あんこ さん プロフィール

  •  
あんこさん: あんこのログ
ハンドル名あんこ さん
ブログタイトルあんこのログ
ブログURLhttp://ankonolog.blog.fc2.com/
サイト紹介文あらふぃふ。 脳出血による嚥下障害、構音障害、運動失調、体幹失調、温痛覚障害等の後遺症があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/10 22:52

あんこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ブログ引越しました
  •  最終的には、こちらで書いた記事、すべて新ブログに移行する予定ですが、しばらくまだここにあります。 お読みくださっていた方は、お手数ですが新ブログ あんこのログ(はてなブログ) を、ブックマークお願いします。引っ越し先では前記事でも書いた通り、これまでの内容にくわえ、政治,福祉、社会問題、その他雑多に書くつもりです。今後ともよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • Twitter&ブログ 近々引っ越す予定です
  • Twitter フォロワー様ブログ 読者様この「あんこ」アカウントは障害者としての情報収集、情報発信、共有、交流を目的に始めたものです。私は他に「特定の趣味用」「社会問題・その他興味のあるものetc用」と主に3つのアカウントを分けて使っています。障害があることは、このアカウントでしか明かしていません。障害者となって丸3年を過ぎ、4年目になります。障害者にとっての日々の諸々の問題の根源を探し遡っていくと福祉制度、 [続きを読む]
  • リハビリ病院を退院して丸三年!?
  •  なにも書かないと30日で広告が出てしまうので、広告出る前には更新しようと思っているのですが、なかなか。 もともと話すことが主体になるような仕事を続けてきましたし、文章を書くのも好きです。 しかし、後遺症によって話すことが苦痛となり、あまり話さなくなってしまいました。 ・舌や口周囲の運動失調のためろれつが回りにくい(非常に疲れる)し、もちろん発する言葉ははっきりしない。 ・軟口蓋が下がっているため、 [続きを読む]
  • 障害者、をどう子どもに教えるのが正解なのか?
  •  これまでも何度か、ここ最近で二度ほど、障害者や車いすをほぼ理解していないと思われる子どもに出会いました。 以前入院中にあったことは、この記事外からはやっぱり分かっていなかったに書いたのですが、当時も今も、やはりなにが正解か分かりません。 私はよく分かっていない子どもに興味深げに見られたり、大人なら投げかけてこないであろうことを言われてても、まったく傷つきませんし、むしろ、その子が大きくなって、も [続きを読む]
  • 脳細胞復活薬に期待!(NHK クローズアップ現代)
  • 将来薬によって脳細胞を再生可能か?(yonta64のテレビ番組ブログさまの該当記事にリンクします) 番組を見たという方も多いと思いますが、これ。 本当に実用化される日が来るなら、と願ってやみません。 この内容だけでは、というか実際の回復例もそれほどないことなので、多大な期待は禁物ですし、効果の出方も、恐らく人それぞれだと思いますが、完治は望めないまま、少しでも改善を目指す長い長いリハビリ生活、四六時中続 [続きを読む]
  • 機能の数だけ障害も病気もある
  • Twitterでこんな記事を見つけました。 なんでも普通にできるのに、どこから見ても、何を取っても普通の子なのに、漢字が書けない障害があるんですって。 記事は漫画で読みやすいので是非ご覧ください。 発達性ディスレクシア第4話 誰も気づかなかった障害 | うちの子は字が書けない 〜発達性読み書き障害の息子がいます| WEB asta(ウェブアスタ) https://t.co/S5JWTQANSp3年も通級していたのに、誰も気づかなかったんです。 [続きを読む]
  • 愚痴しか思い浮かばないので
  •  ブログ放置してるなあ、と気付いてはいるんですが、書きたいというか思いつくことって福祉やリハビリに関する文句や愚痴ばっかりなので、結局書きに来れないでいます。 ブログを始めた当時、まだリハビリ病院を退院して半年くらいの頃、介護保険もよく分かってなかったし(その時は理解したつもりでいた)、介護保険で頼れるサービスの限界を知らず(というか、こんなに規制が多いと思わなかった)、在宅で提供されるリハビリ( [続きを読む]
  • 介護、育児、子育て等に100%はない
  •  介護してもらっている立場で、だからこそ声を大にして言えないことですが。 介護も育児も子育ても、その介護者、育児者、保護者が精一杯できるだけのことをして100%これ以上出来ないところまで面倒を見る、としても、それで終わらないのが介護、育児、子育てなんだと思います、 子育てしたことがないので、あまり分かったようなことは言えませんが、例えば赤ちゃんの夜泣きに「夜中3,4回起されるのは何とか頑張って対応し [続きを読む]
  • 1回目の入院、病状などを知り合いに報告した内容
  •  ※ 初めての発症、一度目の入院→退院後、某SNS日記で友人、同僚、ネット友達に向け説明した内容をそのままコピペです。 ※ 一度目の出血や症状は今思えば、相当軽かった&いろいろな症状の原因、正式な名前など分かっていませんでした。 2010年9月xx日より10月xx日まで入院しました。 病名は難しいので省略しますが、脳内に出来なくてもいい厄介なもの(腫瘍ともまた違う)ができて、脳内出血を起こしました。 症状は [続きを読む]
  • 1回目の入院(1)〜全くの想定外の脳出血
  •  初めて脳出血したのは、6年前の秋。約三週間の入院を経て、今頃ちょうど退院出来た頃でしょうか? さすがに当時のことは忘れていることが多いのですが、m〇xiで同僚、友達に向けて日記を書いていたので、そのままコピペします。 今読み返してみると、まだまだ自分の症状をよく理解してなかったと思うところもありますし、気の置けない友人に当てた内容なので、文章が結構ふざけているところがあったり、仲間うちにしかわからな [続きを読む]
  • 脚が、手がダメになったんじゃない。その障害は脳が原因です。
  •  2,3週間前に、なにかのテレビで「2か月で片麻痺が回復した」という内容をやっていたので、脳疾患後遺症を持っている人、特に片麻痺の方は観た方は結構いると思います。 再現ドキュメントはお芝居なので現実と違うなと疑問に思うことも多かったですし、片麻痺の程度もはっきり分からなかったので、あの番組を観て、安易に「真剣に一生懸命やれば戻るんだ」と思っていいとは思いません。特に再現映像の患者さんは片麻痺で手が動 [続きを読む]
  • 医者は最悪を言うし、治ると断言しないもの
  •  脳出血や脳梗塞では、緊急の手術が必要な場合が多く、その前に医師の立場で「手術すれば救命(または回復)できます」とか、「今は意識ありませんがリハビリ次第では回復します」……などの予後について最善の見通し(だけを)言ってくれることはないです。 前向きな確定的な見通しを言えば、そうならなかったとき、すごく責めたり裁判沙汰にする遺族や家族もいるだろうし「最悪な状態になること」は実際あり得ることだから、そ [続きを読む]
  • 信頼したから、寝返りがまた出来るようになった
  •  訪問リハは私の場合PTOTSTすべて必要とするので、しかし制限がありますから、週に計120分まで、連続で60分まで(?)の制限があります。 足りるわけないのですが、制限以上やりたくても出来ない。自費にすればもっとできるんですが、40分を1割負担約700円(うち10分くらいはバイタルチェックで、実質30分)でやっていても、ほんとにあっという間で、それを自費で実質30分約7000円とか、正直すごく信頼しているセラピストさんな [続きを読む]
  • 車いすで初めてのバス
  •  先日、初めて車いすでバスに乗りました。 行きは途中停車場からだし、どれくらい時間がかかるか分からなかったのでタクシーを使いました。だいたいタクシーで15分くらい、1800円くらいのところです。 帰りはバスの始発の停車場だったので、初めてバスに乗ってみました。 車いすを見つけてこちらから頼むまでもなく車掌さんがおりてきてずべてセッティングしてくれました。 あまり頻繁に来る路線ではなく、利用者も少ないので [続きを読む]
  • 障害2級になりました(追記:自費診療、自主トレについて)
  •  手術してから2年が過ぎました。飲み込み 退院時はとろみが必要だったのが退院後数ヶ月で不要になる。嚥下機能自体はいくらか良くなったと思いますが、相変わらず苦労します。この一年では大きな変化はないと思います。 でも、ほぼなんでも食べられます。大福やだんごも食べられますが、正月の雑煮だけは怖くてチャレンジしてない。構音など口周囲の動きなど 舌の動きが相変わらず良くないので、発音があまり良くなりません。 [続きを読む]
  • 今年の介護認定結果
  •  2014年、リハビリ病院に入院してすぐに介護保険の認定調査を行い、結果は「支援2」でした。 当時は介護保険そのものを全く理解していませんでしたし、説明を受ける時にも「認定されると介護用ベッドや室内への手摺りの取り付けが実際の金額の1割で受けられたりするんです」と説明され、(いや、介護ベッド要らないし、家じゅう手摺だらけにしたくないし)くらいにしか思っていませんでした。 それが退院していざ、リハビリをしよ [続きを読む]
  • 保育園問題(というか福祉全般問題の原因ってなに)
  •  今話題になっている保育園問題。 私にも周囲にも保育園に通わせる小さな子供はいませんし、このブログの主旨は脳疾患による後遺症持ちの生活を綴ることですが、今話題になっている保育園問題って少子高齢化、福祉という面で対岸の火事と無関心でもいられず、気にしております。 なにしろ当事者ではありませんから、ネットやニュースからの情報や、人から聞いた話ばかりで、ソースもそのまま鵜呑みにしていいことばかりではあり [続きを読む]
  • 頭痛持ちだったのに、今はないんですが
  •  今年はうるう年ですね。 4年後の2/29は……生きているでしょうか?(笑) こればかりは私に限らずすべての人にとって未知ですけどね。願わくば、自力で外出できるようになって、ピアノ弾けるくらいになってたらいいなあ。 遅い時間でもう眠いのですが、寝て起きたらまた趣味没頭に忙しくて(リハビリしろー)ブログ書かないと思うので、真夜中ですがせっかくの2/29なのでブログを書きに来ました。 私、二十代の頃から俗にいう [続きを読む]
  • 嚥下できても外食できないんです
  •  たまたま読んだ漫画のワンシーンが、あまりに気持ちが分かり過ぎて、心で号泣しました。 そのシーンのあらすじ 戦時中の戦場で、夕飯を食べているシーンです。その中の兵士Aは利き手を負傷して動かなくなりました。その兵士Aは食事時になると見当たらなくなります。 兵士Bが探しに出ると、兵士Aは物陰でこっそり食べていました。箸を左手(利き手ではないほう)で持ってなんとか掴もうとしても上手くできず、箸や食べ物を落と [続きを読む]
  • 咽やすくなった(改善?)
  •  去年の夏ごろからでしょうか? 寝てると自分の唾で咽るようになりました。 発症以来、嚥下の機能は改善はしつつも、完全には戻っていません。発症直後(入院中) 一切飲み込めず、唾液もカテーテルでほぼ一時間以内に吸い出してもらっていた(唾液もともと多い)発症から一カ月くらい カテーテルでの吸出しは減った。それまで出来なかったティッシュに吐き出すことが出来るようになった。それにしても減ってはいるからいくら [続きを読む]
  • 認知運動療法……
  •  うわあ、しばらく更新していない認識はあったのですが、一カ月で広告出ちゃうんですね。 もう少し更新しに来ますが、相変わらずとびとびになると思います。 書くことがないとか、飽きたとか、具合が悪いわけではなく、単純に趣味に没頭しているだけです。(リハビリしろ) で、今訪問PTでは、しばらく認知運動療法(認知神経療法)的アプローチをしています。 この概念もざっくりしか分かっていないので、素人考えばかりに [続きを読む]
  • 回復期病院⑩〜階段の上り下り、外を歩く(やっぱボバース……?)
  •  入院して1ヶ月ほどから、リハビリ室(1つ上の階)へ階段で行き来するようになりました。階段の練習です。 階段では、ロフストランド杖は使いません。長いし、逆に引っかかったりして危ないのです。私はいくらか利きのいい右手で手すりを持って昇降りの練習をしていました。 登りは力一杯踏みしめて手すりにつかまった手の力も借りて、上がって行くことが出来るのですが、下りは怖かった。それでも当時は、PTさんがそばに付き [続きを読む]
  • 回復期病院⑨〜理論で覚える、感情で覚える
  •  子供の時に覚えたことって忘れないですよねえ、歌も歌詞なしで今でも歌えますし、九x九とかも丸覚えだし、私の場合はピアノで習ったエリーゼのためにとか子供時代に弾いたものは数十年経ってからも弾けました。大人になってから習った曲は、仕上げても数か月たつと弾けなくなるんです。。 あれって今覚えれば、歌詞の意味を理解してとか、楽譜をアナリーゼしてとか理論的に覚えてなくて、九九もそうですが丸覚えです。子供の時 [続きを読む]
  • 過去の記事 …