アベ ゴドウ さん プロフィール

  •  
アベ ゴドウさん: 中学入試算数を攻略する アベブログ
ハンドル名アベ ゴドウ さん
ブログタイトル中学入試算数を攻略する アベブログ
ブログURLhttp://wisard-hp.com/blog/
サイト紹介文埼玉 南浦和から中学受験。進学教室Wisard。 元サピックス算数講師、代表アベのブログ。
自由文進学教室Wisardの日常をつづっていきます。
更新は2日に1回。
子どもが賢くなる子育て・入試突破に役立つヒントを発信します。教材サイトWISARDNETも運営中。
http://wisard-hp.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/02/12 00:00

アベ ゴドウ さんのブログ記事

  • 【中学受験】まさに口の減らない男。
  • ある少年。授業中、不意に深いため息をつきます。どうしたの、ため息なんて、と尋ねると‥‥。なにやらブツブツと呟き始めました。 「そりゃあ、ため息も出ますよ。僕がこんなに塾で勉強させられているのに。3時間半も。お父さんと妹は、優雅に水族館に遊びに行っているんです。僕だけ、こんなところにいるんですよ」 「ほぉ。なるほど。こんなところ、ねぇ‥‥」 この子はこれから1年あまりでどこまで伸びるだろう?と思わせ [続きを読む]
  • 【中学受験】幼稚園受験・小学校受験について思ったこと(ほんの一言だけ)
  • Wisardは小学校・幼稚園受験とは縁遠い。 Wisardは中学受験を専門にしている教室です。だからというわけではありませんが、算数科の木村以外はスタッフ全員が公立の小学校の出身。ですから、「幼稚園受験」「小学校受験」の経験はほとんどゼロです。 ですが、通ってくる生徒には私立小や国立小の生徒がいます。ですから少しずつ身近に感じるようになりますし、公立小との違いなど、必要に応じて知識も自然と身についてきました。 [続きを読む]
  • 【中学受験】桜蔭生には○○○が多い???
  • 桜蔭生とお話ししたこと。 数回前の更新で、こんな記事を書きました。 【中学受験】卒業生との会話に万感の思い。それから豊島岡の国語の話題を少し。 その時に、渋幕・桜蔭に進学した生徒と、周囲の同級生には、どんな子が多いの?というお話をしました。もちろん競争を勝ち抜いた、非常に優秀な生徒たちだということは承知しています。ただ、それ以外にも内部の生徒にしかわからないような意見を聞きたくて、卒業生とお話しする [続きを読む]
  • 【中学受験】ある卒業生。もしも東大に合格したら‥‥‥。
  • 昨年度Wisardを卒業した中学1年生が今日、ふらりと遊びに来た時のことです。こんなお話をしました。 「中間・期末がイマイチだったんでしょ?」 「そうなんですよ。でも実力考査で取り返したから、たぶんもう平気です」 「それは良かったね。中学生の間は、ご両親に心配をかけない成績がまず基本だから。勝負はそこからだし。君の中高だったら、大学受験ではとりあえず東大狙うんじゃない?」 「え?そうなんですか?うーん、な [続きを読む]
  • 【中学受験】びっくりするような早退理由。
  • ある6年生との会話 夏期講習終盤でのことです。 ある6年生が、スタートから疲労困憊。体力的にかなり厳しい状態でした。はっきり言えばフラフラ。 その生徒と、こんな話をしました。 「そんな状態じゃ、続けても疲れるだけだよ。今日は算数だけ、後半の国語はお休みにしておうちに帰って休んだら?」 「イヤです。最後までやりきれ、って絶対にお母さんに怒られます」 それくらいの粘りはあってほしいところですが‥‥。 これで [続きを読む]
  • 【中学受験】塾の先生、とある大物経営者の方とお話をする(後編)
  • 前編・後編に分けた記事は久しぶりですね。前編の続きになります。 大先輩の経営者の方とお話していた時のこと。「長嶋茂雄」というワードに厳しい反応がありました。 目指すのは長嶋茂雄じゃない 「アベくん、長嶋茂雄という選手を知っているのか?君は現役時代を知らないだろうが、長嶋は確かに大スターだった。でも、それは見せ方が上手だったという面が特に強い、と僕は思っている。 例えば、空振りだ。ただの空振りじゃない [続きを読む]
  • 【中学受験】塾の先生、とある大物経営者の方とお話をする(前編)
  • お話の発端 先日ご縁があり、ある大物の経営者の方とお会いする機会がありました。教室の運営とは全く関係がないのですが、ちょっとしたヒントになることがありました。それを記事にしたいと思います。 その方は、経営する会社を3回上場させたという経歴をお持ちで、年齢は僕のちょうど倍くらい。ですが背筋は伸びて眼光は鋭く、 これは明らかに只者じゃない というオーラを放っていました。同時にお話が巧みでした。若輩のお話 [続きを読む]
  • 【中学受験】夜の勉強中、絶対に眠くならない方法
  • 生徒からの問いかけ 6年生から、こんな質問を受けました。 「先生、志望校別特訓の復習がなかなか終わらなくて‥‥。どうしても、夜が遅くなっちゃうんですよ。でも、いつも22時には寝ていたので、夜は無理です。眠くなっちゃうんです。どうしたら、眠くならないですか?」 その意気やよし。でも‥‥。 その姿勢は見上げたものです。やってやろう、という気持ちがあることそのものが、評価できます。誰だって、受かりたいか受か [続きを読む]
  • 【中学受験】算数 過去問の取り組み方(6年生向け記事)
  • 過去問演習が始まっていきます。 夏期講習が終わると、志望する中学校の過去問演習が徐々に始まっていきます。御三家、それに準ずる難関校を受験する場合は9月から。それ以外の中学校の問題を解く場合は、しっかり基礎力を固めた後の10月〜11月から扱っていくはずです。 志望校が過去に出題した問題を解くとなると、本人だけでなくご家庭も肩に力が入りすぎてしまう場合も多いことを感じます。しかし、変に難しく考えることはあ [続きを読む]
  • 【中学受験】コンカツのポスターに載っていそうな先生
  • 夏期講習は暑いですから、帽子をかぶって教室に来る生徒が多い時期です。ある生徒が、つばが広くて、目立つ帽子を持ってきていたので、それを頭にのせて授業をしていた時のことです。(ほんの1分くらいのことです)生徒たちから思いがけないコメントが飛んできました。 「先生、コンカツのポスターに載っていそうだね!!」 えっ??婚活のポスターに載っていそう?いったいどんな先生だと思われているのか、非常に不安になりま [続きを読む]
  • 【中学受験】もう国1(コクイチ)と呼ばない、とご存知でしたか?
  • 夏期講習中には卒業生が顔を見せてくれる機会が多くなります。その中には大学生や、これから社会に出る年齢になった元生徒もいます。 とは言っても、Wisardはいまの6年生が10期生なので、1期生は大学3年生の世代。新社会人は基本的に前塾で教えていた生徒、ということになります。教えている教室まで変わっているのにわざわざ来てくれるなんて、本当に嬉しいことだなと思っています。 さて、今年もそういった生徒が何人か来て [続きを読む]
  • 【中学受験】久しぶりの三者面談、パズルに集中する少年
  • 三者面談は基本的に行いません。 「そういえば三者面談って、したことがないよね!!」 というお話をWisardのスタッフですることがあります。三者面談というのは、本人・親・先生という3人で行う個人面談のことですね。これは先生としてのお話ですが、自分の学生時代も含めてです。理由は通っていた学校や教室にはそのシステムが全くなかったから。それだけです。 ですから、イメージがあまりありません。ただなんとなく「子供に [続きを読む]
  • 【中学受験】過去問を解く時。秋は点数なんて気にしなくてもいい。
  • 過去問演習が少しずつ始まる時期です。 Wisardでは、算数でも自宅で取り組んだ過去問はできるだけ提出するように指導しています。もちろん、ルールに従って解き直しをした上で。 算数は科目の性質上、添削が少ない科目です。生徒が解いた過去問を先生が毎回チェックする必要はそれほどありません。ですが、確実にプラスの効果があるという手応えがあるので、昔からずっと続けています。 ・ペースメーカーになること。・生徒の現時 [続きを読む]
  • 【中学受験】冷蔵庫は爆発しないことに気がついた少年。
  • 夏期講習中の朝。出かけるために準備をしている時。キッチンの床が水浸しになっていることに気づきました。 どうやら、冷蔵庫の扉を数センチ、開けっ放しにしてしまったようです。まあ一晩の数センチくらい、どうということはないはずなのですが……。忘れていたのは「冷蔵庫」の扉なのですが、なぜか「冷凍庫」にも影響が出るらしく、冷凍していたものが全て溶けていました……。 そしてその溶けた氷が水になり、床にまで拡がっ [続きを読む]
  • 【中学受験】お母さんだけが覚えている、子供の意思あることば。
  • 2月4日の豊島岡入試の直前に‥‥ 豊島岡出身の大学生とお話をしている時のことです。中学入試の昔話になり、当時のことが話題に上りました。 彼女は前々回のサンデーショックの年の生徒。ストレートだと今、大学4年生の世代ですね。僕はサピックスでの最後の1年間の授業をしていて、平常ではIJKα321を担当していました。 その子はK〜α3くらいの生徒で、中学受験の結果は、 1月:浦和明の星→○2/1:桜蔭→×2/2:女子学院 [続きを読む]
  • 【中学受験】ネット教材への反響に感謝。Lightning Strikes。
  • 感覚算数ドリル その反響 割合感覚ドリルをリリースしてから、50日が経ちました。最新の関連記事はこちらがです。 感覚としては、反応は概ね上々です。無料教材をダウンロードをしてくれた方の数は把握できますし(いま300人くらいです)、続きをご購入いただいている方々が増えてきたのも感じています。Wisardという学習塾はほとんどの方にとって、「よく知らない、埼玉にある教室」に過ぎないはずです。その教材と言われても、 [続きを読む]