すまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便り さん プロフィール

  •  
すまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便りさん: すまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便り
ハンドル名すまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便り さん
ブログタイトルすまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便り
ブログURLhttps://ameblo.jp/lonblog/
サイト紹介文インテリアのサイト『すまレピ』のロンドン特派員による、イギリス・ロンドンの情報満載のブログです。
自由文インテリアコーディネートや間取りなどの情報満載のサイト『すまレピ』のイギリス・ロンドン特派員によるブログです。現地での暮らしやデザインのことなどを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/02/05 18:16

すまいのレシピ『すまレピ』 ロンドン便り さんのブログ記事

  • チーズショップ La Fromagerie
  • マリルボーンにあるチーズショップ、La Fromagerie。 農場直送のフレッシュなチーズが並びますが、中にはデリやイートインスペースもあります。 明るい日差しの入る部屋で、ランチを待つマダム達。このスペースで美味しいチーズとワインのテイスティングも出来ますよ。 秋の味覚を探していたら、いがぐりや色とりどりのカボチャが並んでいました。イギリスでも栗は見かけますが、いがに包まれているままの状態のものはなかな [続きを読む]
  • Petersham Nurseriesがコベントガーデンにオープン。
  • 待ちに待った、Petersham Nurseries (ピーターシャムナーサリーズ)がコベントガーデンに2店舗目をオープンしました。 本店はロンドン南西部、テムズ川沿いにある可愛い街リッチモンドにあります。Nursery ( 園芸店)なのですが、ガーデンショップのみにとどまらず、店内にはミシュラン星が付く程のレストランや、上品でセンスの良いインテリアグッズを販売していたりと、ガーデニングに興味が無くても楽しめる素敵なお店です。 [続きを読む]
  • イギリスの夏のデザート イートンメス
  • イギリスの夏のスーパーでは、「イチゴ、クリーム、シャンパン」とセットになっている棚を良く見かけます。 冷やしたシャンパンを飲みながら、イチゴに生クリームをかけたデザートを頂きます。ウィンブルドンの中継など、観客席で食べてるのをご覧になった方もいるのではないでしょうか。 今日は息子のお友達が食事に遊びに来たので、食後にイチゴを使ったデザートを。 材料はこちら。イチゴ、生クリーム、メレンゲ.今日は美 [続きを読む]
  • ピクニックシーズン
  • ウィンブルドンも始まり、イギリスの初夏はピクニックと共に始まります。 フォートナム&メイソンの地下、食料品売り場に行くと、ピクニック用の飲み物や、既に保冷バッグにセットされたスナックやおつまみセットが売り出されていました。 もっと本格的に楽しもうと思うと、写真のようなバスケットにセットされたピクニックセットを持って行き、シャンパンやティー、オープンサンドイッチやサラダ、パイやなどをつまみながらの [続きを読む]
  • Topshop ブライダルコレクション
  • イギリスで人気のハイストリートブランド、トップショップがこの春からオリジナルデザインのウェディングコレクションの販売を始めました。 イギリスでもジューンブライドは人気で、6月は式場もすぐにいっぱいになってしまいますが、実は6月のイギリスの天気はとても不安定。イギリスらしくガーデンウェディングをプランする方も多いので、最近は7、8月のサマーウェディングも人気です。 ウェディングド [続きを読む]
  • Your House @ Selfridges
  • 平日でもとても賑わう、ボンドストリートにある百貨店セルフリッジズ。地下の一角に、鍵穴のあるブルーのドアと、ドアベルが下がっていました。鍵を渡されてドアを空けて中に入ると。。。 突然外の音が遮られ、静かな鳥の鳴き声の中でハーブティーを作っている女性達。 これはセルフリッジズ百貨店と、メイフェアにあるイギリスのモダンな伝統工芸品を扱うギャラリーショップ、ニュークラフツメンがコラボ [続きを読む]
  • ジョンルイスデパートで夏のインテリア
  • 天気が悪い日が多くても、5月に入ったら夏気分を盛り上げたい!そういう気持ちが影響するのか、この季節のインテリア売り場はとってもカラフルです。 蚊がいないので公園でのピクニックも快適です。可愛いグッズを揃えて夏を待ちます。 気温が上がるとペンキの乾きも早いので、DIY熱も上がります。色サンプルのティーポット。 ペンキ売り場の照明はペンキ缶でデコレーション。 シー [続きを読む]
  • そろそろイースターの準備。
  • 今年のイースター(復活祭)は4月16日。3月に入るとお店には多産の象徴となるウサギモチーフや、死と復活の象徴である卵の形のチョコレートが沢山並びます。 毎年この時期に可愛いデザインのチョコレートやお菓子が並ぶ、フォートナム&メイソン。 入り口ではカラフルな卵がお出迎え。 大きなにわとりや、ハンドメイドのお花の細工が施された、50センチ程ある卵は100ポンド以上しました。家族 [続きを読む]
  • ガラスの部屋
  • ちょっと調べたい事があって、平日の静かな時間にヴィクトリア&アルバート博物館へ行きました。 誰もいない大理石の階段は、少し怖くなってしまう程静かです。 工芸品の豊富なこの博物館の中でもお気に入りの「ガラスの部屋」。部屋のサインもガラスで出来ています。 お花も細かいガラス細工で出来たガラスのシャンデリア。 この部屋は階段までもガラスで出来ている凝りよう [続きを読む]
  • サボテン、盆栽、枝豆。。。
  • 最近ロンドンでも多肉植物やサボテンが人気で、ショップディスプレイでも良く見かけます。 大小様々なサボテンを棚に集めておくのも可愛いですね。 サボテンや多肉植物の良いところは、水やりにあまり気を使わなくて良いところですね。お水をあげすぎて根腐れしない様に気をつけなくてはいけませんが。。 あれ?これはサボテンじゃなくて、盆栽。「ミニチュア盆栽ツリーキット」と書いて [続きを読む]
  • イタリアンマーケット「Mercato Metropolitano」
  • 南東ロンドンにあるElephant & Castle (象と城という名前です。)に出来た、イタリアンマーケット「Mercato Metropolitano」に行って来ました。 イタリアのミラノ、トリノに続いて3軒目がロンドンにオープン。イタリアの食材を売る食品マーケットと、ピザ屋生パスタ、オイスターバー、コーヒーショップの屋台が建ち並ぶ野外スペースがあり、買った物をその場で楽しむ事が出来ます。 可愛い椅子に座って豊富 [続きを読む]
  • ギフト、インテリア展示会へ。
  • この日はお仕事でイギリス最大のギフトとインテリア関連の展示会「Spring Fair」を見に、ロンドンから北西へ特急で1時間ちょっとのところにあるバーミンガムへ。展示ホールが20個にも分かれているかなり大きな展示会でした。通路の端から端まで見て歩くのにも遠くて一苦労!シックな色合いが素敵なキャンドルのディスプレイや。。。自然派のナチュラルなディスプレイまで、各ブランドの見せ方も参考になります。千以上という出 [続きを読む]
  • ヘルシースナック
  • ロンドンの賑やかな交差点、オックスフォードサーカスのど真ん中。今日はとても目立つ緑のコートを着た人達が、何やら試供品を配っていました。「Veggie Protein Power」ベギープロテインパワーと書いてあるので、食べ物かな?と野次馬気分で近づいてみると。。配っていたのはお豆のヘルシースナックでした。最近良くスーパーで目にするヘルシースナックメーカー「graze」の新商品で、この一箱で3種のお豆のナチュラルプロテイン [続きを読む]
  • 手作りケールチップス
  • この日は光がとてもきれいな日でしたが、気温は氷点下。霜も降りてとても寒い日でした。 寒くなると体が冷えてしまい、スムージーなどで野菜や果物を摂取をする事が難しくなってしまいます。日本の様にお鍋に使える葉野菜の種類が多いわけではないので、ビタミンも十分取れていないような気がしてしまいます。。 そこで最近はまっているのが、お家で作るケールチップスです。 ケールはビタミンA,C,Eや食物繊 [続きを読む]
  • ガイフォークスナイト
  • イギリスの子供達はハロウィンが終わると、11月5日の冬の花火大会「ガイフォークスナイト(Guy Fawkes Night)」を楽しみに待ちます。ガイフォークスとは1605年に国会議事堂爆破を企てたカトリック教徒で、11月5日に計画がばれて爆破計画は未遂に終わり、ガイフォークスは逮捕されました。この未遂事件を祝う花火大会なのですが、ガイの人形を燃やしたり火を眺めて暖を取り。。。(殺人未遂犯とは言え、ちょっと残酷なのですが。 [続きを読む]
  • 新しい5ポンド札
  • 手元にやって来た新しい5ポンド札。 9月13日から一般に出回る様になった新5ポンド札です。サイズは今までより一回り小さくてコンパクト。裏は新しいデザインで、ウィンストン?チャーチルが印刷されています。 この新5ポンド札の売りはポリマー製で今までの紙製よりも2.5倍も丈夫で、水や汚れに強い事だそうです。ポケットに入れたまま洗濯してしまっても、乾かせばボロボロにならずに使えます。ただ [続きを読む]
  • ジョージアオキーフ展@テート・モダン
  • 青い空にそびえ立つレンガの煙突。テートモダンにやって来ました。今日は20世紀のアメリカを代表する女性アーティスト、ジョージアオキーフ展が目的です。ロンドンで100点以上のオキーフの作品が一気に観る事が出来るという事で、7月にオープンした時は大きな話題となりとても混雑していたようです。今は少し落ち着いたかな?と思ったのですが、まだまだとても混んでいました。代表作でもある花のクロースアップ、動物の骨 [続きを読む]
  • イギリス果物事情
  • イギリスは物価が高いと良く言われますが、私が日本と比べてイギリスの方が安いと思うものに、果物があります。シーズンにもよりますが、リンゴは袋に6個入って2ポンド(約270円)ぐらい。サイズは日本のリンゴより小さいですがそれでもかなりお手頃です。そしてこの小さいサイズが、ちょっと小腹が空いた時のおやつなどに丁度いいのです。リンゴの種類が多いので、このスーパーでは「スイート」か「ジューシー」かで、種類分 [続きを読む]
  • ヴィクトリア&アルバート博物館「Elytra Filament Pavilion」
  • ロンドンでは珍しい30度を超えた夏日。お買い物の休憩にヴィクトリア&アルバート博物館へ行きました。中庭に座ってちょっと休憩と思ったら、沢山の子供達が水着持参で水遊びをしていました。(日陰はそれを見守る親達でいっぱいでした。。)休憩を兼ねて見たかったのはこのパビリオン。まるで蜘蛛の巣がくっつき合ったように見えるこのオブジェは、完全ロボット制御でカーボンファイバーを編み込んでいます。一見ランダムに見え [続きを読む]