Mおばちゃん さん プロフィール

  •  
Mおばちゃんさん: 水平線でケンケン
ハンドル名Mおばちゃん さん
ブログタイトル水平線でケンケン
ブログURLhttp://drama-watcher.seesaa.net/
サイト紹介文朝ドラ・連ドラ・漫画の感想などを綴るブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/02/02 12:10

Mおばちゃん さんのブログ記事

  • NHK朝ドラ わろてんか 題14話 「嘘文がばれる藤吉」
  • 連続テレビ小説 わろてんか Part1 (NHKドラマ・ガイド)今日は松坂桃李さんのお誕生日だそうでおめでとうございます藤吉とちがって華々しいこの頃ですねさてリリコから藤吉の手紙は嘘ばかり名前も朗がつき船場の米屋の跡継ぎの生まれ笑いが好きで家出して修行するものの芸の一つも身につけられず一度家に帰ってまた一座にまぎれてる大阪一の芸人なんて真っ赤な嘘ショックを受けて芸人でもだめ跡取り息子と跡取り娘もだめ禁断の恋設 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ わりてんか 第10話 感想 「お兄様がぁ〜!?」
  • anan (アンアン)2017/09/27[最旬ベストコスメ]伊能様の仕事部屋で事情を聞かれたてんちゃん藤吉が思い人なんだねとやさしく認めてんの思い人というより芸人ということに興味をもつ芸術やショービジネスに興味がありそうな見合い相手という話は2の次できょうは遅いから宿をとるから明朝かえれと紳士的な、金持ちの対応風太と同室だったのかなんて下世話はなしは、なんのその藤岡家に帰ったてんは速攻蔵に閉じ込められる入り際に、 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ わろてんか 第5話 感想 「早くも、笑い解禁」
  • お父さんが化け猫だったその衝撃に固く口にチャックする。てんちゃんその様子見逃さないお母さんそのショックを言っちゃうてんちゃんに母がかたる新一のぜんそくを治してやりたいために魔法の薬があるというドイツの製薬会社と取引がしたかったんやろね上手くいかずにお酒に手を出したとうすうす、気づいていたと先の商談だめにした責任をいよいよ痛感したてんちゃんドイツ人の滞在先にいって土下座して謝る…が許すも何も日本語の [続きを読む]
  • NHK朝ドラ わろてんか 第2話 感想 「どうしたもんじゃろのぉ」
  • ほぉむぱぁてぃを台無しにして金輪際わろたらアカンと父に言い渡された、てんちゃんギョロ目の鬼の家長の言葉は絶対的なものなんだね祖母は、礼儀作法の修行を積んで品格を備えたら、その禁止令はとかれるのではないかとけなげにお茶お花に琴修行のてんちゃんまぁ習い事に身を入れさせるえさにはちょうど良かった竹下恵子の祖母母は、お父さんは丁稚奉公から一心に真面目に働いて当主になった人だからとフォロー笑うゆるみを許さず [続きを読む]
  • NHK朝ドラ わろてんか 第1話 感想 「はまれるか?はまれないか?」
  • 今年の秋は涼しくなるのが早いですねもう長袖でなくては寒いです折りしも、大阪はシトシト雨「わろてんか」スタートしましたゲラ笑い上戸の女の子藤岡てんの登場です吉本興業の創設者吉本せいさんがモデルとはいえあくまでモデルで、ドラマとして楽しんだほうがよさそうですね笑いは生きていく力になるこれは本当にそう思いますが笑うことを無理強いされてはたまりませんねおてんばで笑い上戸のてんちゃんおとわの幼少期を演じた新 [続きを読む]
  • NHK朝ドラ ひよっこ 第154話 感想 「分かった二つの大丈夫」
  • 連続テレビ小説ひよっこファンブック (洋泉社MOOK)ひよっこも後2回もうハラハラドキドキすることもなく収束作業が進んでいる感じ次の「わろてんか」相手役は松阪桃李かぁとあまり楽しみではなかったのですが主人公てんの仲間に高橋一生がいるじゃないですか振られる見合い相手のようですが重要な役回りらしく朝から、高橋一生を見られるなんて眼福ですね鈴木福くんもでるようで邪ながらも、「わろてんか」見ようと思います今朝の [続きを読む]
  • NHK朝ドラ ひよっこ 第153話 感想 「ヤスハルの見せ場」
  • 連続テレビ小説ひよっこファンブック (洋泉社MOOK)なんか箇条書きのような回が続くね色々あるから大変だねそんな中で、中華屋さんが連れてきた養女の茜ちゃんみんなに紹介されるけど不安な顔そりゃそうだよね幼稚園児くらいの年で、いきなり知らない大人ばかりの前にさしだされてもねそこは同じ立場だったヤスハル君ほんとの親じゃなくても本当の親子になれるんだよとそれを聞いて感激す三宅さん広場のアイドルになってヤスハル [続きを読む]
  • NHK朝ドラ ひよっこ 第149話 感想 「素敵な愛子さんのモト」
  • 連続テレビ小説ひよっこファンブック (洋泉社MOOK)大阪は冷たい感じさへする曇天ですどうもテンションあがらぬままヒデとみね子の無音声ラブラブミュージカルを観愛子さんとシッェフが二人きりですずふり亭に入って興味津々の由香ちゃんが無音声ジェスチャーで独身女性陣を集め立ち聞き団体戦空を見上げて謝っていたという愛子さんをコーヒーで誘ったのはシェフ省吾さんはスター扱いから生身の人間扱いに転落したというより同じ [続きを読む]