ゴメゴメス さん プロフィール

  •  
ゴメゴメスさん: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
ハンドル名ゴメゴメス さん
ブログタイトルゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gomegomes/
サイト紹介文中日ドラゴンズの試合について、話題について、勝手に語ります。
自由文ドラゴンズファン歴約30年
中学、高校野球でキャッチャーをやっていたので理屈こねたがります。ご了承ください(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供161回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/02/17 14:31

ゴメゴメス さんのブログ記事

  • 全俺が泣いた
  • 荒木、岩瀬の引退試合。チームの今季最終戦ということで、色々な意味合いがあった試合ですが、今はこの2人の引退試合としての意味だけ噛みしめています。当たり前ですが、2人とも長年に渡って活躍してきた選手。2人とも数々の記録も残してきた選手。2人とも5度の優勝に貢献した選手。それだけでも大きな存在です。それだけじゃないんです。荒木は何度か書いてきましたが、自分と歳が一緒。そんな荒木にこれまた同い歳の福留が花束 [続きを読む]
  • 落合新監督を希望します
  • 森監督退任→フロントという情報が出ました。そして、新監督として名前が挙がったのが、東スポ、報知→伊東氏スポニチ→与田氏正直、想像もしていなかった名前です。今のところ、伊東氏が有力でしょうか。ドラゴンズ情報といえば、東スポか報知なので(笑)私の希望は、落合英二新監督です。タイトルは狙って書きましたが(笑)、英二さんを推すのは本気です。だって、霊感があるんですよ?と、これは半分冗談ですが(半分本気かよ)、 [続きを読む]
  • 浅尾→岩瀬リレー、マウンドには森繁さん
  • 浅尾の引退試合、そして岩瀬も引退と報道されている状況。そんな状況下で見ることができたこの光景。懐古にひたらないわけにはいきません。そして、その回セカンドには荒木も入りました。あの頃は良かったなあ・・・今は・・・岩瀬、荒木の発表はまだですが、このタイミングで3人とも引退するのは意味があるでしょう。チームは変わらないといけません。フロントが変わらなきゃ変わらないというのも確かですが、そこには色々な事情 [続きを読む]
  • 岩瀬1000試合登板、浅尾引退
  • 浅尾が引退を発表。昨年の1軍登板無しと今年の状況からしたら仕方なしかなと。酷使が故障の原因だと言われるのもまあ仕方なし。そうなのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。前にも書きましたが、そんなに使われてなくても故障する人もいるし。でも、確率から言ったらそりゃあ体ですから使えば使うほど壊れます。確実に言えるのは、それ程働いてくれた投手だということ。2010年、2011年の優勝は浅尾なくしては語れません。M [続きを読む]
  • 2点差でもヤクルトの背中が遥か遠い
  • ここ数年のお仲間だったヤクルトさん。だいぶ前から神宮ではコテンパンでしたが、今日のナゴヤドームでの完封負けで、もう仲間ではないよという現実を突きつけられた感。良かった打線もこの最終盤でまた単打残塁打線に戻ってしまいました。試合後、バントしなかったことに触れられてカチンときてしまった監督ですが、バントしなかったことが悪いんじゃないんです。送るとしたら松井雅人のところですが、1アウトあげて次がガルシア [続きを読む]
  • 松井佑20打数2安打
  • 12三振(驚三振を避けたいのか、若いカウントで当てにいくよわーい打撃で下に落とされました。そして、久しぶりに戻ってきた打席でも初球をまた腰砕けのスイングで凡退。何度も書きますが、昨年途中に構えで右肘を上げてから格段に良くなって、私は期待しまくり千代子でした。それが今年はなぜかスイング時に右足を背中方向へ引くようになってしまい、おかしくなりました。そして、結果が出ないからか、この悲しい状態。平田からポ [続きを読む]
  • 踏みとどまる福田の3ラン
  • 2アウトだったのが良かったか。きのうのチャンスでは三振に倒れた福田。12本じゃ少ない。少なくとも倍は打ってないといけません。1発長打の威力をこうやって見せてもらうとつくづくそう感じます。本人も言っていたようですが、あと全部勝つつもりでお願いします。だったら全試合でホームランを(笑)ロドリゲスの変貌には驚きです。あんなコントロールじゃ使い物にならないと思っていましたが・・・今が本来の姿ということでしょうか [続きを読む]
  • 【象徴的】ここぞの試合でこの采配【怒】
  • 冷静に言えば、上原のところでアルモンテが倒れた所がポイント。2アウトから大島が難しい球を2ベース、そしてビシエドの初球がデッドボール。完全に球場のムードが数的に劣るドラゴンズ側になりました。そこでボール球を2球振って倒れてしまいました。でも、ここぞの試合、そんな冷静なことはどうでもいいです。2点を追って連打で無死1,2塁。そこでまたまた周平にバントさせるようとする首脳陣。周平の調子がどうとかじゃなく、こ [続きを読む]
  • 3位が見えてきた
  • 甲子園で勝ち越し、マツダの初戦も勝利。良い戦いができています。打線が相変わらず活発。1番平田と4番ビシエドを軸に点がとれています。と、何度も書いてる気がします(笑)それだけ、1番と4番が重要だということ。2人が素晴らしい数字を残し続けているという前提がまず期待以上ですが、平田を1番に固定したということが本当に大きかった。もっと早く・・・というのは外野だから言えたのでしょう。先発陣もここにきてそれぞれが結果 [続きを読む]
  • 3連勝【打線活発笠原完封藤嶋3勝目】
  • 固定された打線が相変わらず機能しています。そんな中、笠原が完封。中継ぎに回ったりと苦しい状況を乗り越えてよく戻りました。昨年の後半から見せていたポテンシャル。来年こそ年間通して発揮して欲しいですね。インコースを攻めることができれば変化球も生きるし打ち損じも増えます。平田ビシエドを軸にした打線も機能しています。急に打てなくなる周平と、もったいない打席が多い福田がもどかしいですが。贅沢は言わない言わな [続きを読む]
  • 久々にゆっくり試合見たら
  • もう色々と言う気力もありませんが、、、年に1回あるかどうかの酷い負け方を何回やるんでしょうか。。。しかも、それを繰り返した投手を戻してやってしまいました。これはもう投手部門の責任問題にならない方がおかしいでしょう。普通の組織ならですが。あと、散々言われていることですが、松井雅人のリード。外、外、外、外外外そとそと、そとそとそとソトソトソトソト・・・久々にじっくり見ましたが、ここまで外一辺倒だとは。 [続きを読む]
  • 自力CS出場消滅
  • この混戦でも消滅してしまいました。悲しいですね。昨日はよく追いついたといえばそうなのですが、下位のチームの引き分けは負けに近い。そして、打線はよく打っているものの、総力戦になると圧倒的な層の薄さが露呈されます。10回の満塁での代打がツーボールから甘い真っ直ぐにいちにのさんで打ちに行って腰砕けですから(泣3打点の福田はよくやりましたが、3打点目は犠飛狙いのバッティングじゃなくて試合を決めるバッティングを [続きを読む]
  • その後、5勝5敗。
  • 10試合も経過してしましました。心が折れそうな逆転サヨナラ負け後、阪神に勝ち越して、マツダで広島にも勝ち越し!でも横浜に負け越してナゴドで巨人に負け。ようやっとるような、やっぱり乗り切れないような、、、10試合をざっくり見ると、、、(仕事がク〇トラブルばかりでなかなか見れていません)打線はほぼ固定されてまずまず。1番平田、4番ビシエドがこの数字ですからそりゃあある程度は点が入ります。そこへ周平に長打がポ [続きを読む]
  • 心が折れそうだけどポイントはハッキリしているので
  • 29度目の逆転負けは豪快な9回4点差逆転負け。もう誰がどう見てもリリーフ崩壊が最下位の原因。前半戦から崩壊気味でしたが、整備どころか。何年間か同じ首脳陣でやってきてのこれですから、もう責任は逃れられません。「自分の責任」と近藤コーチが言っているようですが、これだけ長くやってるコーチがなぜここ数年は整備できなかったのか?好調な打線も課題はハッキリ。17安打で5点。17安打中16本が単打。以前もありましたがいく [続きを読む]
  • これは恐竜打線
  • なんでこの打線で最下位なんでしょうか?と、つい3日前自虐的になっていたくせに書いてみます。ただ、こうやって3連勝した後に5連敗するから最下位なんですよね。元々ヒットは出ていた打線ですが、ここのところ破壊力を感じます。1番打者の出塁が以前との大きな違いですが、ここまで印象が変わるとは。1番が出塁率4割超えで、4番が絶好調ならそりゃあ点が入ります。それにしてもビシエドがこの時期に3割3分打ってるなんて想像もで [続きを読む]
  • 小熊文句なし、武山頼もしい
  • 小熊で連敗ストップ。打線も繋がって快勝。当たり前ですが、勝つと前日までの内容が嘘のようです。内容が悪くても勝てるのが強いチームなのでしょう。小熊は完全に一昨年の小熊に戻りました。むしろ真っすぐの力は上がっています。元々投球術はもっていましたが、高めの真っ直ぐで空振りもとれてなお良しといった感じ。突如真ん中にボールが集まる悪癖も出ず。失投は2回の宮崎の2塁打くらいだったでしょうか。となれば当然の結果で [続きを読む]
  • 疲疲疲疲疲疲疲疲疲疲疲疲疲
  • 何をやっても勝てないそんな気さえする今年28度目の逆転負け。画面で見ててもこんなに疲れたのに、現地のファンはホントお疲れ様です。やってる人たちはさらにでしょう。よくこんな状況でも試合後の挨拶ができるもんだと、そこは感心しております。あの『負けても挨拶』を望んでいるファンがいるとは思えませんが。ようやく実現した1番平田。いきなり機能して3出塁2得点。ここまでの平田の数字からして機能するのは当然のことです [続きを読む]
  • ナゴヤで負け越して借金13
  • いよいよ沈んできました。8月中旬なら例年通りといったところでしょうか。小笠原が吉見に続けず。打線がカバーするも又吉で逆転負け。首脳陣の継投含めてこれはもう諦めるしかない恒例パターン。野手は右左にあれだけこだわるのに・・・あ、すいません、諦めるしかないんでした。藤嶋は収穫。ピンチでもインコースへ真っすぐを投げ込めるのが何よりの長所。チームがこんな感じなので勝つのは大変ですが、この長所は忘れないで欲し [続きを読む]
  • 吉見に続け!
  • 吉見が6年振りの完封。2012年8月8日以来ということで。当時7か月だった娘が今は小学生ですからそれは長い年月です。復活を期待した昨年はダメでしたが、よく今年持ち直してくれています。今日は無四球で9回を103球。コントロールに尽きます。故障前のスピードが無くてもこの結果を出せるのは頭が下がります。5連敗を止めて、次の小笠原に何としても繋ぎたかった。そんな発言も吉見ならでは。小笠原も何としても繋ぐしかありません [続きを読む]
  • 徒労
  • ただただカープとの力の差を感じた3連戦でした。5連勝も徒労に感じる延長11回サヨナラ負けでの5連敗。ダイジェストで見ると、やたらとカープはここぞで逆方向にタイムリー。そんな気がしたの偶然でしょうか。ここぞでカープがそういったバッティングに徹しているのか、それともここぞでドラゴンズが外一辺倒なのか。一方ドラゴンズはここぞで周平がワンバウンド空振り三振したのが象徴的でした。あれだからノーアウト1,2塁でバン [続きを読む]
  • 残念な完封負け
  • 今日の試合が大事と思っていましたが、残念な完封負け。ジャイアンツ戦は見ることができないので、細かい内容までは分かりませんが・・・昨日初回の亀澤3ベース以降、19本連続単打だそうで。これではさすがに点はなかなか入りません。あと、連勝中のトピックスとして取り上げた藤井と周平。そして好調な亀澤。この3人に今日は出番すら無かった模様。結果論ですが、なんだかなあ・・・しかも、今日のスタメンより上記3人の方が左を [続きを読む]
  • 5連勝でフィニッシュです
  • ノーノー負け後の5連勝。ノーノーがキッカケなら、ノーノーもやられてみるもんですね(笑)縁起を担いで連勝が止まるまで更新しませんでした。嘘です。仕事がオーバーフロー気味です。利益に関係ないことで振り回されています。愚痴です。5連勝の内容もさまざまで、強いチームのような連勝でした。そりゃあそう見えるから連勝できるのですが(笑)小笠原の完封から始まり、若手Pを序盤から叩いての勝利、ガルシアでしっかり快勝、周平 [続きを読む]
  • 小笠原アッパレ
  • チームが沈みそうなところでの初完封。これはエース候補。右バッターのインコース低目に真っ直ぐが決まりました。それを軸にすればチェンジアップも効きます。そのチェンジアップも低目に集まりました。そうなればもうなかなか打たれません。カーブをたまに混ぜることができるのも小笠原の強み。武山との息も合っていました。そりゃあピッチャーの球が良ければリードもシンプルで大胆にいけますが。打線も効果的なホームランで点が [続きを読む]
  • 99年以来のノーノー献上
  • ハッキリと覚えています。開幕11連勝して独走ムードから一気に勢いが落ちた5月8日にくらいました。万年2位のドラゴンズファンとしては、今年もダメか・・・と。開幕11連勝で浮かれていただけに、なかなかの絶望感がありました。結局優勝したのですが。そして、それ以来のノーヒットノーラン負け。99年とは違った絶望感があります。上から下に落ちるのではなく、底なのにまだ底があるのかと。いつもやられている相手、山口に更にや [続きを読む]