hiroo さん プロフィール

  •  
hirooさん: 厩務員日誌 〜仏・シャンティイーより〜
ハンドル名hiroo さん
ブログタイトル厩務員日誌 〜仏・シャンティイーより〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/hir00oo/
サイト紹介文2008年渡仏。約60頭の現役サラブレッド競走馬とおくる厩舎の日常生活風景。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/02/15 22:01

hiroo さんのブログ記事

  • 道中の折り合い。
  • 厩舎開業にはお金がだいぶかかることを只今実感中です。 結構お金があったはずなのに出費が激しい。 先行投資と思って我慢していますが、口座残高を見る事は最小に控えています。 フランス競馬でいいところ、それは自由競争なところ。 勿論、辣腕代理人と組めば勝てる可能性が高まることは否定しません。ただそれ以上に実力社会。調教師もジョッキーも腕があるものが生き残る、自然淘汰されていきます。 運というファクター [続きを読む]
  • 隣町の大聖堂にて。
  • いよいよ1歳馬セリが来週火曜日に迫ってきました。緊張と楽しみが混在するような。 厩舎に馬を迎える前に、先日は隣街サンリスまで所用があって行ってきました。 シャンティイーからは車で10分ほどの距離なのですが、この街、中世ヨーロッパと言えば良いのでしょうか、もの凄い雰囲気がある街なんです。 知っている人なら知っているサンリスの大聖堂。 初めて中に入ったのですが、やばいです。 [続きを読む]
  • 厩舎のこだわり。
  • 競馬で何をしている時が1番楽しいか、と聞かれたら… 瞬間的にはレース。それはほぼ全ての人に当てはまるかな、と思います。 ですがレースの予想といった事前準備があるからこその面白さかな、と思ったりもします。実際、レースの予想をしている時の方が楽しかったりもしたりとは思いますが。。 それは置いておいて、 来週に迫った1歳馬セリへ向けて本格的に厩舎の準備中です。やっぱり楽しい。 楽しすぎて [続きを読む]
  • 物の見極め。
  • さて、注目の毎日王冠。リアルスティールの関係者の方々おめでとうございます。 レースは中団外目も前に壁を作れる、まあそこまで悪くない位置取り。馬体的にも本番へ向けてもう一段階ギアを上げられそうな印象もあり、良い試走となったのではないでしょうか。 もったいなかったのはサトノアラジン。 枠の影響で外を回らされる展開。もう少し内目の枠なら結果もまた違ったものになったかと思います。この次のG1で外人を乗せて [続きを読む]
  • G1を勝てる厩舎と、勝てない厩舎。
  • 今朝は4℃!季節の移り変わりが早いです。 所用でフランスギャロ(よく見ると馬の腰掛けにFG(FranceGalop)の刺繍)へと行ったついでに。 ここはエーグルの周回コース。ご存じ世界トップクラスの調教場。フランスでG1を勝つ厩舎が使用する場所です。自分の厩舎でも度々行くことがあると思います。 と言うのもここシャンティイー、隣町のラモーレも入れてしまえば、普段使いの芝コースだけでも3つあります。 [続きを読む]
  • 季節の変わり目。
  • 凱旋門賞が終わると1年の終わりみたいな印象があります。 古馬のレースは余韻を楽しみつつ、2歳のレースは2000m級のレースも始まり、しかも馬場は重い。秋口までとは違ったスポーツを見ているようです。 フランスでは各々厩舎内で馴致も行う為、本格的に1歳馬も入厩し始め、この牡馬はアルマンゾーの全弟(父ウットゥンバセット)。血統だけ見たら1億円は軽くしそうなお馬さん! 値段は1 [続きを読む]
  • 凱旋門賞③
  • 今回はパドック。 イネイブル。 正直な感想としていいもの見たな、とレース後思わせてくれました。 サトノダイヤモンド。 サトノノブレス。タナパク調教師、お互い頑張りましょう! ザラック。血統(母ザルカヴァ)から期待はされているんですが未だに高すぎる期待に追い付かない印象。 オーダーオブセントジョージ。今年の流れでは伏兵の域を出ません [続きを読む]
  • 凱旋門賞②
  • ちょうど1年前の10月この舞台でワンツースリーを決めたオブライエン厩舎の馬が競馬場に到着した瞬間にでくわしました。 レースの約4時間前に到着しました。アイルランドからの輸送ご苦労様です。 ちなみにイネイブルは約6時間前に到着、写真は無いのですが、かなりピンピンしてました。 日本のように競馬場まで画一輸送をする訳ではないので、こういうところにも勝敗を分けるキーがあるように思います。 [続きを読む]
  • 凱旋門賞速報。
  • とりあえず凱旋門賞速報です。 勝ったのはイネイブル。 デットーリ騎手はこれで5つ目の凱旋門賞制覇。 凱旋門賞は4レース目。 今日の芝は昨日のものより大分締まっているように感じました。 数値は3.6発表も、自分の経験による感触は3.3。 2400m先のゴールで1mmの鼻先が勝負を分けるこの世界。 レース前に自らの脚で馬場を歩くなど、努力を惜しま [続きを読む]
  • 凱旋門賞①のおまけ。
  • 凱旋門賞の前夜、土曜のレースが終わった直後に現役馬のみのセリが行われます。 今年は例年にも増して熱が入ってましたね。1200000?(約1.5億円)主取りとか! 写真は3歳牡馬ウォリングステイト(父ヴィクトワールピサ母チリエージュ)。ご覧の通り日本産馬、カタールの馬主さんがセレクトセールで購買された馬です。 結果90000?(約1200万円)。戦績はG1独ダービーの前哨戦を勝って本番 [続きを読む]
  • 凱旋門賞①。
  • 今年もやっぱり撮ってしまいました。 去年はこの凱旋門賞覇者に贈られるミニ凱旋門にえらく感動して写真に収めたわけですが、今年も誘惑に負けてしまいました。 去年よりかっこよくなってる?と思ってしまいましたが、実際のところどうなんでしょうか。 朝イチの発表はこれ、3.4、すなわち稍重。 2レース終わった後に気付いたら、3.6に手書きで訂正されてました。 実際の印象 [続きを読む]
  • 凱旋門賞の予想編。
  • 今日は土曜日阪神3レース。ヘンリーバローズが快勝。関係者の皆様、おめでとうございます。 道中行きたがる素振りを見せるも最後は余裕たっぷりの楽勝劇。 若駒によくある手前替えの問題もスムーズ、時計通りの評価をして良いと思います。 兄とは違って、よりシルヴァーホーク(走るロベルト系にありがちな腹袋大き目)が出ている感じ。 現時点ではスピード能力がありすぎるので距離は長すぎない方が良いように思いました。 [続きを読む]
  • 現状維持。
  • 公式発表によるとシャンティイー競馬場の馬場は3.5。日本的に見ると、稍重〜重馬塲の部類に入ります。 午前10時の発表後小雨が降ったので、現状維持か3.6くらいでしょうか。 フランス時間の今晩、枠順抽選会が行われます。 凱旋門賞には毎年恒例のグリーンベルトが出現するので、ハープスターのような大外一気はまず無理なコース形態となります。 シャンティイー2400mの特性として、直線の長さから由来する比較 [続きを読む]
  • 日本とフランス。追い切りの違い編。
  • 今朝はモヤのかかる中、日本より遠征中のサトノダイヤモンド・サトノノブレスの追い切りが行われました。 日本人が閉鎖的だ、とか今更批判するつもりは無いのですが、何も隠すことが無いのなら、もっとオープンに対応していく方が世の為、返すは自分の為にもなる、と自分は思っています。 当然、馬相手の仕事なので、万事全てが良い方向に向かう訳も無く、そういうことも含めて発信していくのも仕事の1つなので [続きを読む]
  • 地元民の特権。
  • 今日は文字通りひねりも無く地元民&関係者だからできること。 今朝のシャンティイー競馬場の馬場です。 見た目は綺麗に芝生の生えそろった緑の絨毯ではありますが、ご覧の通り天気は曇り。今は大分日が照ってはいますが、どうなることでしょうか。 現段階で残っているのは19頭、ここにイネイブルが追加登録を経て加わるはずなので20頭。 しかしながらエイダン・オブライエン厩舎も依然7頭残してきているの [続きを読む]
  • メディア・新聞にはまだ出ていない情報編。
  • 今朝、シャンティイー競馬場場長さんと個人的に会う機会があったので、馬場状態を聞いてみるとペネトロメーター4.0! ご存じの方すいません、これは日本の不良にあたります。 この前のフォワ賞時よりも重いですね、現時点では。 今週は日曜まで雨予報は出ていませんが、さっきも小雨がぱらついたように曇天続き。 最高気温も20℃前後を推移しているので大幅な馬場良化は難しいかと思われます。 ただ、内ラチ沿いには凱 [続きを読む]
  • フランスへとお越しの際には…
  • 今回は急用でのフランス・日本往復となったので、飛行機会社の選択の幅はほとんど無し。 なので普段は使わないエールフランスを使用してみました。 この航空会社はやはり仏系だけあって、ストライキで飛行機が飛ばなくなることも比較的頻繁。。 そういった理由で今まで避けてきた訳ですが、結論から申しますと意外とよろしいですね! エコノミーで何も不満の無い自分としては機内食が評価の大多数を占めます。食べるの大好き [続きを読む]
  • フランスの共同(一口)馬主制度について。
  • そろそろ来年へ向けての出資が終わる頃かと思いますが、皆さまはどうでしたか?好みのラインナップを揃えられた方、おめでとうございます。そうでない方も、来年が早くも待ち遠しくなりますね。 今日はフランスの共同(一口)馬主制度について。 最大20人まで一緒に1頭の馬を持つ事が可能です。 条件は2つ。 敷居⇒年収約500万円。 それと警察のお世話になったことがなければ(…)、OK。 認可されると、競馬場・馬 [続きを読む]
  • 右回りと左回り。
  • 実は水曜まで所用で出張。→日本まで行ってきてました。 イルカさん、突然の訪問なのにわざわざ相手して頂いて、いたく感謝しております!今後とも是非ごひいきに。 合わせるかのようにラビットランが快勝!おめでとうございます。 一時は開催が危ぶまれましたが当日は降雨無し。馬場も摩訶不思議な良馬塲となっていました。さすが日本の馬場技術は違います。 そこで感じたのがこの馬主スタンドの [続きを読む]
  • フォワ賞③とその他。
  • そういえば、意外と日本人の方を見受ける事はありませんでした。10月1日の日曜日には結構たくさん来られるのかな? 寄せ書きも去年のマカヒキ宛みたいなのが届くんですかね、密かに期待している自分がいます。 去る日曜は凱旋門賞前哨戦デー。 なので、古馬向けのG2フォワ賞以外にも本番と同距離同コースの重賞が他にも行われました。 この馬はフォワ賞に出走した(3着)タリスマニック(父メダグリアドロー [続きを読む]
  • フォワ賞②
  • 今回のサトノダイヤモンド・ノブレスの敗戦で日本における今年の凱旋門賞熱は下がってしまうのでしょうか。 ここを狙い目と見るか、早めに見切るか。センスが問われるところです。 データ上、まず勝ちは無し。 巻き返しのあったパントレセレブル(2着→1着)も前哨戦での致命的な不利が無ければ楽勝していたので参考外。馬券外に消えた馬となるとエルナンド(4着→2着)くらいでしょうか。 ラ [続きを読む]
  • フォワ賞①
  • 週末にかけて雨が続き、結果馬場は不良(発表は重に近い不良)になりました。 注目の日本馬サトノダイヤモンド。 出来は85点といったところか。まだ前哨戦仕上げというコメントには同意も、前哨戦に向けてならもう少し良い意味の余裕が欲しいのが本音ではありますが。 検疫の問題もあるのでしょうが、到着後3週間で競馬、のち中2週で本番。おそらくですが輸送疲れもあいまって、このローテでは本調子で走る [続きを読む]
  • 週末の展望。
  • 雨天とまではいきませんが、晴れの日は少なくて土曜は本格的な雨予報。 去る日曜日のシャンティイー競馬場の馬場状態は重発表。 天気予報が当たるとすれば良くて重馬塲、悪くて不良に近くなることもあり得なくはないかもしれません。勝ち時計は2400mで2分32,33秒もしくはそれ以上にもなり得そうですね。 内輪情報では今年のG1サンクルー大賞勝ちのザラックは凱旋門賞直行で、ここフォワ賞は回避模様。サトノの2頭 [続きを読む]
  • トリコロールブルー。
  • 文字通りトリコロールブルー。今日の札幌最終12Rで勝った馬です。 何故この馬か? 単純に菊花賞、この馬面白そうだなと思ったからでして。 春からなんかもったりした感があったので、血統の割(母ペンカナプリンセスはG1愛1000ギニー2着)に距離は大丈夫と自分は思っています。しかも今日の成長分+32kg! いくらかは余裕を感じられましたが、この秋が楽しみとなる勝ち方でした。さて、騎手は誰になるか… [続きを読む]
  • 初めの一歩。
  • Facebookでは先に紹介しましたが、厩舎への入居準備が始まりました。 https://www.facebook.com/hirooshimizustable/ 以上リンクにて、Facebookにて厩舎のホームページ始めました。 基本、開業後毎日写真アップしていく予定なのでそちらの方も宜しくお願いします。 入口を入るとこんな感じで、花も繚乱、非常に綺麗な場所です。 馬もリラックスできるんじゃないかな、と思っています。 奥へ進む [続きを読む]