kencha890 さん プロフィール

  •  
kencha890さん: 四字熟語の意味
ハンドル名kencha890 さん
ブログタイトル四字熟語の意味
ブログURLhttp://yojijukugo.blog.jp/
サイト紹介文四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
自由文四字熟語の意味や解説、同義語を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/02/02 20:36

kencha890 さんのブログ記事

  • 旧態依然(きゅうたいいぜん)
  • ◆旧態依然【四字熟語-読み】(きゅうたいいぜん)【四字熟語-意味】昔のままで少しも進歩や発展がないさま。【四字熟語-解説】「旧態」は昔からの状態、ありさま。「依然」は前と変わらないさま。もとのとおりのさま。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 挙止進退(きょししんたい)
  • ◆挙止進退【四字熟語-読み】(きょししんたい)【四字熟語-意味】人の立ち居振る舞いや身の処し方。【四字熟語-解説】「挙止」「進退」はともに立ち居振る舞い・動作・行動の意。また、身の処し方。■出典:■英訳:■類義語:行住坐臥(ぎょうじゅうざが) / 挙措進退(き... [続きを読む]
  • 漁夫之利(ぎょふのり)
  • ◆漁夫之利【四字熟語-読み】(ぎょふのり)【四字熟語-意味】両者が争っているすきに、第三者が骨を折らずにその利益を横取りするたとえ。【四字熟語-解説】「漁夫」は漁師。■出典:■英訳:■類義語:一挙両得(いっきょりょうとく) / 一石二鳥(いっせきにちょう)■対... [続きを読む]
  • 帰巣本能(きそうほんのう)
  • ◆帰巣本能【四字熟語-読み】(きそうほんのう)【四字熟語-意味】動物が、遠く離れた場所からでも、自分の巣やすみかに戻ってくることができる、生まれつき持っている能力。【四字熟語-解説】■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 共存共栄(きょうぞんきょうえい)
  • ◆共存共栄【四字熟語-読み】(きょうぞんきょうえい)【四字熟語-意味】二つ以上のものが互いに敵対することなく助け合って生存し、ともに栄えること。【四字熟語-解説】「共存」は二つ以上のものが敵対することなく、生存したり存在したりすること。「共栄」はともに栄える... [続きを読む]
  • 牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)
  • ◆牛飲馬食【四字熟語-読み】(ぎゅういんばしょく)【四字熟語-意味】大いに飲み食いをすること。また、人並み以上にむやみに飲み食いすること。【四字熟語-解説】牛が水を飲むように、また、馬がまぐさを食べるようにたくさん飲食する意から。■出典:■英訳:■類義語:鯨... [続きを読む]
  • 起死回生(きしかいせい)
  • ◆起死回生【四字熟語-読み】(きしかいせい)【四字熟語-意味】死にかかった人を生き返らす意。医術のすぐれて高いことの形容。転じて、崩壊や敗北などの危機に直面した状態を、一気によい方向に立て直すこと。絶望的な状況を立て直し、一挙に勢いを盛り返すこと。【四字熟... [続きを読む]
  • 吸風飲露(きゅうふういんろ)
  • ◆吸風飲露【四字熟語-読み】(きゅうふういんろ)【四字熟語-意味】仙人などの清浄な暮らしのこと。人間の食べている五穀を食べずに、風を吸い露を飲んで生活する意から。【四字熟語-解説】■出典:『荘子』■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 挙棋不定(きょきふてい)
  • ◆挙棋不定【四字熟語-読み】(きょきふてい)【四字熟語-意味】物事を行うのに一定の方針がないまま、その場その場で適当に処理するたとえ。また、物事を行うのになかなか決断できないことのたとえ。本来は、碁石を手に持ち上げたものの、打つところがなかなか決まらない意... [続きを読む]
  • 窮年累世(きゅうねんるいせい)
  • ◆窮年累世【四字熟語-読み】(きゅうねんるいせい)【四字熟語-意味】自分の一生から孫子の代までも。【四字熟語-解説】「窮年」は人の一生涯。「累世」は子々孫々の意。■出典:『荀子』栄辱■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)
  • ◆鬼哭啾啾【四字熟語-読み】(きこくしゅうしゅう)【四字熟語-意味】悲惨な死に方をした者の浮かばれない亡霊の泣き声が、恨めしげに響くさま。転じてものすごい気配が漂い迫りくるさま。【四字熟語-解説】「鬼哭」は浮かばれない霊魂が声を上げて泣き悲しむこと。「啾啾」... [続きを読む]
  • 窮鼠噛猫(きゅうそごうびょう)
  • ◆窮鼠噛猫【四字熟語-読み】(きゅうそごうびょう)【四字熟語-意味】弱い者でも、窮地に追い詰められると、思いもよらない力を発揮して、強い者を打ち負かすこともあるという例え。【四字熟語-解説】■出典:『塩鉄論』■英訳:■類義語:窮鼠噛狸(きゅうそごうり) / 禽... [続きを読む]
  • 貴耳賤目(きじせんもく)
  • ◆貴耳賤目【四字熟語-読み】(きじせんもく)【四字熟語-意味】伝聞やうわさを軽々と信じて、実際に自分の目で見ているものを信じないこと。また、伝え聞いた遠くのことや過去のことは重んじるが、身近なことや現在のことは軽視すること。耳で伝え聞いたことは尊ぶが、実際... [続きを読む]
  • 玉昆金友(ぎょっこんきんゆう)
  • ◆玉昆金友【四字熟語-読み】(ぎょっこんきんゆう)【四字熟語-意味】他人の兄弟をほめていう語。すぐれた兄弟の意。【四字熟語-解説】「昆」は兄、「友」は弟。「玉」「金」は珠玉と黄金。すぐれていることの形容。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 謹賀新年(きんがしんねん)
  • ◆謹賀新年【四字熟語-読み】(きんがしんねん)【四字熟語-意味】謹んで新年の喜びを申し述べること。【四字熟語-解説】年賀状などで使う挨拶。「四文字の賀詞」は相手に対する敬意や丁寧があり、目上の人に使われる。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 廓然大公(かくぜんたいこう)
  • ◆廓然大公【四字熟語-読み】(かくぜんたいこう)【四字熟語-意味】心が何のわだかまりもなくからっと広く、少しの偏りもないこと。君子が学ぶべき聖人の心をいう語。また、聖人の心を学ぶ者の心構えをいう語。【四字熟語-解説】「廓然」は心がからりと広いさま。「大公」は... [続きを読む]
  • 海内奇士(かいだいのきし)
  • ◆海内奇士【四字熟語-読み】(かいだいのきし)【四字熟語-意味】この世で比べることのできないほどの優秀な人物。または、行動や言動が普通の人とは違う奇人、風変わりな人のこと。【四字熟語-解説】「海内」は世界や国内、四海の内のこと。「奇士」は普通ではない言行で優... [続きを読む]
  • 汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう)
  • ◆汗牛充棟【四字熟語-読み】(かんぎゅうじゅうとう)【四字熟語-意味】蔵書がきわめて多いことの形容。本が非常に多くて、牛車に積んで運ぶと牛も汗をかき、家の中に積み上げれば棟木むなぎにまで届いてしまう意から。【四字熟語-解説】■出典:柳宗元「陸文通先生墓表」■... [続きを読む]
  • 苛斂誅求(かれんちゅうきゅう)
  • ◆苛斂誅求【四字熟語-読み】(かれんちゅうきゅう)【四字熟語-意味】税金や借金などを容赦なく厳しく取り立てること。【四字熟語-解説】「苛」はむごい、また、責め立てる意。「斂」はおさめる、集める意。「誅」は責める意。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 夏炉冬扇(かろとうせん)
  • ◆夏炉冬扇【四字熟語-読み】(かろとうせん)【四字熟語-意味】時期はずれの無駄なもののたとえ。また、無用なもの、役に立たない言論や才能などのたとえ。夏の囲炉裏と冬の扇の意から。【四字熟語-解説】君主の信望・寵愛を失った者や、寵愛を失った宮女、恋人にすてられた... [続きを読む]