NK_eng さん プロフィール

  •  
NK_engさん: アスリートの世界をコーチングで乗り越えるブログ
ハンドル名NK_eng さん
ブログタイトルアスリートの世界をコーチングで乗り越えるブログ
ブログURLhttp://papascoach.net/
サイト紹介文アスリート、スポーツ選手むけのコーチングを提供しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/02/15 22:27

NK_eng さんのブログ記事

  • あなたは何のために競技を続けるのか?
  • 卓球の福原愛選手が、現役引退を発表しました。卓球を世間に始めて認知させ、(稼げる稼げない等はともかく)一躍メジャーなスポーツに発展させたのは、彼女の功績と言っても差し支えないと思います。本当にお疲れさまでした。これからも卓球には関わっていくということなので、今後の活躍も楽しみです。続けられたのは真の目的があったからでは?ブログを読んだだけではわかりませんでしたが、たぶん、幼少から「卓球以外のこと」 [続きを読む]
  • コミュニケーションでズレを修正する(前編)
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。このブログでは「言語化」の重要性を書いてきていますが、今日、なかなか興味深い記事を見つけたので、それをもとに僕の考えを書来ます。宇佐美選手に関する記事が興味深い今回注目したのは次の記事です。宇佐美貴史と「行ってるやん」の絶壁今、ドイツでプレーをし、今回の日本代表にも選ばれた宇佐美選手ですが、ここまで来るのは平坦な道のりではありませんでしたし、彼の能力 [続きを読む]
  • プロセスをしっかり評価する
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。「評価を得たい」って思うことありますよね。じゃあその評価は誰から、何によって得るのかというと、一般的には「自分以外の誰か」から「結果」によって得るものと言えそうです。特にサッカーは「結果出してなんぼ」のところがありますしね。DFやGKは結果を評価しにくいというのはありますが、それを脇に置いて話を進めさせていただくと、他人からの評価というのは、やはり「結果 [続きを読む]
  • スポーツとは、アスリートとは、コーチとは
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。今年に入って、スポーツを巡ってはオリンピックの躍進や大谷選手のメジャーでの活躍など、明るいニュースがある一方で、暗いニュースも目立って来ています。暗い話が目立っているのは、どうしてもニュースで取り上げられ、印象に残りやすいからというのもありますが、スポーツ界に関わるものとしては、やはり考えさせられます。・スポーツとは、一体なんなのか・スポーツとは、誰 [続きを読む]
  • 定義を揃えるコミュニケーションが必要ではないか
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。この記事の前に、「言語化が大切」という内容の記事を書きました。そこからここまでの間に、日本代表選手も発表され、いくつか選手のインタビュー記事なども出て来ていました。読んでいると、色々と「言語化」の話の題材になりそうだったので、今日はその一つを引用し、ブログを書こうと思います。一人ひとり捉え方が違う今回取り上げる記事はこちらです。酒井宏樹がW杯と日本代 [続きを読む]
  • 言語化がプレーの質を向上させるという話
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。今、言語化することについてサービスが何か提供できないか、検討をしています。というのも、このところアスリートにとって「言語化が大事」ということが、事例とともに紹介されることが増えてきた一方で、実際問題あんまりやってないんじゃないか、とか、書くって言っても何を?という人って意外と多いんじゃないかと感じているためです。言語化についての記事だと最近では2つほ [続きを読む]
  • 自分でコントロールできることに集中する
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。よくある傾向毎日、何らかのサッカーを見るようにしているのですが、ほぼ必ずと言っていいくらいよく見る傾向があります。アマチュアのサッカーではどうなのか、正確に追い切れたことはないのですが、育成年代でもその「傾向」はあると聞きます。それは何か。もったいぶる話でもないので言ってしまいますが、それは「審判への不満を口にすること」です。その態度は合理的なのか審 [続きを読む]
  • 課題に向き合うのが楽しくなるちょっとした工夫
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。課題に向き合うのは厳しい日々トレーニングをやっていると、嫌でも自分の課題って見えてくるじゃないですか。そして、見えているのだけど、蓋をして見ないようにする、ということも得てして起こりがちです。なぜなら、自分に向き合うというのは、それだけ厳しいことだからです。だって、できない自分の姿なんて、正直突きつけられるの苦しいじゃないですか。まして、ライバルに劣 [続きを読む]
  • サッカーノートはどうやって書けばいい?
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。サッカーが言語化されている最近、サッカーに関する戦術であったり、メンタルマネジメントであったりとかって書籍や雑誌でのコラム、そして、ツイッターなどでも喧々諤々行われているのを、頻繁に目にするようになりました。僕も、いつも勉強させてもらっています。これらのコラムの多くが、プロではない、「観る側の人」によって書かれているのは面白いなと思います。もちろん、 [続きを読む]
  • 自分への期待値と現実を切り分ける
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。今日はちょっと概念寄りの話をしたいと思います。質問なのですが、あなたのライバル選手がいいプレーをしたとします。あなたは、内心かなり驚いていて、焦っている。そんな時、「自分はできるはずだ」って思いますか?僕は、思ってたんですよね。自分にもできるはずだって。「できるはず」と思ってた時期がありました僕はGKだったのですが、内心ものすごい焦りを覚えるわけです。 [続きを読む]
  • モチベーションが幻想だと考えている理由
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。昨日書いたブログで、「モチベーションなんて気のせいだ」ということを書きました。すごくざっくりと触れただけだったので、いまの時点で、僕がモチベーションについて考えていることを書いてみようと思います。モチベーションが使われる時おおよその傾向として、モチベーションという言葉が使われる時というのは、「低い時」が多いように思います。「高い」と使う人は、必ずと言 [続きを読む]
  • 何のためにサッカーをするのか
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。アスリートって?アスリートって、何なんでしょうね(笑)という、漠然としたことを定期的に考えます。アスリートとは。サッカー選手とは。誤解を恐れずに言えば、経済的な指標で定義した場合の生産性からは、程遠いところにいるのがサッカー選手であり、アスリートです。プロならまだしも、アマチュアであればなおのことです。楽しいのはわかる。けれども、プロになれるのは一握 [続きを読む]
  • 「リトル本田」に着想を得たセルフコーチング術
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。一時期、「リトル本田」の意見を聞いた、という本田選手の言動が、話題になったことがありました。最初に聞いたときは、本田選手の意思決定プロセスなんだろうくらいに思っていたのですが、よく考えてみると、「これってすごい使える考え方だな」って思いました。ので、本日はこの考え方のメリットを考えてみたいと思います。自分の中の「リトル○○」毎日のようにコーチと話せる [続きを読む]
  • 羽生選手に学ぶ「決断」と「問いの変換」
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。今日は、サッカー選手の話ではないのですが、とても大事な話をします。羽生選手の金メダルすごかったですね先日まで、韓国の平昌で行われていた冬季オリンピックで、フィギュアスケートの羽生結弦選手が、大会連覇を果たして金メダルを獲得しました。その演技は素晴らしく、見る人たちを魅了しましたよね。僕もその魅了された一人です。ですが、この金メダル獲得までの道のりは、 [続きを読む]
  • 試合終了間際に失点してしまうのはなんで?
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。Jリーグが開幕しましたね。各クラブで、昨シーズンの総括が行われて課題を洗い出し、それに向けたプランを練って実行する、というようなことを経ているはず。補強も含めて色々な対策をしたと思いますが、成果が出るクラブもあれば、出ないクラブもきっと出てきます。なかなか厳しい世界だなと思いますが、それも含めて面白い世界だとも思います。試合の終了間際の失点そんな中で [続きを読む]
  • プレーヤーとして成長する為に必要はたった一つの習慣
  • こんにちは。サッカーメンタコーチのカメダです。サッカーやってて、【課題】って出てきますよね。プレー選択などの「判断」のことなのか、パスやシュートなどの「技術」なところなのか、人によって異なると思いますが、「課題がない」という選手は、多分いないと思います。では、その課題に対して、具体的な対策は立てられているでしょうか?もっとも無意味な対策インタビューなどでもよく出てきますが、ここで「気持ちを出す」と [続きを読む]
  • 思考のコンディションチェック、どうしてる?
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。最近、肩書きどうでも良くなってきたのですが、何かいい案ないでですかね笑僕の習慣の話ですコーチをやるようになって以来、というか、そのもっと前から、ノートにその日あったことや考えなんかを書くことは続けています。ここ最近は、ちょっと意図があって取り組みを強化しているのですが、ノートの消費量が半端じゃなくなっていますwそんなことをやっていて思うのは、書いて見 [続きを読む]
  • フィードバックを受けることが大事だと思う3つの理由
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。すっかりご無沙汰している間に、年が明けてしまいました。あけましておめでとうございます笑最近特に思うようになったのですが、「人からフィードバックをもらう」というのは、とても大事なことですよね。もちろん、言われると心がざわつくし、時にイラついたりしてしまうものではあります。それでも、やっぱり受け止めて、見つめ直すことができれば、自分の成長につなげることが [続きを読む]
  • メンタルを変えたければ行動から変える
  • 昨日、サッカー日本代表のメンバーが発表されましたね。ワールドカップ本番を見据えた11月の欧州遠征(ブラジル・ベルギーと対戦)が控えているわけですが、ここでどんなパフォーマンスを見せられるか、が本大会に残れるか、残れないかの試金石にはなりそうですね。もう、アピールの機会もあまり残されていませんから、選ばれたメンバーは死に物狂いでやってほしいと思います。メンタルが弱いとか言っていられないこういう機会にな [続きを読む]
  • 悩むから考えるにシフトする
  • お久しぶりのブログになってしまいました。今色々とやっていることがあり、滞っていたのですが、これから継続的に書いて行きたいと思います。基本的には、メンタルに関わることですが、「言語化する」というのが大きなテーマになりそうです。メンタルを整えるのは、言語化することによって可能になると考えているためです。メンタルを鍛えるとは試合をしていて、プレーがうまくいかなかったり、試合終了間際に点を取られたりするこ [続きを読む]
  • 悩むから考えるにシフトする
  • お久しぶりのブログになってしまいました。今色々とやっていることがあり、滞っていたのですが、これから継続的に書いて行きたいと思います。基本的には、メンタルに関わることですが、「言語化する」というのが大きなテーマになりそうです。メンタルを整えるのは、言語化することによって可能になると考えているためです。メンタルを鍛えるとは試合をしていて、プレーがうまくいかなかったり、試合終了間際に点を取られたりするこ [続きを読む]
  • モチベーションを向上するための「成長感覚」
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。いよいよ夏らしい天気になってきて、外でのトレーニングや試合も日中だとかなり厳しい条件で行うことになりますよね。脱水や熱中症にはくれぐれも気を付けてください。さて、本日はサッカーノートを書く意義に直結する話をしたいと思います。突然ですが質問です。あなたが昨日より1mmでも成長したなと思うところはどこですか?この質問にすらっとズバッと答えるのは、もしかし [続きを読む]
  • イライラすることのメリットとデメリットを考える
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。Jリーグもサマーブレイクに入るまであと2試合。開幕前の予想とは、ちょっと違った様相になってきていますね。これがあるから面白いわけですが。イライラの場面をよく見た最近に限らずですが、一定期間の間に「選手がイライラしている場面」を見ることが増えたような気がしています。代表的なのはACLの浦和vs済州の試合ですね。あとは、厳密にはファールじゃないんだけど「 [続きを読む]
  • 「解釈」を変えてパフォーマンスを上げる方法
  • こんにちは。TCS認定コーチでサッカーメンタルコーチのカメダです。先日のチャンピオンズリーグの決勝はご覧になりましたか?ぼくは、「絶対に観るぞ!」と決意して早く寝たにも関わらず、目覚ましのセットを忘れるという痛恨のミスをやらかして生で見ることができませんでした…orz後追いで見たのですが、まさかユベントスが4点も取られるとは…さすがに、今期はリーガも優勝したレアル・マドリード…ジダンがどのようなマネジ [続きを読む]
  • 「審判が…」と愚痴を言いたくなったら
  • こんにちは。サッカーメンタルコーチのカメダです。このところようやく春の陽気になってきましたね。今日は妻と鎌倉まで遊びに行ってきたのですが、もうすっかり暖かく…いや、むしろ日向は暑いくらいでした。風が吹くとまだ少し肌寒いですが、スポーツするのもやりやすい季節になってきましたし、観戦するのにもいい気候なので、これくらいの時期が僕は好きです。Jリーグでの判定公開今シーズンからですが、リーグ側が部分的にで [続きを読む]