xxxmiikoxxx さん プロフィール

  •  
xxxmiikoxxxさん: The アルツハイマー 母の記録
ハンドル名xxxmiikoxxx さん
ブログタイトルThe アルツハイマー 母の記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/xkonanx/
サイト紹介文診断から10年、要介護5。異父兄と3人の兄弟、喧嘩、施設、介護負担、介護あるある。xjapan*hideファン
自由文アルツハイマーになってしまった母。
診断されてから10年。現在は要介護5。「あと3年・・もつかどうか」と医師から言われ、問題行動・独身長男との実家暮らしなど様々な状況から現在老健での生活へ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/02 13:10

xxxmiikoxxx さんのブログ記事

  • 揺らぐ。そして、私の不思議なの力
  • 弟に次いで 今度は妹が それまでの気持ちを吐き出し始めた。妹は、医師からの話として家族が召集されたとき "遠いから無理することはない" と言って参加していなかったし、今回の病院での話の時も参加はしてない。それもまだ納得いかない、わかってない理由のひとつなんだろう。◇家に連れ帰る◇ごはんも●●なら食べれるかもしれない◇水も昨日50しか飲ませてないんでしょ?ラインは夜になると増える。ラインの返事で納得できなく [続きを読む]
  • 看取りを受け入れる
  • もぐです。母がもうこれ以上の検査も治療もしない。すべては、母が苦しまないため。私は、こうすることが一番苦しくない方法なんだと あらゆる書物、医師の話、看護士の話、知り合いの医療関係者の話を聞きまくり自然に気持ちは 動いてきた。そりゃー悲しくないわけはない。切ないし、悔しい。でも、いつも考えてきたときに思い出していたのは、母が入所の前、かろうじて意思を伝えられたときに いっていた言葉。「老人ホームに入 [続きを読む]
  • 弟へ
  • ラインの返事に「うん」という本当に短い返事しかしなくなった弟。悲しみにくれてる暇はないぞ!そんなに暇なら、ばーさんのところで泣いてろ!!【金箔化粧品】《くすみ・毛穴・乾燥が気になる方へ》金華ゴールドナノローション 05P10Jan15価格:3,024円(税込、送料別)にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 弟の決断
  • もぐです。昨日、二時間かけて帰宅したあと弟からlineが来た。写真とメッセージ二件連続していた。なぜ画像?病院での弟は、涙をこらえることに全力で今後のこと、いわゆるホンの少しだけの延命のための入院をするかのその結論を30分で出せと医師から言われ、診察室からでると同時に私の行く先を遮り、「どうするか、話さないと」といいながら声をだしたが、それに被せるように私が「点滴はもう母には辛い痛みだから…やめよう」と [続きを読む]
  • 考えたからこそ、母の延命はしない
  • もぐです。母が吐血し、もう5日絶食。これに、弟が「もともと、1日600しかカロリー取れていないのにこれで吐血したから食べさせませんでなんの治療もしないで見ているだけなのか!?」という疑問を施設にぶつけた。消化官からの出血の場合、食事を停止して落ち着くのを待つことは当然ではあるが、弟の言いたいことは、「いつまで絶食させるのか?」ということだったんだと思う。しかし、施設の看護士と施設長兼某病院院長は、もうす [続きを読む]
  • こなんと母
  • こんばんは。寒さには強いのですが急に寒くなると持病の腰痛が出てしまい辛いです。母が昨日、吐血をしたと連絡があり私は本日も二時間半かけて母のいるところへ行ってきました。うちでは、こなんが目を離せなくて毎日往復五時間を行ったり来たり。でも、前回通った1週間から、先週はゆっくりと週2での通いでしたからエネルギーもチャージでき 体は復活し動けています。母は、なぜだか こらからカメラを飲むらしいです。吐血して [続きを読む]
  • 母の容態 その後
  • こんばんは。もぐです。一気にキンとした寒さになってしまいました。そして、この温度差が原因か、持ち直したはずの母も…。吐血とまではいかないのですが、吐瀉物にホンの少し 血が混じるという状態になってます。吐くということは、10月頃から時々あったのですが、ここ数日は、連続して吐いているとの事でした。施設からの連絡が電話でなく私たちが行ったときだけになっているのでそこらへんにまたモヤモヤしてます。母の担当介 [続きを読む]
  • こなんの介助をしながら思い出す人
  • もぐです。こなんのことですが、ごはんですごが…手を変え品を変え試しています。禁忌の食物を間違えて食べさせることがないようにネットで調べながら、手作り。元気なときには、臆病者なのではじめての食べ物にはメチャクチャ警戒して臭い嗅いでも食べないくらい。でも、大好きなものもありました。スナック菓子は、袋を持っただけで飛んできてお行儀よく待ち続けた。それも今は、見ることすらしなくなりました。その子がはたして [続きを読む]
  • ”「生きられるのに、生きられない命」”
  • もぐです。たびたび、行き詰まると訪ねているブログ。命…。肉体を仮住まいにして、誰かの元に生まれ落ち、経験をしながらまた肉体から離れていく。大切なのは、悲しむ誰かが命の周りにはいるということ。善悪はないとしても、必ず 誰かがそこからいなくなることを 誰かが物凄く悲しむってこと。苦しみから解放されることで、ほっとするかもしれないとも思うけれど…。でも、やっぱり 命がそこからいなくなることは 涙が溢れる。 [続きを読む]
  • ”「余命宣告」をした医師が見ていた、渓太郎の未来。”
  • もぐです。とても、今の自分には勇気になるブログ記事を見つけられました。不確かなことは、希望。ブログの筆者は書いています。人の命というものは、誰にも見えない。余命…この時期に二人の医師から、それぞれこなんと母のものを聞かされたけれど そんなものは統計的なものであって 本人の生命力や治癒力は除外視したもの。母の状態からの命の延命は、年齢的にも認知症の進度からもとても辛いものだけになるのかもしれないが そ [続きを読む]
  • こなんのその後
  • こんにちは。もぐです。こなんのその後なのですが、ご飯が相変わらず入りません。大好きなお菓子に少し反応していたので、食べないよりはよいからと塩気を取り除いてあげていましたが、とうとうこれも食べなくなりました。みんな一口食べると次からは全く食べないのです。とりのむね肉もだめとりのささみもだめじゃがいももだめさつまいももだめ犬のアイスクリームもだめ犬のチーズもだめハムもだめリンゴもだめバナナもだめどうす [続きを読む]
  • 助けてください
  • こなんのこと。ごはん食べられないのが一ヶ月以上。お水は飲んでます。どうにかまだ歩けています。補液注射を毎日しにいってます。でも、大好きで大好きでいつも寝ていても目が覚めて寄ってくるくらいだったお菓子も食べに来ません。さつまいも煮たけれど、それもクンクンと少しだけして顔を背けちゃいました。 [続きを読む]
  • こんな状況でのイライラ
  • もぐです。ばぁちゃんが こんなんなってるなかで また弟と…インフルエンザの予防注射を打っといた方がよいんじゃね?と。インフルエンザの予防注射は自分が軽く済ませるためのものだから移すとかではなく母の状態には関係がない、、私としては、施設に言われた通り(面会制限中も面会可能であるがいくつかルールを!! それが、1全身消毒、2 インフルエンザ、風邪ひきが周りにいる場合は面会は不可能、3 エレベーターは 一応面会 [続きを読む]
  • 今できる最高のこと。
  • もぐです。今日も母のところへ行った。昨日は叔母を連れ、時間も叔母に合わせたので少し早い帰宅にはなったのだが、今日で1週間。実のところ、私は睡眠不足が募り 思考力も鈍くなってきてるっぽい。反対に 母の息使いは 最悪だった金曜に比べると大分 落ち着いていたし 私が足をマッサージし始めるとまだどうにか動かす一瞬があった。「まだ 頑張ってくれそう」母の隣で母に触れながら妹と色々な思い出やたわいもない話をしたあと [続きを読む]
  • 脳ミソ使いすぎ…
  • もぐです。なんかしらあると、そこに集中しすぎてアップアップしてしまう性格。全然治らないみたい。母のことで 悲しいのか、切ないのか、不安なのか、怖いのか…もう疲れてるし。眠いし。私どうしたらよいかわかんない… [続きを読む]
  • くもり空に富士山
  • くもりですが 雪の積もった富士山が肉眼では見えます。実家前から撮影これから母の待つ部屋に行きますNHKスペシャル 世界遺産 富士山 〜水めぐる神秘〜 [ (ドキュメンタリー) ]3,419円楽天 [続きを読む]
  • ”安心感にかわる”
  • 入所した日のblog。私は、「もしも、うちで見ているときよりも悲しいことが施設での生活に起こるならすぐに母を自宅に連れ帰ろう」と妹や弟と何度も話し合い、母を不幸にしないことをそれぞれ心に誓い新しい介護家族としての出発をした。それから5年。時々職員のやり方に私たちの気持ちとズレがあったときには、私たち家族としての意見ではなく、もし自分が母ならばどう感じるか、もし自分の子供を預けていたならどう感じるかとい [続きを読む]
  • 父方の叔母二人を連れて
  • もぐです。遠くにすんでいる叔母がたまたま法事でこちらに来ていて、母のところへ行きたいので連れてってくれと昨日 電話で頼まれたので途中、寄って乗せていった。遠くにすんでいるM叔母は、とても温かい心をもつ人柄。自分で会社をしていて70を過ぎてもなおバリバリと働いて 約五時間運転してこちらへ来るのが続いている。見た目も行動力も60代にしか見えない。母のことを さちこねえちゃん と呼ぶ叔母。娘としても とても嬉し [続きを読む]
  • 絶縁の兄からの言葉③
  • お兄ちゃんがね…妹が切り出す。私をたより、今から12年前に所沢で一緒に住んでいたこともあった兄。●●してやったという気持ちはないのだが、兄は時々理解不能なことを私に提案してきたりして やだなと感じていたこともあった。大好きで、まだ小さかったころには遊びに来るのが嬉しかった。社会人になっても行き来し、成人式の時も仕事帰りに成田から横浜まで私の晴れ姿を見に来てくれた。私も兄に見せたくて、締め付けられ過ぎ [続きを読む]
  • ”行方不明の叔父を・・捜しています。”
  • 母は、危篤です。叔父を探してます。今までも何度も書いてきたのですがひとつも手がかりや、連絡はありません。いたずら電話さえない。届いてないということなんでしょう。母が頑張っているうちに叔父と会わせてあげたいんです。皆さんの近くにそれらしき人がいたら教えてください。足の悪い昭和20年生まれの73歳 酉年生まれもしかしたらどこかの寮で寮母として夫婦で働いているかもしれません。なまりや方言は使いません。小柄な [続きを読む]
  • 部屋の配置が変更されていた
  • こんばんはもぐです。今日、妹の運転で母のところへ。疲れというよりも 眠気があって 運転しなくてすむのは助かった。部屋につくと、すぐに部屋の中の配置変更に気づく。隣のベットは無くなり、ソファーが窓側の母のベットの近くに配置されていた。今日来て今日泊まりたいと言われても対応できる準備はしてあると言われた通り 着々と目に見えた形で 周りが変わりだしてきている。部屋にいてとても過ごしやすい。長い時間いるには [続きを読む]
  • 絶縁の兄からの言葉 ②
  • 土曜日。いつもなら、気楽に競馬予想などして当たった!!ハズレだよーと一人で暴れているのだが…。今日も母のところへ向かう。兄がいっていたという言葉…。許せるものか!!母のためにとか言う人はいるかもしれないが、いや身近な弟や妹は言うだろう。実際に妹が私の機嫌が悪くなり、怒鳴られることを承知で チョロチョロ兄のことを口に出すようになり どうにかしようとしていることはわかってる。しかも、私が兄とこうなったのは、 [続きを読む]
  • 絶縁の兄からの言葉?
  • もぐです。温かい一日。また眠気に脳を支配されています。私と異父兄とのバトルは、何年か前に勃発しすぐに終結した。それから、他の兄弟が私がいるときには兄をよばず、兄がいるときには私を呼ばない、話にも出さないという感じで平和に過ごしてきた。だから もうニアミスもなければ、バッタリということもあり得なかった。それが、一昨日…。父の妹と息子を連れ母のところへ行った帰りに、会ってしまった。私が玄関を出たところ [続きを読む]