荒ちゃん さん プロフィール

  •  
荒ちゃんさん: 荒ちゃんの投資競馬
ハンドル名荒ちゃん さん
ブログタイトル荒ちゃんの投資競馬
ブログURLhttps://ameblo.jp/maruha3079/
サイト紹介文長年、競馬を投資として研究。 馬券の考え方、投資法、必勝法を一挙公開!
自由文『荒ちゃんの投資競馬』でお馴染みの、

荒木こと「荒ちゃん」です。

様々な角度から競馬を研究し、

遂に編み出した「馬券必勝法」

如何にして馬券で稼ぐかを公開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/31 19:10

荒ちゃん さんのブログ記事

  • 荒ちゃんの秋華賞の解説
  • 秋華賞の枠順が確定。京都の芝内回り2000mのスタート地点は、スタンド前の真ん中辺り。スタート後は最初のコーナーまでは多少なりとも距離があり激しい先手争いにはなりにくい。枠的にはやや内枠に利がある程度。 人気のアーモンドアイは6枠11番を引いた。枠は問題ないだろう。何せ、圧倒的なパフォーマンスを演じてきた馬、今更ながらこの馬の底力には驚かされる。コース形態は決して向いているとは云えないが、力の差でねじ伏 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの毎日王冠の解説
  • 毎日王冠の枠順が確定。東京の芝1800mのスタート地点は、向こう正面の右側奥のポケットからになり、最初のコーナーまでの距離がなく、先行馬の場合は内枠有利のコース形態だ。 人気のアエロリットは6枠9番を引いた。枠は問題ない。 春の安田記念では敗れたとは云え、タイム差無しの2着なら堂々たる成績だ。牝馬ながらスピードと切れを秘めており、強力牡馬相手でも一歩も引くことはない。 サトノアーサーは4枠4番。枠は良 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのスプリンターズSの解説
  • スプリンターズSの枠順が確定。中山の芝1200mのスタート地点は向こう正面の真ん中辺り。スタート後は緩いカーブを長く走るので、 外枠から外々を回らされると不利にはなる。人気のファインニードルは4枠8番を引いた。枠は問題ないだろう。前走のセントウルSはローテーション的にも万全とは言い難かったが、終わってみれば楽勝だった。短距離戦に関してはトップクラスであることを再認識させた。当然ここも勝ち負けまで見込めるは [続きを読む]
  • 荒ちゃんのセントウルSの解説
  • セントウルSの枠順が確定。阪神の1200mのスタート地点は、向こう正面の真ん中辺り。スタート後は最初のコーナーまではあまり距離もなく、内枠の馬にやや有利なコース形態になっている。 注目のラブカンプーは2枠2番を引いた。枠は絶好だろう。直近3走は、全て複勝圏内には来ており、好調さをキープしていると云えよう。デビューからの11戦で着外はたったの2回という堅実性も評価したい。 ファインニードルは8枠14番。も [続きを読む]
  • 荒ちゃん新潟記念の解説
  • 新潟記念の枠順が確定。新潟の芝2000mのスタート地点は向こう正面の右の奥。スタート後は長い直線を走り、コーナーは概ね1回のみ。なので、枠順の内外はあまり関係ない。 注目のブライトワンピースは1枠1番を引いた。最内枠だが、悪かろう筈はない。戦績からもその素質の高さが伺える馬であり、ダービー以降にどれだけの成長を見せているかも焦点だ。3歳馬ということでハンデも54Kと恵まれている。まともなら [続きを読む]
  • 荒ちゃんの新潟2歳Sの解説
  • 新潟2歳Sの枠順が確定。新潟の芝のマイル戦のスタート地点は向こう正面の真ん中辺りで、 最初のコーナーまでは距離もあり、内枠、外枠とも不利はない。注目されるのはケイデンスコールか。枠は6枠6番。問題ない枠だ。 中京での新馬戦はハナ差の2着だったが、今回と同じ舞台の2戦目は新潟マイル戦で楽勝した。 追われてからの反応も早いし、先々はかなり伸びていきそうな器だ。ここは期待したい。 エイシンゾーンは牝馬ながら素 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの北九州記念の解説
  • 北九州記念の枠順が確定。小倉の芝1200mのスタート地点はは向こう正面の左奥にあり、最初のコーナーまでは距離があり、枠順の有利、不利は少ない。 注目のダイアナヘイローは2枠3番を引いた。先行力があるので内枠は良いだろう。昨年のこのレースでは2番手追走からそのまま押し切っており、小倉の短距離戦は合っていると云えるだろう。ただ、揉まれ弱い一面もあり、スタートで安目を売ると大敗も考えられる。 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの関屋記念の解説
  • a 関屋記念の枠順が確定。新潟の芝1600mのスタート地点は向こう正面の真ん中辺り。概ね、1回だけのコーナーを使うので、枠順の内外はあまり関係ない。注目のプリモシーンは7枠12番を引いた。枠は問題ないだろう。追い込み脚質ながら、確実に追い上げて来る堅実性もある。前走のNHKマイルCでは後方から追い込み、勝ち馬から0秒2差まで詰め寄った。ここはチャンスと云えよう。リライアブルエースは4枠6番。枠は良い。この馬も [続きを読む]
  • 荒ちゃんの小倉記念の解説
  • 小倉記念の枠順が確定。小倉の芝2000mのスタート地点はご存じスタンド前の右の奥にあり、最初のコーナーまでは距離があり、枠順の有利、不利は少ない。 注目のトリオンフは8枠11番を引いた。頭数が少ないので外枠は問題にならない。4走前にこのコースで小倉大賞典を勝っておりコース相性も良い。ある程度の前付けも出来るので置かれる心配も薄いだろう。ある程度、格好はつけてくれるのではないか。 サトノクリニクルは7枠 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのアイビスSDの解説
  • アイビスSDの枠順が確定。新潟の芝1000mのスタート地点はご存じスタンド前の左の奥にあり、直線だけでの争いになる。使ってない外ラチ沿いを走れる外枠の各馬は当然有利になる。 人気のダイメイプリンセスは8枠15番を引いた。これは絶好枠だ。 5月に準オープン、オープンと共にこのコースの1000mを勝っており、狙いを定めての登場になる。当時の乗り役である秋山騎手なのも頼れるし、ここは良い競馬が出来るのではな [続きを読む]
  • 荒ちゃんの中京記念の解説
  • 中京記念の枠順が確定。中京芝1600m戦のスタート地点はスタンド前の右奥のポケットになり、スタート後は早い段階でコーナーに差し掛かる。形状としては内枠に利があり外の先行馬は良い位置を取るのに脚を使わされそうだ。 注目のグレーターロンドンは8枠16番を引いた。外枠だが、追い込み馬なのでそう影響はないだろう。 オープン昇級後も確実に脚は使えているが、最後の詰めが甘くなっているのが現状だ。それでも再三に亘りメ [続きを読む]
  • 荒ちゃんプロキオンSの解説
  • プロキオンSの枠潤が確定。中京の1400mダートのスタート地点は向こう正面の右奥にあり、スタート後は長い直線を走る。その為、内、外枠の有利、不利はなく、先行争いも激しいものにはなり難い。 注目のキングズガードは5枠7番を引いた。枠は良い。根岸SやフェブラリーSではあと一歩足りなかったが、地方ダートで連続2着と好調さをアピール。今回の相手なら十分に実力は上なので、かなり際どい競馬が出来るはずだ。 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのラジオNIKKEI賞の解説
  • ラジオNIKKEI賞の枠順が確定。福島芝1800mのスタート地点は、スタンド前のやや右寄り。1700mよりはマシだが、最初のコーナーまでは距離がそれほど無いので外からの先行は厳しい形態にはなっている。馬場のインも良好なので、やや内枠に利があるかも知れない。注目のフィエールマンは5枠6番を引いた。枠は良い。キャリアは浅いが新馬、特別と連勝した内容が素晴らしい。中団から息の長い脚を使っており、折り合い面も心配 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの宝塚記念の解説
  • 宝塚記念の枠順が確定。阪神の芝2200mのスタート地点はスタンド前の右奥のポケット。最初のコーナーまでは距離もあり、先を急いでの熾烈な先行争いは少ない。しかし、コースとしては内回りなのであまりゆったり構えると届かないので、仕掛け処は3角〜4角にかけてのコーナーだ。注目のサトノダイヤモンドは2枠3番を引いた。枠は良い。昨年の秋にフランスに遠征したことにより大きく体調を狂わせてしまった。その影響で今年の2戦 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのユニコーンSの解説
  • ユニコーンSの枠順が確定。東京1600mのダート戦は芝からのスタートになり、途中からダートのコースに入る。それは内枠の各馬から先に入り、外枠の馬は軽い芝を少しだけ多く走る事が出来る分、やや有利である。注目はルヴァンスレーヴだろう。枠は7枠14番。良い枠が当った。昨年暮れの川崎での全日本2歳優駿を勝った。前走はそれ以来のレースだったが、無難に2着にまとめた。安定したレースぶりは高く評価出来る。ここも好勝負に [続きを読む]
  • 荒ちゃんのエプソムCの解説
  • エプソムCの枠順が確定。 東京の芝1800mのスタート地点は、1〜2コーナーの中間辺りになり、スタート後は直ぐにカーブになっている。何かと問題の多い内枠有利で有名なコースである。人気を集めそうなダイワキャグニーは5枠10番を引いた。枠はマスマズだ。東京コースでは、オープン特別ながら、キャピタルS,メイSといずれも完勝しており、重賞の東京新聞杯でも僅差の3着に健闘。今回の相手なら大崩れは考え難い。一応中心の扱い [続きを読む]
  • 荒ちゃんの安田記念の解説
  • 『安田記念(GⅠ)』の枠順が確定。東京のマイル戦のスタート地点は向こう正面の右奥。スタート後は長い直線を走るので枠の有利不利は少ない。人気のスワーヴリチャードは1枠1番を引いた。自在脚質なので最内枠もこなせる。比較的長い距離を戦ってきたが、マイル戦を苦にする馬ではない。直近4走で、僅差4着の有馬記念以外は全て勝っており、能力面では最上位にランクされる。包み込まれて出られない不利等がない限り、好勝負は [続きを読む]
  • 荒ちゃんの日本ダービーの解説
  • 日本ダービーの枠順が確定。東京の芝2400mのスタート地点はスタンド前のやや左側。最初のコーナーまではそこそこ距離があり、先行争い自体は激しいものではないあが、頭数も多いのである程度の位置は取りたいはずだ。注目のダノンプレミアムは1枠1番を引いた。先行力があるので最内枠は良いのではないだろうか。ここまで4戦全勝、そのいずれもが完勝なのだから、能力、センス共に世代NO1であるのは疑いようもない。初の距離で [続きを読む]
  • 荒ちゃんのオークスの解説
  • オークスの枠順が確定。 東京の芝2400mのスタート地点は、スタンド前のやや左。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。注目のアーモンドアイは7枠13番を引いた。枠は良い。2走前のシンザン記念では、あの悪い馬場の中を怒濤の決め脚を使って快勝。桜花賞でも強いラッキーライラックに完璧な競馬をさせての差し切り。現状を見渡す限り、この馬の右に出る馬は居ない。不動の中心馬と云える。ラッキーライラックは1 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのヴィクトリアマイルの解説
  • ヴィクトリアマイルの枠順が確定。 東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右奥。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。 注目のアエロリットは5枠10番を引いた。中枠なら問題ない。巧みな先行力を駆使して堅実に成績をまとめてきた。昨年は同じコースで牡馬との混合レースのNHKマイルCを制しており、能力面では断然と云えよう。中山記念をひと叩きして、目標のこのレースを迎えるローテにも好感、良 [続きを読む]
  • 荒ちゃんノNHKマイルCの解説
  • NHKマイルCの枠順が確定。 東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右奥。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。 人気を集めそうなタワーオブロンドンは4枠7番を引いた。 枠は良い。最強馬のダノンプレミアムが出てない以上、朝日杯2歳Sで3着、 その前後のレースを全て勝っているこの馬が中心的存在になるのは当然か。 ただ圧倒的に打ち負かしてきた感はなく、他馬にも十分にチャンスはあるとみ [続きを読む]
  • 荒ちゃんの天皇賞春の解説
  • 天皇賞(春)の枠順が確定。京都の芝3200mのスタート地点は、 向こう正面の真ん中辺り。距離もたっぷりあるし、最初のコーナーまでもそこそこあるので、 先行争いは穏やかで、ペースもスロー、枠順の内外もそう関係ない。 ただ、淀の2マイルの戦いは誤魔化しが利かず真の力勝負になる事が多い。 過去の勝ち馬も一流馬がズラリと並び、このレースが古馬の最高峰を極めるに相応しい事を物語っている。今年は混戦ではあるが、一応 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフローラSの解説
  • フローラSの枠順が確定。 東京の芝2000mのスタート地点は、スタンド前の右奥。、 最初のコーナーまで距離がなく、外から良い位置を取るには、 それなりの脚を使わねばならず、やや内枠が有利bになっている。 人気を集めそうなサトノワルキューレは2枠4番を引いた。 この枠順なら文句は云えまい。まだ500万クラスをかったばかりだが、 勝ちっぷりも良かったし自在脚も魅力だ。 初の輸送さえ克服すれば、勝ち負けまで見込めるの [続きを読む]
  • 荒ちゃんの皐月賞の解説
  • 皐月賞の枠順が確定。 中山の芝2000mのスタート地点は、スタンド前のの右奥。、 スタートしてからは最初のコーナーまでそこそこ距離があるので、 外枠の馬も大きな不利を受けることはなく、先行争いも激しくはなり難い。人気を集めそうなワグネリアンは1枠2番を引いた。 これは絶好枠と云えよう。ここに出れば断然人気になっていたであろうダノンプレミアムとは、 弥生賞で0秒2差しか負けておらず、今回と同じコースで戦う限り [続きを読む]
  • 荒ちゃんの桜花賞の解説
  • 桜花賞の枠順が確定。阪神の芝1600mのスタート地点は、向こう正面のやや左寄り。、スタートしてからは最初のコーナーまでそこそこ距離があるので、外枠の馬も大きな不利を受けることはない。 注目のラッキーライラックは1枠1番を引いた。スタートの良い馬なので最内枠は有り難い。ここまで4連勝は着差こそ大きくないが、一度も負けてないのが素質の表れだ。崩れるとすれば思いの外、位置取りが中団辺りまで下がったこと [続きを読む]