植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さん プロフィール

  •  
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん: 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」
ハンドル名植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さん
ブログタイトル植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kanazawa-uechan
サイト紹介文金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供298回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/02/04 05:00

植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さんのブログ記事

  • 兼六園 橋巡り ⑥その他名前のない橋-1
  • 金沢の観光スポットレポート その1008(No.1447)◇兼六園 橋巡り ⑥その他名前のない橋-1兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周辺の風景ともよく馴染み四季を通して楽しませてくれます。■写真は兼六園橋一覧 [続きを読む]
  • 兼六園 橋巡り ⑤汐見橋、日暮らしの橋、時雨亭の石橋
  • 金沢の観光スポットレポート その1007(No.1446)◇兼六園 橋巡り ⑤汐見橋、日暮らしの橋、時雨亭の石橋兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。今回は名前のついている橋にプラスして巡ってみます。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周辺の風景と [続きを読む]
  • 兼六園 橋巡り ④板橋、栄螺橋、黄門橋
  • 金沢の観光スポットレポート その1006(No.1445)◇兼六園 橋巡り ④板橋、栄螺橋、黄門橋兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。今回は名前のついている橋にプラスして巡ってみます。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周辺の風景ともよく馴染み四 [続きを読む]
  • 兼六園 橋巡り ③明治記念之標前の石橋、花見橋、山崎山下の土橋
  • 金沢の観光スポットレポート その1005(No.1444)◇兼六園 橋巡り ③明治記念之標前の石橋、花見橋、山崎山下の土橋兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。今回は名前のついている橋にプラスして巡ってみます。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周 [続きを読む]
  • 兼六園 橋巡り ②雁行橋、雪見橋、千歳橋
  • 金沢の観光スポットレポート その1004(No.1443)◇兼六園 橋巡り ②雁行橋、雪見橋、千歳橋兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。今回は名前のついている橋にプラスして巡ってみます。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周辺の風景ともよく馴染み [続きを読む]
  • 兼六園 橋巡り ①虹橋、月見橋、木橋
  • 金沢の観光スポットレポート その1003(No.1442)◇兼六園 橋巡り ①虹橋、月見橋、木橋兼六園内(金澤神社含む)には大小38箇所の橋があります。その中で橋名がついているのが12箇所(2018年12月現在私が知っている個数)あります。今回は名前のついている橋にプラスして巡ってみます。兼六園は高台にありながら、辰巳用水を引き込み、曲水や池、滝に注がれ、意匠を凝らした橋が架かり、周辺の風景ともよく馴染み四季 [続きを読む]
  • 金沢の冬 -1 長町武家屋敷跡 薦かけ
  • 金沢の観光スポットレポート その1002(No.1441)◇金沢の冬 -1 長町武家屋敷跡 薦かけ○長町の由来長町は前田八家の一つ長氏の屋敷があったこと、鞍月用水と大野庄用水に囲まれた長い町ことなどから名付けられたといわれている。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の武家屋敷は殆ど残っていませんが、その中で中級武士だった野村家邸は当時の武 [続きを読む]
  • 金沢の秋 -23 完 金沢市内②寺町寺院群 ほか
  • 金沢の観光スポットレポート その1001(No.1440)◇金沢の秋 -23 完 金沢市内②寺町寺院群 ほか○寺町寺院群概要寺町寺院群は、石川県金沢市寺町、野町にある寺院の総称である。藩政期に一向一揆に対する防衛策として、犀川流域にあたるこの地に寺院が集められた。忍者寺として知られる妙立寺を始め、70近くの寺院が立ち並び、市内の三つの寺院群の中で最大規模である。寺町、野町、弥生の各一部、22.0ヘクタールが「金沢 [続きを読む]
  • 金沢の秋 -22 金沢市内①香林坊、武蔵が辻付近 
  • 金沢の観光スポットレポート その1000(No.1439)◇金沢の秋 -22 金沢市内①香林坊、武蔵が辻付近 ■写真はいしかわ四高記念館■写真は香林坊付近■写真は片町キララ■写真は武蔵が辻〇加能ガニ石川県内の漁協が平成28年に一つの漁協へと統合されたことを契機に、県産ズワイガニの名称を一般公募し、「加能ガニ」と名付けられた。「加」賀から「能」登まで、県内の漁協が一つになった新しいプライドを背負い、漁師たち [続きを読む]
  • 金沢の秋 -21 尾崎神社、大谷廟所
  • 金沢の観光スポットレポート その999(No.1438)◇金沢の秋 -21 尾崎神社、大谷廟所〇尾崎神社の概況寛永17年(1640)、加賀藩四代藩主前田光高公が東照権現勧請を幕府に願い出、許可を得て金沢城内北の丸に造営を始めた。その間、ご神霊を上野寛永寺から勧請し同寛永20年(1643)9月に東照権現社が落成し鎮座祭が執行された。廃藩後、朱塗りの社殿には徳川家康の紋が散りばめられ、金沢城の江戸、北陸の日光と呼ばれ [続きを読む]
  • 金沢の秋 -20 尾山神社
  • 金沢の観光スポットレポート その998(No.1437)◇金沢の秋 -20 尾山神社○尾山神社の概況慶長4年(1599)に加賀藩藩祖前田利家を祭り創建された卯辰八幡社(現宇多須神社)を、明治6年(1873)に卯辰山から金沢城の出丸金谷御殿跡地(現在地)に移し、本殿、拝殿が建てられ、尾山神社とした。尾山神社の神門は明治8年(1875)に完成したのですが、神門の和洋中の三様式が取り入れられた五色のギヤマンが綺麗です。御祭 [続きを読む]
  • 金沢の秋 -19 大乗寺丘陵公園
  • 金沢の観光スポットレポート その997(No.1436)◇金沢の秋 -19 大乗寺丘陵公園自宅近くに大乗寺丘陵公園がある。何種類かのモミジがあるが、手入れが良くないのか、かなり衰えている。■写真は大乗寺丘陵公園■写真は高雄(タカオ)■写真は錦紅葉(ニシキモミジ)■写真は大盃(オオサカズキ)■写真は奥州紅(オウシュウベニ)■写真は秋山紅(シュウザンコウ)■写真は青七五三(アオシチゴサン)撮影日:2018.11.23( [続きを読む]
  • 金沢の秋 -18 大乗寺
  • 金沢の観光スポットレポート その997(No.1436)◇金沢の秋 -18 大乗寺○大乗寺の概況正応2年(1289)永平寺第3代徹通義介(てっつうぎかい)禅師が曹洞宗に改修し改めて大乗寺を開山。加賀国最初の曹洞宗寺院として寺運は隆盛した。2代瑩山(けいざん)禅師は永光寺(ようこうじ羽咋市)總持寺(現在の總持寺祖院)を開き、室町幕府歴代将軍の帰依や柏原天皇の勅願寺にも定めらた。元禄10年(1697)加賀藩家老本多政 [続きを読む]
  • 金沢の秋 -17 金沢城公園 ①
  • 金沢の観光スポットレポート その995(No.1434)◇金沢の秋 -17 金沢城公園 ①〇金沢城公園の概要金沢城の歴史は加賀一向一揆で支配権を握った本願寺が、天文15年(1546)に金沢御堂(尾山御坊)を建てた地に、天正8年(1580)、佐久間盛政が築城を開始、天正11年(1583)、加賀初代藩主前田利家が能登から入城し、本格的に城造りがなされました。慶長7年(1602)に天守閣が落雷による火災により焼失し、その後は江 [続きを読む]
  • 秋の兼六園 ③山崎山 -1
  • 金沢の観光スポットレポート その991◇秋の兼六園 ③山崎山 -1(No.1430)兼六園の中でも山崎山の紅葉は集中しており、山崎山台を含めて楽しめる。■写真は成巽閣前■写真は小立野口外のツバキ■写真は山崎山小立野口付近■写真は山崎山撮影日:2018.11.8〜19(つづく) [続きを読む]
  • 秋の兼六園 ②千歳台ほか
  • 金沢の観光スポットレポート その990◇秋の兼六園 ②千歳台ほか(No.1430)○兼六園の紅葉兼六園には約210本のもみじ、桜約420本ほか合計約8,200本の樹木があり、毎年11月の中旬には紅葉が楽しめる。園内の建物や松などの樹木、曲水、池、灯篭などと、紅葉のマッチングが楽しみだ。■写真は成巽閣付近■写真は花見橋(11/19)■写真は曲水付近の大島桜■写真は成巽閣近くのイロハモミジ■写真は十月桜■写真は冬 [続きを読む]
  • 秋の兼六園 ①桜ケ岡、霞ケ池
  • 金沢の観光スポットレポート その989◇秋の兼六園 ①桜ケ岡、霞ケ池(No.1429)○兼六園の概要加賀百万石の文化を映す、歴史的文化遺産である。水戸偕楽園、岡山後楽園とならぶ日本三名園の一つ、兼六園。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられてきました。金沢市の中心部に位置し、四季折々の美しさを楽しめる庭園として、多くの県民や世界各国の観光客に親しまれてい [続きを読む]
  • 北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる-2 喜多家 ②
  • 石川の観光スポットレポート(No.1428)◇北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる-2 喜多家 ②10月27日のボランティアガイド「まいどさん16期生」”よるまっし16会の勉強会で野々市市の「北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる」に参加した。〇前田利長書の掛け軸〇前田利常書の掛け軸■写真は座敷の間■写真は帳場の酒ブランド金庫の間の入り口は1段低くなっており刀など持って入れないようになっている。■写真は [続きを読む]
  • 北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる-2 喜多家 ①
  • 石川の観光スポットレポート (No.1427)◇北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる-2 喜多家 ①10月27日のボランティアガイド「まいどさん16期生」”よるまっし16会の勉強会で野々市市の「北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる」に参加した。〇国指定重要文化財 喜多記念館喜多家はもとは高崎姓を名乗った越前武士で、江戸中期に禄を離れ加賀に移住しました。その後野々市で灯油の製造販売を生業とし、屋号を油屋 [続きを読む]
  • 北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる- 1②旧北国街道
  • 石川の観光スポットレポート (No.1426)◇北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる- 1 ②旧北国街道10月27日のボランティアガイド「まいどさん16期生」”よるまっし16会の勉強会で野々市市の「北国街道・富樫館跡 中世の歴史に触れる」に参加した。〇水毛生(みもう)家住宅水毛生家は、表構えは切妻妻入りとなる農家の形、内部の間取りは町屋の形となっている。通りに面するミセノの屋根は、江戸時代特有の、板葺屋根 [続きを読む]