ダラりん子。 さん プロフィール

  •  
ダラりん子。さん: 半ヒキ専業主婦(30)、双子を抱えて離婚危機。
ハンドル名ダラりん子。 さん
ブログタイトル半ヒキ専業主婦(30)、双子を抱えて離婚危機。
ブログURLhttp://fanblogs.jp/letitgo2015/
サイト紹介文スピード出来婚の成れの果て。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/02/06 12:49

ダラりん子。 さんのブログ記事

  • エセ鬱旦那の記録⑪
  • とりあえず。義実家からの帰りにイチローとジローの靴を買った。2人が喜んでて、本当よかった。私も1度気になりだしたら気になって落ち着かない性格だから、キツい靴を履かせなくてよくなって、ホッとした。まだ、保育園に着ていく服が90〜95cmがキツキツになってきていて100cmを揃えたいな…と思うけど。それはちょっと後回し…。高いブランド物とかじゃなくて、西○屋の安い物でいいのに…。それすらも買ってあげられないって、 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑩
  • 結局、お盆は2晩も義実家にお世話になってしまった。旦那はお盆が休みの友達と飲み歩いてるのか、義実家には顔を出さず、連絡もよこさず。お酒と薬の飲み合わせが心配だったけど、飲み歩くくらいなら薬も飲んでないかもな…と気にしないようにした。義父も義母も、「遊びに出掛けられるくらい元気になって、よかったよかった!」と言ってて、それであまり気にせずに済んだけど…。でも…。鬱ってこんなにすぐ良くなる…?むしろ。 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑨
  • 寝てしまったイチローとジローを寝室に移してから、自分も少し寝ようかな…とウトウトしていたら。義母から電話。義母「来ないのー?どこいるの?」私「へっ?」義母「さっき○○(旦那)がうち来て、また出てったよ。友達と飲みに行くとかで。イチローとジローは?って聞いたら、知らんって言うから。」私「あー…家にいます。お昼寝してます。」飲みに行く…??あんた鬱じゃなかったの?…ってか、睡眠導入剤飲んだりしてるのに、 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑧
  • 旦那への苛立ちとか、お金がない不安とか、小さくなった靴に気付いてあげられなかった不甲斐なさとか、新しい靴を買ってあげられない申し訳なさ…。そして。なんか的外れかもしれないけど、お盆休み明けもあのきつい靴で保育園に行ったら、先生にどう思われるかな…とか考えたら恥ずかしくて。私まで泣いてしまった…。私が泣いても2人が泣きやむでもなく、ギャーギャー泣き続ける…。玄関で3人で泣いていたら、旦那が寝室から顔 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑦
  • えっ…??後2万入ってたはずなのに…。一瞬で体が冷えた…。 私「ねぇ…。引き出しのお金使った?」旦那「病院代と薬代とか…。モロモロ…。」モロモロってなんだよ!!今月残りどうするの!?心の中は大嵐だったけど何も言えなくて、口がパクパクしてしまった…。文句言いたいのは山々だったけど、旦那に言ったところでどうもならない…。じゃあ、今月使えるお金の残りは私の財布に入ってる3000円だけ…??私の口座には、後何 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑥
  • なかなか履かせられなくて、そして、やっと気付いた。あ…。靴がきついんだ…。よくよく考えたら、この靴去年の夏から履いてる…。靴を履かせてつま先の方を、触ってみたらキツキツだった。もう指が曲がっちゃってるんじゃないかな…ってくらい、窮屈そうだった。私「ジロー…。靴きついんじゃない?足痛くない?」ジロー「あし、いたい…。」そうだったんだ…。だから、最近靴を履きたがらなかったんだ…。体がこんなに大きくなっ [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録⑤
  • もう私もギリギリのメンタル…。お盆休みが始まり、家の中はしっちゃかめっちゃか。イチローとジローが大騒ぎで朝から晩まで、「ママー!ママ−!」だし、旦那は旦那で世話が焼けるし。洗濯も掃除も何もできない…。ご飯の準備もおいつかない…。何からすればいいのか混乱してしまう…。イチローとジローがうるさいと旦那が言うからどこか連れ出そうと、なかなか言うことを聞かない2人を着替えさせたりご飯を食べさせたりして、「 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録④
  • 旦那も不安定…。私も不安定…。そんな頃にお盆休み。旦那は、体調があまり良くないのもあって、会社のお盆休み+有給使って1週間ちょっとお休みをもらっていた。会社に行かなくて済むからホッとしたみたいだったけど、私はゲンナリ…。朝から晩までずーっと、なんだかんだと不安やら愚痴やらの泣き言を聞かされるんだろうか…。同じ事を何度も何度も言われて、こっちも何度も何度も、「大丈夫だよ。みんなそんな時あるよ。」と慰 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録③
  • そして。車を運転中、目眩がして気付けば車を壁にぶつけてた。バックでゆっくり動いてたから、少しへこんだだけだった。自分的には、『これだけで済んでよかった…。』と思ったら。旦那「あーあ…修理代いくらかかると思ってんの!?」私「ゴメン。」旦那「何でぶつかるわけ??」私「なんかフラフラしちゃって…。」旦那「は!?意味わかんねー!!」私「びっくりした…。」旦那「俺もだわ!はぁ〜気分悪いわ〜。」責める責める。 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録②
  • 朝バタバタとイチローとジローを保育園に連れて行って、帰ってから休み休み家事をしたり、買い物に行ったり…だった日常が一変。イチローとジローを保育園に送り出しても、旦那がずっと家でゴロゴロしながら、「胃が痛い〜。」「薬と水〜!」「ゼリーなら食べられそう…。ないの?買ってきて。」「りんごも食べたい。ないの?買ってきて。」「リモコン取って。」「ティッシュ取って。」と、なんやかんやとこき使われる。しかも。旦 [続きを読む]
  • エセ鬱旦那の記録①
  • しばらくずっとグッタリしていた旦那。「胃が痛い…。何も食べれない…。きっと穴があいてる…。」と言って、どんどん痩せ細っていって。みんなして、義父「何か病気になってんじゃない…?胃カメラしに連れて行くわ。」義母「心療内科にデパスもらいに行った方がいいんじゃない?楽になるらしいよ。」私「ストレスに効く漢方買ってきたから、飲んでみて?」と心配するが…。胃カメラは何も異状なし!血液検査も何も異状なし!むし [続きを読む]
  • エセ鬱!!!!
  • あいつ、絶対エセ鬱だった!!もうめっちゃ元気でピンピンしてる!!振り回されてこっちがまいった…。フラフラで平衡感覚?わからなくなって、車2回もぶつけた…。もうヤダ…。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • メソメソ旦那…。
  • 土日もずっとグッタリしてた旦那。ずっと横になってるから寝てるのかと思いきや、「眠いのに、眠れない…。」って…。食欲はないみたいだけど、無理矢理ウィダーインゼリーを食べさせてる。ずっと同じ事を、「どうしよう…どうしよう…。」って言ってる。「大丈夫だよ。考えてももう仕方ないよ。気にしないでいいよ。」って言っても、ずーっと言ってる…。しまいには、「ずっとこんなだったらどうしよう…。」と泣き出す…。土日は [続きを読む]
  • 旦那も鬱。
  • 今度は旦那が鬱になってる…。仕事も休みがち。どうなるんだろう…。「このまま死んだら、どうしよう…。」とか言うから、病院に連れて来た。先週も来て薬もらったのに、これ以上何するんだろ…と思ったら、今から点滴するらしい。1時間くらいかかるらしい…。イチローとジローの保育園お迎え、18時までなのに間に合うかな…。はぁ…。どうしよう…。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【入院した話15】罪悪感。
  • でも。義母は、そんな私の気持ちを知ってか知らずか。私が入院中だったから気を使ってくれたのか、病院に来た時はなんやかんや喋ってくれた。義母「あぁー寒かった!病院は暖かいわ!あんたもちょっと外出て寒さに慣れとかんと、退院した時寒さに堪えられんよ!」私「外に出ちゃダメなんです…。」義母「えぇ!?散歩するくらいいいのにねぇ。体が鈍るわ。部屋で運動しなさいよ。ストレッチとかね、いいから!」私「………(そんな [続きを読む]
  • 【入院した話14】義父と義母。
  • 入院中、洗濯物を旦那に持って帰ってもらって洗濯してもらって、また持ってきてもらって…としていたけど、たまに義母が持ってくることがあった。気まずいやら、何喋っていいのかわかんないやら、着替えた下着とか持って帰ってもらうのも悪くて、義母が来ると落ち着かなかった。何より。自分は義母に嫌われているんだろう…と思ってて…。どうしたらいいのか、わからなかった。結婚してから、あまり旦那側の家族に会う機会はなくて [続きを読む]
  • 【入院した話13】未知。
  • 入院してから1カ月くらいだったかな…?薬を飲んだり、ご飯をちょっとずつだけど食べたり、夜もちゃんと寝たり(睡眠導入剤を飲んだりもしたけど。)していたからか、気持ちが落ち着いてきたような感じだった。頭もやっと働きだしたような…。よく、霧の中にいたようなって表現があるけど、まさにそんな感じだったのが、少しずつ霧が晴れていくような。少しずつ、周りの言っていることや自分の状況を、ちゃんと考えられるようになっ [続きを読む]
  • 怖い。
  • 12月に入って寒くなってきて。『クリスマスだなぁ…。年末だなぁ…。』と思って。去年、だんだんだんだん今ぐらいの時期から、私や双子が体調崩したりが重なって参ってしまって…。なんとかがんばってたつもりだったけど…。今思えば、悲惨だったな…。イチローとジローの1日の食事が、朝:バナナ、スティックパン昼:スティックパン、お菓子夜:バナナ、スティックパン…なんて日もあって。朝から夜までずっとパジャマで引きこも [続きを読む]
  • 3歳。ごめんね…。
  • イチローとジローがお誕生日を迎えて、3歳になりました。もう3歳か…。あっという間だったような…。でも、長かったような…。不思議な感じ。生まれてきてからの3年間。イチローとジローに、どれだけのことをしてあげられただろう…って考えてしまいます。もっと、たくさん遊んであげられたんじゃない…?もっと、外に遊びに連れ出してあげられたんじゃない…?もっと、おいしいご飯作ってあげられたんじゃない…?もっと、優しく [続きを読む]
  • 【入院した話12】負の感情のループ。
  • そんな写真を見てしまって、『早く退院しなきゃ…。』と思った。ずっとイチローとジローが気になりつつも、その心配もどこかぼんやりしていた…というか…。うまく頭が働かなかったからか、いまいち、2人がどんな様子なんだろう…とか、具第的に…というかちゃんと考えていなかった。だから。写真を見て、一気に現実を突きつけられたような…。そんな感じだった。でも。入院してから、心の何処かでホッとしている自分がいて…。毎 [続きを読む]
  • 【入院した話11】捨てられない写真。
  • 旦那が帰ってから、写真を見ていたら涙が出て…。『ごめんね…。』と悲しくなったり。『何でこんな写真持ってきたんだろう…。』と、旦那に対して何とも言えない気持ちになったり…。入院中、2人が恋しくなったら写真を見たりしたけど、何度見ても2人の寂しそうな表情に涙が出るので、辛くてもう見なくなった。退院した今は、手帳に挟んであるけど、正直もう見たくない。見たら、やっぱり、涙が出るし…。子供がこんな表情をしてい [続きを読む]
  • 【入院した話10】2人の写真。
  • ある日。旦那が面会に来た時に、イチローとジローの写真を持ってきてくれた。旦那「これ。撮ったのプリントしてきた。」って、渡してくれた写真を見たら。イチローとジローの好きなアンパンマンジュースを持って、2人で飲んでいる写真だった。私が入院する前に、私「アンパンマンのジュースが好きだから、買ってあげてね?絶対ね?忘れないでよ?」旦那「あー、はいはい。」私「1日1つにしてね?」旦那「はいはい。」ってしつこく [続きを読む]
  • 【入院した話9】混乱。
  • イチローとジローに対して、『私がいない方がいいのかな…。保育園に行く方が楽しいよね…。』と思い始めたら、『早く元気になって、退院しなきゃ!』という気持ちがなくなってしまった。また、ご飯も食べれなくて…。夜も眠れなくて…。旦那が面会に来ても、イチローとジローのことが気になるけど、なかなか聞けなかった。「寂しそうにしてる。」と言われたら言われたで、苦しくなるし、「楽しんでるよ。」と言われたら言われたで [続きを読む]
  • 【入院した話8】わからない。
  • 何もすることがないから、入院してから何日かはずっと病室のベッドで1人で悶々としてた。『退院しないと、イチローとジローに会えない…。』『でも、退院したらまたあの暮らしが始まるの…?』あのマンションの1室で、また毎日毎日同じことの繰り返しが始まるのかと思うと、怖かった。自分の家に、『帰りたくない。』と思うくらい、毎日しんどかった。世間から隔離されたようなあの空間で、イチローとジローと私の3人で…。毎日、 [続きを読む]
  • 【入院した話7】大丈夫だろう…。
  • 旦那が帰ってからやっと、『ほいくえん…?あぁ、保育園か。イチローとジローは保育園に行ったのか…。』と思って、不安だった気持ちが少し落ち着いた。私が入院することになって、イチローとジローは旦那とともに義実家にお世話になることになったけど…。義父・義母とはほとんど会っていなかったし、旦那もあまり2人の世話はしてこなかったから、『ちゃんとお世話してもらえてるんだろうか…?』とすごく気になっていた。ちゃん [続きを読む]