白猫 さん プロフィール

  •  
白猫さん: ミュージカル徒然日記
ハンドル名白猫 さん
ブログタイトルミュージカル徒然日記
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/cheshire-teatro/
サイト紹介文ミュージカルを中心に、観劇した作品について、徒然なるままに書くブログ
自由文1ミューヲタによるブログ 観劇モットーは「広く!浅く!」
普通の舞台だけでなく、オペラや歌舞伎など、興味のあるものは観に行こうと心がけてます

観劇歴がまだ浅く、文章も下手ですが、観に行った方ぢけでなく、観に行けなかった方にも伝わるようなものを書きたいと思ってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/10 20:23

白猫 さんのブログ記事

  • ダディロングレッグズ
  • 念願の!ダディロングレッグズに行きました!演出もほの暗い照明も2人の演技・歌もすっごく好みで、本当に素敵でした原作はかなり前に読んでいたのですが、ダディが「ジャーヴィス」として会いに行くところとかがダディ視点で見られるのでこちらもドキドキワクワクしてしまいましたロックウィローのジャーヴィス坊っちゃまのテンションの高さwあとジルーシャはずっとダディの髪はフサフサだという考えはなかったんですねwちょっと [続きを読む]
  • 観たものいろいろ
  • こんにちは??この頃バタバタしていて、更新が滞ってしまいましたなので今月上旬観たものをまとめて挙げます6日 「レディ・ベス」@帝国劇場平野ベスの、王女→女王になる過程が素敵でした平方フェリペの健康的肉体ご馳走さまです(?)7日 中村屋特別公演 @文京シビックホール芸談・棒しばり・藤娘の三本立てマハーバーラタのカルナやビーマをやる勘九郎親子が微笑ましい。棍棒まで作っちゃったのねw戦国武将まで入れるとは…いやは [続きを読む]
  • マハーバーラタ戦記 千秋楽
  • 昨日、歌舞伎座の昼の部を観劇しました!やっと見られた「マハーバーラタ戦記」!3階でしたが最前だったので、景色良し、花道もちゃんと見える、いい席でした原作は読んだけど、武芸大会ぐらいまでしか行かずだから戦争の行方とかは本当に知らなかったです全体的な構成とか演出は良かった!衣裳とか基本的な要素は歌舞伎だけど、アクセサリーとかがインドって感じあと音楽!木琴や太鼓を中心としたパーカッションが独特な音楽で、 [続きを読む]
  • レディ・ベス 10月23日昼
  • 久々のミュージカル(笑)&帝劇子役を登場させたり、新曲を入れたりと、バージョンアップ?しましたまあ、やりたいことは分かる笑いの要素を減らして、結構スッキリした印象フェリペはあれでいいような。国王という立場もはっきりするし。下心だとちょっとねえでも歌詞は変わってないし、新曲もイマイチだし、何よりベスの人物像がそんなに魅力的に感じられないんだよなあ民衆に愛されてて(そもそもこの時、そんな世論があったのかど [続きを読む]
  • スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース
  • 今まで舞台を見て、開始直後に心を奪われ、鳥肌が立った作品初めて観たミュージカルCATS観劇範囲が広がるきっかけになった新演出のレミ歌舞伎の沼に足を踏み入れた阿弖流為初ステアラだった花髑髏ここにワンピース歌舞伎を入れることにしました冒頭勘九郎さんの「富・名声・力」で鳥肌が立ちましたなんか凄いものが始まる予感がして内容は昨年のシネマ歌舞伎を見たので、ワンピース未読・アニメは見た記憶しかない私でも、「こんな [続きを読む]
  • 霊験亀山鉾
  • やるべきことが多くてバタバタ&天候の変化で調子が上がらず、先週分の観劇をまとめるのが遅くなってしまいましたどんなに現実が忙しかろうと、観劇すると、そんなことを忘れて、舞台の世界に没頭してしまうやっぱりこの世界が好きだなあさて、国立劇場の「霊験亀山鉾」仁左衛門さん目当て実はまだ観たことなかった話も面白そうだし、色悪だからにざ様なんかヤバそう!(いい意味で)てことで行きました話は面白かったのですが、客席 [続きを読む]
  • 人間風車 10月5日
  • 人間風車 2回目9列目の上手ということで、舞台に近すぎず遠すぎずビビるかなーと思ったんですが…手汗の割に心は穏やかスピーカーに近かったので1回片耳塞いで構えたんですが、思ったよりも来ない…あれ…?1回目のあれは何だったんだ!?というくらい、何もなく成河さんの言う通り、「前情報なしで観る」て、すごく重要なんだなと感じました。驚きも感動も、新鮮さが大事ダブルキャストはまたちょっと異なりますが、舞台は観劇1回 [続きを読む]
  • 芸術祭十月大歌舞伎 夜の部
  • 人間風車の興奮?恐怖?を若干残しつつ、昨日は幕見で夜の部に行きました座席がほぼ埋まるくらいの混雑率でした沓手鳥孤城落月歌舞伎座では何十年かぶりに奥殿からの上演だったそうなむしろ二の丸からやってたことにびっくりしましたがここまで女性が多く出る歌舞伎も珍しいですね玉三郎の淀の方の狂乱は、なかなか見応えがありますが、ずーっとヒステリックな感じで、最後ちょっと飽きちゃったかな…淀の方にボコボコにされる千姫 [続きを読む]
  • 人間風車
  • 私、ホラーは苦手でして映像は勿論、お化け屋敷の類もダメこの前も友達と遊園地に行ったとき、無理矢理ホラー映像を見るアトラクションに連れていかれ、途中からずっと半目か音声だけで見てました笑たぶん音と突然ドン!と出てくるのがダメなんだと思う。いやホラーの基本要素じゃん!あ、でも活字は割と平気。山田悠介とかバリバリに読んでた笑。短編でジェットコースターの椅子が外れて、1人ずつ落ちていく…ていうのは凄い覚え [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 Season風 9月25日
  • 昨日は久々の登城今までと同様、盛大にネタバレを含むので、ご容赦くださいまずSeason風ていうより、「髑髏城の七人 with Animals」の方がいい気がする笑もちろん風吹いてますよ一体何匹出て来たんだろう?むしろ「そうだ、関東荒野だから、自然しかないんだ」て気づきました笑全体的にはアカをベースにしながら、アオワカ花鳥の要素を入れた作品になってます。突然ワカや花要素が出て来るので、過去作品見てる人は心の準備してお [続きを読む]
  • 逆櫓 9月20日
  • 昨日は幕見で逆櫓を観に行きましたTwitterで評判が良かったのと、「子午線の祀り」で「逆櫓」というキーワードが出てきたから気になったという、しょーもない理由です笑世話物や中堅・花形ばかり見てしまいがちなので、たまにはこういうのも良いかなとはいえ時代物はそれほど見慣れてないので、正直前半はキツかった音量が足りなくて聞き撮りづらかったのもあり、ポーッとしてしまいましたでもお筆が槌末の最期を伝える件から集中 [続きを読む]
  • 再桜偶清水 9月18日
  • 渋谷から移動して、着いたのが17時前それでも33番でした二幕目至ってはガラガラでした歌舞伎座初登場らしいです山路役の魁春さんが急遽降板なさったので、東蔵さんでしたずっと前に演じたことがあったらしいのですが(後で知りました)、それでもこっちもハラハラ舞台上もハラハラしてたので、なんだか不思議な感じになってしまいましたプロンプターがいたり、周りが位置を教えたりと、皆さんがフォローしてる姿が垣間見られました1 [続きを読む]
  • 百鬼オペラ 羅生門 9月18日
  • ジャンル分けに悩んだ、この演目オペラだけど、ガチのオペラじゃないし、でも歌も台詞もあるので、範囲が1番広いこのジャンルに入れました笑百鬼オペラ 羅生門芥川の「羅生門」を軸に、「蜘蛛の糸」「藪の中」「鼻」の3つの作品を絡ませたお話もう少し詳しく説明すると、羅生門の下人が老婆に出会い、例の行動を取るまでの数秒間の彼の脳内の中で、この3つの話が語られます。4つの話のあらすじを知っていれば問題はないです。まあ [続きを読む]
  • ファインディング・ネバーランド 9月13日
  • 一昨日はこちらへ曲だけ聴いて、うっかり話の予習をし忘れましたが、でも全然ついて行けました(ついていけない作品ってそもそも殆どないが)U25でしたが、二階席のドセンというめちゃくちゃいいところが来ました平日の昼間ということもあり、二階席は全体的に若い人が多かったですね背景として映像を使いつつ、ラブシーンではステージライトのみの幻想的な空間をつくるなど、全体的に舞台美術が素敵でした(カテコは撮影OKだった)絵 [続きを読む]
  • 納涼歌舞伎 第1部 第2部 8月13日
  • 朝、電車のスカスカ具合にお盆休みを感じました笑今のところ都内から出る予定がない今夏です笑さて昨日は歌舞伎座で第1部と第2部を観劇第1部は幕見で、第2部は1階席の端の方で観ました。まず第1部「刺青奇偶」中車の無骨な半太郎と七之助の儚いお仲のコンビがたまらない!!!品川の家の場の夫婦感(?)がいい玉様のお仲は勿論観たことないけど、七之助の声や姿にその面影が見られる病気のお仲とそれを介抱する女房おたけが、第3部 [続きを読む]
  • 納涼歌舞伎 第三部 桜の森の満開の下
  • 赤坂から意外と近かったので、幕見チャレンジしたら、無事にゲット!ビリーエリオット15:50頃終演、歌舞伎座には16:10くらいに着きました筋書以外の予習を一切してないですもう一回観るからいいかな、と笑野田秀樹の舞台の多くは、最初はスルスル〜と頭に入るのに、あるところから突然話が分からなくなる印象ですが、今回も見事にw次までに戯曲を読もうさて舞台はというと、非常に美しい美術は勿論、衣裳が本っっっ当に素敵!!! [続きを読む]
  • ビリーエリオット 8月10日昼
  • いやあ〜よかった!「ビリーエリオット」!!!時間とお金をかければ、海外に劣らない舞台が日本でも出来るってことを証明してくれた子どもから大人まで、全てのキャスト・スタッフが総力を挙げて創り上げた素晴らしい舞台でしたビリー/木村咲哉さん力強さと壊れやすさを併せ持ったビリーでした自分の意に沿わない事とかが途端にカッとしたり、語気が荒くなったり。その辺ちょっとお兄ちゃんに似てたり特に1幕ラストの怒りのシーン [続きを読む]
  • ビューティフル 7月26日
  • ミュージカル「Beautiful」初日「余裕があったら行くかー」て思ってたのが、ズルズルと引きずった挙句、「見送るか…」と思ってたのですが、ひょんな事から行けることになりましたまずロビー入ってビックリキャスボの周りはガラガラだし、グッズ売り場は男性しかいない( ゚ω゚;)女性トイレはスムーズだけど、男性トイレは行列…ていう現象を初めて見ました2階の1番後ろだったのですが、歌のクオリティが高いので全体的に聞き応えが [続きを読む]
  • 子午線の祀り 劇場ツアー
  • 昨日は「子午線の祀り」の劇場ツアーへ学生団体が2ついたので、一般の枠は少なかったのかな?そんな気がしましたツアーは3組に分かれて、劇場内を上から下まで案内していただきました「かなりの距離歩きますので!」という言葉通り、めっちゃ歩きます笑荷物はロッカーに預けられますが、100円玉が必要ですね(返金されます)今後劇場ツアーに参加される場合は、歩きやすい靴で行くのをオススメします!!階段上がったり下がったりし [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 7月14日夜
  • 今期ラストのレミゼでした2階のどセンだったので、舞台全体を眺めつつ、歌声とオケが混じり合って奏でる音楽を堪能できました(^^)バルジャン/福井さん福井さんのバルジャンは、終始迷いが垣間見られたような♪独白で生まれ変わるぞー!と決意を固めたけど、様々な局面で悩んでいるある意味人間らしい人間だったジャベール/吉原さんちょこちょこ演技が変わっていましたガレー船ではける時にゆっくり歩いてる囚人を小突いたり、パリ [続きを読む]
  • 子午線の祀り 7月8日
  • 子午線の祀り@世田パブ2階のやや下手ですが、最前列で観ました萬斎さんが「2階から観るのがオススメ」と仰ってたそうですが、本当に綺麗まず星空や潮の流れを表す照明や舞台美術が綺麗に見えます。「レディ・ベス」のようなあの感じ。そして第3幕で後ろに佇んで、戦乱を見守る影身の内侍と同じ目線の高さになること。知盛や義経が見上げる星々の1つになった気分になります。さて、源平の戦いを天の視点から見つめたこの作品「Requ [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 7月3日 *ネタバレ注意*
  • 関東荒野はめちゃくちゃ暑かった!風は吹いてますが…ほぼ日なたなので暑かったです笑劇場周辺のベンチも、僅かな日陰の部分が人気でした(日なたのベンチ温まってたし)さて鳥髑髏今回は歌ありダンスありの新感線らしい作品になってますワカ花しか見たことないので(アオのOPはちらっと見たことあるけど)、阿部サダヲの捨之介ってどうなんだろ〜歌あり踊りありってどうなんだろ〜と最初は思ってましたが、ちゃんと嵌め込んできて、い [続きを読む]
  • 浮世風呂+映像3本
  • こんにちは!雨が強いですが、今日はシネマ歌舞伎「弥次喜多」から、歌舞伎座の「浮世風呂」へ梯子してきました!弥次喜多は昨夏以来、久々でしたが、いろんなカメラアングルがあって面白かったです!いらないアングルとか映像とかありましたが……()終わってすぐ歌舞伎座戻りましたが、雨のせいか、幕見は余裕でしたねあらすじだけで「面白そう!」と思って行きましたが、そもそもなんでこんな舞踊つくろうと思ったんだろ、昔の人 [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 6月13日
  • 今週は30周年スペシャルウィークということで、客席もいつもより熱め今まで一番前方の席だったので、じっくり観ることができました(^^) その代わりすっごく疲れましたが笑バルジャン/ジュンモさん最初はかなり荒々しいバルジャン対決は猛獣vs猛獣だったその中で細かく細かく心の機微を表現してて、素晴らしいこれが一番分かるのが、マリからコゼへの手紙読むシーンコゼットに恋をしている青年がいること、何よりもコゼットが大人に [続きを読む]
  • 夢から醒めた夢 6月11日昼
  • 今日は「夢から醒めた夢」を観ました!劇団四季のカテゴリーに入れちゃったけど、まあいいかw何気にファミミュは初めてです観たいーて思った頃に、イロイロ変わっちゃったから…さて今回の夢醒めは初演版に回帰?したそうで劇場のキャパの問題とかもあるだろうね当然今までのを知らないので、何がどう変わったかは衣裳以外サッパリですがドラマチックなお話で、役者さんも皆良くて、舞台としては結構クオリティが高かったですです [続きを読む]