masa さん プロフィール

  •  
masaさん: 娘と一緒にアウトドア
ハンドル名masa さん
ブログタイトル娘と一緒にアウトドア
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/imasa152000
サイト紹介文西麻布で生まれ育ち、現在は横浜に暮らしている筆者が様々な分野を書いているブログです。
自由文天体観測。美術鑑賞。クラシック音楽。特にバッハを中心としたバロック音楽。アウトドア活動。カメラ&写真。書庫は沢山あります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2389回 / 365日(平均45.8回/週) - 参加 2015/02/03 17:52

masa さんのブログ記事

  • 大学の講義から脱け出せない(;´д`)
  • 夢を見ていた。何やら迫り来る危機に対抗すべく、どこかの大学で教授達に説明していた。ある教室は満員で脱け出そうにも積み上げられた本により脱出不可能となる。問題がどんどん深刻化して困り果てたところで目が覚めた。超トイレ行きたい状態だった。(;´д`) [続きを読む]
  • よこすか海軍カレーパン
  • 第三京浜の都筑パーキングエリアで売っている。よこすか海軍カレーパン。ここ、焼きたてを売ってる。非常に美味しいと思う。超久しぶりに寄った。(*´ω`*) [続きを読む]
  • 横浜のラーメン屋の行列(@0@;
  • 毎回ここを通過すると行列に驚くのだが、毎回忘れてしまう。(笑)今日は忘れなかった。横浜駅から結構あると思うのだが・・・・・何故こんなに混雑する???そんなに有名なのだろうか???ラーメン事情に詳しくないのでよく知らないのだが・・・・・なんか凄い。(@0@; [続きを読む]
  • 動画 : 首都高速 横浜市内
  • 動画 :首都高速 横浜市内お彼岸のため先祖の墓がある横浜山手の丘の上を目指して行った。(外人墓地ではない。笑)横浜は東京とは明らかに違っていると思う。一言で言うなら「より西洋志向が強い」となるかと。東京は必ずしも西洋志向は強くないが、横浜は歴史的に言っても日本における西洋文化の中心地だった。今でもその感覚は残っていると感じている。そして横浜市内の首都高速を走っていると、やっぱり「港町」なんだとモロに [続きを読む]
  • Yokohama China Town
  • Yokohama China Townお彼岸。何故か先祖の墓が横浜山手の丘の上にあるため、墓参りの後は横浜中華街で食事が昔からの習慣になっている。しっかし凄い混雑。メインストリートを避けて裏に。(;´д`) [続きを読む]
  • 弁当が小さ過ぎる(`皿´)
  • 夢を見ていた。自分は中学生になっていて学校の遠足らしく、どこかの湖に来ていた。釣り大会をやっていて、私は超気合いが入っていた。しかし、弁当が大中小とあるにもかかわらしず、皆には一方的に小が配られたので私は猛烈に抗議していた。(;´д`) [続きを読む]
  • Les Champs-Élysées
  • あ〜パリに行きてぇ〜(´・ω・`)オルセー美術館とかルーヴル美術館とかオランジュリー美術館とか。そしてオペラ座でオペラ鑑賞。あ、そうそう、冬ならパン・ショコラとヴァン・ショー。あとカフェでフランスパンにハム挟んだのをカフェ・オ・レで食べる♪♪あ〜パリに行きてぇ〜(´・ω・`)Les Champs-Élysées https://youtu.be/rK_v4iNQFV8 [続きを読む]
  • ムンク展!!
  • 危なかったーーーーーーーっ!!フェルメール展に気を取られていて「ムンク展」を忘れてました。忘れないようにブログに書いておかないと。2018年10月27日(土)〜2019年1月20日(日)「ムンク展」東京都美術館(上野)あの≪叫び≫が来るのです。前売り券をゲットしておかないと。この展示会は早期早割チケットなどが無かったようなので見逃してました。始まる前に前売り券もしくは格安券を。ああ〜この開催期間だ [続きを読む]
  • 素敵な予感と結末(笑)
  • 昔4コマ漫画の「サザエさん」で。朝、サザエさんがお茶を飲んでいると。「おや、茶柱!!」昼買い物の途中で。「あら、四葉のクローバー!!」おみくじを引くと。「まあ、大吉!!」最後の場面で夜マスオさんが帰宅すると。「パーティで出た寿司の残りを折り詰めにして来たよ♪♪」と。「あらやだ。良い事ってこれかしら?」で終わっていた。何か今たまに思い出しても笑ってしまう。(^W^;v [続きを読む]
  • 女を感じると・・・・・
  • 最近の私は能、歌舞伎、文楽と言った古典芸能趣味の頻度が高いです。特に能と歌舞伎は男のみが演じているので、それが当たり前の世界として受け止めています。(文楽も男だけですが人形なのでちと違う。笑)昨年も書いた記憶があるのですが・・・・・「大江戸寄席と花街のおどり」と言う東京の芸者さんが総出で踊る催しが、毎年国立劇場であるのですが、この時、生身の女性が踊る姿を見るのであります。坂東玉三郎の舞踊は女以上に [続きを読む]