サイド ワインダー さん プロフィール

  •  
サイド  ワインダーさん: この川をさかのぼり
ハンドル名サイド ワインダー さん
ブログタイトルこの川をさかのぼり
ブログURLhttp://sidestarwinderjpn.blogspot.jp/
サイト紹介文渓流釣り、管理釣場での釣紀行。主な釣り場は郡上近辺、東海三県下の管理釣場です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/01/31 21:58

サイド ワインダー さんのブログ記事

  • 夏の渓流釣り〜庄川支流 六厩川
  • ご諸兄各位殿飛騨庄川の支流 六厩川。冬の寒さが厳しい六厩の集落から、川は延々と険しい山間を蛇行しながら、御母衣湖に向けて流れていきます。この六厩川に沿って延びる林道。集落を離れ家畜場を越えると人家は全くなく、女滝を越えた辺りから、舗装路はダートに変わります。先週末の大雨。この林道が通れるのか・否か、当初、不安はありましたが、途中、補修工事の痕跡を見ながら、どうにかハスラー号は車止めまで辿り着きます [続きを読む]
  • ハスラー号に竿棚を製作
  • ご諸兄各位殿今シーズンから始めた車中泊。既に都合数回を経過しましたが、当初で心配していた腰痛もなく、日の出直後の爽やかな渓流、それを満喫するにはベストな手段です。早朝から釣りを開始して午前中には引き上げる、この時間配分は疲れが残らず、窮屈な宮仕えの身の上には重宝です。ただし何事も、良い面もあれば、不都合な面もあるのが世の常。この車中泊で強いて挙げるなら、それは荷物が増えること・・・当然ですね。着替 [続きを読む]
  • 降雨量13mm
  • ご諸兄各位殿この雨で被災・避難された方々にはお見舞い申し上げます。今も雨が降り続いている愛知県は尾張北部。地球の温暖化とよく言われますが、最近は降り方が極端すぎます。カラ梅雨??と思われた今年の6月下旬。一転して台風崩れの梅雨前線がもたらした今週の雨。「線上降水帯」なんて言葉、昔は聞いた記憶がありません。・・・それは、ただ単に、無知な小生が知らなかっただけかも??先々週に訪れた郡上は吉田川の高橋。 [続きを読む]
  • 流れ流れて・・・木曽 伊奈川渓流釣行
  • ご諸兄各位殿金曜日は宵の口の退社、銭湯へ向かう道は土砂降りでした。岐阜県内には大雨警報が発令中。露天風呂で我が寂しい頭皮に当たる雨、それに何となくの不安感を覚え。「この雨、こりゃ、予定していた庄川は厳しいかな? 行き先を変えるか・・・」お湯から上がり銭湯の畳の間、汗が引くまでの間、フルーツ牛乳を飲みながら、スマホは雨雲レーダとにらめっ子です。・・・真剣な眼差しで「一人作戦会議」。レーダでは岐阜県下 [続きを読む]
  • 雨降り前の郡上吉田川 渓流釣行
  • ご諸兄各位殿水曜日に降った雨、郡上方面はそれ程でも無かったようです。<まずは明宝高橋で・・・>久しぶりに訪れた郡上明宝は吉田川の高橋。大きめの塩焼きサイズで楽しませてくれる木陰下の淵へは、駐車場直下の降り口から、難なく吉田川を横切れる水量。通い慣れたこのポイント、平水時よりまだ少なめです。夏至を越えた早朝、その空は曇天。道の駅 明宝 から望む東の空は朝焼けでした。三日前に雨が降り、今日また予報では昼 [続きを読む]
  • ほぼボ〜ズ・・・根尾西谷川釣行
  • ご諸兄各位殿渓流釣り師はわがままです。釣り場で雨が降っているよりは、やはり晴れの方が良い。いや〜、正確には、曇りか薄曇りの方が。それに風も困りもの。釣行の2〜3日前にシッカリとお降り頂いて水位・風向きは安定、次の雨が来る、その直前の薄曇り日なら、小生的にはグ〜!でも・・・神さま、仏さまは千里眼、日頃の我が所業悪行をお見通し。世の中、斯様に都合良く行くことは、マズ無く。期待をしていた金曜日の雨も、残 [続きを読む]
  • 馬瀬川上流楢谷 渓流釣行
  • ご諸兄各位殿金曜日は夕方から激しく降り出した雨も、日付が変わる少し前には上がりました。馬瀬川の最上流部は楢谷。翌早朝、未だ山には靄が掛かっています。<川は生き物>渓流釣りを始めた次の夏、吉田川ではアマゴ釣りが厳しくなり、ひょっとして、標高が高くなれば水温も下がり、釣れるのでは?こんな思いつきから、夏場に通うようになった馬瀬川上流。ここ楢谷近辺は川幅も開け、初心者が竿を振るには楽しい場所でした。写真 [続きを読む]
  • 長良川上流 ウグイ釣行
  • ご諸兄各位殿さて、如何に致しましょうか・・・この、開き直ったようなお題。ケチの付き始めは前日の車中泊、その場所でした。私事ながら「お尻」の強度が低い小生。朝の「お勤め」にはシャワートイレが欠かせないんです。それに、なるべくなら釣り場の近くが・・・選んだ場所は道の駅 白鳥 でした。しかし・・・郡上白鳥の町から外れ、R156は夜の細道、長良川鉄道を越えて駐車場に入ろうとしたら・・・今宵は、ナゼか、駐車場 [続きを読む]
  • おじいちゃんの釣り竿
  • ご諸兄各位殿まだ乾いた空気が支配的ですが、5月も下旬は梅雨の走り、曇り空から陽が覗くと暑さを感じます。箱庭には梅の実がなり。毎年のように、今年もアジサイの花が咲き始めました。私事ですが明日は法事。父方は小生のおじいちゃん、おばあちゃんの法要なんです。渓流釣りシーズンはその最盛期ですが、そんな週末くらいは殺生を控えようと、今週末は竿を置き大人しくしています。おばあちゃんは今回が十三回忌。おじいちゃん [続きを読む]
  • 馬瀬川上流 竿抜けアマゴ
  • ご諸兄各位殿土曜日は朝8:30。下呂温泉はもう少し先の飛騨萩原。R41沿いのコンビニ休憩では、風が気になりました。昨夜半は短時間ですが、名古屋方面は雨が降り。それから急速に天候は良くなり、今は雲の隙間から青空がチラホラ。それに伴い長竿には厄介な風が・・・萩原からR257、日和田のトンネルを抜ければ、そこは馬瀬名丸です。馬瀬川が形成する狭い谷間。未だ空は曇天ですが、幸い、思ったほど風は感じません。身 [続きを読む]
  • 双六川釣行〜チョットだけ高原川
  • ご諸兄各位殿20年ほど前、初めて買った渓流釣りの「教科書」は、”最新渓流釣りマニュアル”(つり人社 1997年)。当時、渓流釣りにはまったく興味が無く、赴任先の埼玉はその近く、組合行事は奥多摩でのニジマス釣堀の参考の為。巻頭の写真は、釣り上げられひと抱えもある大きなヤマメ。そして、弓のように湾曲した本流竿、それを中腰で懸命に堪え、しかし、どことなく笑みを含んだ形相で水面をニラむ釣り人が。・・・その [続きを読む]
  • 庄川支流 一色川釣行
  • ご諸兄各位殿渓流魚が良く育つ条件って何でしょう?数とか、サイズとか・・・一つの要因として、エサとなる川虫が豊富な川でしょうか。なぜ、その川は川虫が豊富なのでしょう?水がきれいだから・川虫のエサが豊富だから。では、なぜ、その川は川虫のエサが豊富なのでしょう?そりゃ、あんた・・・キリが無いので、禅問答はこの辺りまでと。でも、今回訪れた一色川には、その答えが垣間見られるような・・・<変化が面白い一色川> [続きを読む]
  • 天の橋立・丹後伊根と城下町 但馬出石
  • ご諸兄各位殿GWの前半は良いお天気に恵まれました。その中盤での家内とのお出かけは天橋立まで。どうでしょう?ここ、天橋立は30年ぶり?決して裕福では無い学生の頃、中古125CCは2サイクルの単車で。あの時は夏休み、往路は広島まで山陽道、帰路は山陰道を一人旅。ユースホステル(今でもあるのかな?)を泊まり継いで、その帰り道に立ち寄りました。当時の山陰道には高速道路など無く、・・・いや、有っても125CC [続きを読む]
  • 古老の言われるところ〜小坂川釣行 その2
  • ご諸兄各位殿お昼過ぎから夕方は日暮れまで、拙い経験ですが小坂川、それでも実績のある場所で粘りましたが、釣果は一匹のみ。おじいさんから聞かされた、不思議な尺上イワナ。翌朝に焦点を絞り、本日は早めの就寝を決め込みます。<初体験は車中泊>車中泊の場所は道の駅「はなもも」と予定。その前にお風呂と夕食を取りに「ひめしゃがの湯」へ。始まったばかりのGW、それでも温泉は意外と空いています。湯上がりは、すっぴん& [続きを読む]
  • 古老の言われるところ〜小坂川釣行 その1
  • ご諸兄各位殿・・・小坂川の尺上イワナ。毎日はエサを追わないようで、最初に釣れた一匹目、その側面に赤い模様が浮き出ている日はバカ釣れする。時刻は日の出少し前、川虫はヒラタで狙うべし・・・昨夏は7月に訪れた南飛騨は小坂川。赤沼田から林道を分け入った、人里離れたそのポイントで、カゴ師のおじいさんから聞いたお話です。立派なイワナの剥製が、小坂の道の駅はその食堂に。残念ながら赤い模様は見られませんが、横のア [続きを読む]
  • いざ! 飛騨 庄川釣行
  • ご諸兄各位殿太平洋側は名古屋生まれの小生にしてみると、はるばる分水嶺を越えて、日本海側へ行くことは大変なイメージが。昔からそうでした。子供の頃は飛騨高山への家族旅行、友人との若狭海岸への海水浴、学生時代は山陰方面へのツーリングなど。この歳でハマっている渓流釣りでも、それは同じです。高原川、石徹白川、姫川そして庄川。シーズンを通して、年に2〜3回しか行けない、あこがれは日本海側の渓流です。そんな事情 [続きを読む]
  • 箸休め
  • ご諸兄各位殿昨夜は風も強く、よく降りました。今も未だ少し、雨がパラついています。金曜日は寄り合いがあり、久しぶりに帰宅は午前様。元々、分かっていた予定なので土曜日は自宅でゆっくり。その夜半から日曜にかけ、この風&雨も天気予報がズバリ的中。結果、今週末、残念ながら渓流釣りはお休みです。金曜日の寄り合いでの出来事。小生より少し年上の方から、考えさせられるお話しを。小生の知る限りでは、その方は業務上で多 [続きを読む]
  • 奥三河 名倉川&野入川・・・へ、ほぼ、行っただけ
  • ご諸兄各位殿桜の季節も過ぎたというのに、しぶとい寒気が逆戻りの今週末。天気予報では奥美濃・飛騨方面は曇&雪!?”いや〜、流石に雪降る中での渓流釣りは・・・ ハスラーのタイヤも交換しちゃったしな〜”そんな日くらいは、家でジっ〜としていれば良いのですがね。<雪を避けての奥三河>思案の末の結論は、久々の早朝出立・早めの帰参、行き先は奥三河と成り候。写真は朝の三州足助は巴川。この辺りで竿を出しておけば良か [続きを読む]
  • 冬用タイヤのお手入れ
  • ご諸兄各位殿寒さが厳しかったこの冬。例年に比べ、尾張北部は雪の日が多かったです。昨年から車での通勤距離が長くなった小生。これでも結構、「山の方」まで通っているんです。・・・毎日がちょっとした渓流通い??そんな事情から、11月の下旬に初めてスタッドレスタイヤを購入、この冬は大変にお世話になりました。ハスラー号の冬用タイヤ。ハスラー自体を町中でよく見かけるので、てっきり安いと思っていたら、そうは問屋が [続きを読む]
  • 春の郡上白鳥 長良川釣行
  • ご諸兄各位殿春の長良川上流。ここ最近は晴れ続きですが、雪解け水を集め流れは豊か。爽やかな青空の下、碧と白の流れが目にしみます。郡上白鳥は越佐。川添いに走る県道が高速道路を潜った辺りから、川は町の西端、山際を流れます。橋を渡った直ぐも、川が湾曲、良いポイントなのですが、今日は残念。今週末も重役出勤の身の上、既に何名かのご同輩は先行者が。県道脇、川への降り口にあるトイレだけお借りして、今少し車を走らせ [続きを読む]
  • 郡上 前谷川&切立川 釣行
  • ご諸兄各位殿・・・本流竿が振りたい!ナゼか、思いっきり、無性に。本流竿。もうかれこれ、半年近くも握っていません。慣れないと長くて扱いづらい竿ですが、重量級のオモリで、狙ったポイントへビシっと決まれば爽快!そして、槍・薙刀(なぎなた)に擬えて、世の理不尽を切る!?・・・ご多分に漏れず、小生もいろいろとあるんです、実生活で。そんな衝動に駆られて、自然とお足は長良川、前谷川の出合へ向かってしまいました。 [続きを読む]
  • 春分前の駿河・遠江〜焼津・御前崎
  • ご諸兄各位殿先週末は土曜日、二敗続きの渓流釣りは一旦で竿を置いて、家内と日帰り旅行となりました。お年頃の家内、最近は夏の炎天下は「お肌」に合わないらしく、気の毒にも、その季節は概ね家の中で過ごしています。大手を振って出かけられるのは、寒さ和らぐこの時期からGWまで。それから後半は、小生の「シーズン」が終わる10月以降となり候。加えて今の時期、3月はお彼岸過ぎまで、ボ〜ズ先行は小生の釣果。・・・世の [続きを読む]
  • 今年もミミズの養殖
  • ご諸兄各位殿先週の郡上釣行で購入した天然ミミズさん。毎年のように今年も工具箱での飼育を始めました。八幡の町中にある釣具屋さんで買う天然ミミズさんは活きが良く、そこでの保管は、一般で見かける冷蔵庫の中ではありません。暖房もなく薄暗い冷えた店先(失礼!)、その土間への直置きなんです。この自然な保管方法が「活きの良さ」を保つ秘訣なのでは?と小生は考えています。昨年から箱の印刷、パッケージのデザインが変わ [続きを読む]
  • 郡上明宝 気良川釣行
  • ご諸兄各位殿世の中、誠に、上手くいきません。今年も予定していた付知川は「ふくおかアマゴ釣り大会」。昨年も参加したのですが、一匹掛かった結構サイズのアマゴさん、取込みミスで目の前をぶらんぶらん、残念ながら逃がしてしまい。”よし!今年こそはリベンジ!”と、釣り大会の到来を手ぐすね引いて待っていました。幸い、週半ばに多めな雨が降り、こりゃ、良いんじゃないの??週間天気予報は、朝方は冷え込むも、日中は穏や [続きを読む]