劇団NAC さん プロフィール

  •  
劇団NACさん: 劇団NAC
ハンドル名劇団NAC さん
ブログタイトル劇団NAC
ブログURLhttps://ameblo.jp/nac-nac/
サイト紹介文劇団NACのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供401回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2015/02/04 22:28

劇団NAC さんのブログ記事

  • 芝居を 「辞める 」という選択肢
  • 身分証明 も 整ったので、新しくする 名刺の図案を考えています。証明写真は、ブスなので 隠しました!って、「 証明写真も」 かしら、ね?(笑)わたしには、これまで 「芝居を辞める」と いう 選択肢は ありませんでした。これからも、そうです。「演じる」ということ。「 演出される」「演出する」ということも、「誤魔化す」という意味ではありません。「 自然体」を愛するわたし。これは、「リアリティ」をも、意味しますけ [続きを読む]
  • 「 ライバルは、わたし自身 」〜わたしだけ
  • 昨日の記事。ダントツにアクセス頂いたようでどうも ありがとうございます。あとは、そうですね。とくに、「 〜な わたし」であるとか、「 わたしの〜」のようなものや、「わたしの過程」について書いた時。ようは、「 わたしについて」ですね。って、わたしのブログですから (笑)ついでに、言うと、「 公式ジャンル」については、あてはまるところがないので、仕方なく 「 団体-サークル」にしています。サークルじゃ ありませ [続きを読む]
  • 「 初心 」〜 わたしの本質 で ありのままに 活きる
  • 今日は、娘から クリスマスプレゼントのリクエスト 「 ランドセルリュック」カバンを 用意しました。まだ、渡しませんけれどね!(笑)わたしは、「 洗える着物 」と 本を探していました。本は、明日届きます。もぅ、今は、わたし 、インプットしたくて 仕方ありません。とはいえ、反面では、執筆の企画書の下書きを書き出してみたり。そんなときだからこそ、 「 初心 」〜ありのままの自分で…ありのまま = 自然体演じるわた [続きを読む]
  • 芝居に必要なのは、アウトサイダー的な存在
  • 演出者協会から、手帳や身分証明などが、 届きましたまだ、すべては、目を 通していませんけれど。その中には、演出家や俳優さんなど、 様々な業界の住所録などの 一冊もあります。間違っても、失くしたり出来ません。わたしの恩師は、日本シナリオ作家協会に 席を置いていらっしゃいます。違ってよかった!「 脚本は、脚本家が 書くもの 」わたしのマネージャーのようなスタッフも、時に、脚本を書くんですけれども、ファンタジ [続きを読む]
  • どんなときも 「 直球 」で 活きる わたし
  • 数十年来の わたしの恩師は、常に わたしに、「 直球 」で接してきました。わたし自身、活きる上において 、元来 ストレートな人間ですけれど、それでも、ときどき、究極の選択をする時に 迷おうとしてしまいそうな時でさえも、一瞬も 許さない。 常に、「 直球 」な 活き方 の 出来上がり。それが、わたしなんです。演出家としては、最小限の言葉で核心だけを 説明し、俳優は、説明や言い訳など せずに、表現するもの。 ダメだ [続きを読む]
  • どうして、女性演出家は 少ないのか
  • 協会から、初めての 会報が 届きました。新しく入った演出家は、ラストのページに 紹介されるのですけれど、わたしは、まだ 載っていません。つい、先週のこと ですからね (笑)昨日の本たちを読んでいても、会報をみてみても、これまでも 漠然と おもってはいましたけれど、女性演出家が少ない世論的にも、男性に比べて、圧倒的に少ないのが現実です。もちろんゼロではなく、活躍している演出家もいます。そもそも舞台もテレビ [続きを読む]
  • 「自分をすべて さらけ出す」わたし
  • 出版社の勉強会に 神楽坂に行ってきました。前回の課題が 添削されて 戻ってきました。知れば知るほど、奥が深い。ですけれど、執筆も 「 自分を全部さらけ出す」ものだと お話しされていました。やはり、芝居と似ています。次は、来年一月です。あらたな、次のステージの勉強も しに行きます。既に、課題が 出ているので、また 取り掛かります。一月末には、プロデューサーの企画勉強会もあるので、そちらの 企画書の下書きも や [続きを読む]
  • 「 演出家」と 自然体で活きる という意味
  • 明日提出する、出版社の勉強会の課題。無事に 書き終えました。よかった(笑)執筆は、執筆で 生み出すのは手間取りますけれど、書き始めると 楽しくて 止まりません。やはり、課題ではなく、来年、自分のものを 書き始めるのも、とても 楽しみです。てなわけで、今日は、さっそく、読み始めています。まだ、読み始めたばかりなんですけれど、この本も 一気読みしてしまうと おもいます。蜷川さんは、知る人ぞ知る、俳優から演出 [続きを読む]
  • 自分のこだわりのある 弧高な人
  • 来年の手帳。さっそく、来年の予定を書き込み始めました。昨日 の 今日で、あらためて 演出家 としての意識も 高まっていて、そうとなれば、この方についてもう一度、再認識しておかなければと おもい、今日は、コチラの本を 待っています 。単純なわたし (笑)わたしが、最後に観た蜷川さんの舞台は、「 オセロー 」でしたので、それ以来…かしら、ね?まだ、読んでいませんけれど、タイトルだけで既に、共感してしまっています [続きを読む]
  • 芝居人生が報われた日〜「演出家として」version
  • 今日から、12月。わたしとしては、とても 嬉しいスタート となりました。昨日、書いた 実現していく わたしの中の、一つが 直ぐ、カタチになった。日本演出者協会からの 報せが 届きました。理事会に通り、正式に演出家 として 認められました。私的には、12年前に 「 夏の夜の夢」で、初演出デビュー、主演パック役 を 演っていましたけれど、今回の理事会の為に 提出したものは、わたしのこれまでの 芝居人生すべて。今までの苦 [続きを読む]
  • [ 劇団NAC ]とわたしの 在り方
  • [ 今後の わたしにとっての 劇団NACとは ]世界でも 知られている 芥川龍之介の作品「 藪の中」NHK出身の津川先生 演出の作品に復帰した後、そこで、出逢った有志を率いて、わたしの 恩師である脚本、演出家 柏倉敏之先生に 演出をお願いし 2002年に旗揚げしました。恩師は、モスクワわが愛」(1974年)を小説化。映画では主演、栗原小巻。テレビドラマ「太陽にほえろ!」(1975年)主演、石原裕次郎、雷竜太などの脚本を [続きを読む]
  • 「 自然体で活きる」を 具体化 、実現 する わたし
  • 今日で、今月も終わり、今年も 一ヶ月。ブログについては、? おしらせ ? 記事に 書いたように、わたしの諸事情で させて頂いています。カテゴリー 「 わたしの創り方 」をさらに、テーマ分けをする予定です。中には、「 好きな俳優 ノーマン・リーダス」なんていうのも 特記しました。ええ、生存されている 俳優で 大好きなのは、ノーマン・リーダス だけですから(笑)(笑)プライバシー的に言うと、尊敬し 愛しい俳優さんい [続きを読む]
  • ? おしらせ ?
  • おはようございます!今月も、今日で終わり。あと、今年も 一ヶ月。てなわけで、わたしの事情により 、一部 ブログをまとめるので、ときに、過去記事を ランダムに 一日に数部づつ 、再投稿を 致します。※ 日記以外※NEW記事は、いつもの時間にアップします。たぶん(笑)なので、既読の方 や 通知設定の方々は、気にしないで くださいねっ!どうぞよろしくお願いします?柴崎紀美 [続きを読む]
  • 「 自然体 で アンニュイな わたし」にも チャレンジ
  • アメブロさん。公式ジャンル 当てはまるものがなくなっちゃった。別にいいけど。どうしてか、芸術ジャンルが無いのね。誰かも書いてたけど。趣味的な「鑑賞」は、あっても 「創作側」が 無いみたいな。とはいえ、ブログは 作品の発表の場 ではないので、いいんですけれども、ねッ*?*―――――*?*―――――「 趣味 」… わたしの場合、趣味は?と訊かれると 困るときが あります。例えば、舞台や映画、音楽鑑賞にしても、読 [続きを読む]
  • [続] 検証されてみた & 突き抜けてる わたし
  • 昨日はね、Facebook にも つぶやいたんですけれども。ええ、同じことを 。太地喜和子さん (笑)そうしたら、わたしの 内面的なことを視て 言ってくださっていることに 嬉しくおもいました。以前は、わたし 自分でも ブログで 言っては いましたけれど、ね?(笑)そんな竹を割ったような人間に ついてあらためて ググってみました。? 物事の判断と決断の両方が速い?自分の軸を持っていてブレにくい?裏の顔がない?度胸がある [続きを読む]
  • 自然体 な わたしを 検証してみた 〜画像あり
  • 今日もね、パソコンの原稿用紙を開いてみてもわたしは、フリーズ。ええ、パソコンではなく わたしがフリーズ(笑)今回の執筆の課題、テーマが 重い というのもあって。書くことは、決めているんですけれど、まさに、血肉を削る思いで書くので 勢いも 必要なんです。まぁ、そのうちに 一気に書くとおもいます(笑)*?*―――――*?*―――――てなわけで、気分を変えて、リブログに書いたことを あらためて 検証してみました。 [続きを読む]
  • 今も昔も 「 実直 」な わたしが 通りますよ
  • 今は、まず、12月4日に提出する執筆の課題をやっています。課題にしても、執筆にしても 、自分の血肉を削って書くわけですから、ある意味、芝居と とても似ています。俳優は、自分の醜さを表現出来て 一人前。格好つけるな。わたしの 恩師の教え。そのダメだしから、わたしは自然体で活きる活きる上においても、芝居においても、これが自分のモットーになりました。演出においても。あとは、そうですね。わたしは、真っ直ぐだ と [続きを読む]
  • 恩師からみた「 オンナ座長 」だったわたしの話し
  • 突然、始まった 「人間観察」シリーズ(笑)シリーズ化するのかは、わかりませんけれども。いいえ、役者にとっては、突然な事ではなく、人間観察は 必須です。わたしは、電車などに 乗ったときには、スマホは見ずに、人間観察をするのが 好きなんです。出来れば、サングラス着用が いいですね。て、余計に 怪しいかしら、ね?(笑)てな感じで、コチラ、*?*―――――*?*―――――??夫から突きつけられた難問を、愛と知恵と [続きを読む]
  • 筆休み? 人間観察 〜 「 計算高いオンナ」
  • 自分に対してメリットがあるかどうかのただそれだけで、態度を変える計算高いオンナ。「この人と一緒にいれば、自分は守られる」そう判断すれば、相手がどんなに性格が悪くてもお構いなし。自分 の正義は、計算で変わるのです。異性に対してもモテるとかモテないではなく、落とせるのか?落とす意味がある男性なのかを重要視しています。あくまでも自分が最優先。その為の手段は、選びません。且つ、とても巧妙。損をしない生き方 [続きを読む]
  • 女優、演出家、著者 として 活きるために、
  • ??(微笑)昨日の著者さんの本が届き、一気読みしてしまいました。わたし自身での用事( 著者としての宿題) は、紀伊国屋 にあったんですけれど、ほんとうなら 1月のプロデューサーと会うまでに。ですが、あっさりと 行かずに 済んでしまいました。何故だかも いまは、秘密です。そんな中、今日は、まったりと 、Facebook で、ちょっかいを出したり して、筆休み してみたり(笑)来月、わたしが 観にいく、お世話になっている、 [続きを読む]
  • 絶妙なタイミングとの出逢い と キーパーソン
  • 今はまだ、詳しくは 書きませんけれども、出版記念パーティーをされた方と ふとした タイミングで 、出逢いました。本 は、明日 届きます。楽しみッ!演劇人 では、ありませんけれど。まるで、キーパーソン的な。タイミング というもの。わたしは、この 絶妙なタイミング というものによく、出逢います。ほんとうに よいところで。人にしても、物事にしても。アンテナを拡げようとして、広げているわけではなく。アンテナ という [続きを読む]
  • 自分らしさ の追及 と わたしの コンセプト
  • 「 自分らしさ 」とは、自分にしかもっていないこと。夢や目標、想い、こだわり、好き嫌い、経験、実績…など。例え話などを 自分の経験に 例えてみる。そういう人が、このことについて 話す ( 書く)から 価値がある。出版社から 言われたことです。こう言われる前に、わたしは 既に やっていました。これは、ブログについても、芝居についても同じことです。「 書く」ことについては、技術を学んで 活きたいと おもいます。芝 [続きを読む]
  • 等身大 & 自然体 の わたしを活きる為に
  • あなたはだんだんきれいになるをんなが附属品をだんだん棄てるとどうしてこんなにきれいになるのか年で洗はれたあなたのからだは無辺際を飛ぶ天の金属[ 「智恵子抄」(高村光太郎) より ]恩師が 書いてくださった 「 智恵子抄 」で、わたしは 着物を着る予定でした。台本の、たった一つのフレーズの詩だけを とってみても 女優として 人としての内面も 磨きを 掛けなければいけない 脚本です。俳優とは、人生を活きること過去記 [続きを読む]