荒ちゃん さん プロフィール

  •  
荒ちゃんさん: 荒ちゃんの投資競馬
ハンドル名荒ちゃん さん
ブログタイトル荒ちゃんの投資競馬
ブログURLhttps://ameblo.jp/maruha3079/
サイト紹介文長年、競馬を投資として研究。 馬券の考え方、投資法、必勝法を一挙公開!
自由文『荒ちゃんの投資競馬』でお馴染みの、

荒木こと「荒ちゃん」です。

様々な角度から競馬を研究し、

遂に編み出した「馬券必勝法」

如何にして馬券で稼ぐかを公開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/31 19:10

荒ちゃん さんのブログ記事

  • 荒ちゃんの日本ダービーの解説
  • 日本ダービーの枠順が確定。東京の芝2400mのスタート地点はスタンド前のやや左側。最初のコーナーまではそこそこ距離があり、先行争い自体は激しいものではないあが、頭数も多いのである程度の位置は取りたいはずだ。注目のダノンプレミアムは1枠1番を引いた。先行力があるので最内枠は良いのではないだろうか。ここまで4戦全勝、そのいずれもが完勝なのだから、能力、センス共に世代NO1であるのは疑いようもない。初の距離で [続きを読む]
  • 荒ちゃんのオークスの解説
  • オークスの枠順が確定。 東京の芝2400mのスタート地点は、スタンド前のやや左。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。注目のアーモンドアイは7枠13番を引いた。枠は良い。2走前のシンザン記念では、あの悪い馬場の中を怒濤の決め脚を使って快勝。桜花賞でも強いラッキーライラックに完璧な競馬をさせての差し切り。現状を見渡す限り、この馬の右に出る馬は居ない。不動の中心馬と云える。ラッキーライラックは1 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのヴィクトリアマイルの解説
  • ヴィクトリアマイルの枠順が確定。 東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右奥。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。 注目のアエロリットは5枠10番を引いた。中枠なら問題ない。巧みな先行力を駆使して堅実に成績をまとめてきた。昨年は同じコースで牡馬との混合レースのNHKマイルCを制しており、能力面では断然と云えよう。中山記念をひと叩きして、目標のこのレースを迎えるローテにも好感、良 [続きを読む]
  • 荒ちゃんノNHKマイルCの解説
  • NHKマイルCの枠順が確定。 東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右奥。 最初のコーナーまで距離があり、内外の有利不利は少ない。 人気を集めそうなタワーオブロンドンは4枠7番を引いた。 枠は良い。最強馬のダノンプレミアムが出てない以上、朝日杯2歳Sで3着、 その前後のレースを全て勝っているこの馬が中心的存在になるのは当然か。 ただ圧倒的に打ち負かしてきた感はなく、他馬にも十分にチャンスはあるとみ [続きを読む]
  • 荒ちゃんの天皇賞春の解説
  • 天皇賞(春)の枠順が確定。京都の芝3200mのスタート地点は、 向こう正面の真ん中辺り。距離もたっぷりあるし、最初のコーナーまでもそこそこあるので、 先行争いは穏やかで、ペースもスロー、枠順の内外もそう関係ない。 ただ、淀の2マイルの戦いは誤魔化しが利かず真の力勝負になる事が多い。 過去の勝ち馬も一流馬がズラリと並び、このレースが古馬の最高峰を極めるに相応しい事を物語っている。今年は混戦ではあるが、一応 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフローラSの解説
  • フローラSの枠順が確定。 東京の芝2000mのスタート地点は、スタンド前の右奥。、 最初のコーナーまで距離がなく、外から良い位置を取るには、 それなりの脚を使わねばならず、やや内枠が有利bになっている。 人気を集めそうなサトノワルキューレは2枠4番を引いた。 この枠順なら文句は云えまい。まだ500万クラスをかったばかりだが、 勝ちっぷりも良かったし自在脚も魅力だ。 初の輸送さえ克服すれば、勝ち負けまで見込めるの [続きを読む]
  • 荒ちゃんの皐月賞の解説
  • 皐月賞の枠順が確定。 中山の芝2000mのスタート地点は、スタンド前のの右奥。、 スタートしてからは最初のコーナーまでそこそこ距離があるので、 外枠の馬も大きな不利を受けることはなく、先行争いも激しくはなり難い。人気を集めそうなワグネリアンは1枠2番を引いた。 これは絶好枠と云えよう。ここに出れば断然人気になっていたであろうダノンプレミアムとは、 弥生賞で0秒2差しか負けておらず、今回と同じコースで戦う限り [続きを読む]
  • 荒ちゃんの桜花賞の解説
  • 桜花賞の枠順が確定。阪神の芝1600mのスタート地点は、向こう正面のやや左寄り。、スタートしてからは最初のコーナーまでそこそこ距離があるので、外枠の馬も大きな不利を受けることはない。 注目のラッキーライラックは1枠1番を引いた。スタートの良い馬なので最内枠は有り難い。ここまで4連勝は着差こそ大きくないが、一度も負けてないのが素質の表れだ。崩れるとすれば思いの外、位置取りが中団辺りまで下がったこと [続きを読む]
  • 荒ちゃんの大阪杯の解説
  • 大阪杯の枠順が確定。阪神の芝2000mのスタート地点はスタンド前の右にあり、スタートしてからは最初のコーナーまでそこそこ距離があるので、枠順の有利不利はあまりない。 サトノダイヤモンドは1枠2番を引いた。揉まれても心配ない馬なので、この内枠は良いだろう。常に一線級と戦いながらこれだけの戦績を残しているのは紛れもなく超一流馬の証だ。展開に泣かない自在脚もあるので、ここも堂々の主役になれるだろう。 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの高松宮記念の解説
  • 高松宮記念の枠順が確定。中京の芝コースは2012年にリニューアルされ、それ以降はタフなコースとして名を馳せている。息の長い末脚を使える馬が好成績を挙げており、じっくり構えても間に合うが、インコースの状態も良いのでスローなら前残りも警戒せねばならない。注目のレッドファルクスは3枠6番を引いた。枠は良い。如何なる流れでも確実に追い上げる脚は地力の証明だ。実積からも能力が上なのははっきりしているが、この頭数 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフィリーズRの解説
  • 『フィリーズレビュー(GⅡ)』の枠順が確定。阪神の芝1400内回りコースのスタート地点は、向こう正面のポケットあたり。スタート後は比較的長い直線を走るので、意外にも先行激化は少ない。枠的には外枠の馬でもスムーズなレースは出来る。注目のモルトアレグロは4枠7番を引いた。枠は良い。暮れの阪神JFでは女傑のラッキーライラックには離されたがら位置取りやレースの上がりを考えると5着なら上々だ。その直後の紅梅Sでは [続きを読む]
  • 荒ちゃんの弥生賞の解説
  • 弥生賞の枠順が確定。中山の芝2000mのスタート地点はスタンド前の右奥にあり、スタートしてからは最初のコーナーまで距離がある上に、今回のように10頭立てなら枠順の有利不利はほぼない。なので、今回は枠順に関しては割愛したい。 注目のダノンプレミアムは8枠9番を引いた。 3戦無敗もさることながら、前走の朝日杯FSでの瞬発力は他の追随を許さないものであった。課題としては初の2000mでの外枠と云うことで、掛かり [続きを読む]
  • 荒ちゃんの阪急杯の解説
  • 阪急杯の枠順が確定。阪神な芝1400mのスタート地点は向こう正面の左の奥から。スタート後は比較的長い直線を走り、コーナーまでは距離がある。なので外枠の馬も大きな不利を被ることはない。 注目のレッドファルクスは3枠6番を引いた。枠は十分だろう。終いの脚に見どころのある馬で、決め手を生かせるレースさえ出来れば上位争いは必至だ。直線で前の馬をいかに捌けるか。 モズアスコットは8枠17番。もう少し内目のほう [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフェブラリーSの解説
  • フェブラリーSの枠順が確定。東京ダートのマイル戦のスタート地点は向こう正面の右のポケットから。芝からのスタートになり、途中からダートコースに入る。外枠の各馬は、その芝の部分を少しだけ長く走れる分、やや有利になる。 注目のゴールドドリームは7枠14番を引いた。これは絶好枠と云える。前走のチャンピョンズCは中団の外を回りながら粘る先行馬を差し切ったのだから力が一枚上と云える。鞍上が世界の名手ライ [続きを読む]
  • 荒ちゃんのきさらぎ賞の解説
  • きさらぎ賞の枠順が確定。京都の芝1800mのスタート地点は向こう正面の左奥、スタート後は長い直線を走るので枠の内、外の有利、不利はない。そんな中で注目はカツジか。枠は8枠10番。枠はいいだろう。キャリア2戦ながら前走は重賞2着、しかも当時の勝ち馬がG1でも好走しており、実積は一番だ。ここも有力候補になる。 ダノンマジェスティは8枠9番。この馬も外枠は良い。新馬戦で上がり33秒0の脚を使って快勝。将来性 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのアメリカJCCの解説
  • アメリカJCCの枠順が確定。中山の2200m外回りコースのスタート地点は、スタンド前の右奥のポケットから。スタート後は比較的長い直線を走るので距離面からも激しい先行争いはなく、枠的に内も外も大きな差はない。久々でも人気になりそうなゴールドアクターは5枠5番を引いた。枠はちょうど良いだろう。有馬記念勝ちや宝塚記念2着の実積があり、力的には抜けた存在と云える。得意の中山コースでもあるし、鞍上に武豊騎手を配した [続きを読む]
  • 荒ちゃんの日経新春杯の解説
  • 日経新春杯の枠順が確定。京都の芝2400mのスタート地点は、スタンド前右奥のポケットから。スタート後は、最初のコーナー迄は距離もあり、先行争いが激しくなることはない。枠順も内、外とも特に不利はない。注目のミッキーロケットは6枠8番を引いた。枠は良いだろう。57.5Kのハンデ頭になったが、この相手なら当然か。昨秋の京都大賞典では勝ち馬のスマートレイアーとは僅か0秒3差の4着。あのレース内容ならここでは上位争い必 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの京都金杯の解説
  • 京都金杯の枠順が確定。京都の外回りの芝1600mのスタート地点は向こう正面の奥から。スタート後は長い直線を走り、内枠、外枠共に有利、不利は少ない。コーナーは3〜4コーナーの概ね1回だが、3コーナーに坂があるのが特徴。最後の直線自体は平坦なので、スローなら前が残れるコースである。 注目のレッドアンシェルは5枠7番を引いた。枠はここで良いだろう。G1実績はNHKマイルCの4着ぐらいだが、G3戦なら上位争いはして来てい [続きを読む]
  • 荒ちゃんの有馬記念の解説
  • 有馬記念の枠順が確定。中山芝コースは、内回りと外回りがあるが、有馬記念は内回りの2500m芝を使用する。 この芝コース、秋の中山開催後に洋芝の種を撒き、野芝の上に洋芝が伸びるオーバーシードである。この洋芝は力が要り、9月の中山コースよりは差しが決まり易い。毎年、12月の中山コースは芝の傷みが目立つのだが今年は芝生の状態は例年よりはマシ。前の馬が残る展開も頭に入れておくべきだろう。注目のキタサンブラックは [続きを読む]
  • 荒ちゃんの朝日杯FSの解説
  • 朝日杯FSの枠順が確定。阪神の芝1600mの外回りコースは最初のコーナーまでが400mほどあり、それほど外枠の馬に大きな不利はない。3、4コーナーは大きな緩いカーブになっており、高低差は約2mだ。直線も長く、ゴール前の坂でのどんでん返しもある。 注目のダノンプレミアムは1枠1番。先行力がるので最内枠は良いだろう。 デビューからの2連勝は、右回りの阪神、左回りの東京で挙げたもので、コースを問わぬセンスの良さも感 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの阪神ジュべナイルFの解説
  • 阪神ジュベナイルSの枠順が確定。 阪神の芝1600mの外回りコースは最初のコーナーまでが400mほどあり、 それほど外枠の馬に大きな不利はない。 3、4コーナーは大きな緩いカーブになっており、 高低差は約2mだ。直線も長く、ゴール前の坂でのどんでん返しもある。注目のロックディスタウンは8枠18番を引いた。大外だが問題ない。 牡馬に混じった札幌2歳Sで、外から豪快に差し切った脚は本物。 未だまだ奥を感じさせる馬で、この先 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの投資競馬
  • チャンピョンズCの枠順が確定。中京のダート1800mのスタート地点はスタンド前のやや左寄り。スタート後は最初のコーナーまであまり距離がなく、しかもコーナーも比較的きつめなので内枠の各馬にやや有利なコース形態である。混戦の中、人気になりそうなサウンドトゥルーは7枠14番を引いた。差し馬なので枠は問題ないだろう。今ひとつ、詰めの甘い馬だったが、昨年のこのレースを制したことで評価は上昇。今年は大井のJBCクラ [続きを読む]
  • 荒ちゃんのジャパンCの解説
  • ジャパンCの枠順が確定。 東京の2400mのスタート地点は、ちょうどスタンドの前あたり。 2500mのスタート地点よりは少し前にあり、最初のコーナーまでは少し短い。 この微妙な違いが、先を急ぐレースにもなる時があるので、 出来れば内目の枠が欲しいところだ。注目のキタサンブラックは2枠4番。枠は絶好だ。 今更実積を語ることなくともこの馬が残した戦績は世に知れ渡っているほどだ。 とりわけ、前走の天皇賞(秋)は、このう [続きを読む]
  • 荒ちゃんのマイルCSの解説
  • マイルCSの枠順が確定。京都の芝1600mのスタート地点は向こう正面の左側寄り。スタート後は比較的長い直線を走るので外枠の馬が終始外を回らされる心配は薄い。先行激化のケースも少ない。注目のイスラボニータは6枠12番を引いた。枠はマズマズと云える。元々、堅実駆けには定評があったが、ここのところの2着の多さはそれを物語り、地力の高さもうかがえる。ただ、やや詰めの甘さも否めず、ここも勝ち切れぬ可能性もある。過剰 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのエリザベス女王杯の解説
  • エリザベス女王杯の枠順が確定。京都の芝2200mのスタート地点は、スタンド前のやや右寄り。スタート地点から最初のコーナーまで距離があるので内枠、外枠での大きな不利はない。距離的にも熾烈な先行争いはない。注目のヴィブロスは8枠16番を引いた。外枠になったが特に問題はないだろう。 昨年の秋華賞の勝ち馬で、今年は前走の府中牝馬Sが秋の緒戦となった。その内容は勝ち馬とタイム差無しの2着で、上々の滑り出しだと [続きを読む]