アヤ さん プロフィール

  •  
アヤさん: やりっぱなし。。。
ハンドル名アヤ さん
ブログタイトルやりっぱなし。。。
ブログURLhttps://ameblo.jp/aya2210/
サイト紹介文シンイ二次小説です ヨンとウンス以外の周辺の人々も出てきます 甘い恋愛だけじゃないそんなブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/02/14 08:19

アヤ さんのブログ記事

  • ”春の宵の過ごしかた”
  • ヨン  書を読んでくれる約束よね そうでしたか? 忘れたふりをしないで  早くう それより早く床に入りましょう  春眠暁を覚えずといいますから  さあ 約束を守る  それが高麗武士よね では 一編だけですよ  ほんの短い物にしましょう いいわ  はじめて ウンスは薄衣でヨンに凭れかかり 耳を傾ける 胸元にウンスの紅い髪がかかり  甘い香りが漂う イムジャ  ううんっ 最近 文字の習得はどんな具合ですか なあ [続きを読む]
  • 夢見草(ゆめみくさ)  
  • 春 風があたたかく甘みを持ち始めた  顔をなでるようにふいている 高麗の冬は苛酷で身も心も凍てつく やっと氷が溶けて 体も楽になってきた 数日前に満開になった桜 早咲き桜は今日のいたずらな春風で桜吹雪になった 地面を桃色にかえて 俺はイムジャを待ち続けたあの頃  咲き乱れる桜を眺め 貴女と桜を愛でる時を夢見た あの時は桜 ではなく 夢見草だった 夢でもいい いいや  現世でまた貴女の肩を抱きたかった そして [続きを読む]
  • 初心者どうし
  • まだふたりが知り合って間もない頃のはなしなんでそうなったか覚えていない二人で郊外へ出掛けた数歩先を歩くヨン ウンスが遅れ気味になる (まずいか?俺の歩みが速すぎたか?)ウンスの歩幅に合わすヨン横目でヨンを盗み見するウンスヨンは無表情で黙々と歩く (何か話さないと 何か言ってよ  間が持たないわよ)隊長 今日はお仕事はいいのですか?ええ まぁそうですか貴女はここに慣れましたか? ええまぁ 会話が続かない [続きを読む]
  • 2018年Amebaおみくじ と  おまけ
  • 明けましておめでとうございます 今日からお仕事の方がおおいかな 元旦は来客 2日よりパートの仕事でやっと一人時間ができました おみくじ 両極端がでました(笑) りえさんの年越し企画では全部制覇出来ませんでした(泣) 今年は無難に過ごしたいな♪ みなさんも良い一年でありますように ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ おまけ はあ 新年 初日から寒稽古とはな それも大護軍立ち会いでだぜ おい 早く 湯浴みをす [続きを読む]
  • シンイで年越し企画  2017   爪先(隷属)
  • 鳥の声で目覚める 王宮内の私室 床を離れ 身支度を整え 典医寺へ向かう いままで何年も同じ朝を迎えた 医員達に今朝の仕事を振り分け 自分の診察室に行く 唯一つ変わったことは隣りに紅い髪の女人がいること 想定外の知識と行動   容姿とはかけ離れた言動 良くも悪くも驚かされる女(ひと) チャン先生 いま いいですか? はい? この患者ですけど 投薬の配合がこれでいいか  見てくれます どれですか 天界から現れた天 [続きを読む]
  • シンイで年越し企画  2017   手首(欲望)
  • ただいまあ 泥だらけの顔で外遊びから帰ってきたプヨン 奥からウンスが声をかける プヨン 戻ったの  手を洗いなさいよ ほーい 水屋へ行き甕から水を汲んで手を洗う 何気に横を見るとダンが口をモグモグさせて座っていた あああ  ダン なんか食べてる ダンがプヨンに驚いて口を手で隠した なになになに 無理やり手を払い除け 口元を覗きこむ 少しばかりの餡が口の端に付いていた あ〜あ 団子だあ ダンが何かをごッくんと呑 [続きを読む]
  • シンイで年越し企画  2017   指先 ( 賞賛)
  • ううう 医仙様  こちらを  お早く 医仙殿 また 担ぎ込まれました 慌ただしく兵が行き交う  血の匂い  うめき声 国境の戦場  ここは後方にあるウンスの救命所 次々運び込まれる負傷兵 ウンスは数人の医員と共にヨンの命を受け ここ  最前線にいた 薬材は足りる? はい  先程  大護軍がテマン殿に調達を頼まれました そう  包帯は どうにか  しかし  これ以上増えると不足するでしょう 何でもいいわ  代 [続きを読む]
  • シンイで年越し企画2017  額(祝福)
  • 王妃がおかしい 先程まで普通に話をしておったのに 顔を歪め 青白い顔で足早に居所へ行ってしまった ドチ?  どうしたのだ  我が妻は。。。 ドチにも分からぬらしい  後を追ったチェ尚宮に聞くしかないのか 王は追いかけたいのを押しとどめた 公務が済むとすぐさま 王妃の間へ向かう 自ずと早い歩みになった 戸を呼び出しを待たずに開けさせ 入るとチェ尚宮が控えていた 王様 尚宮  王妃はどうだ 只今  チャン侍医 [続きを読む]
  • シンイで年越し企画  2017   頬(親愛)
  • シンさん  洗濯ずみの衣をお持ちしたのですが ヨンの要請で禁軍の兵舎に居を構えてふた月  兵士たちとも馴染んで過ごしていた 身の周りは下働きの下女がみてくれた  掃除、洗濯。賄い飯と居心地はよかった ああ すまん そこらへんにおいてくれ はい  娘は洗濯ものを置くと出て行ったと 思っていた あのお 背中で声がした んっ  なんだ  まだ用か いえ  用ではないのですけど  シンさん   シンは声の主の方に [続きを読む]
  • シンイで年越し企画2017  背中(確認)
  • おはようございます 世の中は年の瀬  それも大晦日 お寒うございます 年越し企画にまたまた 乗らせていただきました 軽い読み物としてお楽しみください よいお年を          アヤ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇どりゃあ   とうー 怒号が飛び交うウダルチ鍛錬所 あちらこちらで剣術の鍛錬中 ヨンは木刀を片手に兵士の間を見て回った 型の崩れた兵を直してやり 全体を見回す 古参のトルべやトクマンが若い兵をしごいている [続きを読む]
  • アメブロサンタからのおくりもの  プヨン  仁義なき戦い
  • おっと!! プヨンがちゅうを飛ぶ 逃すか ヨンが図太い腕をのばした まだまだ プヨンがほんの僅差でかわす おのれ  ちょこちょこと 出来るなら捕まえてみればあ 言ったな  みていろ  天下のチェ・ヨンにむかっておちょくりよって へへへ   先の天下はプヨンが貰った 無理だぞ  俺は生涯現役 ヨンとウンスの寝屋で時折勃発する寝床の争い 人は仁義なき戦いという 被害者はウンスや家人達 後かたずけが大変であった あん [続きを読む]
  • ”シンイで年越し企画2017 概要”    kissマスター
  • こんばんは 年末のりえさんのイベント企画を前にひとつアップします りえさん  リブログしてしまいました   m(_ _ )m 本題から離れてしまったような。。。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 俺は熟睡はしない  爆睡もしない いや  ウルダチ兵舎の部下達のいる場所だけはするかもしれない 俺の屋敷でさえ 神経は研ぎ澄まされている いつ 刺客が現れてもいいように 先程から何やら得体のしれない気を感じる  殺気ではなさそうだ [続きを読む]
  • kissマスター
  • 俺は熟睡はしない  爆睡もしない いや  ウルダチ兵舎の部下達のいる場所だけはするかもしれない 俺の屋敷でさえ 神経は研ぎ澄まされている いつ 刺客が現れてもいいように 先程から何やら得体のしれない気を感じる  殺気ではなさそうだ 目を開けてみる  目前にピクピク痙攣する紅き唇が映った クアッ 俺は咄嗟に手でそれを押した グェ 痛いじゃないのととさま プヨンがぼやいた お前  何をする チェ  最後のひとつ [続きを読む]
  • つぶやき
  • こんばんは お久しぶりです 年末にりえさんの年越し企画に参加させていただこうかと思います 書けるかなあ のアヤですが 断捨離(?)でブログをかたづけた イベント 企画ものを再度 掲載してみました あの頃はずいぶん書けたのだなあ と吃驚 まだ 書きかけもあるのですが。。。(ごめんなさいです(;^_^A) 温かい目で見守って下さい                       [続きを読む]
  • シンイ ファンはスルーして下さい  今日はいい夫婦の日
  • 珍しく ツレと遠出の旅行へ行ってきました 私は関東人なので中国地方は初めてです 出発まではワクワクの夢心地でしたが帰宅 すると現実が戻って来ました あ〜あまた 日常が始まる。。。 旅は楽しかったけれど ツレと衝突も。。。 いい夫婦。。。 簡単なようでなかなか難しい 飛行機でブーン元乃隅稲荷神社秋芳洞 錦帯橋厳島神社大和ミュージアム・てつのくじら館原爆ドーム 石見銀山仁摩サンドミュージアム出雲大社 宍道湖 [続きを読む]
  • 明星 10
  • 大丈夫か?  ヨンが女に尋ねた 女は何も応えない 母国語で再度聞く  それでも女は睨みつけたまま 応えようとしない 自分が    トクマンが声を発した 大丈夫ですか?  私の言う事がわかりますか?  英語 日本語  中国語で話かける 女は何も喋らない この人 話せないんですかね トクマンが頭を掻きながら言った 話したくないのか  話せないのか  それよりお前が語学に堪能だったなんて意外だ 自分だって やる [続きを読む]
  • プヨンだよ〜ん    モンスターがブログにやってくる
  • 誰かいるかい? 甥っ子!!  ヨンはいないのかい? チェ尚宮がヨンの屋敷の門を潜った まったく  年寄りを歩かせよって  あやつを呼べばよかった ふうっ 屋敷の前庭に何やら山積みの作物がみえた なんだ  朝鮮カボチャか  なんでこれほど多くが野ざらしに 焼いて食すと美味だろうに 近寄ってひとつ手に取った 小さいよりは大きい方がいいがのお 大味ということもある  適度の重さが旨かろう 一際大きなカボチャが眼に [続きを読む]
  • 何度でも。。。  モンスターがブログにやってくる
  • イムジャ  貴女が逝ってから幾度も季節は流れた 子供達は其々の道を歩んでいる 日々の任務は忙しく 皆とも上手くやっている 貴女の元へ旅立てば イムジャは俺を迎えてくれるだろう きっと  いや  必ず 輪廻転生  仏の教えにあるもの 貴女と直ぐに逢えないとしても 何度でも イムジャ 貴女に巡り逢う  そして 共に歩むはず 永久に 永遠に。。 HAPPY HALLOWEEN [続きを読む]
  • 明星 9  モンスターがブログにやってくる
  • 暗視ゴーグルのスイッチを入れる 暗い通路を音をたてず進む   トルべが先に立って角を確認する クリア 親指を立てた ヨンは頷く チームは目的の地点へ向かう 現れる角をクリアして進む ガンガンガン  暗闇に鳴り響く音 ヨンはチームの歩みを制した 周りの様子を窺う うるさいぞ  もう諦めろ    角を覗くとひとつのドアに兵士が立 って 中に怒鳴っていた まったく お前のせいで俺だけ居残りだ ガンガンガン  また 音 [続きを読む]
  • 明星 8  モンスターがブログにやってくる
  • フォーク(ヨン) 各人員 所定の位置につきました ヨンはその声に頷いた クロウ(チュソク) そちらもいいな  送れ 小型マイクに向かい小声で通信を送った 準備完了  送れ 耳に着装した装置からチュソクの声が届いた ふたまる(20時)丁度から開始  概ね予定通り 想定外の 事態にはすぐさま連絡よこせ  送れ 了解 フォーク  送れ なあ  トルべ  なんでお前今でもコールネームがヒヨドリなんだ 後方のトルべに呆 [続きを読む]
  • 私にゆだねて   一日遅れの名月
  • 寒々とした草叢  無数のススキが辺りを埋め尽くしている 澄んだ空気が夜の帳と夕陽が混然と共にある空に満ちていた 風になびくススキの穂 貴女は私に背を向け遠い彼方を見詰めている ここ  高麗のこの地に連れて来られ  貴女の世とは違う出来事 に身をおいてもうどのぐらい経つだろう お連れしたのはこの私 おかえしすると約束したのもこの私 貴女を庇護し 想い みつめてきた 神医としての貴女 異邦人としての 天人として [続きを読む]
  • 明星 7      2017年残り100日の運勢
  • ご無沙汰してます アメバの企画ものには喰いつくアヤです 記事も書かず  太陽の末裔に胸キュン  麗に萌え 嫉妬の化身に大笑いで休みの日を使い切るそんな日々を 送っております おみくじはナイスでしたがブログネタがどうなることか。。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇某国  街外れのあばら家 屈強の男達が自分の銃器の手入れに余念がない その奥の一角  古びた机の上に広げられた地図と機械類 連合軍が三方向から敵をおびき出して [続きを読む]
  • 明星 6
  • ミ―チィングルーム1 ヨンはドアを開いた ガタガタ立ち上がる音が響いて兵士達が起立してヨンが正面に 立つのを待つ コツコツコツ 軍足を響かせ正面に立つ チーム長に敬礼 全員が直立不動でヨンに敬礼をした ヨンは見廻すと敬礼を返した 休め  席についてくれ トルべ どうだ 動きは戻ったか トクマンついてゆけるか ふたりは頷いた では ミッションを伝える  我が軍単独ではなく 連合軍としての 作戦の一端を担う テロ [続きを読む]
  • プヨン  目移り
  • こんにちは ご無沙汰しております 嬉しかったこと アメーバピグのお庭でプヨン 読んでたよと言って下さったこと 整理した記事をまた読みたいと言って下さったこと ありがとうございます ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 今日はかかさまと市井に買い物 お仕事で忙しいととさまはダメだと言えず 渋々付いて行けない 事をぼやきながら私兵を二人つけた まったく  アンタと二人でいいのにねえ ほんとだよ  みて あの面倒そうな顔 おじさん [続きを読む]
  • 明星 5
  • 仲間と話しながら食堂を出ようとしたトルべ下士にヨンは声を掛け た トルべ下士  元気だったか? チェ大尉!! トルべ  前回の昇級審査は僅差でダメだったんだって? はあ。。。 今度会う時は中士か大士だと思っていたぞ いえ  とんでもないことであります まあいい  今回のミッションは難しそうだ  トクマンの事を頼んだ ぞ はい  判りました じゃあ  後でな はい  失礼します 遠ざかるヨンを見送るトルべにチュ [続きを読む]