていた車探し、ついに終止符が。 我がプントが逝ってしまってから、実に一ヶ月、ついに次の愛車が納車に。そして8年ぶりに国産車という自分でもまあびっくりの展開となった。 本当はとりあえずまた輸入車を探そうとしてて。またフランス車いいな、と思っていて、ルノーのメガーヌかルーテシア(クリオ)を探していた。できればRS。いつもどおりに最優先譲れない事項はマニュアルシフトなので、そこはまず押さえておか [続きを読む]
  • 車無し生活、10日目
  • 逝ってしまわれた我がプント。 車ネタです。 電話がかかってきたときに、直感でわかった。 「止まったな」っていう。 その日は妻が車を運転していて、自分は家で仕事をしていた。最近よくエンジンが落ちてた我が家のプント(今に始まったことではないが)、妻いわくいつになく調子が悪い感じだったようで、その日もアクセルオフで回転が落ちる病が発生していたらしい。まあでもふかし気味にしてあたたまると大抵普通に走るようにな [続きを読む]
  • ダメコーデ!(ブルゾンちえみ風に)
  • 何とも挑戦的なタイトルですが。しかも流行りに乗っかっているというか。まあそこは無視してください。あとファッションの話ではありません。 我々翻訳者とは切っても切れない「翻訳コーディネーター」。色んな人がいる。自分とお付き合いのあるそのほとんどは、とてもいい人たちである。こちらの状況をきちんと理解してくれ、しっかりコミュニケーションを取ってくれる人が多い。そして大抵そういうコーディネーターさんは有能。 [続きを読む]
  • ワイパーモーターユニットの交換
  • うちのプントHGTのワイパー、運転席側しか動かなくなった。実はこれ、二度目。今回はもうユニットごと交換が必要になったので、作業の備忘録代わりに。 もともとの発端は去年。出先で突然ワイパーが運転席側しか動かなくなった。ボンネット開けて見てみると、モーターと助手席側のワイパームーブメントをつなげるアームのリンケージがアームごと下に落っこちている。はめ込んでも、リンケージのリング部分が摩耗で大きくなってしま [続きを読む]
  • 翻訳者向けWeb上の参考資料(3)
  • けっこう間があいてしまったけど、Web上で参照できる翻訳者向けリソース第三弾。 いつものごとく、だらだらと載っける。ちなみに第一弾と第二弾は以下。 コロケーションについて。コロケーション関連で一番よくひく辞書はやはりOxford Collocations Dictionaryなんだけど、最近こっちも確認してる。ダブルクオーテーションを使ったGoogle検索法も使うけど。 科学技術・機械関係など。 ヒヤリ・ハット、失敗事例。 メッキ技術用語辞 [続きを読む]
  • KP41の呪縛
  • 去年の夏からほぼ半年間悩まされたエラー、KP41。 KP41。知ってる人は知っている、厄介なWindowsのエラー。厳密に言うと、エラーではなくて、前回「原因不明のシャットダウンが起きましたよ」っていうお知らせ、というか。主な症状が、ブルースクリーンになる、もしくはそのまま勝手に電源が落ちてPCが再起動する、という。作業中のファイルをセーブする暇もなし。どんなに泣き叫んでもそれまでの作業内容は失われてしまうのです。 [続きを読む]
  • 2016年に読んだ・購入した本たち
  • 年明け最初のエントリが去年に関連したエントリという。とりあえず去年買って読んだ本、積ん読なってしまってる本とか、いろいろ。 まずはやはり色々と注目を集めている人工知能について。 けっこう眉唾ものの話も多いので、まずは人工知能についてきちんとした理解(一体全体どういうものなのか、現時点で何ができて何ができない、将来的にはどうなりそうか、とか)を得る必要があると思って選んだ本について。 三冊読んでみて思 [続きを読む]
  • 2016
  • 2016年があと25分ちょいで終わろうとしている。 2016年。思い返せば色々あった…なんていう陳腐なことを言うつもりもないんだけど、まあそれでもそれなりにいろいろあった。 一番残っているのは、自分のダメさ加減を再認識したことか。ミスとかそういうものばかりではないんだけど、それにしてもちょっとダメだ、自分。というか、ここへ来て自分の英語のできなさ、日本語のできなさ、そういうのがより高い壁となっていま目の前に立 [続きを読む]
  • 結婚おめでとう。(今週の一曲)
  • 友人のMが結婚した。友人というか何といえば良いのかわからない間柄ではあるが、一応夫婦でいろいろ気にかけてた子なので友人という言葉を使おうと思う。とりあえず本人がここを読む確率は非常に低いので適当に書こうと思う。 知り合って八年。短いようで長いようで。うちら夫婦のことをお兄さんお姉さんと慕ってくれていた。ありがとね。 最初は確か、「お付き合いしている人がいて」みたいなことを言われたと思う。 まあ相手も知 [続きを読む]