さとみ さん プロフィール

  •  
さとみさん: 絶望の底から青空を見て・・・
ハンドル名さとみ さん
ブログタイトル絶望の底から青空を見て・・・
ブログURLhttps://yoshikasatomi.muragon.com/
サイト紹介文吐血後緊急入院、24時間の余命宣告、最愛の夫が他界した。哀しみに耐え独り未亡人として生きる奮闘記
自由文突然の死。肝硬変、糖尿病、肝性脳症、溶血性貧血を抱えながらも必死に働き家族とお酒を何よりも愛した夫。一人娘と共に23日間の介護生活をおくった。それから1年。拭い去れない「哀しみ」。それでも「喜び」を探し・・「独り未亡人」として生きる奮闘記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/02/15 14:16

さとみ さんのブログ記事

  • 私の願い
  • 目の前にいて… 触れたい時には手を伸ばし… その温もりを感じて… 喜びも悲しみも分かち合い… 「お前百まで!わしゃ99まで」 相手に先立たれることによって淋しい思いをしたくないから自分より先に死なないで欲しいという願い。 また夫婦が一緒に最期を迎えよう…という思いが込められているこの言葉のように…。 「ともに白髪の生えるまで」 共に生きていたかった。 だけど… どこで、道を間違えたか分からないが、 [続きを読む]
  • どこへ行けばいいのだろう…
  • この街に来て… あっちゃんと暮らした街を離れて… もうすぐ1年が過ぎる。 昨日、園長に呼ばれて 「義香さん。この学園に来られて1年が経とうとしていますので、契約継続の手続きをしてもらいたいのです。」 「はい…」 「5年間勤めると、後は5年毎の契約になります。」 「はぁー…」 「まだ、地元へは帰られませんよね。」 「あっ・・はいっ」 書き慣れない住所…と、名前を書いて、今日の日付を書き捺印。 昨日は [続きを読む]
  • シェア
  • 娘の携帯に… 雨の被害は大丈夫か?というラインやメールが幾つも届く。 次々と…届く。 その度に… 自分の街は大丈夫なこと。しかし隣の街は、ライフラインが止まってしまっていることや道路が寸断されていることなどの状況を知らせている。 さ そして今…自分にできることは、その情報をシェアして友達から友達に広める事だと言い、正しい情報を集め、いち早く知り合いに知らせている。 必要な物を必要な所に届けてもらう [続きを読む]
  • 私の最期
  • 夜になると考える。 母が他界した年齢。65才。 母は最後の最期まで私の理想だった。 母の様に…この世を去りたいと…いつも思う。 母の生き方は、真似できない。 専業主婦であり、地元の仏教婦人会での活動、若い頃から日本舞踊を習っていた為地域の行事では、ボランティア活動の一環として、申し入れがあればいろいろな場所で踊りを披露した。小さな地域ではあったが、地域の中心的人物でもあったし、人の為に飛び回ること [続きを読む]
  • 会えない七夕
  • すごい雨… 昨日の夜は、携帯からの報知音にも驚かされた。 どこもかしこも日本地図は、真っ赤で… 様々な警報が出ている。 我が学園の我が寮の利用者達(皆んな中高生)は、朝6時半に臨時休校のメールが届き… 「学校…行きたいなぁ・・」って恨めしそうに窓から雨を…揺れる木々を見つめている。 学園の横を流れる川… 窓からはよくは見えないが、さっきから「水深◯◯メートル…」と、トランシーバーからしきりに聞こえ [続きを読む]
  • 今…伝えなければ・・
  • いつも…寝る前に・・・ 枕元の間接照明だけをつけて、少し高め目の白い天井をぼんやりと見つめ、そこから見えるあっちゃんの遺影に向かって…幸せだったか・・・と、尋ねます。 答えは返ってこない。 あの時から…あっちゃんは… もう…この世に足をつけていなかったように感じます。 緊急入院してからです。 水の量も制限され食事は摂れず、一日中繋がれている点滴の数は、多い時で一度に6本で…体の至るところに血圧、心 [続きを読む]
  • 仕方がないじゃないですか!
  • 久しぶりの雨だった。 雨は時として嬉しい。 朝から何もしなくても、どこにも行かなくても…「今日は雨だから…」で片付けられる。 そして・・ こんなにもやる気のない私になってしまって…仕事も辞め、家も義父母も…ほっぽり投げても… 「仕方がないじゃない。 あっちゃんが死んじゃたんだから…」で…済ませている。 いつ頃までなんだろう。 それが…許されるのは…。 多分… 私は、これからもいろいろな時に、いろい [続きを読む]
  • 死別 伝わらない思い
  • ブログの中に・・ 沢山の哀しみをみます。 一日中動けない日があっても…いいですよ。 親友だと思っていた友達なのに以前と同じように話せなくなった…分かりますよ。 朝から酒を飲み、残酷な日常からの逃避をする…お酒は飲みませんが…わたしも同じですよ。 本当に分からないのです。 そして…伝わらないのです。 その人が感じている哀しみは、その人にしか・・・。 ただ…人は優しいですから、いろいろな言葉で元気づけ [続きを読む]
  • 何を遺そうか…。
  • 仕事を始めた娘は生き生きとしています。 少しの間、育児から解放出来る事と収入が入る事が嬉しいようです。 しかし、なかなか実際の所、そう順調にはいかなくて、なっちゃんが1ヶ月に数回風邪を引きます。中耳炎にもなりました。突発性発疹に2回も…病気をもらってきて、仕事どころではありません。それに伴い、熱が高いと心配で心配で…私も心配するだけですが・・案外疲れます。 保育所に通い始めると、沢山の病気を貰って [続きを読む]
  • 私の1番…
  • 私は、この人生…何を1番大切にして生きてきたのだろか。 お金、愛情、健康、名声、仕事… 私の人生何が1番したかったのだろう。 小さい頃からの夢であった仕事に就き、素敵な男性と結婚して、子どもは二人ぐらい。 豪邸でなくても自分の家を建て、経済的に余裕もあり、家族がみんな健康で楽しく過ごす事だった…はずた。 お金、愛情、健康、仕事…。 あっちゃんがお金持ちの長男だったり、どこかの御曹司だった訳でもない [続きを読む]
  • 死ぬまでにする事!
  • 一日…引きこもっていました。 そうしたら…考えることといったら… なんで… どうして…って・・・ 何故…こんな生活になってしまったの・・・ そんなことばかりで・・ 他にもっと楽しい、建設的なことはないものかと…。 悲しくなるくらい自分の人生を悔む事ばかりしか浮かんでこなくて…。 情け無いです。だから… 死ぬまでに10個やりたい事!果たしたい事をあげてみようと考えました。 死ぬまでにすること 〜10 [続きを読む]
  • 愛おしさが、益々膨らんで…
  • 泣くことも以前と比べて…随分少なくなった。それは、けして哀しみが薄れた訳じゃなくて。 哀しみが、「愛おしさ」に少しずつ変わっているからだとこの頃感じる。 彼が倒れる2日前… 虫の知らせだったのだろう。急に彼のことが気になって… 「今日、背中流してあげるから…」って…結婚してから随分言っていない台詞を言った。 店に行く前にお風呂に入るあっちゃんに… 何か見えない力が.私にそう…言わせていた。 次の日 [続きを読む]
  • 死にたい訳ではないけれど…
  • いつまで続くのだろう。 この・・なんとも言えない無気力状態にも似た毎日が… 木々の葉は大きく広がり日に日に生命力を蓄え力強く美しい新緑の季節を迎えている。 両手を力一杯広げて… これから始まる…そんな予感がする。 それなのに. 私は、もう既に・・・ 人生をやり終えた…感で一杯だ。 死にたい訳じゃないけれど… 生きたい訳でもなく・・・ ただ何事にも逆らわず、なるがままに… 可もなく不可もなく生きてい [続きを読む]
  • 消えない憎しみ
  • 実は… しばらく妹とは話しづらい時期があったのです。 妹の長男と次男の結婚式に行かなかったのは、もちろん、あっちゃんが他界して間もない事もあり、煌びやかな場所が、私の「哀しみ」を、より深いものにするだろうと予測できたからでもありましたが、本当は・・・ 会いたくない人がいたからなんです。 それは、 妹の嫁ぎ先の家族。 大嫌いだ! 死ねほど嫌いだから…。 あれは、父の葬儀が始まる少し前でした。 場所も [続きを読む]
  • 紫陽花は雨がなくても…綺麗なのに。
  • かえりたい…。 かえりたいなぁ…。 あっちゃんがいたあの頃に… あっちゃんがいるあの家に… 私の愛するあなたの元へ… かえりたい・・・。 もういいでしょ! あっちゃんも反省していると思います。体のことも考えずお酒を飲んだことも… 家族に内緒で多額のお金を借りた事も… 止むに止まれず,悩んだ挙句の事だったのでしょう。 もう…随分反省していると思います。 だから… 返してください…。 まてよ… 反省す [続きを読む]
  • 父親からのラブレター
  • 娘が仕事を始めました。 今のご時世…保育所に預ける条件として、保護者が職に就いていないといけないそうです。 昔からそうだったのでしょうか? 娘が保育所に入る時は、待機児童だの、何ヶ月待ち…だの…そんな話は聞いたことがありません。 市が経営する保育所でしたが、スムーズに1歳10ヶ月から入所しました。 もう…随分前の事ですが、今でもはっきり覚えています。初めて親の手から離れた日の事を・・・。 【初めて [続きを読む]
  • 夫婦
  • 夫婦って… 空気の様な存在って言うけど本当なんだなってつくづく思う。 居るのが当たり前で。 一緒にいる時は、その存在の大切さも大きさも考えることは滅多にない。 いつのまにか横に居て、いつのまにかスッと居なくなって・・・ 風のように私の横を通り過ぎるけれど… それを目で追うわけでもなく・・・なんとなくやり過ごす。 柔らかな空間がそこにある。 その風は… 2人の間を流れる風は、年々・・・吹いている事を [続きを読む]
  • これって…いけないことですか?
  • 娘が… 娘「見て!見て!お父さんにそっくりやろ!」 私「いやいや!もっとかっこいいやろ」 娘「後ろ姿見てみ!」 娘「お父さんやん!」 一人で盛り上がっている。 私「あんなに太かったかなあ?」 娘「あのサングラス!頭の格好…」 娘「お父さんやん!」 私「あんな服…着よったね」 私「あっちゃんやん!」 あっちゃん!って飛びついて行きたかったけれど、隣にいる奥様に悪いので…止めました。 私と娘は二階から [続きを読む]
  • 水無月
  • 「水無月」 綺麗な響き… 「水無月」というのは、水が無いという意味ではなく、「無」は「の」という意味があって、 「水無月」=「水の月」と言うと聞いたことがある。 小学生の頃は、梅雨がそろそろ明ける時期、何処の田んぼにも水が多くあるので「水無月」になったとも教えてもらった。 妹が、最近リウマチと言う病気が再発したことを聞いた。 「また…痛いんかあー?」 「朝が。動けん…」 「どこか痛い?」 「足」 [続きを読む]
  • 夢のような生活!
  • 普通の… 極、極普通の生活をすることを楽しみにしてた。 妄想・・・ 理想の主婦生活…。 60才…いやいや! それよりも少し前に仕事を辞めて、家に居て主人(あっちゃん)の帰りを待つ。 「おかえり!」って迎える。 あっちゃんは、毎日晩酌をする。直ぐにお風呂に入るので、その間にテーブルのセッティング。 セッティング…って言っても、料理は得意ではないし、もう…50も後半になった夫婦なら、吸い物と焼いた魚と [続きを読む]
  • 当たり前だけど…
  • あっちゃんの死で・・・ 世の中の全ては暗い闇に覆われ、あらゆる人の心は哀しみのどん底に突き落とされてしまったのではないだろか…と思った。 誰もが嘆き…哀しんでいるのではないだろうか…と・・・思った。 あっちゃんの死は世の中の全てを巻き込んだ…に違いないと思っていた。 あまりにも哀しかったから… そんな錯覚に陥っていた。 でも…一歩外に出ると違ってた。 私より2メートル先の世の中は、キラキラしていた [続きを読む]
  • 今…1番言いたい言葉!
  • 「いってらっしゃい!」 なんて… 素敵な言葉なのでしょう…。 そして、そのあとには… 「おかえりなさい。」と… あるのですから…。 コンビニを手掛けるようになって、一日の生活リズムも変わり、私達夫婦は、すれ違いの毎日だった。そんな中でほとんど言わなくなった言葉が、 「いってらっしゃい!」だった。 あの日1月23日の告別式…。 少し大きめの声で…言った。 あっちゃん! 「いってらっしゃい!」って…。 [続きを読む]
  • あなたがいないから…
  • 3年前のあの日に…天と地がひっくり返った。 哀しみの中で…もがき苦しんだ日がどのくらい続いただろう。(もちろん…今でも…) あっちゃんの仕事の事… コンビニとの契約…解除 借金・・・ 知らされてなかった沢山の問題に… しなければならないことが山ほどあった。本当の哀しみに向かい合うことができないほど悩んだし、愛おしいあっちゃんに対しても憤りを覚えた。気が変になりそうだった。 しかし… そんな…時でも [続きを読む]