maofan さん プロフィール

  •  
maofanさん: 真央&スケート応援ブログ
ハンドル名maofan さん
ブログタイトル真央&スケート応援ブログ
ブログURLhttp://www.mickey.red
サイト紹介文大好きな真央ちゃんとスケートのニュース
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供410回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2015/02/12 13:31

maofan さんのブログ記事

  • パリ・ベルサイユ宮殿
  • デイリースポーツによると。 フィギュアスケートのアイスショー「クリスマスオンアイス」が14日、コーセー新横浜スケートセンターで開演した。トリノ五輪女子金メダリストの荒川静香さん(36)、織田信成さん(31)らが出演。グランプリ(GP)ファイナルを制した16歳の紀平梨花(関大KFSC)について期待を寄せた。 公演後に取材に応じ「新しい若い力、日本から世界に発信できる誇れる選手が、またひとり日本から誕 [続きを読む]
  • 羽生結弦 、日本選手権欠場…世界選手権出場は?
  • 毎日新聞 によると。 日本スケート連盟は13日、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(24)=ANA=が、けがのため、21日に大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する全日本選手権を欠場すると発表した。羽生選手は体調不良や故障で同選手権3年連続の欠場となる。 羽生選手は「心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向け、できることを尽くしていましたが、出場することができず、非常に悔し [続きを読む]
  • 紀平梨花 に見た「失敗と向き合う力」
  • デイリースポーツ によると。 フィギュアスケートの世界でジュニアが急激に台頭してくることは珍しくない。特に女子の場合、ジャンプの技術が10代半ばで一気に伸びることが多いため、1年で上位の顔ぶれが変わるということもある。それでも、今季のグランプリ(GP)ファイナル(カナダ)で、GPデビューシーズンにも関わらず優勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=には、関係者からも驚きの声が上がっている。 幼少期の [続きを読む]
  • パリ・ノートルダム大聖堂
  • デイリースポーツ によると。 フィギュアスケートの世界でジュニアが急激に台頭してくることは珍しくない。特に女子の場合、ジャンプの技術が10代半ばで一気に伸びることが多いため、1年で上位の顔ぶれが変わるということもある。それでも、今季のグランプリ(GP)ファイナル(カナダ)で、GPデビューシーズンにも関わらず優勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=には、関係者からも驚きの声が上がっている。 幼少期の [続きを読む]
  • GPファイナル初出場V! 紀平梨花“新女王”誕生の秘密
  • 東スポWeb によると。 待望のニューヒロインが誕生だ。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日、女子ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16=関大KFSC)はフリーで150・61点をマークし、自己ベストとなる合計233・12点で初出場優勝を果たした。日本勢のGPデビューシーズンVは2005年の浅田真央以来、13年ぶりの快挙。世界に衝撃を与えた新女王はどうやって生まれたのか。その壮 [続きを読む]
  • パリ・ノートルダム大聖堂
  • 東スポWeb によると。 待望のニューヒロインが誕生だ。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日、女子ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(16=関大KFSC)はフリーで150・61点をマークし、自己ベストとなる合計233・12点で初出場優勝を果たした。日本勢のGPデビューシーズンVは2005年の浅田真央以来、13年ぶりの快挙。世界に衝撃を与えた新女王はどうやって生まれたのか。その壮 [続きを読む]
  • 紀平梨花は浅田真央+伊藤みどり 「最強女王」期待する声
  • 東スポWeb によると。 一夜明けても“キヒラフィーバー”は止まらない。フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場Vの快挙を成し遂げた紀平梨花(16=関大KFSC)は9日のエキシビションでも華麗な演技を披露。すでに風格すら漂うニューヒロインに対して、専門家からは早くも「歴代最強女王」を期待する声まで上がっている。 驚異の身体能力と豊富な練習量に裏打ちされた演技にキュートな笑顔も相まって、 [続きを読む]
  • 世界一の紀平梨花「北京五輪で優勝が夢」
  • 日刊スポーツ によると。ショートプログラム(SP)首位発進の紀平梨花(16=関大KFSC)が233.12点で初優勝を飾った。05年浅田真央以来となるGPデビューシーズンでのファイナル制覇の快挙となった。SP2位で平昌(ピョンチャン)オリンピック(五n輪)金メダルのザギトワ(ロシア)は226.53点で2位。演技後の一問一答は以下。−今日の演技について「1つ目のアクセルはミスだったけれど、そこから切り替えができた。緊張感もあったけ [続きを読む]
  • 真央がナビゲーター務める「ラブ・ネバー・ダイ」特番
  • ステージナタリー によると。プロスケーターの浅田真央がナビゲーターを務める番組「表現者 浅田真央〜ラブ・ネバー・ダイで開く新たな扉〜」が、本日12月8日16:30からTBSで放送される。番組では、浅田がアメリカ・リトルロックからミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」の魅力を紹介。このほか、日本版「ラブ・ネバー・ダイ」でクリスティーヌ役を務める濱田めぐみも番組に登場する。1月15日から2月26日まで東京・日生劇場で上演さ [続きを読む]
  • 紀平梨花、 SP今季世界最高点で強まる「ポスト真央」の重圧
  • 日刊ゲンダイDIGITAL によると。 日本時間7日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(カナダ)で、初出場の紀平梨花(16)がショートプログラム(SP)で82.51点を叩き出した。これは今年6月のルール改正後、今季世界最高得点。2位につけた平昌五輪金メダリストのザギトワ(16=ロシア)に4.5点以上の差をつけ、2005年の浅田真央(28)以来、日本女子13年ぶりとなるシニア1年目の優勝に王 [続きを読む]
  • 紀平梨花、フリーは最終滑走…GPファイナル
  • 朝日新聞デジタル によると。 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人が戦うGPファイナルは6日(日本時間7日)、女子フリーの滑走順抽選があり、ショートプログラム(SP)で、今季世界最高得点となる82・51点を出して首位に立った16歳の紀平梨花(関大ク)が、最終6番滑走に決まった。SP6位の宮原知子(関大)が2番、SP4位の坂本花織(シスメックス)が3番、SP2位で平昌五輪金メダルの [続きを読む]
  • “新星”紀平梨花、GPファイナルで女王ザギトワに勝利なるか
  • AERA dot. によると。 今季シニアデビュー戦を果たし、グランプリシリーズでは2戦2勝と鮮烈な印象を残した“新星”紀平梨花が、早くも女王アリーナ・ザギトワに挑む−−。 11月10日に行われたNHK杯でフリーの演技を終えた紀平梨花は、熱狂の渦の中心にいた。 冒頭でコンビネーションも含むトリプルアクセルを2本決めただけでなく、他の要素や滑りも完璧といっていい演技で、衝撃的なGPシリーズデビューを果たす。ポテンシャルの [続きを読む]