やんちゃ親父 さん プロフィール

  •  
やんちゃ親父さん: 2stスクーター改造・レストアブログ
ハンドル名やんちゃ親父 さん
ブログタイトル2stスクーター改造・レストアブログ
ブログURLhttp://gennchakaizou.blog.fc2.com/
サイト紹介文今後、消えゆく運命の2st原付スクーターの改造・レストアブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/02/12 23:09

やんちゃ親父 さんのブログ記事

  • ライブディオZXエンジンのOHとチューニングpart2
  • 前回、ZXのオーバーホール時にクランクシャフトが駆動系だけ長く振動対策で紙ガスケットでは無くゴムガスケットを使用していることを書きました。他車種との比較をしないと見えてこない部分です。ジャイロエンジンも他車種と比較することで見えて来る特徴があります。それはケースを留めるアルミボルトの数が多いことです。通常、ケースボルトは5〜6本平均ですが、ジャイロはエアクリやエンジンカバーのステーなど共締めするボルト [続きを読む]
  • ライブディオZXエンジンのOHとチューニング
  • 前回、私のジャイロで当店のプーリーを使い切った時の回転数と速度の関係を書きました。ライブディオZXに当店のプーリーを装着した時の回転数と速度の関係を教えて欲しいとメール頂いたので少し書きますね。ZXの場合、タイヤの外径から計算してタイヤを1回転させると130cm進みます。そしてギア比は1次側が3.153、2次側が3.461で変速比は10.91に成ります。たとえば8500rpmの時の速度を割り出してみましょう。8500÷0.625(プーリー [続きを読む]
  • 焼き付きテスト走行前の試走 part2
  • AmazonからPCのメモリーが届いたので、動画の編集を行ってみました。ところが今度はCPUとグラッフィックの性能が追い付かない。普通に使っている分には何の問題も無く快適な私のPCですが、負荷を掛けると全く使い物に成らない。ジャイロもPCも同じなんですね。ジャイロは4月からフロント周りをリード90の足にしたのですが、制動に不安があります。80km/h程度までなら問題無いのですが、それ以上だと思った距離で止まれない。もちろ [続きを読む]
  • 焼き付きテスト走行前の試走
  • 毎日、早寝早起きが定着してしまってブログを書く時間が取れなく成ってます(笑)ちょっと涼しく成ったかな〜?と思っていたら、また暑い松山に逆戻りです。中断している焼き付き実験も終わらせないと次のエンジン製作も出来ないので予定しているテストコースで試運転を行うことにしました。テストコースは過去に何度か最高速テストを行った1500mのトンネルです。とりあえず今の仕様で走ってみました。カメラのテストも兼ねての試 [続きを読む]
  • ジャイロ後期エンジンチューニングベースのレストア
  • 毎日気温が40℃弱なんて馬鹿みたいな日が続いていた松山もお盆を過ぎた辺りでやっと落ち着いてきました。おかげで生活リズムが年寄りみたいに成ってしまいました。朝5時には起きて、6時から野外での作業。気温が上がる10時には作業をストップして涼みに出掛けます。昼食を外で取って、15時には帰宅して夕方の作業に入り、夜10時には就寝ですからね〜動画が観づらいとの声がありましたのでアクションカムを買うことにしました。そん [続きを読む]
  • AF28スーパーディオZXのチューニングに向けてのレストア
  • 灼熱の日本列島ですが、お盆に突入しましたね。マロッシシリンダーを焼付かせて2stオイルの性能の違いを検証するテストですがこの暑さで延期しています。車体を停止させた状態で焼き付きが起これば問題が無かったのですが、エンジンに負荷を掛けなければ焼けないことが判りましたので実走行でのテストに成ります。焼付く時の速度は80km/hを超えると思われますので、転倒することも考えると半袖・半ズボンじゃ危険です。長袖・長 [続きを読む]
  • エンジン載せ替え
  • 台風が通り過ぎたと思ったら茹だるような暑さが続いています。松山では今回の台風は雨量も風も大したことはありませんでした。そして市町村の対応は前回の台風とは比較に成らないぐらい素早く行われました。前回の西日本豪雨でこれが出来ていたら死傷者も半分以下に出来たはずです。前回、愛媛県では30人が亡くなっています。大きな被害が出たら、それを教訓に対応をするのは日本人は得意です。ところが、大雨を想定して予め対応す [続きを読む]
  • エンジンチューニングの考え方
  • いや〜今年も暑いですね〜世間一般では異常気象なんて言われていますが、私の意見は少し違って気象変化だと思っています。私の子供の頃は35℃の日は「10年に一度の暑さ」って言われていましたが、今では猛暑日と言う名がついて、毎年当たり前のように到達する気温ですからね。去年、亡くなった父の一周忌を7月上旬に予定していたのですが、施設に居る母の外出許可が下りないんです。熱中症を危惧して気温が少し下がるまで外出禁止 [続きを読む]
  • マロッシ焼き付きでの2stオイルテストpart2
  • 私達は日本の道路交通法に準ずる形で2stスクーターを楽しんでいます。でも中には、それを良く思っていない人もいます。たとえばミニカーのヘルメット問題。もちろん、自分で安全を確保するためにヘルメットを被っている人も多いですよ。法律って穴や矛盾があるのは仕方ないんです。先日、20年ぶりぐらい?に路線バスに乗ったんです。空いていたので座席に座るとシートベルトが見つからない。運転手さんに「シートベルトは何処です [続きを読む]
  • マロッシ焼き付きでの2stオイルテスト
  • スクーターチューニングには大きく分けて2種類、駆動系チューニングとエンジンチューニングがあります。駆動系チューニングはギア比を変えたり、エンジンパワーを効率良くリアタイヤに伝えることが目的ですが、エンジンチューニングはパワー自体を増やすことが目的です。パワーを出す方法は?これ、単純で簡単なのですが、分かっていない人が多いんです。たとえば、皆さんは学校で掛け算の基本の九九を習ったと思います。3×3=9 [続きを読む]
  • 梅雨明けジャイロのメンテナンス
  • 週末の豪雨酷かったですね。私の所も避難準備まで行きましたが、幸い無事でした。私はこんな異常気象は今後も続くと思っています。というより酷く成っていくのでは?私の子供の頃は夏と言えば30℃超える程度でしたが、今は35℃超える猛暑日が当たり前のように有ります。昔は猛暑日なんて無かったんですよ。今後は40度を超える日も出てくるのでは?って思ってますし、今回以上の豪雨も有ると思います、今は衛星からの気象データーで [続きを読む]
  • RRカム装着と最新のスクーター駆動系
  • 昔の2stスクーターの駆動系チューニングと言えばハイスピードプーリーの装着でした。たとえば、ディオの純正プーリーは直径89mmです。ジャイロのプーリーも同じですね。でも、ベルトは外側まで回わりません。大体、外側2mmほど使えていないので両端4mmマイナスして実質85mmプーリーです。このプーリーを少し大きくして純正より変速幅を増やした物がハイスピードプーリーです。このプーリーを使うとセカンダリーは、より高回転で [続きを読む]
  • RRカムのインプレッションのはずが・・・・・
  • 鬱陶しい天気が続いていて野外の作業やテストが全く出来ていません。梅雨が明けたら明けたで暑いんでしょうね〜頼んであるパーツは続々と届いているんですけどね。まずは台湾製のキャブレターです。PWKのコピーですね。50ccで使うので22〜24mmと小さ目の口径の物が欲しかったんです。オートパーツの22mmにするか、KNのステージ6の24mmにするか迷ったのですがKNで他の部品を購入するついでに買っちゃいました。次にDLCロングプーリ [続きを読む]
  • 大口径プーリーの仕組みを考えたセッティング
  • ジャイロに乗っている方からの質問で「30km/hをオ−バーした時に点滅する速度警告灯を廃止したいけれど、どうすれば良いのか?」ですが、意外と簡単です。メーター周りの配線は色が決まっています。写真では分かりづらいのですが、緑/赤の配線のカプラーを抜けばOK。露出した端子にはビニテを巻いて絶縁しておきましょうね。そして本当なら今回の記事から焼き付きと2stオイルの性能について書く予定でしたがシンコーメタルから発 [続きを読む]
  • 駆動系メンテナンス part2
  • シンコーメタルから発売された「RRカム」ですが、ブログでインプレを書いて欲しいと要望がありましたので、近いうちにやりたいと思います。テストはステージⅤプーリーと当店の大口径プーリーの2種類で2〜3種類のセンタースプリングの組み合わせで行う予定です。そして当店で販売を開始した2stオイルもお客様からインプレが届いています。好評なのは良いことですが、「効果が体感出来なかった」などの批判的なインプレが今のとこ [続きを読む]
  • 駆動系メンテナンス
  • 梅雨の中休みで天気が良いとグッと気温が上がります。今年も暑く成りそうですが皆さんは、どうお過ごしですか?私の方は仕事の合間に私用でバタバタです。とりあえず梅雨明けに親父の一周忌で東京に行けば落ち着くと思います。記事を書くのが久しぶりのような気がします。私のジャイロは小変更で夏仕様にしました。って言ってもクーリングファンをKOSOからUPSに変えただけですけどね。前回、高速走行をした時に気が付いたのですが [続きを読む]
  • 高知キャノピー、フライプレート装着
  • 松山も梅雨に入ってハッキリしない天気が続いています。今日は高知キャノピーのオーナーさんが車両を引き取りに来てくれました。天気も何とか持ちそうなので、見送りがてらプチツーリングに行ってきました。距離的には往復60km程度ですが、この三坂峠は標高720mあります。腰上のドライコーティングして慣らし中のエンジンには、かなり過酷です。少し心配だったので、この峠を登りきるのを確認しに一緒に走りました。この三坂峠はバ [続きを読む]
  • 高知ジャイロキャノピー part3
  • 前回の記事ではオイルポンプとプラグコードについて書きましたがこれは旧車だから必要なことであって新車をチューニングするなら必要無いことです。逆に考えると、あと10年経てば他の部分にも気を使わないといけなくなります。旧車は時が経てば経つほどお金が掛るように成りますね。さて駆動系ですが、プーリーとベルトについては確認してありましたが、セカンダリーが未だだったのでチェックしてみました。後回しにした理由ですが [続きを読む]
  • 高知ジャイロキャノピー part2
  • 後回しにしたオイルポンプですが、当店の問い合わせにも増えているので今回は詳しく書こうと思います。オイルポンプ自体の説明の前にオイルシールについて少し書きましょう。エンジン本体の各部に装着されているオイルシールですが、裏表があります。これは今回交換するオイルポンプのシャフト部分のオイルシールです。左が圧力やオイルが漏れに強い面、右が埃等が入らないようにするシール面この裏表でオイルシールですね。ただの [続きを読む]
  • 高知ジャイロキャノピー
  • フロントの足回りを交換した私のジャイロXですが、少し時間が出来たので走ってみました。両手を離すと車体が傾きだすので、ほんの少し歪みがあるようですが問題無い程度です。ハンドルの高さが1cm弱高いので少し違和感があります。私は5mm高さが違っても分かりますが、普通の人なら気が付かないですね。そして、さすが90ccの足回りは安定感は抜群です。ブレーキですが、ディスクだけあってコントロール性は良いですね。でも、効き [続きを読む]
  • 高知からジャイロキャノピー入庫
  • 今回はリンクサスとブレーキキャリパーのオーバーホールを書く予定でしたが、old_kpさんが過去に日記で詳しく書いていました。行った作業は全く同じでしたのでそちらを参考にしてください。リンクサスのOHブレーキマスター・キャリパーのOHホイールベアリングのOH今回のリード足装着で苦労したのはハンドル周りでした。どう考えても純正のハンドルにリード90のブレーキマスターを取り付けるには無理があります。そこでアドレスV125 [続きを読む]
  • ジャイロXのフロント足回りをリード90に変更する
  • まずはお知らせです。シンコーメタル製の2stオイルですが、お試し価格で販売しております。お客様からのレポートも頂き、「レスポンスが上がった」「高回転まで回るように成った」など思った以上に高評価です。今まで使っていたオイルもワコーズの2CTやヤマハの赤缶など性能が悪い物ではありません。上記オイルからの変更で入れ替えで体感出来る評価を頂きました。お試し期間は5月一杯を予定しております。この機会に試してみては [続きを読む]
  • スリミを終えて帰還
  • スリーターミーティング行ってきました!前夜祭から参加させて頂き楽しんでしまいました。スリミの様子は他の方が、ブログやフェイスブックで書いてくれると思いますので割愛しますね。片道は陸路で行く予定でしたが、私のジャイロは組み上げただけで点検・メンテナンスも行っていない状態でしたので往復フェリーに変更しました。それでも徳島のフェリーターミナルまでは片道200km弱あるので心配です。案の定、車両はトラブル続き [続きを読む]
  • スリミに向けて
  • スリーターミーティイングまで、もう僅かに成りました。私も23〜24日には松山を出発する予定です。松山に帰ってくるのは5月5日頃だと思います。その間、作業はもちろん、メールの返信も出来ませんのでご了承願います。急ぎの方や会いに来ていただける方は直接電話くださいね。そして、お知らせです。当店のショッピングサイトはFC2を利用しています。注文や入金、発送時には自動でメールが送られるように成っておりますが、一部の [続きを読む]
  • スリミに向けて暗雲 2
  • 前回のブログで過失割合が解かりづらいようでしたので改めて少し書きたいと思います。実際の現場をGoogleMAPから切り出して説明しますね。事故当時は夜間でしたが、写真は日中の物を使っています。青が私のジャイロ、赤が軽自動車、黄色が乗用車です。衝突時の状況です。私の走行車線を塞ぐ形で出て来たので乗用車のフロント部分に突っ込んでしまった訳です。ブレーキをコントロールしながら軽自動車にぶつかれば、十分に速度を落 [続きを読む]