ねこんた さん プロフィール

  •  
ねこんたさん: ねこんた Photo GALLERY
ハンドル名ねこんた さん
ブログタイトルねこんた Photo GALLERY
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kittynekonta
サイト紹介文月や星空、夜景、季節の花からテーマパークなど何でも撮ります。
自由文都会暮らしがたまに田舎で星空撮影、自宅では月や惑星、季節の花々を撮っていたりします。
その他 旅行やテーマパークなどシャッターチャンスのあるものは何でも撮ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/01/31 08:44

ねこんた さんのブログ記事

  • 渋谷山 佛光寺
  • 10月14日(土)義父の納骨で京都の仏光寺に行きました。仏光寺通りという東西の路もありますが、実際には車で行けば南側の高辻通りから入ります。あまり目立った大伽藍はありませんし小雨が降る寸前で空は灰色、HDRで撮ってみると感じが出ました。01020304050607080910本尊の地下にある納骨堂に納骨したあと、境内にあるディアンドデパートメント京都で精進料理風の昼食採り、蹴上にある本廟に残骨を納めました。 [続きを読む]
  • 里の秋
  • 10月7日(土)枚方穂谷へコスモスを撮りに行きました。午前10時頃に大阪市内を出発して小雨のなかを第二京阪にのると曇り空ですが雨はあがってしまいました。関西外大穂谷キャンパスの横を抜けるとコスモス畑が拡がっています。といっても全面では無くモザイク状に畑が点在しているという感じですが、雨でぬかるんだあぜ道から撮ってみました。01020304050607 [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 10月4日(水)は中秋の名月 午後9時の月齢14.3・・・ただし満月は6日午前3時40分で この夜は満月ではありません。月の軌道が円ではないため、また新月が9月20日午後2時30分と遅めだったことも影響しているようです。撮影時刻 10月5日0時12分NEX-6+MINOLTA400mmF4.5+テレコン2X(800mmF9)ISO800、1/100 [続きを読む]
  • オリオン周辺
  • 9月30日(土)の夜から10月1日(日)未明までオリオン周辺を撮ってみました。01:M42とM43、NGC197702:馬頭星雲(IC434)と燃える木星雲(NGC2024)03:昇るオリオン04:ぎょしゃ座の散光星雲05:ふたご座 くらげ星雲:何度やっても上手く写せないので再チャレンジします [続きを読む]
  • 上弦
  • 9月28日(木)朝から雨でしたが、午後からやっと晴れてきました。明日からは少し秋らしくなるようです。秋から冬の星が撮りに行けそうですね。0102TAKAHASHI FS78 にて撮影 大口径鏡は持っていませんからこんなものでしょう。 [続きを読む]
  • M31〜M42
  • 9月24〜25日晴れたので久しぶりに撮影に行きました。0時頃までは薄雲がかかって不安でしたが、その後快晴になりました。撮って出しでノイズ処理をしていないのでそのうち差し替えます。M31(α6300で撮影)以外は CANON EOS-8000Dをクリア改造したボディを使っています。なんだか赤の写りがイマイチな感じがします。少し色温度が低すぎで見にくいのか、それともフィルターに問題があるのか・・・01:M3102:ぎょしゃ座 勾玉星雲 [続きを読む]
  • 黄昏の風景
  • 9月24日(日)秋分の日の翌日・・・綺麗な日没になりました。不順な天候が続いていて、晴れといっても曇りがちな空が多かったのですがようやくマトモな空模様になりました。0102:HDRで絵画調にしてみました [続きを読む]
  • 台風18号 通過中
  • 9月17日台風18号が九州、四国を通って近畿地方を直撃しました。午後10時に明石付近に上陸したようですが、雨も風もそれほど強くはありません。午後8時頃午後10時5分に撮影しました。午後10時1分に撮影しました。中央が梅田方面、右から1/4あたりが神戸・明石方面撮影地 大阪市都島区 [続きを読む]
  • スマホカメラはコンデジを越えてる?
  • 9月11日(月)少しカメラの実験をしてみました。最近はスマホカメラが良いので使っていますが、それでも普段使いにはミラーレスやコンデジを使います。スマホ画像がどの程度良いのか実写してみました。01:撮影に用いた画像使用カメラはSONY XPERIA X Compact SO-02J:スマホ最大の1/2.3インチセンサーを搭載したモデル:2300万画素(2016年モデル)SONY DSC−RX100M3:1インチセンサーのいわゆる高級コンデジ:2010万画素(2014 [続きを読む]
  • アゲハチョウ
  • 9月5日早朝にすでに飛んでいたアゲハチョウを撮ってみました。010203満月が近づいてきて星の写真は撮れなくなりました。9月2日の夜はラストチャンスだったのですが現地到着後に曇ってしまいました。9月15日頃までは月があるので、機器のメンテなどやってみます。 [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その9(旅行記)
  • 8月23日ホテルから出て、イエローストーンで最も有名なオールドフェイスフル間欠泉へ行きました。子供の頃「兼高かおる世界の旅」でそんなものがあると知っていましたが、実際に行くことになるとは思いませんでした。イエローストーンは60-70万年前後の周期で巨大噴火を起こしていて、前回の巨大噴火より64万年が経過しているので、それほど遠くない未来に最大級の噴火がおきることがわかっています。地下にある巨大マグマだまりか [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その7
  • 8月21日皆既日食の観望からジャクソンレイクロッジまで帰り着きました。快晴が続いているので、ホテルの北側の丘で2時間ほど撮影しました。010203木が赤いのは、他にも撮影している人がいて赤いライトを点けているせいです。アメリカ皆既日食 その6(旅行記)へhttps://blogs.yahoo.co.jp/kittynekonta/28006991.html [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その6(旅行記)
  • 8月21日皆既日食当日、午前3時にドリッグスに向けて出発し、渋滞にもまきこまれず5時過ぎに到着しました。空を見上げれば東に雲が残るもののほぼ快晴、北極星も綺麗に見えてだだっ広い草地に場所取りをしながら、スカイメモSをセッティングしました。集まったおおよそ100人ほどの人たちも思い思いの観測機材を準備していました。01:オリオンや金星が輝く東の空に向けて準備中02:夜が明けると熱気球が飛んできました午前8時を過ぎ [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その5(旅行記)
  • 8月20日いよいよ日食前日となりました。州をまたいでアイダホ州ドリッグスの観測地を下見に出かける人は8:00出発ですが、そうでない人は昼食に11:00出発・・・多少時間に余裕ができて、もしジャクソンレイクに残るならどこで観るか下見をしました。その後 ジャクソンホール市街のレストランで昼食、市街を散策したあとティートンビレッジの事前説明会に出席しました。今回はHDRをメインにアップします。01:観光馬車、日本なら人 [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その3(旅行記)
  • 8月19日ソルトレイクシティのホテルを出発し、3連泊するジャクソンレイクロッジに向かいます。5時間半の予定でしたが途中 グランドティートン国立公園内のあちこち立ち寄って、ホテルに到着したのは夕刻でした。写真のブログなので、気に入ったものをアップすることにします。基本は山と川と湖 それに草原と森しかありません。01:途中に立ち寄ったスーパー02:逆光で撮ってみました、これぞ日の丸構図w0304050607:トランスフ [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その2(旅行記)
  • 8月18日午後から豪雨になるという予報・・・家を出たところで雨が降り出しました。大阪を午前6時に出発し、新大阪→品川→成田空港 へ10時に到着、昼食を採ったり適当に時間を潰して、集合13:15荷物を預けて手荷物チェックと出国ゲートを通って DL166便(ボーイング767)が飛び立ったのが16:15 そのままシアトルへ向かいました。9時間半のフライトで現地9:45(時差-16h)、さらに国内線に乗り換えてソルトレイクシティに現地16: [続きを読む]
  • アメリカ皆既日食 その1
  • 8月21日アメリカ大陸を横断する皆既日食がおきました。8月18日〜25日まで観望のために渡米していて昨日帰国しました。順次 写真はアップしていきますが、ダイヤモンドリング・コロナ撮影用に使用したカメラ2台のうち1台をミスして、まともな写真が少ないです。とりあえず第2接触、コロナ、第3接触の写真をあげておきます。01:ダイヤモンドリング02:コロナ03:第3接触ブラケット撮影に使用したレンズ(500mmRF)のフィルターを外 [続きを読む]
  • 皆既日食ツアーに向けて
  • 8月16日(水)いよいよ8月18日(金)からアメリカ横断皆既日食の観望に行きます。今回は夫婦での参加です。行き先はロッキー山脈の東側にある高地で、アイダホ州ドリッグスまたはワイオミング州ジャクソンレイクビレッジです。宿泊はジャクソンレイクですが皆既継続時間が1分48秒、ドリッグスは2分17秒です。前日の天気予報を見て確率の高そうな方を選択できるのですが、30秒近く長いドリッグスは魅力です。2012年のオーストラリア [続きを読む]