医学部予備校ポッシブル さん プロフィール

  •  
医学部予備校ポッシブルさん: 医学部受験専門予備校ポッシブルのblog
ハンドル名医学部予備校ポッシブル さん
ブログタイトル医学部受験専門予備校ポッシブルのblog
ブログURLhttp://possiblemedi.blogspot.jp/
サイト紹介文東京 渋谷|私立医学部受験専門予備校ポッシブルのBlog。医学部入試情報や入試解説など更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/02/05 01:02

医学部予備校ポッシブル さんのブログ記事

  • 日本医科大学ー学納金引下げ
  • 書こうと思っていながら遅くなってしまいましたが、平成29年7月に日本医科大学が平成30年度入学者の学納金を大幅に下げると発表がありました。詳しくは日本医科大学ホームページへ数年前、帝京大学が学費を下げ、とんでもない受験倍率になりましたね。さて、本年度の日本医科大学入試はどうなるでしょうか。。。日本医科大学の入試日程前期試験出願受付:平成29年12月18日〜平成30年1月15日1次試験:平成30年1月22日2次試験:平 [続きを読む]
  • 小論文ー中塚講師 著 書籍紹介
  • ご無沙汰しております。しばらくblogを更新していない間に9月になっておりました。早いもので、2017年もあと3ヶ月ですね。年々、あと言う間に過ぎ去っていくような気がします。さてさて、ポッシブルでも小論文の授業をお願いしております、中塚先生が書籍を執筆し出版されたということで、早速ご紹介させていただきます。採点者の心をつかむ 合格する小論文かんき出版 発行受験生が疑問に思っていることをスッキリ解決し、採点者 [続きを読む]
  • 開講
  • 4月17日に1学期を開講しました。これから残り、10ヶ月、ほぼノンストップです。今年の悔しさを胸に潜め、新たな気持ちで頑張りましょう。医学部予備校ポッシブル読んだら押してください。 [続きを読む]
  • 最近のでき事。
  • 先日、ポッシブル1年目の時の生徒さんが遊びにきてくれました。大学の試験の際、ふと、ポッシブルでのことを思い出してくれたそうで、メールをくれました。私たちも、元気かな。どうしてるかな。と話していたところで、以心伝心かなと、嬉しかったです。予備校は、卒業していった生徒さんにとって、辛かった受験生活を過ごした場所で、少なくても楽しかった記憶よりも、大変だった記憶の方が多い場所でしょう。でも、こうして、時 [続きを読む]
  • 新年度に向けて・添削指導もしております。
  • 3月も半ばに入りました。ほとんどの予備校で、4月の中旬から前期の授業が始まると思います。授業が始まったら自分の在籍する予備校のカリキュラムを信じて教材の予習復習に全力を傾けてほしいと思います。あと1ヶ月間にやるべきことについて話してみます。数学については、難関校を受験する学生も「入試の基礎の確認」をしておきましょう。難しい問題ではなくて基礎の問題です。昨年用いた問題集を解き直してもらいたいです。あと [続きを読む]
  • 昭和大学医学部Ⅱ期入試数学をふりかえって
  • 試験時間は、英語と数学合わせて140分です。Ⅰ期同様に英語をある程度早く終わらせないとキツイ問題設定でした。①小問集合確率(1)条件付き確率を与えてそれぞれの確率を求める難易度:3つの設問すべて基本ベクトル(2)始点をOにとり、2次関数の平方完成の要領で解けます難易度:標準②複素数(1)5乗して、係数比較。因数分解が少し煩雑です難易度:標準(2)(1)の因数分解ができていれば解けますが扱いに慣れていないとキツイかもし [続きを読む]
  • 日本医科大学後期入試数学をふりかえって
  • 前期同様に5題の出題でした。90分で解くのですが、前期より厳しい試験だった気がします。①小問集合(必要十分がテーマ)問(1)2次不等式と書いてないので、a=0のときも考える難易度:基本問(2)平面幾何に関する出題難易度:基本問(3)2次方程式と整数に関する出題難易度:標準問(4)対偶をとると見やすい難易度:標準②図形と式(領域、包含関係)Xについてすべて直線と考えて三直線の交点を求める。その交点をA,B,Cとおいて考える。 [続きを読む]
  • 本年度の医学部入試、数学の解説します!
  • ポッシブルでは、入塾説明会と体験授業を実施しております。明日から、体験授業も開始いたします。もう1年頑張る。と決意した受験生が、次の授業が開始するまでの間の時間を有効に使っていただきたいと思っております。とはいえ、何をすればいいのだろうか。と思う受験生も多いことでしょう。ポッシブルの体験授業では2017年の体験授業では、数学の本年度の医学部入試の解説を行います。今年度の問題なんて「もう見たくない...」 [続きを読む]
  • 金沢医科大学入試数学をふりかえって
  • ①確率(1)重なるのは、大きいサイコロE、中のサイコロEまたは、大きいサイコロJ、中のサイコロJのときである。難易度:基本(2)(大、中)=(A,J)、(J,I)、(D,E)、(E,F)、(J,E)、(E,J)のとき。難易度:基本(3)最大の距離はBG、CHのとき。難易度:基本(4)三角形が存在しないのは3点が一直線上にあるときである。難易度:標準②数列等差数列になるとき、K=22項間漸化式の基本が出題された。いずれも基本的な問題であ [続きを読む]
  • 日大医学部入試数学をふりかえって
  • 日大医学部入試数学をふりかえって去年に引き続き75分で5題の出題。①小問集合(1)解と係数の関係、対称式難易度:基本(2)連立方程式難易度:基本(3)三角比難易度:基本(4)図形と方程式2直線の交点をもう1つの直線が通ればよい。難易度:基本②小問集合(1)場合の数難易度:前半は基本、後半は標準(2)三角関数sin、cosの対称式の扱い難易度:基本(3)指数方程式置き換えて2次方程式に帰着する難易度:基本(4)数列3項間漸化式です [続きを読む]
  • 日本医科大数学・慈恵英語解説公開
  • 【お知らせ】日本医科大数学・慈恵英語解説 を公開いたしました。遅くなってしまいました。先生方が頑張っていただいているのですが、私どもの編集が追いつかず… 。試行錯誤しながら映像編集を行なっていますが、なかなか難しい!今回、UPした動画は、慈恵医大のⅠ問目、難易度の高い対話問題でしたね。こちらをポッシブル英語科の仲野先生に解説していただきました。先生のバッチリな解説で編集の下手さはカバーしていただいてい [続きを読む]
  • 昭和大学医学部 Ⅰ期 入試数学を振り返って
  • 昭和大学医学部入試Ⅰ期 数学① 小問集合(1) 複素数と数列(1-1) 等比数列の和を利用。難易度:基本問題(1-2) (1-1)を利用して、ξ のn乗が1であることに注意して、実部と虚部を比較。難易度:標準(2) ベクトル題意をきちんと掴む。ベクトルbの, ベクトル a への正射影ベクトルを求めればよい。難易度:基本(3)逆関数xについて解けば良い。難易度:基本② 確率(1) Mn :「n回後の損益額の最大値」と理解すればよい。難易 [続きを読む]
  • 埼玉医大後期試験数学をふりかえって
  • 埼玉医大後期試験数学試験時間60分穴埋め形式①小問集合(1)場合の数(標準問題)(2)ベクトルと図形面積比が、与えられているから穴埋めなので私立医学部数学ワンポイントチェックで話した式を使えばすぐに解けます(基本問題)Youtubeにて公開中です。webサイトの映像授業から見れますよ。後半のcosの値はやや面倒な計算(標準問題)(3)ベクトル(基本問題)( ? )垂直なので内積が0( ? )内積の定義と定理の式を合わせて分母子をtで [続きを読む]
  • 東京医大入試数学をふりかえって
  • 東京医大入試数学をふりかえって昨年は、60分4題で、すべて穴埋め形式でしたが、2017年度は5題で記述(図示問題)が出題されました。①小問集合(1)角の二等分線の作り方として単位ベクトルを利用が有効かも【基本問題】(2)X=α, βで関数の値が0になる関数全体は常に0以上ということはX−αやX−βを因数に持つのではなくてそれぞれの2乗を因数にもつ。あとは係数比較【基本問題】②小問集合(1)ベクトルの大きさを2乗して求め [続きを読む]
  • 慈恵医大入試 数学をふりかえって
  • Ⅰ.穴埋め形式(1)サイコロを3つ投げる確率の問題(基本問題)(2)まず、辺BCはtanを用いる。これは基本問題です。次に、内心から辺ABに下した垂線の足をHとし、AH=Xとおいて面積を2通りに表してXを求める。そうすれば面積は求まる。Ⅱ.絶対値のついた積分(標準問題)(1) eとmXとXとの大小関係を考えて場合分けをして絶対値を外して積分する。最小値をとるときの値がe/mとeの間に存在することを記述するのを忘れないように。(2)グラ [続きを読む]
  • 東海大学医学部 第2日
  • 東海大学医学部入試 数学 2日目すべて穴埋め形式で70分の問題でした①小問集合(1)数学Ⅲの極限(基本問題)X=−tと置くと簡単です。(2)場合の数数え間違えないようしよう(基本問題)(3)tanの加法定理(基本問題)(4)整数2数の最大公約数(基本問題)(5)整数平行移動して考えればいい(標準問題)(6)数学Ⅲ微積分学の基本定理を用いる問題(標準問題)(7)複素数αの逆数を計算する(基本問題)②ベクトル(基本問題)(1)ABの大きさを2乗すれば求 [続きを読む]
  • ポッシブルよりお知らせとブログ
  • 先日、英語と生物の先生とミーティングを行いました。生徒さんのことポッシブルのことを本当に大事に思ってくださる先生方には本当に感謝ですね。ポッシブルの講師陣、やっぱりすごいです。さてさて、2月よりポッシブル説明会を実施いたします。詳細はwebにて公開中ですので、受験生は見てみてください。https://t.co/h9a1yM70nTまた、塾長はじめ、講師陣による医学部受験相談は随時行っています。不安なことや、これからのことを [続きを読む]
  • 東海大学医学部入試数学をふりかえって(第1日)
  • 東海大学医学部入試数学をふりかえって(第1日)①小問集合(1)小数部分(基本問題)(2)2次関数の最小値(基本問題)(3)約数の総和(基本問題)(4)置換積分法(基本問題)(5)ベクトルの大きさ(基本問題)(6)平面幾何方、べきの定理(基本問題)(7)二項定理とその応用(やや難しい)(2n+1)!をかけることに気づけば解けますが難しいです。(8)放物線の平行移動を伴う準線(標準問題)②確率(1)2問とも余事象の利用(基本問題)(2)( ? )具体的な値の計 [続きを読む]
  • 東北医科薬科大学医学部入試数学をふりかえって
  • 東北医科薬科大学医学部入試数学すべて穴埋め形式Ⅰ 数列とその応用(1)等差数列の和を求める(基本問題)(2)XのK−2乗の項の係数(標準問題)→(X+a)(X+b)(X+c)などを展開して実験してみると仕組みが分かります。穴埋めなのでそれで解けばいいですよね。(3)関数の差をとって、XのK−2乗の項の係数を求める問題です。(やや難しい)これも実際に調べてみると規則が見えてくるのですが…難しいです。Ⅱ 三角比などの基本問題(1)余弦定 [続きを読む]
  • 東京女子医科大学数学入試を振り返って
  • 2017年 東京女子医科大学数学①2つの放物線で囲まれた部分の面積 6分の公式を使って面積は簡単に求まります。その面積の最大値について分数関数の微分になりますが、アッサリと増減表が書けますので、解きたい問題です。②3次方程式の解と係数の関係を用いて解く(2)のα, βを消去するときに注意しましょう。消去するときには、消去する文字に条件あれば残される文字に条件残すことを忘れないように。③ 整数解に関する問題 [続きを読む]
  • 東邦大学医学部数学入試を振り返って
  • 東邦大学医学部数学入試を振り返って① 三角比(基本)② 部分分数分解と積分(基本)③ 指数・対数関数と分数関数の微分法(標準)ワンポイント解説あります。映像授業ページをご覧下さい!④ 極方程式(標準)x= rcosθ , y=rsinθ とおいて解く⑤ 数学Ⅱ の微分法(基本) 4次関数⑥ ベクトル(標準) 重心の大きさをとると内積が求められて三角形の面積公式から面積が求められる。⑦ データの整理(やや難しい)⑧三角比(基本) 余弦 [続きを読む]
  • 2017年日本医科大学入試数学を振り返って
  • 日本医科大学入試数学を振り返って①分数漸化式(基本問題)逆数取れば解けます。部分分数分解と極限が出題されました。②複素数(標準問題)ドモアブルの定理Zの6乗とZとの差、Zの5乗とZの2乗との差、Zの3乗とZの4乗との差これらを用いて解きます。③数学Ⅲ(やや難しい)積分できない関数の対処について。近いうちにワンポイント解説をポッシブルwebサイトに公開します。④確率(基本問題)是非解きたいです。⑤数学Ⅲ問1 余弦定理問2 [続きを読む]
  • 2017年 杏林大学医学部数学入試
  • 2017年 杏林大学医学部数学入試を振り返って①昔からある確率の問題(a)ア〜クを解きたい。ケは時間的に…(b)コサは解いて、シスは厳しい。(c)後回しにして時間があれば戻ろう。②空間ベクトルと軌跡内容的には標準問題です。ぜひ解きたい。ワンポイント解説あります。③数学Ⅲ三角関数の極限の標準問題です。(1)これは解きたい。(2) α−2が分母にあるから、和積変換してα−2を作ることに気付ければ解けるよね。気付かないと解 [続きを読む]