hiroo さん プロフィール

  •  
hirooさん: 厩務員日誌 〜仏・シャンティイーより〜
ハンドル名hiroo さん
ブログタイトル厩務員日誌 〜仏・シャンティイーより〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/hir00oo/
サイト紹介文2008年渡仏。約60頭の現役サラブレッド競走馬とおくる厩舎の日常生活風景。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/02/15 22:01

hiroo さんのブログ記事

  • 1歳馬セリの結果。
  • 先日行われましたドーヴィル1歳馬セリでは岡本、尾田、椎名各オーナー(かな順)のアテンドをさせて頂きました。 椎名オーナーのご紹介での来仏となった訳ですが個人的には各オーナーのご希望に添えられた良い買い物ができたと思っています。 穴馬発掘した気になっていざセリに臨んでみると、やはり見ている人は見ているらしく、値段が上がるというのがセリあるあるですが、今回落とした4頭の仔はスピードありそうなのにだい [続きを読む]
  • ご無沙汰してます。困った事情がありまして…
  • 超久々の更新となるわけですが、実はフランスで買ったパソコンの気まぐれで(単に自分が機械オンチというだけとも言えますが)日本語入力が困難になってしまったのです。今ようやく解決策を見つけて、数か月ぶりにこのブログ書いてます。 タイムラグは少々あるのは目をつぶってもらい、まずは凱旋門賞の振り返りから手短に。 挑戦をするのは良いことだと思いますが、無謀なものははっきり言ってしなくてよいと思います。 幸いシ [続きを読む]
  • 夏場に向けての厩舎の秘密兵器。
  • フランスも、シャンティイだけに関わらず全土で、猛暑が続く毎日です。 馬は基本的に寒さを好む生き物でして、必然的に暑さには弱い。 暑さが続くと馬場も軽めとなり、脚に負担がかかる。と余り良い事は思いつきません。 日本のようにこの暑さも長くは続かないのは幸いですが、競走馬は生き物ですのでたとえ数日間といえども対策は必須となります。 自厩舎各馬に各々扇風機を設置しました。 ビフォアアフタ [続きを読む]
  • 日本からの贈り物。
  • お蔭様で厩舎所属馬数が増えていき現在8頭。うち2頭が放牧に出ているので実質6頭を管理している毎日です。 思い起こせば昨年10月ドーヴィル1歳馬セリにて、マオズシーナとサクラゼンセンの2頭を、それぞれ椎名オーナーと栗本オーナーが購入され、預託して頂いたのが厩舎にとっての初めての仔。 前者はトラブルには欠かない仔でいつもどこかが調子悪くなる。しかしながら調教ではなかなか良い動きをするので秋予定のデビ [続きを読む]
  • 厩舎の日常・競馬編。
  • 昨日日曜日はシャンティイ競馬場にてG1通称仏オークス、ディアヌ賞、が行われました。 勝ったのは英国からの遠征馬ローランス(父シユニー)。 普通ではタブーとされる、G1サンタラリ賞からのローテで勝ったこともあり、新・鉄の女の称号を得つつあります。 この馬は英国で調教されているのですが実はフランス産馬。ですのでレース賞金にプラスして貰える最大60%にのぼる内国産馬奨励金を計算に入れての再度の仏遠征である [続きを読む]
  • 厩舎の日常・調教編。
  • いつもお世話になっております日刊スポーツの木南さんがシャンティイに立ち寄るという先週末。 英仏ダービーの為に来られたとの事ですが、折角なので普段の調教を案内出来ればと思い、リオン坂路までお連れしました。 自厩舎では全馬4脚バンデージ。こちらフランスで日頃より各馬にこれほど手をかけている所は皆無です。怪我があってからでは遅いんですがね。 調教ライダーにも恵まれ、こ [続きを読む]
  • 6月にシャンティイ観光に訪れるべき理由。
  • 日曜日はシャンティイ競馬場。 フランス競馬の七不思議の1つとも言える、2週間後のG1仏オークスよりも盛り上がらないG1仏ダービーが開催されました。 勝ったのはご存知ディープインパクト産駒スタディーオブマン。 この勝利でパスカル・バリー調教師は仏ダービー6勝目。おめでとうございます。 ミスター仏ダービーともいえるこの方でも実は秋の凱旋門賞は未勝利。自分の記憶が確かならば同じくニアル [続きを読む]
  • 115番。
  • 昨日のG1英ダービー、ディープインパクト産駒サクソンウォリアーによる無敗2冠&日英同年度ダービー制覇は残念ながらならず。 敗因を距離に求めるのか、馬場に求めるのか。 いずれにせよ、次走の巻き返しに期待がかかります。 翌日の今日日曜日はシャンティイ競馬場にてG1仏ダービーが行われます。 ここにも、ご存知ディープインパクト産駒が出走しており、現在(10:55)単勝5.7倍の2番人気におされ [続きを読む]
  • セカンドキャリア。
  • 実は先週のある1日、パリロンシャン競馬場開催日に馬場を歩いてきました。 つい数時間前に終わった日本オークスからも2頭登録があるので、府中の馬場との違いを身をもって確かめてきた訳ですが、なにを隠そう自分にとってもこの10月凱旋門賞の舞台となる2400mを走破するのは初めての体験。 百聞は一見に如かず。 まさに的を得ていると思います。 比較対象としてシャンティイ競馬場2400mもその数日前に歩いてみ [続きを読む]
  • 最近特に時間をかけている事。
  • 先月の初勝利以降、厩舎の所属馬が徐々に増えていき、現在4頭が在厩しています。 昨年の開業当初は鹿毛のマオズシーナ(父マクフィ)と、栗毛のサクラゼンセン(父プラントゥー)の可愛らしい2頭の2歳牝馬だけでした。 色々紆余曲折はありましたが、手間暇かけてずっと育ててきた甲斐もあり、ぐんぐん成長してくれてデビューの新馬戦も考えなくてはいけない頃。時が経つのは早いものです。 同じように4頭を心行くまで世話した [続きを読む]
  • フランスの競馬学校(AFASEC)。
  • フローラSを勝ったのはサトノワルキューレ。大外一気、見た目にも強い勝ち方をした一方で、逆説的にこのレースの反動が本番では気にもなります。 440台の3歳牝馬とは思えない雄大な馬体ではありますが、旧4歳牝馬特別のこのレース、本番に向けて脚を計るのにはちょうど良いレースであって勝ちにいって本番でお釣りがあるかどうか、注目したい点でもあります。 このレースで人気になっていたサラキアはや [続きを読む]
  • パリの新名所。
  • 旧ロンシャン競馬場改めパリロンシャン競馬場。先々の自厩舎から出走馬があった場合に備えて下見がてら観光がてら行ってきました。 賛否両論あるのは事実ですが、いち競馬場としてみたら自分的にはアリ。ここがある意味フランス競馬の聖地ロンシャン競馬場であるから駄目出しされるのだと思います。確かに旧ロンシャン競馬場の古き良き魅力は瓦礫となってしまい遺憾に思います。 しかしながら機能的に生まれ変 [続きを読む]
  • 厩舎の初勝利!!!
  • 早いものでもう一昨日の話になるのですが、4月13日シャンティイ競馬場5レース一般戦にて、清水厩舎所属シグロデオロ(牡3歳父クロドーヴィル)が優勝。 厩舎にとっては開業から3戦目での嬉しい初勝利。この仔にとっても転厩以前も含めてデビューから7戦目での未勝利脱出。 そして何より椎名オーナーにとりましては、個人名義馬主として日本・フランス通じての初優勝。改めておめでとうございます。 [続きを読む]
  • 乗り替わりのタイミング。
  • 今日4月8日日曜日、日本では桜花賞。フランスではG1はありませんがロンシャン競馬場(名称をマイナーチェンジして以降パリロンシャン競馬場が正式名称となります。参考までに)にて、自分の記憶が定かならば、約2年半ぶりに競馬の開催が行われます。 この改修工事には賛否両論ありましたが、結果的に今競馬関係者が度々話題にするのがこのフランスで最も華やかと言われる競馬場の再オープンについて。良い悪いは別にして注目を [続きを読む]
  • 流石です。
  • 周囲の注目度の違いは歴然。やはり騎手も馬も、そして調教師も当然のことながら、10個の平場を勝つよりも大きいところを1つ勝つ方が評価が高まる、という事実は否定出来ないと思います。 ミルコ・デムーロ騎手、平場での人気馬の飛ばし方はある意味有名。しかしながら先週G1大阪杯もそうですがビッグレースを勝てる騎手は残念ながら限られていると思います。なおかつあのような大胆騎乗も注目度を集めますし。 しかしながら [続きを読む]
  • G1大阪杯を観て思う事。
  • 勝ったのはスワーヴチャードとミルコ・デムーロ。馬主様、調教師様、厩舎・牧場の方々を始め関係者の皆様、優勝おめでとうございます。 それにしてもこの捲りは、稀しくもヴィクトワールピサのG1ドバイワールドカップを思わせてくれました。馬場や舞台は違えど日にちはほぼ同日の開催ということもあったでしょうか。 この馬、世間で思うよりもスピード能力に長けているように、あくまで個人的には、見えますし、日本のような人 [続きを読む]
  • フランスで名付け親になるという事。
  • 春も近づき、それにつれて2歳戦の数も徐々にではありますが増えてきました。 それと同時に現在厩舎にいる2頭の2歳馬への命名をする頃ですね。当然のごとく名前が付けられていなければレースに走れません。 こちらでは過去活躍馬などに該当する国際保護馬名や、会社宣伝など変な名前でなければ基本申請通過するように思います。自分の記憶が定かならばアルファベットで18文字まで。 日本で外国語の馬名が流行っているよう [続きを読む]
  • 競馬観戦スポット。
  • 今週末はドバイワールドカップ。日本からは14頭遠征と、過去最高とのことですが、フランスからも計5頭。 日本で馬券が発売されるレースだけを見ても3頭出走予定ですので、自称フランス競馬に日本で一番詳しい者ですので各馬の取捨を独自に判断したいと思います。馬券は自己責任ではありますが、参考にしていただければ幸いです。 ちなみに昨年はG1ドバイターフの仏馬エシェムを人気の割に要注意としていたのですが、まさか [続きを読む]
  • 灯台下暗し。
  • 平松さん、素敵な記事をありがとうございます。天国の母もきっと喜んでくれているはず。 でもプロの物書きは違いますね。改めて敬意を表します。ジーンとさせて頂きました。 https://news.yahoo.co.jp/byline/satoshihiramatsu/20180327-00083164/ 中にはいつの間に撮ったの的な写真もありました、去年のオークスの時に一旦日本へと行ったのですが、その時お互いチラッと視線があった認識もあり、気付いたらパパラッチされてま [続きを読む]
  • フランスの2歳戦事情。
  • 今朝よりフランスでは夏時間が施工されています。詳しく説明すると今朝2時⇒3時になります。よって日本との時差は7時間。 この時間調整により、朝は日の出が遅くなる一方、夜は日の入りが遅くなるという、夜型人間には大歓迎の夏時間でもありまして。 これから暖かなるにつれ、フランス人大好きのバーベキュー&アペリティフがより盛んになる季節です。 色々な事があったので時系列順に述べさせて頂きますが、今日は中山4 [続きを読む]
  • 相反した騎乗技術。
  • 自称フランス競馬に日本で1番詳しい自分も、JRAの全レースはチェックします。 好きなことをしているので苦になりませんし、なによりずっとレースを見ていると観察眼が磨かれていきます。小さい頃からのルーチンですし、こちらでは毎日レースがあるので、それを全場全部見るとなるとやはり忙しい。厩舎を運営しつつとなると尚更な訳ではありますが、正直なところ逆に嬉しい悲鳴です。 趣味が競馬ですし毎日が充実してるとでも言 [続きを読む]
  • 夢が叶ったある日の午後。
  • 調教師なるもの腕も必要ですが、なによりその腕を発揮しうる馬自体が厩舎にいないと成り立ちません。 この仔は椎名オーナーが昨年ドーヴィル1歳馬セリにて落札されたレヴォルトの2016。 昨年暮れに厩舎に入ってからというものグングンと成長して、今や2歳3月時点で普通の3歳馬よりもデカくなっています。推定167cm。このままの成長曲線で行ったら想像もつかない大きさになりそう。 この仔が厩舎 [続きを読む]
  • エッフェル塔を眺めながら。
  • 長い冬期シーズンオフも明け、3月なるとパリの競馬も再開されます。 出走馬はいませんでしたが、先週はいろいろと競馬場巡り。上写真はサンクルー競馬場。 遠目ながらに大好きなエッフェル塔が見えるので自然とテンションが上がります。 こちらはシャンティイー競馬場。 高さの差は、地上観戦席とこの3階では僅かではありますが、展望の良さは雲泥の差があるとはっきり断言できると思いま [続きを読む]
  • 馬場の固さ。
  • まずは注目の弥生賞。 惜しくも4着だったサンリヴァルを除き、見た感じ上位に来た馬はどれもトライアル仕上げだったように思います。 それに加えてレースの流れ。本番ではまずあり得ない中弛みのペース。 勝ったダノンプレミアムは最終コーナーで馬場の良い中央部分を選んで走る余裕もありましたが、昨年の桜花賞の例を挙げるまでもなく、本番は別物となると思います。 以降はあくまで個人的な考えですが、3着のジャンダル [続きを読む]
  • 馬と人間の体感温度差。
  • シャンティイーにあるような大自然の中の調教場というのは、例えば日本から来た馬が放牧と勘違いしてリラックスするなど良い点多々ありますが、天候に左右されやすいという不都合な点もある訳でして。 昨日月曜日と今日火曜日の天気がこれ。 一般予報でマイナス7℃でしたら局地的に厩舎の地区ではマイナス10℃はいっているかと思います。しかも風があるので体感気温が非常に寒い。 当然ここまで寒いと地面も [続きを読む]