gon さん プロフィール

  •  
gonさん: 松江の石碑/stone monument of Matsue
ハンドル名gon さん
ブログタイトル松江の石碑/stone monument of Matsue
ブログURLhttp://monument.from-matsue.net/top/
サイト紹介文島根県松江市内にある石碑を紹介しています。
自由文島根県松江市内にある石碑を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/14 22:25

gon さんのブログ記事

  • 【松江の石碑を巡る】玉湯町「本郷圃場整備竣工記念碑」
  • <スポンサーリンク><写真><地図>玉湯町林<碑文>概要当地区は、本郷川の左右両岸に沿って広がり、東西を山に囲まれた、面積十五ヘクタールの農業地帯で営農作付体系及び受益農家、水利条件等比較的まとまりのある稲作中心の集落であるが未整備のため農業の近代化を阻害している、今回本事業により機械化を図り、共同作業体系の促進と農地の流動化及び高度利用をし農業の近代化と経営の安定化を図る。全体事業量  区画整理 [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】殿町「松江開府400年祭記念之碑」
  • <スポンサーリンク><写真><地図>松江市殿町<碑文>松江開府400年祭記念之碑              謹書 藤岡大拙慶長16(1611)年、堀尾吉晴公により5年の歳月をかけ松江城と町は完成した。以来、松江は先人たちの尽力により国際文化観光都市として発展をとげ、開府から400年を迎えた。歴史と風土の中で、つちかわれた文化と伝統の意義や特色を市民とともに考え、未来に継承していくため、城と町の建設に要した年月 [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】八雲町「林霞舟先生歌碑」
  • <写真><地図>松江市八雲町熊野<碑文>国立療養所松江病院長林霞舟先生は昭和二十四年松江市に短歌結社「湖笛会」を創設されまたNHKラジオ歌壇島根新聞歌壇および熊野大社献詠歌等の選者として短歌を志す人々の育成指導に努めて来られました。この度湖笛会二十五周年記念として各位の好意ならびに会員の総意により、出雲文化発祥の地歌道ゆかりの当地に先生の歌碑を建設するものであります。昭和四十八年中秋湖笛会<建立> [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】鹿島町「講武地区農業基盤整備事業竣工記念碑」
  • <写真><地図>松江市鹿島町北講武<碑文>講武地区農業基盤整備事業 竣工記念碑  島根県知事 澄田信義書碑文 ここ講武から佐太にかけての平野一帯は、古くから農耕が営まれてきた大地である。往時この地を治めた松平藩は、平野を貫流する講武川の洪水を利用し、講武城山の肥えた土を下流に流し、湿原を肥沃な耕地に変えてきた。この川が天井川で下流ほど幅が狭かったのはその名残でもある。川は平野に大きな恵みを運んだが [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】宍道町「合併三十周年記念」
  • <写真><地図>松江市宍道町上来待<碑文>宍道町・来待村 合併三十周年記念宍道町長 松本武正書建立由来 本町が、昭和三十年四月当時の国策に沿って合併し、新町誕生発足、爾来既に三十幾星霜、町運も愈々隆盛の道を辿っていることはまことに同慶の至りであって、その恩恵は町民斉しく享受しているところである。 時恰も、旧来待村の中心地である当大森区へ、その装いも重厚な農村環境改善センターが建築なされたことを機に [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】内中原町「故医学博士小橋茂穂先生顕彰碑」
  • <スポンサーリンク><写真><地図>松江市内中原町<碑文>小橋先生は 大正二年当校を卒業され尓後貧困その他悪条件にもめげず苦学力行 松江中学校 京城医学専門学校に学び 満州新京に於いて順天病院を経営されました昭和十六年母校 内中原小学校の校地の狭隘を聞くや直ちに率先して多額の浄財を寄託され これにより約五百坪の校地が拡張されました新校舎落成に当り 終戦時家族と共に自刃散華された先生の遺徳を後世に伝 [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】内中原町「園山俊二のお堀端」
  • <スポンサードリンク><写真><地図>松江市内中原町<碑文>園山俊二(漫画家)昭和10年(1935年)〜平成5年(1993年)この堀端近く 外中原町月照寺丁で生まれ育つ家族の絆を大切にし 自然 特に故郷松江の自然をこよなく愛する気持ちを作品に込め 全国の読者に親しまれる松江開府400年にあたり 功績を称え後世に語り継ぐため 幼いころブナ釣りやトンボとりをしたこの場所を「園山俊二のお堀端」と命名する平成23年(2011 [続きを読む]
  • 【松江の石碑を巡る】宍道町「西来待地区圃場整備竣工記念碑」
  • <スポンサーリンク><写真><地図>松江市宍道町西来待<碑文>沿革当西来待地区は来待川下流西側に位置する平坦地であり大正末期から昭和初期にかけての耕地整理により出来た本町でもまれな穀倉地帯であったが最近の農業の近代化に伴う大型機械の導入及び稲作転換いわゆる汎用性耕地の対応にせまられ遂に地区民一同の要望により土地基盤整備による営農改善を目的とする団体営圃場整備事業として採択された。昭和五十三年度より [続きを読む]