Lin さん プロフィール

  •  
Linさん: ブルーレディ
ハンドル名Lin さん
ブログタイトルブルーレディ
ブログURLhttps://www.bluelady.jp/
サイト紹介文電子化ノウハウ、SF・ファンタジー小説情報、F1情報、洋楽ロック情報等、かなりコアな情報満載。
自由文故平井和正先生の作品情報や電子化(自炊)ノウハウを公開中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/02/16 20:05

Lin さんのブログ記事

  • 本宮ひろ志の「硬派銀次郎」全巻一気読み!
  • 本宮ひろ志という漫画家の代表作を上げるとすると、世代によって様々になると想像します。私の世代だと「男一匹ガキ大将」や今回取り上げる「硬派銀次郎」、また「俺の空」等になると思います。もう少し若い世代は「サラリーマン金太郎」あたりを上げるのではないでしょうか?テレビドラマにもなりましたし。最近は本宮ひろ志作品がヒットしているということを聞いていませんが、私が小学生の頃から社会人になるまで読み続けた漫画 [続きを読む]
  • しげの秀一「将(ショウ)」全3巻を一気読み!
  • しげの秀一ではマイナーな作品の一つ「将(ショウ)」を読みました。私はこの作品が大好きです。発表は1992年ですので「バリバリ伝説」と「頭文字<イニシャル>D」の間に位置する作品です。両方のメジャータイトルの間で、たった3巻で終了してしまったのは何故なのでしょうか?このあたりを検証できればと思います。将(ショウ)将〔ショウ〕(1) (週刊少年マガジンコミックス) image by Amazon 前述したように「将(ショウ)」 [続きを読む]
  • 中島梓(栗本薫)の平井和正論「狼の肖像」
  • 中島梓(栗本薫)さんが1970年代後半に発表した平井和正論「狼の肖像」を引っ張り出してみました。このブログの「平井和正の書籍」カテゴリに入れ忘れていたからです。平井和正作品については様々な文庫で解説が掲載されています。しかし、本格的な評論としてはこの「狼の肖像」が唯一のものではないでしょうか?「狼の肖像」平井和正論狼の肖像 平井和正論 image by Amazon 中島梓は栗本薫の別名義です。評論等は中島梓名義で出 [続きを読む]
  • 松本零士「零士のメカゾーン」が2巻合本で復刻!
  • 松本零士の思い出の一冊「零士のメカゾーン」の新装版が発売されました。私が最も待ち望んでいた復刊本です。まさか本当にこの本に出会えるとは思ってもみませんでした。零士のメカゾーン[新装版]新装版 零士のメカゾーン image by Amazon 「零士のメカゾーン」が新装版で復活!私は高校性の時、この本を友達にチラっと見せられたのです。友達のコレクションでした。当時、この本が私のコレクションに加わることはありませんでし [続きを読む]
  • 2018年F1最終戦アブダビGPが始まった。
  • image by Rob Alter 早いもので2018年のF1も最後になってしまいました。最終戦はアブダビGP。ヤス・マリーナ・サーキットのトワイライトレースです。最終戦だけに各選手は特別な想いがあるようでした。ルイス・ハミルトンはカーナンバー1最終戦のFP1でルイス・ハミルトンはカーナンバー1をつけました。いつも「44」なので、新鮮な感じがしました。ルイス・ハミルトン、F1アブダビGPで“カーナンバー1”をノーズに掲載https://t.co/ [続きを読む]
  • 2018年ブログのアクセス数が激減!40%程度落ち込んでしまった。
  • 今年に入って当ブログのアクセス数が激減しました。現在も減り続けているように見えます。ほぼ毎日更新しているのにアクセスが減っていくのは、面白くありません。その原因はいったい何なのでしょうか?いくら趣味のブログとはいえ、SEOのことを少しは勉強しました。そこから考えられることを当ブログの範囲でまとめてみます。Yahoo!カテゴリのサービス終了当サイトはHPとしてのスタートが早かったので「平井和正」のYahoo!カテゴ [続きを読む]
  • 平井和正の「アンドロイドお雪」電子書籍で登場!
  • 平井和正の初期長篇「アンドロイドお雪」が電子書籍で発売されました。「アンドロイドお雪」は平井和正の長篇2作目の小説です。表紙は角川文庫版と同じ生?範義のイラストですが、e文庫の出版のようです。アンドロイドお雪アンドロイドお雪 image by Amazon 長篇第一作の「メガロポリスの虎」が難産だったのに比べ、この「アンドロイドお雪」はすいすい書けたといった平井和正のコメントをどこかで読んだ気がします。「アンドロイ [続きを読む]
  • 池上遼一+雁屋哲「男大空」全巻一気読み!
  • 「男大空」は「男組」の後、週刊少年サンデーに連載されました。おそらく「男組」は人気があったのに終わってしまったのでしょう。そのため同じような作品に後を任せるしかなかったと思われます。どちらも好きな作品です。しかし、読後感は「男大空」の方が優っています。男大空男大空 1 (MFコミックス) image by Amazon 「男大空」は「男組」は兄弟のような作品です。父を殺された祭兄弟たちの鬼堂家への復讐からストーリーは始ま [続きを読む]