けにごろう さん プロフィール

  •  
けにごろうさん: けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記
ハンドル名けにごろう さん
ブログタイトルけにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記
ブログURLhttp://kennygorou931.blog84.fc2.com/
サイト紹介文ソーシャルレンディング・クラウドファンディング専門blog maneo,AQUSH,クラウドバンクで資産運用
自由文融資型クラウドファンディング各社での自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信しています。「融資型CFって実際もうかるの?」「本当に融資型CFに投資して大丈夫なの?」と思う方は是非ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/02/07 22:34

けにごろう さんのブログ記事

  • LCホールディングス株式会社決算書分析(2016年度)
  • 今回はLCホールディングス株式会社の決算書を分析します。LCレンディングの運営会社は株式会社LCレンディングですが、株式会社LCレンディングはLCホールディングス株式会社の連結子会社で、また決算書もLCホールディングス株式会社のものしか公開されていないので、LCホールディングス株式会社の連結決算書を見ることにします。LCホールディングス株式会社の連結決算書には、株式会社ロジコム・株式会社LCパートナーズの分も含まれ [続きを読む]
  • maneo決算書分析(2016年度)
  • maneoで2017年3月以降返済遅延していた案件について、無事回収されたとのことです。<以下maneo瀧本社長のメルマガより引用>maneoで延滞していた案件が、回収になりました。延滞した直後の情報は、下記です。http://www.takimotokenji.com/2017/03/post_382.html担保に取っていた不動産が売却となり、1.貸付元本の全額2.デフォルト時までの利息3.デフォルト時から今までの遅延損害金の一部を回収することができました。この [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング業界地図(2016年版)
  • 昨年に引き続き、日本のソーシャルレンディング業界地図(2016年版)を作ってみました。2016年時点でサービスを開始していた業者のみ記載しています。主な投資対象が国内各種事業者である「国内各種事業者系」と、不動産関連ビジネスへの投資が中心である「不動産系」、あと海外への投資が中心である「海外系」の3つに大きく分類しました。事業者数としては「国内各社事業者系」が最も多く、10社です。クラウドバンクやトラス [続きを読む]
  • 2017年8月 投資中ファンド一覧
  • みんなのクレジットの案件でデフォルトが確定しました。デフォルトとなったのは108号案件の第1貸出先です。みんなのクレジットファンドでは7月から返済遅延は発生していましたが、デフォルトが確定したのはおそらく初めてです。〈以下みんなのクレジットメールより引用〉この度、108号案件にかかる貸付先より返済が困難とのご連絡があり、同社との金銭消費貸借契約に基づき、2017年9月15日に期限の利益の喪失となりました。弊社 [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング事業者比較「貸出実績」
  • ソーシャルレンディング事業者を様々な観点でランキング形式で比較します。今回は「貸出の実績」です。ソーシャルレンディング事業者の信用度を測るうえで、サービス開始以来の貸出実績がどれだけあるのかは重要な要素だと考えられます。また、貸出金額の実績はすべての事業者が公開しており、比較しやすい基準でもあります。評価基準は以下の通りです。■実績 貸出実績を以下の基準で評価する。 ・サービス開始以来の貸出総額(2 [続きを読む]
  • ポイント交換サイトPeXからmaneoファミリーへの投資が可能に
  • 9月21日にみんなのクレジットより返済遅延の状況についてメールにて報告がありました。第一回目の調停について昨日、弊社代理人弁護士と融資先甲グループ代理人弁護士出席の上、調停委員の立会いの下で開かれました。その内容について、以下ご報告申し上げます。 ・昨日の第一回目調停において、最終的な合意には至りませんでした。 融資先からの提案内容は、その蓋然性が脆弱であり、かつ分割返済の提案回数が想定以上の長さで [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング事業者比較「投資のしやすさ」
  • ソーシャルレンディング事業者を様々な観点でランキング形式で比較します。今回は「投資のしやすさ」です。投資したいと思っても、募集される頻度が低かったり、金額が少なくてすぐに満額になってしまうといった事業者は投資しにくいと言えます。また、借り手企業の数が少ないと分散投資しにくいでしょう。評価基準は以下の通りです。■投資のしやすさ 投資家にとっての投資のしやすさを以下の2つの基準で評価する。 ・年間募集 [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング事業者比較「ファンドの安全性」
  • ソーシャルレンディング事業者を様々な観点でランキング形式で比較します。今回は「ファンドの安全性」です。ファンドの安全性の評価基準は以下の通りとしました。■ファンドの安全性 各ソーシャルレンディング事業者について、ファンドの安全性を以下の2つの基準で評価する。 ・貸倒れ・返済遅延の発生率  評価基準:   A:貸倒・返済遅延とも発生率0%   B:貸倒発生率1%未満。   C:貸倒発生率1%以上   (貸倒発生 [続きを読む]
  • 2017年7月 投資中ファンド一覧
  • 投資中ファンド一覧を公開します。2017年7月時点で、私が投資中のファンドは以下の49件です。(今月償還されたものも含む)うち、今月完済となったものは、6件です。今月新規に投資したものは、4件です。投資中ファンド一覧※赤網掛けは新規投資ファンド2017年7月※青網掛けは終了したファンドサービス投資開始時期ファンド名投資期間利回り(年利)投資額(万円)備考maneo2014/9/25【事業者S社向け】事業性資金支援ローン [続きを読む]
  • ロードスターキャピタルがマザーズでIPO
  • オーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタルが、マザーズへのIPOを果たしました。↓東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ<以下引用>東京証券取引所マザーズ市場への上場承認に関するお知らせ ロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、本日、株式会社東京証券取引所より、当社株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されまし [続きを読む]
  • 2017年4月〜6月ソーシャルレンディング投資実績
  • 2017年4月〜6月運用実績を公開します。私が現時点で投資しているサービスは以下の19社になりました。(単位:万円)サービス項目1-3月4-6月7-9月10-12月(平均)(利益・損失合計)maneo①投資金額(平均)127.6 368.4   248.0 - ②利益額(税引き前)2.7 4.2   3.4 6.8  ③損失額0.0 0.0   0.0 0.0  ④純利益2.7 4.2   3.4 6.8  ⑤利回り(年利)8.3%4.5%  5.5%-クラウドバンク①投資金額(平均)7.5 33.2   [続きを読む]
  • クラウドリアルティの京町家プロジェクトがWBSで取り上げられました
  • 8月18日にみんなのクレジットより返済遅延の状況についてメールが来ました。<以下引用>平素は「みんなのクレジット」をご愛顧下さり、誠にありがとうございます。 弊社より過日お送りいたしましたメールの補足となりますが、現在の状況をお知らせいたします。 弊社としましては、弊社融資先における債務不履行の発生を受け、弊社弁護士より、平成29年8月5日、弊社融資先及び融資にかかる連帯保証人に対し、金銭消費貸借契約上 [続きを読む]
  • 2017年6月 投資中ファンド一覧
  • 投資中ファンド一覧を公開します。2017年6月時点で、私が投資中のファンドは以下の52件です。(今月償還されたものも含む)うち、今月完済となったものは、8件です。今月新規に投資したものは、5件です。投資中ファンド一覧※赤網掛けは新規投資ファンド2017年6月※青網掛けは終了したファンドサービス投資開始時期ファンド名投資期間利回り(年利)投資額(万円)備考maneo2014/9/25【事業者S社向け】事業性資金支援ローン [続きを読む]
  • 新サービス「ポケットファンディング」代表者インタビュー
  • 新たなソーシャルレンディングサービス「ポケットファンディング」がスタートしました。↓ポケットファンディングサービス提供会社はソーシャルバンクZAIZEN株式会社で、沖縄の会社です。ポケットファンディングは、貸付型(ソーシャルレンディング)以外にも、セキュリテのような投資型や購入型のサービスも提供するとのことです。1社で貸付型・投資型・購入型のサービスを提供する会社は初めてです。また、新規口座開設キャ [続きを読む]
  • LENDEX 筧代表インタビュー(2)
  • みんなのクレジットが、8月2日に東京都から貸金業法に基づく行政処分を受けました。http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/08/02/04.html〈以下引用〉業務停止処分処分理由(違反事項)・禁止行為違反(過大担保の徴求)(※)1 業務停止期間平成29年8月9日から平成29年9月7日まで(30日間)2 停止対象業務業務の全部(弁済の受領に関する業務及び訴訟又は調停に応ずる業務を除く。)業務改善命令処分理由(違 [続きを読む]