transniper さん プロフィール

  •  
transniperさん: Don't think, just let it flow
ハンドル名transniper さん
ブログタイトルDon't think, just let it flow
ブログURLhttp://www.transniper.com
サイト紹介文日々思ったこととか音楽とか車とか翻訳とか
自由文The days of a frelance translator/keyboardist who loves rock music and cars – 日々思ったこととか音楽とか車とか翻訳とか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/01/30 16:05

transniper さんのブログ記事

  • トライアルとかUI翻訳とか
  • ここのところいくつかの取引先からの依頼で、トライアルのようなものをやった。そのどれもが受けた方ではなくて、評価する方で。英日・日英の両方。両方一気にやるのは、ほぼ初めての体験。 翻訳やっていれば必ず経験するトライアル。今回の各状況や対象人数とかそういうのは詳しく書きませんが、非常にためになった。印象としては、原文に引きずられることの執拗さ、とでもいうのか、これうまく言葉にできていないけど、とにかく [続きを読む]
  • 機械学習にまつわるリソース
  • ここのところ、機械学習、ロボット、AI関係の仕事が結構多い。頑張っていろいろ勉強しつつ仕事をしている中で、いろいろ見つけたウェブ上のリソース。 統計・機械学習の専門用語、Terms for stats and MLmachine learning, deep learning。 日⇔英対訳用語集みたいなもの。簡単で最低限の用語、というイメージ。 Machine Learning Glossary (Google)。 Googleが提供する開発者向け機械学習関連用語集。英語。最新の技術動向なんか [続きを読む]
  • ショートカットキー
  • 何でもキーボードでやりたがる傾向がある。だからショートカットキー。 でも、基本的なショートカットキーくらいしか覚えてなかったりする。例えば。 Ctrl+C/X/V (コピペ) Ctrl+A (全部選択) Ctrl+Z/Y (Undo/Redo) この辺りは皆さんお使いなんじゃないでしょうか。 でもまだまだたくさんあるショートカットキー。特に覚えたいのが、エクスプローラー、フォルダ周り、ファイル周り、Excel関連。まあOffice系ソフトは、Altさえ押せば [続きを読む]
  • ライフハック
  • ライフハック。人生をもっと楽にするための習慣の改善、というか。 前々からライフハックに興味を持ってはいた。ちょっとした改善で、少し楽になる。個人的には「人生をもっと楽にする」とか大仰なことを望むわけではなく、単に毎日の暮らしや仕事にまつわる作業をもう少し楽にするっていうことにトライしてみるヨロコビみたいな感じで、気を楽に持ってやってみている。でも、ライフハックとかってなぜかちょっとこうとてもエンス [続きを読む]
  • ミスの裏側
  • ミスの裏にある、ミスを引き起こすファクターについて。備忘録として。 人間であれば誰だってミスはおかしてしまうものです。 例えばこの仕事をしていれば、スペルミス、変換ミス、同音異義語の漢字選択ミス、原文の解釈ミスによる誤訳、訳漏れ、等々。軽微なものから致命的なものいずれにしろ、ミスはおかしたくない。ミスの内容によっては信用に直結するし、沽券に関わるし、落ち込むし、自己嫌悪に陥るし、一つのミスが次の仕事 [続きを読む]
  • ミスの裏側
  • ミスの裏にある、ミスを引き起こすファクターについて。備忘録として。 人間であれば誰だってミスはおかしてしまうものです。 例えばこの仕事をしていれば、スペルミス、変換ミス、同音異義語の漢字選択ミス、原文の解釈ミスによる誤訳、訳漏れ、等々。軽微なものから致命的なものいずれにしろ、ミスはおかしたくない。ミスの内容によっては信用に直結するし、沽券に関わるし、落ち込むし、自己嫌悪に陥るし、一つのミスが次の仕事 [続きを読む]
  • 2017年中に読まれた記事ベスト10
  • ふと思い立ち、去年中に読まれた(アクセスの多かった)記事を10個、解析してみた。 以下、ランキング形式で。 10位:気長に行くしかない 幾つか書いた難聴関連の記事のうちの一つで、発生から2ヶ月後に書いたもの。難聴自体にかかったのは2015年の9月なので、もう二年前の話。でも難聴に対する関心度は高いんだなと。 9位:KP41の呪縛 半年くらい悩まされたWindowsのブルースクリーンエラー。今思い返すと、これは自分のマザーボ [続きを読む]
  • 2017年に読んだ・購入した本(3)
  • 年が明けてしまいましたが、とりあえず第三弾。 2017年はAIブームというか、AIがより身近になった(気がする)。 とかくセンセーショナルな報道や記事、書籍や話題が先行がちなAI。将来なくなる仕事・職業といった話題から、AI自身の驚異的進歩により引き起こされるであろう技術的特異点、シンギュラリティ。 でも実際問題、AIについて自分自身との関わりを考えるにあたり、自分は機械学習やディープラーニング等に関する基本的な [続きを読む]
  • 2017年に読んだ・購入した本(2)
  • 引き続いて2017年読了・購入した本たち。その2。 仕事関係で翻訳資料として購入したものをズラッと。 こんなところでしょうか。英訳仕事には洋書も欠かせない。印象に残っている役立った書籍は、情報セキュリティマネジメントの国際規格(ポケット版)、The Copywriter’s Handbook、Collins Common Errors in English、Perfect Phrases for Letters of Recommendationあたりか。 その3へ続きます。Continue reading [続きを読む]
  • 2017年に読んだ・購入した本(1)
  • 2017年に読んだ・購入した本。一応読んだ本には短いコメントを付けた。積読を解消したいけど、Kindleにして以来、絶賛積読更新中。 まずは小説から。 カルマ真仙教事件。実在の事件をモチーフにした(というかほぼその流れを踏襲)警察小説。あの頃のことが、当時の世相も含め、色々と思い出される。確か教祖が逮捕されたのは高校の世界史の授業中で、隠れてラジオ聞いてた奴が授業中に「麻原逮捕!」と叫んで、先生が「お!ついに [続きを読む]
  • 翻訳者向けWeb上の参考資料(4)
  • Web上で利用できる翻訳者向けリソースの第四弾(英日・日英向け)。 いつものごとく、仕事しながら出会った・助けられたウェブ上のリソースを、とりとめもなくだらりだらりと載っけます。厳選してます。 まずは今をときめくAI/機械学習関連。このサイトの最初の方にも書いてあるけど、AIとか機械学習って結構カタカナ訳語が少ないイメージがあります。 和暦と西暦、いつもこんがらがる。昭和と平成はなんとかなるけど、明治とかに [続きを読む]
  • 単数で受けるか複数で受けるか
  • 基本的なことをきっちり理解しているつもりでも、あれって…あれ?どうだったっけ?っていうことがよくある文法事項。備忘録として。 英語を勉強している人はよく、everybodyとかeveryoneとかを主語とする場合に、動詞をどうするかという問題にぶち当たるだろうと思います。あと、every+名詞とか、each+名詞とかって単数扱いだっけ?とかも。さすがにこれは基本なので調べればすぐわかると思うけど、じゃあa number of とか、the n [続きを読む]
  • メインPCのSSD換装とWindows 10のクリーンインストール
  • 少し前になるけど、メインPCのSSDを換装した。 メインPCのSSDは128GBで、2013年に使用開始したのでもう4年ほどになる。特に不具合もなく使っていたのだが、ここのところ、起動の際にWindowsのマークが出たっきり先に進まないことが何度かあって地味に焦っていた。SSDというものはいつごろ壊れる予定です、なんていうことを前もって教えてはくれないので、一気にここらで容量アップも兼ねて換装してWindowsもクリーンインストールし [続きを読む]
  • 残念
  • 今年こそ翻訳祭に行こうと思ってたんですが。 タイミング悪く色々重なってしまって、ぜひとも聴講したかったセッションが幾つかあったにも関わらず結局出席できずで。まあもともと12月上旬に予定されていた父親の胆嚢切除手術に加えて、突如、母親が怪我をしたと連絡を受けてよくよく聞いてみると、左手首と腰骨を骨折なんて言うから一気に色々バタバタし始めてしまった。おりしもそこそこのボリュームの案件も重なっており、ここ [続きを読む]
  • テレビ(今週の一曲)
  • ウェブのニュースでも話題になってたが、時代を象徴していたような雰囲気のある二つのバラエティ番組が終了するらしい。 終了する両番組に対しては特に何の感慨もないんだけど、ちょっと昔のことを思い出した。我が家はその昔、いわゆる両親の「教育上の方針」とやらでテレビがなかった。小学校の頃から中学二年くらいの間だったように記憶している。今からまあ30年位前の僕ら世代が小学校の頃のメインのエンタメはテレビ、テレビ [続きを読む]
  • ソフトウェアトラブル
  • PC使ってりゃそりゃまあ遭遇します、ソフトウェアトラブルとやら。 音楽、最近はもう自分のライブラリはほぼGoogle Play Musicに集約されている。この手のサービス、色々あるけど、結局自分が使いたいサービスを提供してくれてるのがGoogleだったのでずっと使い続けている。その機能とは、自分の持っているライブラリのストレージへのアップロード。5千何曲持ってるんだけど全部アップロードした。で、Chromeの拡張が特定のフォル [続きを読む]
  • “Child in Car”
  • そう、ご存知、”CHILD IN CAR”なのである。日本ではおなじみ。 「子供が乗っています」とか「子供がいます」と、外部の車に知らせる目的で見かける”Child in Car”ステッカー。日本ではかなり一般的となっている感じがする。よく見かけるし、車系の量販店でもいろんなバリエーションのものが売られてたりする。英語的には「車の素材として赤ちゃんが使われて…」みたいなニュアンスが出てしまうっていうのもあるとは思うけど( [続きを読む]
  • ILSAのコツ
  • だいぶ慣れたILSAで淹れる直火エスプレッソ。ここのところ抽出不良っぽい感じだったのだが、ようやく解決したので備忘録として。 ある日、バスケットに粉を詰めて火にかけて、そのまま作業部屋で仕事してたら、火にかけていたことを忘れてしまって、20分位ILSAを空焚きしてしまった。その日以来、抽出があまりよくない気がしてて、いろいろ試してみた。 ちなみにここで言う「抽出不良」っていうのは、 * エスプレッソの上がりが遅 [続きを読む]
  • 距離感(今週の一曲)
  • 個人的にとても忙しかった一週間が過ぎ去った。 仕事その他(その他のほうがメイン)で忙しかった一週間。それも今日で終わり。ちょっと気が抜けた。疲れたけど。漠然としていて抽象的だけど、この一週間、ちょこちょこと距離感ということについて考えることがあった。 人との距離感。車を運転しているときの他の車との距離感。特定の物事との距離感。 どちらもほどほどがいい。特に「あるコミュニティ内においての人との距離感」 [続きを読む]
  • OJTの思い出
  • 仕事としての翻訳を始めた頃に大変お世話になった英国人校正者先生の具合が悪いという。 過去の話になるけれど。 この仕事をするきっかけとなったのは、プログラミングを勉強したくていろいろ学校のようなところを探していた時に、求人情報誌のタウンワークで目についた1つの求人広告だった。その小さなソフトウェア会社は、ネットワークツールやソフトウェアの開発・販売、サーバー・ウェブサイト運用、ウェブアプリの開発なんか [続きを読む]
  • 夏の終わりの米軍基地
  • 夏の終わりに、米軍基地内のレンジャーパークでBBQしてきた。 自分の知っている限り、一般開放以外で基地内に入るには、業者としてパスを発行してもらうか、中の人からエスコート(お迎え)してもらえるかのいずれかのケースとなるはず。今回は、エスコート方式で中に入った。これまで米軍基地にはいろいろお邪魔している。横田、座間、横須賀、相模原米軍住宅、相模原デポ、瀬谷、そして厚木基地。特に厚木基地と瀬谷通信隊基地は [続きを読む]
  • ジャケ買い(今週の一曲)
  • ジャケ買いなんて言葉、多分今の若い人には通じないんだろうな。 僕が音楽に目覚めた頃、世の中の音楽媒体はカセットからCDへ移った頃で。その頃新しもの好きだったうちの父親がコンポを買ってきて、そこに付いてたCDプレイヤーが始まりだった気がする。なので本格的に音楽に目覚めた高校の頃は、基本的にCDが音楽の入口になり、色んなアーティストのアルバムをCDで買ってきた。当時は今のようにインターネットなんてなかったから [続きを読む]
  • 偏光グラスのすすめ
  • 夏真っ盛りで目に写るものすべてが眩しい今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。 夏に限ったことではないんだけど、僕は基本眩しさに弱い。人の「眩しさ」にも弱いけど、基本的にここで言う眩しさは太陽光線の眩しさのことですね、はい。なので、運転を含む外出時にはサングラスが手放せない。加えてガチャ目なので度入りでないと厳しい。というわけで、免許取得以来、度入りサングラスを使用してきた。フレームは、しばらくは [続きを読む]
  • オペ(今週の一曲)
  • 友人がオペをすることになった。 久々に会った友人が、オペをするのだという。オペの箇所は脳内血管における異常という(この理解で合ってると良いのだが)、まあとにかく難しい病気で、何でも10万人に0.3か0.4人くらいしかかからない非常に珍しい病気なのだと言う。ちょっと前から耳鳴りがするというので少し気になってはいたが、どうやら脳神経外科で診察・検査を受けた結果オペの運びとなったということらしく。本人曰く、オペ [続きを読む]
  • 専門書の断捨離
  • 仕事柄、参考書と称して様々な書籍・専門書を購入する。 この仕事していると、プロジェクトごとにいろんな書籍を購入したりするので、自然と本がたまっていく。辞書類、入門書、専門書、洋書、いろいろ。最近はKindleでそうした参考書籍類を購入することも多くなったけど、まだまだ紙の書籍も現役でお世話になっている。で、そのプロジェクトでしか使わなくて、2年3年経っても特に開くことのない本もあったりする。特に紙の書籍類 [続きを読む]