大介 さん プロフィール

  •  
大介さん: 芙蓉の樹
ハンドル名大介 さん
ブログタイトル芙蓉の樹
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/daisuke8mafu11ken9
サイト紹介文生け花をメインに掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/01/30 16:23

大介 さんのブログ記事

  • 1-20 特殊な花材 行事の花
  •               季節が限られていてそれが、生活を彩る大切な要素になる生け花        今回は、 お盆の向かえばなをいけることにしました。       花材   蓮の実   菊  ユ−ホルビア 置き場は床の間 (稽古場には床の間がないので床板)                                 蓮の実はお盆に供える行事の花           菊の香り [続きを読む]
  • 草月基本5-9 床上がり(場)
  •       5-9  床上がり      机の上でいけるのではなく、床の上でいけます。      このテ−マは何よりも見ていただく床の目線です。       また、机の上でいけるのと違い、場を意識することが重要だと思います。       作品を床に置くことは。足元が出発点になります。       さらに、花器を置く敷物などの影響もいけばなの鑑賞に影響します。 目線正面 [続きを読む]
  • 祭り花(研究テ−マ)
  • 草月会館5階和室               研究テ−マ{ 5月 }  祭り花        花材   オクラレリカ  モルセラ  ギガンジュ−ム             オクラレリカに導かれて、祭りの主が現れてきます。            天高く昇っていく神送りの花を思い描きました。 [続きを読む]
  • ヒマワリをいける(自宅生け花教室)
  •      7月に入り、毎日暑い日が続いています。      日差しを受けて咲くヒマワリをいけました。      花材   向日葵   吾亦紅   うんりゅ柳 どの作品も向日葵の花は存在が感じられますね。       うんりゅ柳の動きの空間を感じながら、       向日葵は動いています。       夏の強い日差しにめげることのない強さを感じますね。                いつ [続きを読む]
  • 素材5-7異質素材の構成
  •          植物意外の異質素材だけを使って構成表現する        異質素材   酒が入っていた箱   オアシスが入っていた籠           酒の箱の内側のアルミを切って           オアシスの籠から流れるよな動きをだしています。           シンプルで殻やかな作品です。                             異質素材の作品にアブラツツジとトルコ桔梗 [続きを読む]
  • 創造5-4緑を見つめる
  •         植物の持つ緑に着目して、その一色だけでの生け花です。        花材  ヤシの葉    鳴子蘭                  ヤシの葉を巻き込んでいます。             なかなか大変な作業のようでしたよ。     緑の濃淡が調和して、それぞれの葉の特徴をうまく生かされていますね      [続きを読む]
  • 創作花器を作っていける
  • 創作花器を作っていける        基本1,2にはないのですが、楽しみながら挑戦しました・   花器の材料は酒の入っていた箱とオアシスの入っていたプラスッチクの籠         花材  アブラツツジ   トルコ桔梗  主根チース                       基本から解放されて自由で楽しい生け花になりました。           花器を自分で作ることで、留めにも考えや [続きを読む]
  • 自由花(盛り花)
  •      花材   オオデマリ  百合  ナルコラン     基本の型を気にしないで、自由に行けました。     百合の花が全面に出ていて。そこから立ち上がっていくオオデマリがすっきりしていてステイです。     いけ手の方に似ていますよ [続きを読む]
  • j自宅生け花教室 3月 4月 5月 6月の生け花
  • 2018年も半年がすぎて、梅雨が6月の終わりに明けて   台風が沖縄から九 州を通り、日本海沿いに進み、各地大雨を降らしましたね。   関東沿岸も昨日から、風が吹き、今日は雨です。   梅雨も明けたのに、今週は雨になりそうです。   パソコンの調子と大介の気持ちが乗らずに、掲載だ滞っていました。   言い訳は程々にして、3月の生け花から掲載させていただきます。        花材  クロモジョ   [続きを読む]
  • 春の気配を感じて
  •              草月会館5階和室春爛漫の生け花         家元勅使河原家のお雛様   司馬遼太郎の街道をゆくの挿絵画家  須田剋太氏の書....                研究のテーマ    「気配を感じる---春」      今や花業界の助けで花材の木花や草花は時期よりも早く調達できます。      5階の教室の前に置かれてある花材も春の木花草花で賑わっています。        猫目 [続きを読む]
  • 創造 5-1 季節を彩る
  •       いけばなは、野や庭に咲く季節の植物を室内に取り込んで、そこで季節を愛でるとゆうことが、      源流にありました。       しかし、現代では、いけばなで季節を表現することは、なかなk単純ではないようにおもいます。              そんな中でも、椿は冬から春に掛けて花を咲かせて今の季節の代表ですね。       花も良し、枝も良し、葉も良しの三拍子の花材です。       [続きを読む]
  • 創造  祝い花
  •         創造  5-11    祝い花                      祝い花は自分の思いを託していけるものです。            作者は両親の結婚記念日の祝いの花としたいそうです。                  花材      極楽鳥花    アンスリューム   オンシジューム   ドラゴン柳        素晴らしい祝いの生け花ですね            花材も祝いの [続きを読む]
  • 基本立真型 投げ入れと基本傾真盛り花
  •          基本立真型  投げ入れ        花材   こでまり   輪菊                                          添え木留で投げ入れです。                真、添がこでまりですが、基本の勉強には難しい花材です。                 しなりがあるので長さを決めるのにどの辺を先端とするか、                  [続きを読む]
  • 基本立真型 盛り花 逆勝手
  •       基本立真型 盛り花  (逆勝手)          花材   極楽鳥花  アンスリューム   オンシジューム                               前回のおさらいで                            真、添、控を180度変えたのが逆勝手となります。              いける場に応じてどちらが良いか決めることができます。           [続きを読む]
  • 初めての生け花
  •     ご近所の方で我が家の猫の白ちゃんがお世話になっている方です。    白ちゃんは招き猫ですよ      素敵なご縁になりました。      ゆっくりと草月流を学びたいとのことですが。楽しみですね。         基本立真型 盛り花        花材   カラ-  葉蘭              草もので真、添、控を置いてみました。              まずは器にたいしてのバランスと [続きを読む]
  • 2018年  春の曙  椿は楽し(自宅生け花教室)
  •    立春も過ぎて、木花が春風を感じています。   1月の終わりには、湘南も積雪がありました。   2018年も木や花や人の和に助けられて楽しいいけばなにしたいですね。   初いけばなは1月9日でした。    花材   カラ−  アンスリューム  赤目柳   レモンリ−フ   ヒペリカム           白のカラ−とアンスリュームの赤、そして赤目柳と            どの方のいけばなも 明る [続きを読む]
  • 水仙をいける
  •      2018年をむかえました・      今年もよろしくお願いいたします。   テキスト5-6   水仙     冬から春にかけての代表的な花材です。      たいてい 花のほうが葉よりも高い位置にあります。      花の位置の調整のために「葉組」の手法をしたりします。           水仙の根本を包んでいる「はかま」と言われる白い部分をもんで柔らかくしてから      花の茎を抜いて、葉 [続きを読む]
  • クリスマスをいける(自宅生け花教室)
  •       寒さがいちだんと厳しくなってきました。       12月は駆け足ですね         さんの足音がが聞こえてきます      オアシスを使って楽しくいけてみました。    花材    薔薇  サンゴミズキ コ−リ柳  ミモザ  ブル−アイ   レッドジェ-ムス           オアシスを使ってのいけばなは水揚げの工夫が必要です。            オアシスとの接触面を多くす [続きを読む]
  • ふじの高根
  •     11月25日、辻堂海岸からの富士です。     これからは朝夕、素敵な富士が望める季節になりますが、     寒さも一段と厳しくなって、師走の足音が聞こえます。           どうぞ、お元気で、お過ごしください。 [続きを読む]