かごめかごめの真実とは さん プロフィール

  •  
かごめかごめの真実とはさん: かごめかごめの真実とは
ハンドル名かごめかごめの真実とは さん
ブログタイトルかごめかごめの真実とは
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kagome1248
サイト紹介文空海様が私に教えてくれた秘密の暗号
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/02/07 17:12

かごめかごめの真実とは さんのブログ記事

  • あらためて・・遙照山両面薬師の意味と役割は大である!
  • 2018年12月18日(火)  んん〜〜〜ん、凄い! 遙照山両面薬師が担わされている意味と役割は大です。遙照山両面薬師からモーセの墓までと、高野山弘法大師廟までと、高野から空海さまの亡骸を移しかえた山口県にある空海さまの墓である真魚の山までとは、なんとそれぞれ188?です。偶然でしょうか。このことは、円仁と空海さまは、間違いなく密約を交わしていた証拠の一つだと私は思います。 [続きを読む]
  • うっすら雪化粧の宝珠岩とシシ鍋と餅つきでの感謝際
  • 2018年12月17日(月) 昨日は柳樂君が日頃の感謝を込めて皆さんに収穫したもち米で餅つきをするとのことで朝早くから、卑弥呼の山城が見える「卑弥呼おばさんの家」に集まりました。9:30頃に私は着きましたが、もう皆さんは集まって準備をされていました。神河の天気予報では午後3時頃から雨が降り出すとの予報なので、遠方からいつも手伝ってくれる皆さんと、地元のおばちゃんとともに武部さんと行った宝珠岩へと案 [続きを読む]
  • ゼロリストになることをここに宣言いたします
  • 2018年12月16日(日) 昨日の京都セミナーには沢山の方々に集っていただきました。「屋久島から来ました」という方や、山口県からもご夫妻が来て居られました。K先生、遠方よりありがとうございました。お忙しい中にも、本当にありがたいものです。 セミナー中も真剣に皆さんが聞いて居られました。又、終わってからも丁寧に時間を割いてアンケート用紙にご意見と感想を書いていただきました。帰りの電車の中で皆様のあ [続きを読む]
  • 宝珠は象徴的なモーセを表す専売特許のようなものです
  • 2018年12月15日(土) 宝珠岩に向かって手を合わせると・・丹後半島にあるモーセの墓から御霊を移し替えた陵墓に手を合わせるようになっていた。御霊を移し祀った場所は、ホテルリラクシアの中庭の小高い丘である。このポイントと、モーセの墓と和気清麻呂開基の京都帝釈天は見事に正三角形を描きます。そして、書写山円教寺の摩尼堂で手を合わせると、なんとこのポイントに手を合わせるようになっています。まだあります [続きを読む]
  • 長嶽山 龍巣院は、間違いなく重要な意味を持った神社です
  • 2018年12月14日(金) 長嶽山 龍巣院の本堂は、コンパスグラスで207度に向いて建っていました。 人は27度に向かって手を合わすようになっていました。その手を合わす先には、遠くは青森県の大石八森(574m)。近くには、・・と言っても龍巣院からは268?離れた新潟県南魚沼市の割引岳(1930.8m)があります。隠岐の島に冠島がありますが、この島と龍巣院と大石八森は綺麗な2:1:√3の直角三角形を描きます [続きを読む]
  • 龍巣院から 駒形神社 白羽神社 池宮神社 高松神社へ
  • 2018年12月13日(木) せっかく龍巣院まで行ったのですから、御前崎にある神社に寄って帰ってきました。龍巣院から駒形神社  白羽神社 池宮神社 高松神社へと行きました。海岸部ですし、岬へと行く道はさぞかし清々しい空気と思っていましたが・・、何かが違う!? 何だろう・・?? 何か息苦しいものを感じずにはいられませんでした。走っていると風力発電の回る風車 風車 ・・、そして張り巡らされた高圧線。んん [続きを読む]
  • 長嶽山 龍巣院は、大事な大事なお寺なのですが・・
  • 2018年12月12日(水) 東京でのセミナーが終わり、懇親会に出席して品川から「こだま」で掛川へと行ってホテルに着いたのは夜12:00近くでした。そして、翌日はレンタカーで真っ先に行ったところが、「長嶽山 龍巣院」でした。途中で、市のマラソン大会が行われていて交通規制にかかり、どうしても迂回が出来ず、道路脇に車を停めて休んでいるとコンコンとガラスを叩かれて目を覚ますと、「規制は解除されました。・ [続きを読む]
  • 楽しい時間は実に短く感じます  ・・ 感謝しています!
  • 2018年12月11日(火) 先日の東京でのセミナーには沢山の方々に集っていただきました。感謝しています。セミナーは、アッと言う間に終わっていたという感じでした。そしてその後の懇親会にも参加させていただきましたが、こちらも又、アッと言う間に終わっていました。本当に楽しい時間は、実に短い感じがします。もっともっと、ネオガイア・テラファイトの神髄を伝えたいと思いますが、限られた時間の中で伝えるのは限界 [続きを読む]
  • 寒川神社と雷神山と三輪山は見事に2:1:√3の直角三角形
  • 2018年12月10日(月) ああ〜〜 一気に関東方面へと図形を描かされだしました。またまた矢野さんが、「寒川神社が気になります」と言います。それで・・、調べてみると綺麗な図形が描けました。寒川神社で手を合わせると、455?はなれた雷神山に手を合わせるようになっています。そしてそのラインに直角に行ったところに三輪山があり、その三点を結ぶと見事に2:1:√3の直角三角形を描きます。三点は重要なベンチ [続きを読む]
  • イエス・キリストの命日は11月17日と教えている
  • 2018年12月7日(金) 矢野さんが「大山阿夫利神社が気になります」と言います。矢野さんはいつも私の横で仕事をしてくれていますが、矢野さんが「気になります」と言うときは必ず私に重要なことを告げています。公的なイエスの陵墓の発見の後、その陵墓の地図をみていた矢野さんが、「神社で手を合わす方向が気になるんですが・・」と言うので、「そうですかぁ・・」と、その先にラインを引いて、先へ先へと見ていくとハー [続きを読む]
  • 帝釈天永明寺 と 京都帝釈天 と 摩尼山と如意輪時の四点を結ぶと・・
  • 2018年12月6日(木) 帝釈天永明寺と京都帝釈天と摩尼山と如意輪寺の四点を結ぶと、綺麗な図形が描けます。何かを語りかけてくるようです。摩尼山を除いて3ケ所は行きましたが、一番気になって行けてない山が摩尼山です。帝釈天永明寺と京都帝釈天と帝釈天出現の立岩がある摩尼山は、2:1:√3の直角三角形を二つ組み合わせた位置関係ですから、いかに重要な山かが伺えます。必ず登れるその「時」と「タイミング」が [続きを読む]
  • 永明寺の彫り物が教えるものは日本建国の神々
  • 2018年12月4日(火) 永明寺で手を合わせる(25度方向)と、米子の大神山神社本社に手を合わせるようになっています。その反対、つまりご本尊様は、(205度方向)内子のピラミッドを見つめ守っていました。聖地神河にある蘇我氏の山と大神山神社本社と内子ピラミッドは綺麗な2:1:√3の直角三角形を描きます。綺麗な基本形を描きます。 蘇我氏の山の近くにはイエスの陵墓もあります。偶然でしょうか。  正面の [続きを読む]
  • 帝釈天 石雲山永明寺は素晴らしい!!
  • 2018年12月3日(月) 帝釈天 石雲山永明寺は実に素晴らしいお寺です。 目に見えないものに呼ばれて立ち寄りました。やはり重要な神社であり、大いに意味があるポイントでした。そのことは後日・・。昨日のセミナー、多くの方々に聞いていただきました。長崎や広島、岡山など遠方からも集っていただきました。本当にありがとうございました。 感謝しています。                            [続きを読む]
  • 帝釈峡の雄橋(おんばし)には古代の歴史がかくされているようです
  • 2018年12月 弘法山から帝釈峡へと行って、泊りは神龍湖のほとりでした。そして翌日日曜日は、雄橋(おんばし)を見に行きました。説明版には「天然の岩橋」と書かれていましたが、私には天然のダム湖の水を抜くために人為的な作業が行わていると響いてきました。その証拠のものもこの目で見ることができました。後日書いてみたいと思います。今日、セミナーです。 何を話すのか・・ 緊張しています。 [続きを読む]
  • モーセ終焉の地へと呼ばれました
  • 2018年11月30日(金)素戔嗚尊はモーセのことです。そのモーセ生誕の地が米子の大山麓にある大神山神社奥宮あたりで、終焉の地が大田市の三瓶山が西南西に見える山でした。場所は、大田市山口町山口と島根県飯南町角井の境界にある山でした。モーセ終焉の地からイエス終焉の地である備前の穂波までと、空海さまの亡骸を高野山から移し替えた山口県にあるコンターラインが可愛い魚をした真魚の山までは、互いに149?と同距 [続きを読む]
  • テラファイトは本当の自分に目覚めるデバイスである
  • 2018年11月28日(水) 月曜日にゼロリスト茶話会へ行ってきました。私は離れた席から皆さんの話を聞いていましたが、思うこと気付くことが沢山ありました。テラファイト、ネオガイアがどうしてこの世に誕生したのだろうか・・と、考えていたら確かに目に見えない世界からの意図が響いてきました。このことを、12月8日(土)東京 12月15日(土)京都 のトータルヘルスデザイン様主催のセミナーで話したいと思いま [続きを読む]
  • マジ(馬路)かよ〜〜!
  • 2018年11月27日(火) 連休を利用して、今まで大事なところを教えられても行けてなかったところへと導かれました。計画性もなく、ただ教えられた山をとりあえずはこの目で見ることでした。23日(金)は島根県大田市仁摩町 馬路に宿泊することになりました。「マジかよ〜〜〜!」の語源になるほどの歴史がある土地柄が感じられます。島根県の馬路は「まじ」と読みますが、高知県にも馬路という地名がありますが、こちら [続きを読む]