朝日 さん プロフィール

  •  
朝日さん: ぐうだら女朝日が綴る婚活ブログ
ハンドル名朝日 さん
ブログタイトルぐうだら女朝日が綴る婚活ブログ
ブログURLhttp://asa0.blog.jp/
サイト紹介文面倒くさがり屋の独女朝日32歳が婚活に奮闘するブログです(*^-^*)
自由文面倒くさがり屋の独女朝日32歳が婚活始めました。婚活初期から彼氏有の現在までなるべく詳細に書いていきます。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供220回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/02/04 13:56

朝日 さんのブログ記事

  • 太郎くんとのお付き合い『62』まるで、普通の彼氏みたいだと思ってしまいました。
  • 太郎くんの、予想外すぎる行動に驚きすぎて、一瞬、高所への恐怖心を忘れてしまいましたっ。なんというか、『いきなりの接近にドキッとした。』とか『手を握られてキュンとしてしまった。。』とか、そうゆうわけではなく、太郎くんて、こんなこと出来るのっ?!という驚きが1番でした。( ̄◇ ̄;)これではまるで、普通の彼氏みたいというか・・・・、太郎くんに対してそんなふうに思ったのは、付き合ってから、初めてのことでした。 [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『60』結局太郎くんの、思い通りの展開に・・・・。
  • その言葉を聞き、改めて、手に乗せられたマスコットの顔をマジマジと見てみたのですが、やはりどこにも可愛らしい要素は全くなく、これはいわゆる『ブサカワ』枠にすら入れないような気がする。。と思ってしまいました。太郎くんからみた朝日って、こんな感じなんだろうか・・・・。と、すこし・・いやかなり、微妙〜。な気持ちになってしまいました。。悲しいことに、『全く似てない!』とも言えないところが、また・・・。(; ̄ [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『58』またしても、置いていかれてしまいました。。
  • あまり気の進まない朝日とは対照的に、太郎くんは目に見えて興奮している様子で、朝日の腕を軽く引っ張りながら、こう言ってきました。太郎くん「ここまで来たんだから、乗るが勝ちだよ!」そんな、、無理矢理、強引に連れて来られて、『乗るが勝ち。』って言われても・・・・。(; ̄ェ ̄)と、正直、思ってしまいました。気の進まない朝日に、太郎くんが『観覧車、怖いの?』と、珍しく気遣いを見せてくれたので、『そんなに得意 [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『53』太郎くんの姿を見失ってしまいました。。
  • 店を出ると、入る前よりも人が増えていて、今から、ここの流れに乗るのっ?!(゚o゚;; とゆう気持ちになりました。怖気付いている朝日をよそに、太郎くんはさっさと人混みの中へ入っていってしまいました。朝日も後を追いかけ、はぐれないようにと、すし詰め状態になりながらも、必死に太郎くんの姿を目で追っていたのですが・・・・。太郎くんはというと、朝日を気にする様な素振りは全くなく、自らズンズンと人をかき分ける様にし [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『48』太郎くんが、不機嫌だった理由が分かりました。
  • 太郎くんのおかしな態度に苛立っていたのと、勢いも相まって、朝日と別れたいか否かを問いただしてしまいました。てっきり、肯定するものだと思って言ったのですが、太郎くんは朝日の言葉に、なぜか、ひどく驚いた様子でした。太郎くん「ええっ?!何、怖っ!」いやっいやっ、むしろ、こっちが何っ?!って感じなんですけど。。(−_− #)しかも『怖い。』って・・・・、たしかに怖い顔をして凄んだ自覚はあるけれど、さすがに [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『46』太郎くんの態度に、イライラとして来ました。
  • 突然、『朝日について悩んでる。』と言われてしまい、一瞬、放心状態になってしまいましたが、なんとか気を持ち直し、声を絞り出して、こう尋ねました。朝日「・・それは、どういう・・・・?」ところが、朝日の言葉に太郎くんは、予想外の反応を返してきました。太郎くん「どういうって?」いやいやっ、この流れで、分かるでしょ?!本気で言ってるっ?と、思ってしまいました。(ーー;)太郎くんとの会話で、うまく話が通じない [続きを読む]
  • 太郎くんとのお付き合い『45』残酷に、朝日を打ちのめす言葉でした。
  • 結局、直接的なことを聞く勇気が出ず、ヘタれてしまった朝日は、「ど・・ど、どうかした・・・・?」と、挙動不審になりながら、なんとも、曖昧な聞き方をしてしまいました。(T_T)そうはいっても、ついさっきまでは、いつもの太郎くんで、電車に乗ってる時なんか太郎くんだって、すごく楽しそうだったし。その時は、ほんとうに、イルミネーションデートを楽しみにしてくれていたんだな。と、朝日も微笑ましく思えただけに、今こ [続きを読む]