四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』 さん プロフィール

  •  
四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』さん: 四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』
ハンドル名四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』 さん
ブログタイトル四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』
ブログURLhttp://pass4south.seesaa.net/
サイト紹介文四日市・四日市南高校を本気で目指す生徒のための受験専門塾です。
自由文意欲ある生徒たちは、多くの興味を持ち、知識を得ようとしています。
最終的に自分の力で考え、答えを出すのは本人であることは間違いのない事実ですが、疑問に対して納得のできる答えを提供できる空間を作りたい。
その思いが、四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』を創りました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/02/05 11:08

四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』 さんのブログ記事

  • 2018年度四日市ゼミ「冬期講習」ご案内
  • 2018年度「四日市ゼミ」冬期講習ご案内世の中が、世界に向けて動き出している今この時、有り余る知識と、広い視野をもって、自らで羽ばたく力が求められています。 社会とつながり、夢のある人生を切り開くために、使える知識と、渡り合える常識を培っておく必要があります。 大学受験が変わる今、高校受験でも求められてくる、単なる知識の積み重ねだけでは埋められない、伝える力や説明できる力をこの夏の有り余る時間の中で確 [続きを読む]
  • 「スタディ」と「ラーン」から読み取る。
  • 全く県すら違う遠くの人から、子供さんの勉強に関しての質問を受けました。こちらからはアドバイスだけを与える状態だったので、逆にいろいろ掘り下げて、その生徒さんの状況や、通っている塾などの情報をもらって感じたことがあります。どうも「勉強をする」ことに重点を置いている感覚があるような気がしたのです。「スタディ(study)」と「ラーン(learn)」の違いってしていますか。“Study”は、本や教材、または学校の授業など [続きを読む]
  • 自分に役に立つと確信できればやる気は格段に上がる
  • 学生のころには、強制されて半ば嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、大人になって、情報や知識の収集に喜びを感じる人が多くいます。今の生徒たちが、自ら喜んで学んでいるわけではないことは、過去を遡ると、自分とシンクロする部分もあるのではないでしょうか。では、なぜ大人になって学びを深めようと、セミナーや教室に出向くのか。自分が向かう先、やりたいことを得るために必要なことであれば、人は自ら知識の習得へと進んで [続きを読む]
  • すんなり入ることの危険性を考える
  • 学校の勉強についていけないわけではなく、授業もしっかり理解できる。それなのに、思った以上に点数が取れない。復習をしてもまずまずの感触がある。まずまずの点数を取れているけど、もっと取れるはずだとも思う。自分の本来の取れるはずの点数とのギャップを感じる人は多いと思います。最初、実際に点数と理解度の差を感じることはこちら側から見てもよくあります。かなりの点数をたたき出す人でさえ、後で気づくミスもあるよう [続きを読む]
  • 勉強を入れ込んでいるという快感を持つ
  • ご相談をいただくときに、「受験専門塾ということで、高校名を見ると、レベルが高い生徒でなくては受けてもらえないのかと思った。」というお話を聞きます。いえいえそうではありません。勉強の仕方や、時間的に取り組むことがなかった人のほうが、説明に対してとても真剣に聞いてくれるので、理解度も進み、本人もわかることでやる気も出るので、ここへ来たからよかったと感じてくれることで、実感を味わってくれています。理解度 [続きを読む]
  • 使える勉強内容入れ込み方法
  • 全体的に今までの復習とこれからの予習を効果的にできるこの時期によく感じることは、学年によってのキャラの違いです。 一つの学校のみに焦点を当てていた時には特に感じていたのですが、その学校のみで学年ごとに出来上がったものなのかと思っていたのですが、最近それぞれ違う学校の生徒さんと関わる機会が多くなってきても同じように性格的な部分に学年ごとに似通ったところがあるように感じています。 今年の受験生は、おっ [続きを読む]
  • 夏を謳歌するために、もう一つの挑戦を!
  • かなり厳しい猛暑が続く中、台風まで到来して7月が過ぎようとしています。今回の夏期講習は、単科講習希望者にフォーカスしているような気がします。あえて意図してきた部分でもあるのですが、苦手教科を徹底的に攻略すること。時間的にも、負担のない状態で選択できるらしく、とても集中してくれています。自分が苦手な部分を確実にとらえられることは、重要です。まだまだこれから8月。もし、現在の勉強に不安があったり、もう少 [続きを読む]
  • 受験生を持つお家の方への電子書籍出版のご案内
  • 台風が次々とやってきて、雨続きの毎日ですが、テスト結果も気になるところです。先日もテスト結果の問題に対して、納得がいかないという生徒の答えを確認していると、問題の読み取りミスが発覚しました。よくミスをするパターンで、設問がかなり前にあって、その部分だけで解こうと悩んでしまう人もいます。そこはクリアして、やっていることは全く正しいにもかかわらず、わかっているからこその解けた満足感と思い込みで答えを出 [続きを読む]
  • 点数は、相手へ伝えられる力の証明書。(夏期講習で力を付ける)
  • とてもよくわかっていると感じられる人の中にも、テストで思った以上の点数にならないことは多くあります。実際ならば点数が取れていたと、勝手に納得して毎回同じようなミスをする人も多いのではないでしょうか。お家の方や、指導する側においても、「本当なら、もっと取れていた。」と指摘をすると、実際は取れていないにもかかわらず、自分はもっと上に行けたと変な自信を持つ人もいるようです。それは、一緒に授業を受けて、同 [続きを読む]
  • 今の勉強が導くもの(夏期講習へのお誘い)
  • 大学受験の様相が変わってきています。間違いなく英語が話せなければ社会に出て支障をきたすぐらいの認識は必要な今。少子高齢化にも伴い、閣議で外国人に新在留資格を設け、労働者受け入れ拡大に取り組んでいます。今や、就業者の50人に一人が外国人だそうです。私たちの意識も世界感覚を身に着けていく必要があります。目の前の問題を解くことを目標にして、点数を上げ、成績を上げて、志望校での高校生活を夢見ることが決して悪 [続きを読む]
  • 1学期の中間テスト結果から受験を考える。
  • 四日市近辺の中学校では、今年度の最初の定期テストである1学期中間テストがすでに行われて結果が出た学校と、今まさにテストが終わったところという学校もあります。中学最初のテストという生徒は当然、初めての経験ではありますから、中学のテストを知ることになります。全学年の学年末と比べると、少し安堵する状態かと思われますが、誰もが取れている状態であることも十分承知している必要があります。テスト前に徹底的にテス [続きを読む]
  • なりたい自分になるために
  • 美容院へ行ってきました。学生の頃は特に、行き当たりばったりで入った美容院でカットをしてもらって、思ったよりも短くなったり、なかなか思うよう雰囲気にならなくても、そんなものだろうし、そうそう完璧に満足するところなんでないんだろう、仕方がないかとあきらめていました。美容院の人も笑い話で、「こんな風にしてください。」と、タレントの写真をもってきてもらっても、元が違うから無理でしょう、なんていうことがある [続きを読む]
  • 英語が、当たり前にもう一つの言語として成立するために。
  • 英語は、発音ができること。初めに単語が読めて書けることのルールがわかること。それから変化形や文法の並びを入れ込みます。小さいころから、英会話を習ってきた人は、それが英語と考えた場合には、確かにかなりの強みにはなります。ただし、日本語なら全員と言っていいほど、文章も読めるし、普通に書ける人たちも、文法になると、漢字になると、はたまた古典に至っては、なかなか思うようには理解できない人もいるように、会話 [続きを読む]
  • 英語が、当たり前にもう一つの言語として成立するために。
  • 英語は、発音ができること。初めに単語が読めて書けることのルールがわかること。それから変化形や文法の並びを入れ込みます。小さいころから、英会話を習ってきた人は、それが英語と考えた場合には、確かにかなりの強みにはなります。ただし、日本語なら全員と言っていいほど、文章も読めるし、普通に書ける人たちも、文法になると、漢字になると、はたまた古典に至っては、なかなか思うようには理解できない人もいるように、会話 [続きを読む]
  • 全ての理解は国語に通ずる。
  • 新しい始まりの時期、学校もクラス替えや行事で、落ち着かない時期のようにも思われます。新入生は特に、違う学校からの見知らぬ友達や、慣れないクラブ活動に追いまくられる毎日かもしれません。受験結果を確認する時にいつも思うことは、入れ込んでいる知識だけではなく、伝える力だと。実際に勉強とは、将来自分がかかわっていく社会で使える力であって、どれだけ知識が豊富でも、自分の中にため込んでいるだけでは何も起こらな [続きを読む]
  • 祝!合格  【 桜咲≪kaika≫ 第31号 】
  • 車を運転していると、急に桜が目に飛び込んでくる光景となりました。新しい始まりの季節です。桜のように全く気付かずに一気に花開いて驚く状態は、学校生活でも現れます。中学校はまだまだ親切に小学校の復習や、中学のとっかかりを丁寧に進めていきますが、高校生になると一気にすべて理解しているととらえて、恐ろしい早さで進んでいくところも見られます。十分対応できる人はいいのですが、全くわからないうちに進んでしまう人 [続きを読む]
  • これからの勉強観
  • 新しい学年が始まるこの時期。どこが苦手なのか、原因はどこなのか、考えてみるのも必要かもしれません。とても熱心に問題に取り組む人の中にも、あまり苦労せずともすらすらと入る人と、じっくりと取り組んで入れ込む人がいます。すらすらと入る人の中には、自分の中で理解できていても、人に伝えるときには、説明ができない人もいます。また、最初はなかなか入り込みにくくても、じっくりと入れ込んで、応用が利く人もいます。い [続きを読む]
  • 三重県公立後期受験結果発表2018
  • 本日合格発表の日。四日市高校 合格四日市南高校 合格川越高校(国際文理コース)合格川越高校 合格四日市西高校(数理・比歴コース)合格前期合格者川越高校(国際文理コース)と合わせて、川越高校国際文理に3名合格です。時間も場所も違う生徒たちもいるので、後でお互いが同じ先生の指導だと気づくことがあるかもしれませんが。おめでとうございます。高校でも次のステップへ向けて、突っ走っていきましょう。本当の目標は [続きを読む]
  • 受験から学ぶこと
  • 受験日から一日たちました。入学試験問題をやってみると、受験生へのいろんなことを思い出します。これと似通った問題は、あの時やったから大丈夫、などと思い起こしながら。生徒からも、「このイディオムは、塾でしつこく言われたから、間違わなかった。」という声が聞こえてきます。お家の人経由ですが。(皆さんなかなかシャイなので)自己採点も、まずまずのようです。居心地の悪い1週間ですが、今さっぱりとした気分であれば [続きを読む]
  • 祝!卒業  【 桜咲≪kaika≫ 第30号 】
  • 本日は卒業式。暖かい日の後に雨が降り、その後また晴れた風が強い日となり、花粉症の生徒には、辛い日が二日ほど続きました。今日は、せっかくの卒業式、雨降りなのは残念ですが、花粉は治まってくれています。花粉症も勉強にかなりのダメージがあります。目や鼻がぼんやりすると、頭の回転率も悪くなります。しっかり対策は必要だと感じます。毎年卒業式を一日置いて次の日が受験日ですが、今年は土曜日なので、ありがたいことに [続きを読む]
  • 鈴鹿高専合格発表
  • またまた、高校合格者が出ました。鈴鹿高専合格です。おめでとうございます。まだまだ、次の公立後期も目指す人たちもいます。前期合格者、私立高校への進学をすでに決めている生徒もいます。どうしても行きたいと思う高校であれば、いろんな選択肢、素晴らしいと考えます。望むものが高校で終わりではなく、次に続くものであること。合格のお手伝いをした高校生の中には、難関大学への推薦を決めている人もいます。社会へ出て活躍 [続きを読む]
  • 高校受験だけで終わらない知識づくり
  • 受験へのカウントダウンが聞こえてきそうなこの時期。着々と積み上げられてきた成果と、そこから引き出して導き出さなければならない問題に、答える正答率が、みるみる上がってきています。ある程度の知識もあり、評価されている人たちでも、間違えることもあるし、出来ていない部分も表れます。その時こちらがすぐ説明するのでなく、どうやってやったのか、どこで詰まっているのか、こちらが説明を求めます。するとなぜ間違ってし [続きを読む]
  • 三重県公立高校前期選抜合格発表
  • 公立高校前期選抜の結果が出ました。昨日お電話で早速、『合格しました!』の声を聴くことができました。川越高校国際文理コース、177名中40名という難関です。まずは、中学3年間の結果として、自分をほめてあげてください。おめでとうございます。でも、これからの1か月弱を死に物狂いで頑張る生徒たちと、次の高校3年間をともに切磋琢磨していかなくてはなりません。この1か月は、3年間のわずかな積み重ねを超えるかもしれません [続きを読む]
  • 合格結果から見える受験対応策
  • 私立の受験が終わりました。合格者発表(各高校により複数名)暁高校6年制暁高校Ⅱ類英進暁高校Ⅱ類進学鈴鹿高校6年制高田高校Ⅱ類名城高校津田学園高校特待奨学生選抜おめでとうございます。点数開示や、実際の問題用紙の筆記後から、本人たちの試行錯誤が見えてきます。マークシートの場合、正答が載っているのですから、かなりきわどい誤答もあるわけで、筆記試験とは違った難しさもあり、得意不得意も出てきます。すぐに前期選 [続きを読む]
  • 解けることが気持ちよくなる瞬間から、思考力が開花する
  • この時期、生徒たちが、勉強にのめり込む姿が見られます。もちろん受験だからというのは大前提ですが、問題を解くことにとても積極的になっているようで、ゲームをするような、クイズを解くような感覚で、問題を読み取り、どこかにとける工夫はないか、設問に解くカギがあるのではないかと、真剣に問題に向かっていくのです。本来勉強というのは、一つ一つの問題すべてに説明を入れて理解してその問題だけに正解を出すのでなく、、 [続きを読む]