masa さん プロフィール

  •  
masaさん: 娘と一緒にアウトドア
ハンドル名masa さん
ブログタイトル娘と一緒にアウトドア
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/imasa152000
サイト紹介文西麻布で生まれ育ち、現在は横浜に暮らしている筆者が様々な分野を書いているブログです。
自由文天体観測。美術鑑賞。クラシック音楽。特にバッハを中心としたバロック音楽。アウトドア活動。カメラ&写真。書庫は沢山あります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2658回 / 365日(平均51.0回/週) - 参加 2015/02/03 17:52

masa さんのブログ記事

  • 冬はつとめて
  • 冬はつとめて。清少納言は正しいと思う。 早朝から活動開始。横浜市北部の遊歩道を30キロほど歩く予定。膝が不安なので一応ダブルストックも用意。GPSレシーバーの精密軌跡記録もオンに。無理はしないで撮影しながらゆっくり歩く。ダメだったらあっさり電車に乗る。(笑)(((^_^;) [続きを読む]
  • コンサートで拍手される音楽ではない
  • 《Erbarm Dich Mein, O Herre Gott》主なる神よ、我を憐れみたまえBWV 721https://youtu.be/pUUxbbCVu7kある教会オルガニストが、「バッハの音楽はコンサートで拍手される音楽ではない」と言った。最近、つくづくそう思う。極めて宗教的であり、恐ろしく個人的でもあり、それは良心の問題に深く関わる音楽なのだ、と思う。 [続きを読む]
  • 芸術鑑賞と日本人
  • 随分前に日本の農村に短期留学した若いカナダ人女性が書いた本を読んだ。ある日、村で一番の金持ちらしい立派な家の奥さんに招かれた。リビングルームには超高級オーディオがあり、レコードコレクションにはモーツァルト全集があった。カナダ人の女の子は驚き、「私もモーツァルトが大好きなんです。○×を聴かせて下さい。」と言ったら驚くべき事にその奥さんは自分のオーディオの操作方法を知らなかったと言う。カナダにはそんな [続きを読む]
  • 安定感
  • NHK超入門!落語THE MOVIEで柳亭市馬が「掛け取り」をやった。寄席で何度も聴いているけど抜群の安定感があると思う。この人の名前が出演者一覧にあると、今日の寄席は間違いないとまで思う。テレビでも素晴らしい安定感を魅せていた。それにしても落語THE MOVIEは実に面白い。寄席に行きたくなるが、先月は立花家橘之助襲名披露に2回も行ってるし、今月は間もなく娘が帰国するから寄席も歌舞伎も無理。(´д [続きを読む]
  • iPodに入れていたYouTube動画で失くしてしまった残念な音楽
  • 先日、水没させてしまったiPod。YouTube動画だけは元通りにならずに全て失われてしまった。もう昔のように保存しておけるアプリもないため非常に痛い。中でも個人的に以下の動画はとても気に入っているので非常に残念。パイプオルガンの演奏形態が見事に分かる。凄くカッコいい。https://youtu.be/HUWZ06JqK0Ihttps://youtu.be/ZFsJ_i525s0https://youtu.be/gt1cqTM2MYU [続きを読む]
  • バッハ音楽の真髄 突然神展開について
  • 時折、バッハ音楽の中で突然神展開する曲があり、何とも言えない、バッハ音楽だけに感じる特有の感覚がある。例えば、BWV572 幻想曲 ト長調。最初、序奏がスピーディーだが単音で滑稽とも思える調子でずっと続いて行く。しかし突然、それは始まる。いきなり神。うわ〜バッハだな〜と思う。ペダルによる重低音を思い切り利かせながら重厚に続いて行く複雑なメロディーと和音。ゆっくりと、しかし脳内にダイレクトに1つ1つ [続きを読む]
  • ふたご座流星群疑惑
  • 昨日、母の友達(お婆ちゃん、近所の人)が遊びに来ていた。言われてしまった。「うちの孫(私の娘の同級生)が言ってたんですよ。 自動車がないから絶対にふたご座流星群を見に遠くまで行っているに違いないって。」と。いえ、単純に自動車を修理に出していただけなのですが・・・・・そもそも平日の夜でしょ?無理でしょ?と言い訳をしたが。私はそういう風に見られているのか、と改めて襟を正した。(笑)(^。^; [続きを読む]
  • 自動車がサイズダウンする一抹の寂しさ
  • 近所に子供が幼い頃から知っているかつての同級生一家が何組も暮らしている。ある家の前はよく通過しているが、もうここ何年も全くお付き合いがない。3人の子供がいて当時はとても賑やかだった。自動車はミニバンで家族でよく出掛けていたようだった。休日に偶然前を通りかかると車庫の自動車がなく、「あ、家族で旅行かな?」などと時折思うこともあった。先日のこと。そのミニバンが普通乗用車に変わっていた。よくよく考えたら [続きを読む]
  • 「江戸の瓦版 庶民を熱狂させたメディアの正体」
  • 「江戸の瓦版 庶民を熱狂させたメディアの正体」森田健司著。洋泉社。本体1000円(税別)。この本は歌舞伎や落語、文楽、あるいは日本史好きの人には堪らないかと思います。先ずは古典好きの方々には大変大変お薦めいたします。さて、瓦版(かわらばん)と言う単語。今でも立派に生き残っていると思うのです。おもに落語情報を扱った月刊誌でそのものずばり「東京かわら版」がありますし。瓦版と聞いて現代日本人が真っ先の思 [続きを読む]
  • 「ちい散歩」の功績
  • 以前、俳優・地井武男氏による「ちい散歩」と言うテレビ番組があった。地井氏の功績は偉大だと思う。  何故なら、それまでの日本人中高年男性にとって、一人で散歩するなんて先ず出来なかった行為だからだ。犬か子供と一緒でない限り不審者扱いされていたかと。しかし、地井氏により中高年男性でも散歩は出来るし楽しいのだ、と知らしめてくれた。日本人中高年男性の意識を完全に変えた功績はもっともっと評価されるべきかと。 [続きを読む]
  • ネットリテラシーが低い人と友達になると危険
  • 自分のネットリテラシーはさて置いておくとしまして。やはりネットリテラシーが低い人は非常に危険で当人だけでなく友達も、いや、むしろ友達こそ危険な目に遭わせてしまうと実感した。先ほど妹のスマホのLINE音が鳴って何やらやり取りをしていたが、しばらくして私に、「友達のLINEが乗っ取られたみたい」と言ってきた。割と親しい友達から「コンビニで○×カードを8万円分買って欲しい」と言われた、と。それは典型的なLINE詐欺 [続きを読む]
  • 地元だから詳しいと思ったら大間違い
  • 先日、偶然録画してあったテレビ番組で自分の今暮らしている地元の情報についてやっていた。最寄り駅の近くにある公園が出ていたのだが、一緒に見ていた母も妹も知らないと言っていた。私は、何となく場所は分かるのだが行ったことのない公園だった。長年そこに暮らしていると自分はもう地元の人間で地域のことはとても詳しいと思い込んでいるかと思う。しかしそれは大抵の場合、とんでもない勘違いで、意外に人は地域のことを知ら [続きを読む]
  • 独身中年男女の惨めさについて(T0T)
  • ブログ友達の記事を読んではたと気付いたので書いてみたいと思います。休日、時折1人で行動する既婚者の男性って結構いるかと思います。毎回1人であるのなら問題行動だとは思いますが、たまに1人で何かをするのは「大人の余裕」を感じます。しかしながら独身男の場合。例えば最近のワタクシ。娘が留学してからと言うもの。1人歌舞伎、1人文楽、1人寄席、1人美術館、1人博物館、1人天体観測・・・・・なんか私は・・・凄い [続きを読む]
  • 冬の温度差の危険
  • 最近、近くではあるが離れて暮らす妹が自宅に来ると、必ず「ここは危ない。温度差があり過ぎる」と文句を言う。妹は職場も普段暮らす部屋も鉄筋コンクリートの集合住宅だ。すると各部屋の温度差がほとんど無い。しかしながら私と母が暮らす自宅は木造なので、異常な温度差を感じると言う。特にトイレが酷いと言う。私も母も慣れているためそうは感じないのだが、この温度差は想像以上に危険らしい。木造建築における冬のトイレ、風 [続きを読む]
  • お酒を飲むヤツの見苦しい言い訳(苦笑)
  • 先日、妹とちょっと激しい口論になった。(笑)妹はお酒は結構飲めるのだがアルコールの臭いが嫌いで、ビールだとかワイン、日本酒、ウィスキー、焼酎などは飲めない。カクテルのようにアルコール臭が上手に消されたものならかなり飲める。そんな妹は酒飲みに対してあからさまな侮蔑感を露わにして来る。「アイツら(酒飲み)ショウもない。 必ず何だかんだ言い訳しながら飲みやがる。 今日は誕生日だから、とか。 今日はビール [続きを読む]