サイド ワインダー さん プロフィール

  •  
サイド  ワインダーさん: この川をさかのぼり
ハンドル名サイド ワインダー さん
ブログタイトルこの川をさかのぼり
ブログURLhttp://sidestarwinderjpn.blogspot.jp/
サイト紹介文渓流釣り、管理釣場での釣紀行。主な釣り場は郡上近辺、東海三県下の管理釣場です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/31 21:58

サイド ワインダー さんのブログ記事

  • 晩秋の東濃 付知峡
  • ご諸兄各位殿「あら〜、とても楽しそうね〜」次週末を予定している信州は犀川ニジマス釣行。準備で釣り道具を揃えたり、宿に予約を入れたり、バタバタしていると・・・背後にて薄ら笑いの家内からは、このセリフです。・・・早いもので一緒になって、かれこれ20数年。イケません、分かるンです、身振り・素振り・お言葉から。こりゃ、溜まっているガスを抜かなきゃ、我が家内・・・そんな理由で釣行準備の合間、土曜午前はゆっく [続きを読む]
  • ナイロン 1.5号糸
  • ご諸兄各位殿糸を1mほど出したボビン、その上に重たい本を置いて固定、左手の親指と人差し指で吉村8.5号と糸先端をつまみます。そして、外掛け結びを。輪を作って、その後は針の直線部分に一回、二回、三回・・・チモトで折り返したら、最後に糸の先端を輪に通して。糸は丈夫な1.5号。普段はこんな太い糸を使うことの無い小生、いつもの0.3号糸に比べると、作業は格段に簡単です。「何が違うの?」って問われると、そこ [続きを読む]
  • 飛騨はぎわら大物マス釣り大会
  • ご諸兄各位殿秋の南飛騨 益田川。一昨日は雨が降り、昨日は好天、今朝は少し冷えました。でも、もっと寒いのでは?と思ったのですが、それ程でも。日中は曇り空でしたが、その隙間からまま日が差すと心地良く。昨年は所用で参加できなかったマス釣り大会。今年はどうにか都合が付き、秋の南飛騨へ行ってきました。<今回は準備よく・・・が、しかし>その一昨年は初めてで勝手が分からず、普段着で開会式に参加。分けられたグルー [続きを読む]
  • ハスラー号のお掃除
  • ご諸兄各位殿晴れ間の覗く土曜日の朝。暑くも無く、また、寒くも無く。こんな秋の朝は、汚れに汚れた車の掃除でも・・・窓拭きとミラー拭き、ウオッシャー液の補充、オイル交換など、保安や安全に関する手入れは普段から怠りは無いのですが、車内の清掃となると・・・どうでしょう、年に1〜2回。長距離の通勤、渓流特急便として大活躍の軽巡洋艦、ハスラー号です。次の春が来ると丸3年、初めての車検となります。現在の走行距離 [続きを読む]
  • 団地の秋祭り
  • ご諸兄各位殿早いもので既に10月中旬、秋本番の昨今。どこの地方も同じなのかも知れませんが、名古屋近辺は今が秋祭りのシーズンです。昨夜は名古屋に住む家内の妹さんからLINEが。・・・打ち上げ花火の画像でした。今朝は早くからご近所の子供達が騒がしく・・・団地の秋祭りです。雨上がりの朝。散歩ついではカメラを片手に、小生も参加します。集会所横の公園には、はっぴ姿のちびっ子達が続々と。団地のパトロール隊も出 [続きを読む]
  • 楽しい車中泊〜道の駅と温泉
  • ご諸兄各位殿終わってしまった今年の渓流釣り。振り返ってみると、その中での初めての挑戦は車中泊でした。仕事柄、朝は毎日5:00起きの小生。早起きは得意なのですが(お歳もお歳なので・・・)、生活のパターンと申しましょうか、リズムが狂うと辛いンです。2〜3年前なら、渓流釣りは夜討ち朝駆け、夜中の2:00に起床、3:00に自宅を出立して、5〜6:00には山の河原で竿を出す!そんなパターンもへっちゃらだった [続きを読む]
  • 今秋は曇り空での上高地散策
  • ご諸兄各位殿今年の家内との上高地への旅。毎度の如く、始まりは帝国ホテル、そのケーキセットから。朝の出立も早かったことから、平湯温泉を出発した上高地行きのバス車内、家内は既に空腹気味、そして若干のイライラ。もう少しガマンして、手前は大正池で下車、帝国ホテルまで歩こうよ・・・の小生提案は、あっけなく却下でした。楽しいはずの旅の始まり。あまり、ここで、ゴネて、焼岳ならぬ、活火山「家内」の噴火を誘っては一 [続きを読む]
  • 渓流竿納め〜木曽 西野川釣行 旅は道釣れ
  • ご諸兄各位殿「あの、釣りなんですが、駐車場をお借りして良いでしょうか?」西野川から白川が別れ、暫く登った一軒宿の温泉。河原に降りるには、この温泉宿の駐車場がベストと見て。時刻は6:30、今にも雨が降り出しそうな薄暗い朝。宿の玄関先から顔を出されるご老体、その主にお声掛けを。「いや〜、構わんですよ。 多分、後から温泉代の数百円でも払っておけば。」??・・・ご返答からお宿の主では無さそうな。<お達者で [続きを読む]
  • とうとう秋分・・・郡上高鷲鮎立 長良川釣行
  • ご諸兄各位殿雨の上がった土曜日の夕方。夕まずめは様子見、長良川と別れを告げて直ぐの鷲見川。ここで竿を出してみました。初めての川。頭上を覆う木立が粗忽者キラー。小一時間の釣りで3本も仕掛けを枝に取られ・・・それでも小アマゴさんながら、ポツポツと。雨上がりの増水は、既に引き水に転じ・・・調子は良さげ??<ウエットにしようか?ドライにしようか?>道の駅 あゆパーク での車中泊。秋分の朝は冷え込みました・・ [続きを読む]
  • 秋雨の合間を縫って〜飛騨 小坂川釣行
  • ご諸兄各位殿前日の土曜日は一日中で雨でした。その夕方、小坂川へ向かう途中のR41も雨。天気予報では夜半から雨は上がる・・・とのことですが。このところの渓流釣行、雨に祟られています。若干の不安を覚えながら、道の駅「はなもも」で一夜を過ごして。<大雨の傷跡>翌朝、日の出と共に・・・赤沼田の林道から、眼下を流れる小坂川は川幅一杯に水をたたえ。降り立った河原も、これまでに経験の無い増水です。しかし、どうに [続きを読む]
  • 秋雨の高原川 おつかれ釣行
  • ご諸兄各位殿夜半、車中泊のハスラー号の屋根を叩く雨足は、激しいものがありました。奥飛騨上宝は野菜直売所の駐車場。5:30にセットした目覚まし時計より、10分ほど早く目が覚めて。憂鬱な小雨の朝は未だに薄暗く、釣場へ出立する準備、その手が鈍ります。朝食を車内で食べて、小雨の中、車外で朝の一服。ひんやり、しかし、今朝は残念、湿った朝の空気。しかし、遠くに高原川の激しい流れの音。この朝の一服は車中泊の楽し [続きを読む]
  • 美濃 神崎川 雨後の夕まずめ釣行
  • ご諸兄各位殿昨日の土曜日、午後からは雨が上がりました。雨後の午後は初秋の渓流・・・先週末の庄川と同じく、せせらぎの音に乗って、川霧が流れていきます。ここ神崎川は今シーズンの春、初釣りの渓として訪問しました。その時の釣果は、言わずと知れたボ〜ズ。・・・古いCM「今年の汚れ、今年の内に」では無いですが、お礼参りに。雨後で増水もあるからでしょうが、大きな集落が少ない神崎川、水がとても綺麗です。浅い瀬の流 [続きを読む]
  • 取らぬ狸の皮算用
  • ご諸兄各位殿今朝は雨が降っています。予報ではこの雨、かなり降るとのことでしたが、それ程でも。その予報に脅されて、本日は出陣見合わせ、としたのですが。・・・こんなことなら。でも、雨さえ上がれば午後にでも・・・しかし、明朝は団地の公園のお掃除当番。家内からはしっかりと、今宵の車中泊は厳禁のお達しが。「もし当番をズルしようものなら、ご近所から後ろ指を刺されるのは私よ!」・・・専業主婦の家内、それはそれで [続きを読む]
  • 晩夏の渓流釣り〜庄川 夕まずめと朝まずめ
  • ご諸兄各位殿普通、台風が過ぎ去った後って・・・カラっと晴れ渡り、心地良いい風、ですよね?「台風一過」なんて言うくらいです。でも、今年は・・・やっぱり、おかしいです。おかしさのお裾分け、今年は未だ「尺モノ」とは縁の無い小生。アサシンさんのご友人が、見事に庄川で尺モノを揚げた・・・これを聞いて、小生もご相伴に預かろう、と向かった次第です。しかしながら、今年のおかしな台風の影響。過ぎ去った後も雨が続き、 [続きを読む]
  • 新工法? 渓流竿 伸縮機構の修理
  • ご諸兄各位殿ここ暫く活躍の無い、渓流竿は渓峰尖(旧型)の7m。・・・あえて「旧型」と記しましたが、現行機に7m仕様は無く。シマノさん、7mモデルは出さないのかな?実は手尻の#16と#15のズームが壊れかかちゃって。以前にもスカスカになったズームをメーカー修理したのですが(下記ご参照)、http://sidestarwinderjpn.blogspot.com/2016/10/vs.html今回はズームが出過ぎる始末です。写真は「▲70」と記されたの [続きを読む]
  • 晩夏の渓流釣り〜信州安曇 奈川釣行
  • ご諸兄各位殿・・・どうも、小生、「木曽の渓」に嫌われているような。<今回も、流れ流れて・・・>お盆休み後半戦の渓流釣り。目的地は前回6月の下旬、大雨・濁流でボ〜ズを食らった「木曽の渓」。・・・もっとも、ボ〜ズの原因は天候に非ず、ですが。8月16日はお昼過ぎ、そろそろ出立しようとネットで河川状況を確認します。積算雨量が西野川、開田高原、いずれも30mm程度。御嶽山は100mmを越えていますが、まあご [続きを読む]
  • 夏の渓流釣り〜飛騨川支流 日和田川釣行
  • ご諸兄各位殿金曜日は宵の口、鈴蘭峠越えは雨の中でした。ひめしゃがの湯でお風呂を頂き、小坂川から峠を抜け秋神川まで。その道中、日もとっぷりと暮れた山道は深〜い霧も。・・・こんな所に、もし、如何に美人・麗人でも、緊急事態のご様子で無ければ、ヒッチ・ハイクはご遠慮を願いたい雰囲気です。その晩は道の駅 たかね工房 で車中泊。翌朝、日の出に合わせて起きてみると、昨夜は気が付きませんでしたが、駐車場には数台の車 [続きを読む]
  • 夏の渓流釣り〜八ヶ岳山麓 大門川(須玉川)イワナ釣り
  • ご諸兄各位殿「今日は水が少ないですよ。」釣りを終えてハスラー号の横で着替えをしていると、隣に駐車してあった地元ナンバーのイスズはビッグフォーン、その持ち主はフライさんが川から上がってこられました。「尾張小牧・・・岐阜県からですか?」お年の頃は20代後半でしょうか?若い感じのフライさん、聞けばフライを始められたのは一昨年から。ここ清里にお住まいで、良い雰囲気は素晴らしい渓相の大門川がHG、毎週末での [続きを読む]
  • ミミズのお手入れ
  • ご諸兄各位殿いつもと違い、東からやってくる台風。大雨と言い、酷暑と言い・・・今年はおかしいです。おかしいと言えば・・・私事ながら、今シーズンは未だ「尺モノ」にご縁が無く。(いや〜、真の実力からして、おかしくは無いのかも・・・)台風が迫る昨夜。今週末は、行くか・行くまいか・・・決断の時刻。残業の後に銭湯へ浸かり、夕食まで食べたのですが、スマホの気象情報から大事をとって、今週末の出陣は断念です。・・・ [続きを読む]
  • 夏の渓流釣り〜馬瀬川上流 川上(かおれ)
  • ご諸兄各位殿日の出の時刻を30分ほど経過した朝の渓流。山に囲まれた狭い谷底には、まだ陽は差し込んで来ていません。気温20℃。連日の茹だる様な暑さ、尾張北部では朝方も30℃を少し下回る程度。それに比べると馬瀬川上流の朝は極楽です。とは言っても、日中はここ馬瀬川上流も暑くなることでしょう。今週は天気予報も、屋外での活動は控えるように、と厳重注意。そこで・・・勝手知ったる川上(かおれ)はこの近辺、川幅は [続きを読む]
  • 夏の渓流釣り〜庄川支流 六厩川
  • ご諸兄各位殿飛騨庄川の支流 六厩川。冬の寒さが厳しい六厩の集落から、川は延々と険しい山間を蛇行しながら、御母衣湖に向けて流れていきます。この六厩川に沿って延びる林道。集落を離れ家畜場を越えると人家は全くなく、女滝を越えた辺りから、舗装路はダートに変わります。先週末の大雨。この林道が通れるのか・否か、当初、不安はありましたが、途中、補修工事の痕跡を見ながら、どうにかハスラー号は車止めまで辿り着きます [続きを読む]
  • ハスラー号に竿棚を製作
  • ご諸兄各位殿今シーズンから始めた車中泊。既に都合数回を経過しましたが、当初で心配していた腰痛もなく、日の出直後の爽やかな渓流、それを満喫するにはベストな手段です。早朝から釣りを開始して午前中には引き上げる、この時間配分は疲れが残らず、窮屈な宮仕えの身の上には重宝です。ただし何事も、良い面もあれば、不都合な面もあるのが世の常。この車中泊で強いて挙げるなら、それは荷物が増えること・・・当然ですね。着替 [続きを読む]
  • 降雨量13mm
  • ご諸兄各位殿この雨で被災・避難された方々にはお見舞い申し上げます。今も雨が降り続いている愛知県は尾張北部。地球の温暖化とよく言われますが、最近は降り方が極端すぎます。カラ梅雨??と思われた今年の6月下旬。一転して台風崩れの梅雨前線がもたらした今週の雨。「線上降水帯」なんて言葉、昔は聞いた記憶がありません。・・・それは、ただ単に、無知な小生が知らなかっただけかも??先々週に訪れた郡上は吉田川の高橋。 [続きを読む]
  • 流れ流れて・・・木曽 伊奈川渓流釣行
  • ご諸兄各位殿金曜日は宵の口の退社、銭湯へ向かう道は土砂降りでした。岐阜県内には大雨警報が発令中。露天風呂で我が寂しい頭皮に当たる雨、それに何となくの不安感を覚え。「この雨、こりゃ、予定していた庄川は厳しいかな? 行き先を変えるか・・・」お湯から上がり銭湯の畳の間、汗が引くまでの間、フルーツ牛乳を飲みながら、スマホは雨雲レーダとにらめっ子です。・・・真剣な眼差しで「一人作戦会議」。レーダでは岐阜県下 [続きを読む]
  • 雨降り前の郡上吉田川 渓流釣行
  • ご諸兄各位殿水曜日に降った雨、郡上方面はそれ程でも無かったようです。<まずは明宝高橋で・・・>久しぶりに訪れた郡上明宝は吉田川の高橋。大きめの塩焼きサイズで楽しませてくれる木陰下の淵へは、駐車場直下の降り口から、難なく吉田川を横切れる水量。通い慣れたこのポイント、平水時よりまだ少なめです。夏至を越えた早朝、その空は曇天。道の駅 明宝 から望む東の空は朝焼けでした。三日前に雨が降り、今日また予報では昼 [続きを読む]