hikarineko さん プロフィール

  •  
hikarinekoさん: まどろみの中で。。。
ハンドル名hikarineko さん
ブログタイトルまどろみの中で。。。
ブログURLhttp://madoromino.exblog.jp/
サイト紹介文心にうかぶ日々の想いをつたない言葉にしてみました。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/02/06 10:56

hikarineko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 若樹
  • 今日がお誕生日   16歳になる若き君へ。。。君はまだまどろみながらその胸に芽吹いたばかりの若樹を抱いている君は何処へ向かって伸びようとしているのだろう見上げる空はどこまでも広く可能性を秘めて君の目の前に大きくひらかれている君は腕を伸ばす風にさえぎられようとも雨に打たれようとも雲が頭上を被い光が見えない日にも君は構わず顔を上げ空を見上げて腕を伸ばすねえうつむいたっていいんだよ泣いたって恥ずかしくなん [続きを読む]
  • 風の街
  • その街はいつも    来る人をそっと包み込み        優しく迎え入れてくれるそこは痛みを持つ人々が辿り着くところ    時という名の風が吹く忘れ人の街と人はいう   高く   遠く      風が巡り    風が渡るその街には    やがてその身が軽くなるまで          いつまでも留まることができる   だから安心して泣くがいい    心のたけを思いきり叫ぶがいい張り付く想いは    [続きを読む]
  • こ・こ・ろ
  • 雲が たなびいている   あらゆるものに そっとふれ      空へ空へと  ひきあげながらそこでは   此方と彼方が交わり合い      言葉となる前の想いが行き交う      太陽の洗礼を受け 月の陰りを癒し      降りてゆくのか 昇ってゆくのか    逡巡している風が吹きすさび    一瞬に 散り散りとなって [続きを読む]
  • 空洞
  • 心の中に空洞があるそれは失われしひとへの確かな証今はただきりきりとそのひとを悼むのために・・・いつかたいらな気持ちでその空洞をそっとめでる・・・心の中にぽっかりできた空洞は過ぎし時の慈しみの証お気に召しましたら    ↓http://poem.blogmura.com/poems/ranking.htmlにほんブログ村 自作詩・自作ポエム [続きを読む]
  • ひかりのこ
  • ひらり ひらり舞い降りてふわり ふわり降り積もるきらり きらり光をあびてこくり こくりまどろんでしゅわわ しゅわわとけだしてしゅるり しゅるりしみてゆくとくん とくんすいこまれひょこり ひょこり萌えいでるくるり くるり蕾となってふるる ふるる花ひらくぽわり ぽわりほどけでてぷかり ぷかりのぼりゆく皆様 長い間ご無沙汰いたしました。その間もご訪問くださりありがとうございました。父の介護のため実家で暮 [続きを読む]
  • 孤独のかたち
  • もし孤独のかたちが決まっていたならわたしたちの寂しさは少しは和らぐだろうかもし孤独のにおいがみなおなじならわたしたちはお互いにもっとわかり合えるだろうかけれど孤独のかたちをだれも知らない胸の奥に潜む孤独のかたちを知りたくて触れてみたりかいでみたり眺めたり耳をすましたりけれど孤独のかたちをだれも知らないだからこわごわと手を伸ばしてみるあなたの孤独はどんなかたち?どんな音を響かせてるの?みんな違うかた [続きを読む]
  • 緑の情景
  • 樹々の間を通り抜けた風が、  緑を纏って不意に心を連れ去る    其処は清しき薫り漂うところ      尊き命を育み        遠き昔より森人の住む       未来への輝きを信じきった未生の者たちが         葉陰の露の中にまどろんでいる           樹々に覆われた空気はうっすら緑に色づき             気づきを得て戻った者の穢れを浄化し                [続きを読む]
  • 胸の奥深く
  • 光を胸の奥深くまで導き入れよう                  そこには生き行く切なさが           通奏低音のようにいつも微かに響いている生き行くことは      刹那に失い続けてゆくことだけど          過ぎてしまった時々を失うだけではなかったと               心の中で知っている絶え間なく移ろい過ぎた     時の流れを透かして見ると          刹那に散 [続きを読む]
  • ひとりひとり、かけがえのないひとたちへ。。。
  • 不安や哀しみに押しつぶされそうなその中で貴方が貴方であるというその尊さが生き行く力となります様に!!不安に落ち込み哀しみに涙する思い切りそうして下さい!立ち上がる前にうんと弱音を吐いて!!でも貴方が貴方であるというそのかけがえのない尊さがきっと勇気をくれることを信じて遠く離れているけれどせめて心だけはそばに寄せさせてください!この度の地震で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。被災さ [続きを読む]
  • ご案内
  • オイリュトミー講演のご案内です。言霊、音楽を体の動きで目に見えるように表現する芸術です。2016年4月3日(日) 17:30会場 18:00開演東京都中野区 野方区民ホール入場料 3500円この公演で使う衣裳を創っていました。こんなのもあるんだって知って頂けたらと思って。。。因みに今回私が創った衣裳は万葉集 / 高橋虫麻呂 真間の手児奈 と 片山敏彦 / やがていつかの衣裳です。 しののめ衣裳顛末記↓http://sewingrhapsody. [続きを読む]
  • もしこの地球(ほし)のうえに。。。
  • 震災から五年いまも苦しむ多くの人たちへ心安らぐ時を少しでも多く過ごすことが出来ます様に願いを込めて!もしこの地球(ほし)のうえに想いを記すことができるとしたら私はそこに何を記そう名前でも成したことでもなく心を尽くしていとおしんだこと胸いっぱいに満たした想いただそんなことを記したい深い想いで育まれたことも感謝とともに記しておこういとおしむということを私はそこから知ったのだから人は生まれるときも死ぬと [続きを読む]
  • 老夫婦
  • 無愛想な表情を浮かべ足元のおぼつかない妻に合わせてゆっくりと歩く老人妻は安堵の眼差しでひっそり袖につかまってうつむきながら歩いてゆく病院の待合室無言で歩く二人を穏やかな空気が包んでいるどんな時を経てきたのかは知らない何故かそんな姿が目に留まるちょっと涙ぐむだから漂う空気感をそっと受け取るただ優しさとして淡々としたしぐさで棚の商品を品定めしながらゆっくりと車いすを押す老女夫は確固とした顔つきでバック [続きを読む]
  • しばらくお休みさせていただきます。
  • 寒い日々が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?年が明けてから父の治療に変化があり、現在入院治療中です。治療がもうすぐ終わるので今週中には退院できそうですが、今後、以前より頻繁に通院することになりそうです。加えて、昨年お引き受けした仕事の納期が今月末なのですが、いつもの事ですが、デザインを上げてみると手のかかることになりまして。。。実家に通いながら納期ギリギリまでの夜なべ仕事になりそうです [続きを読む]
  • 途上で。。。
  • 寒さに震えながら飛行機が飛び立ってゆくのをただ何時間も見つめてた此処じゃない何処かを探し求めていたあの日                                    窓の外に舞う風花に                  あの日の情景が蘇る                  あれから幾年もの日々を重ね                  今此処にいることも                   [続きを読む]
  • 現(うつつ)とせん
  •  明けましておめでとうございます!      本年も「まどろみの中で。。。」とhikarinekoを           よろしくお願い申し上げます!  夢も現も      胸の中では          違いなし  違いとするは      思いの強さか    ならば思おう      日に夜に           昼は手先に灯るまで                夜は瞼に映るまで    夢に光を抱かせて    [続きを読む]
  • 聖夜の光
  • 蒼穹に輝く星が暗闇を潜り抜け今日私たちの中で生まれる逢魔が時を過ごし逡巡した心の中で強く新しい光が生まれるすべてをさらした心の中で光と共に歩み続ける今日また新たに心に誓うクリスマスおめでとうございます!今日から始まったクリスマスの12日間一年の縮図ともいわれています。お忙しい中にも光で心を満たしてクリスマスの善き12日間をそして希望を抱いた新年をお迎えになられますように!今年このブログをこちらで立ち上 [続きを読む]
  • プライド
  • 療養中の父へ骨ばった肩に孤独を張り付かせ貴方はゆっくりと歩き海を見に行く海と共に貴方は生きた風を聴き空を読み波を制して未来を築いた傾いだ背中が諦めないと呟き貴方は満足そうに船を数える海と貴方は闘った潮騒に波跡に今は失き岸壁を懐かしむ頭をあげて悔しさをおし水平線の彼方に過ぎし日を描く海深くに抱かれた苦難実績その目には今も鮮やかに蘇る貴方の波路を私は知らない貴方の後ろ姿でただ推し量る蒼き海に深く眠る軌 [続きを読む]
  • 過去の記事 …