真香 さん プロフィール

  •  
真香さん: 歌をしるべに 〜短歌で綴る迷い道〜
ハンドル名真香 さん
ブログタイトル歌をしるべに 〜短歌で綴る迷い道〜
ブログURLhttp://shinkatanka.blog.fc2.com/
サイト紹介文迷い道に入り込み右往左往する軌跡とか、痛みとか、時々は宝物も。 日々のあれこれを短歌で綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/02/05 18:58

真香 さんのブログ記事

  • 厄払い
  • 【体温と時間と愚痴を分け合って重荷が下りるわけじゃないけど】それでも多少は明るい色になれていたらいいな、と思う。せめてその時間だけでも。 [続きを読む]
  • 特別な夜も
  • 【背伸びして過ごした夜も君とならイチゴショートの甘さがすべて】たまにはちょっと気取って過ごす時間もいい。だけど結局、安心できるのはどこか覚えのある味と、君と。※いつも応援してくださるJuneさんが時々お書きになるショートストーリーが楽しみです。今回はこのお話を元に思い浮かんだ歌を。 [続きを読む]
  • bot
  • 【淋しさの滲む深夜に問いかける既読スルーのないAIに】SNSを使った宅配便のサービスを初めて利用した。あまりの便利さにAIも悪くないな、と思った。 [続きを読む]
  • 祈り
  • 【明日の朝どうかこのまま目覚めずに永遠(とわ)に眠っておれますように】などと願いながら眠りに就くことがある。しかし人生そう上手くはいかないものである。 [続きを読む]
  • 過去になる日
  • 【最高は最低になりいつの日か美しい過去となって沈む】思い出が胸をかき乱す間は未だ過去と言えない。時々取り出して懐かしく眺める宝物になる日までは。 [続きを読む]
  • 罪作りな手
  • 【ひび割れた器の訳を知っているその手で不燃ゴミの日に出す】器はあまり勝手に割れるということはなく、大抵、手から滑り落ちた結果。一応お礼を言ってから捨てるのだけれど、毎度胸がちくちくする。 [続きを読む]
  • 消したい
  • 【叶うなら出会わなかったことにしてデータを削除したい三人】たいていの感情は時が解決してくれるもの。だがそれが不可能なほど深い傷を残していった人たち。 [続きを読む]
  • 想起する味
  • 【パクチーをコリアンダーと呼んでみるカメムシからは遠い気がする】パクチーは嫌いではないがカメムシ味であることには同意する。英名で呼ぶと私の中ではたちまちカメムシ味っぽくないイメージに。 [続きを読む]
  • やんわりと
  • 【抱き止めてあげるからほら鮮やかに燃え尽きなさい力の限り】季節の終りの精一杯。お疲れ様、そして、ありがとう。(Instagramやってます→https://www.instagram.com/shinka_mt/?hl=ja) [続きを読む]
  • 食傷
  • 【炒飯のとびきり美味しい店だった流行りのあの具入れる前まで】素朴かつ沁み入る表現に惹かれていた、けれど。いま話題の素材と調理法にがっかり、そしてうんざり。 [続きを読む]
  • 師走
  • 【ぺらぺらと一枚だけが揺れている暦に尻を叩かれている】ずっしり重かったカレンダーも残すところあと一枚。いやがうえにも焦る、焦る。 [続きを読む]
  • 普段の顔で
  • 【白菜にざくりざくりと包丁を入れつつ思う昨日の秘事】何でもない顔をしていられるのは心を読まれることはないから。誰にでもひとつやふたつ、知られたくないことは、ある。 [続きを読む]
  • 廃物利用
  • 【とれとれのキャベツを包む文芸欄しっとり濡れたわたくしの歌】農協の直売所には野菜を包むための新聞が用意してある。投稿した自分の歌が載った新聞で野菜を包んで帰るその気分は、なんとなく複雑だ。 [続きを読む]
  • 幕開け
  • 【東雲は烏の音(ね)さえ静やかな序曲のように響かせる色】カラスの泣き声というのはやかましく感じるものだけれど。この時間だけはあの声さえも沁み渡るのはきっとこの空だから。(Instagramやってます→https://www.instagram.com/shinka_mt/?hl=ja) [続きを読む]
  • きれいごと
  • 【悪いのは君ではないし責任を取るとか格好つけるなよバカ】「責任を取る」なんて往々にして自己満足にすぎないものだ。そもそも責任の所在なんて大きな組織の中では曖昧なものだったりする。 [続きを読む]