建築家:前田敦 さん プロフィール

  •  
建築家:前田敦さん: 家づくり設計情報室 愛犬愛猫と暮らす/前田敦
ハンドル名建築家:前田敦 さん
ブログタイトル家づくり設計情報室 愛犬愛猫と暮らす/前田敦
ブログURLhttp://mac-atelier.blog.jp/
サイト紹介文家づくり設計情報室/ 愛犬と暮らす家、愛猫と暮らす家、土地・不動産探しからの家づくり設計情報図書館
自由文犬と暮らす家、猫と暮らす家、愛犬家住宅、愛猫家住宅
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/02/17 15:23

建築家:前田敦 さんのブログ記事

  • スロープの家・CUBEがTVで紹介されます!
  • 愛犬家住宅:スロープの家シリーズ第3弾スロープの家・ CUBEがTVで紹介されます。番組名:まさはる君が行く!ポチたまペット大集合放送局:BSテレ東(旧BS JAPAN)放送日時:2018年10月16日(火)19:00より次回予告(ホームページでご覧になれます。)http://www.bs-tvtokyo.co.jp/pochitama動線をデザインするというコンセプトが動画をとおしてご覧いただけます。 ■ranking:設計・建築家   ■ranking:愛犬家 [続きを読む]
  • "homify"ベトナム版「木漏れ日屋根の家」
  • ドイツを拠点とする建築情報サイト"homify"ベトナム版で弊社で手がけた「木漏れ日屋根の家」が紹介されています。https://www.homify.vn/ideabooks/5723147/H?c-h?i-cach-ng??i-Nh?t-xay-nha-hoa-h?p-v?i-thien-nhien 「日本人が自然と調和して家を建てる方法を学ぶ」どのような要素が屋根のデザインを決定するでしょうか?それは、あなたの好みや快適な居住空間を作り出す必要性に応じて、建てる場所であることができます [続きを読む]
  • 住まいの設計2018年9月号
  • 雑誌掲載のお知らせスロープの家シリーズ 第3弾愛犬家住宅:スロープの家・CUBE(大型犬)が本日発刊の雑誌で紹介されています。【住まいの設計2018年9月号】実例特集:犬が暮らしやすい家は、人も暮らしやすい!      わんこと暮らすなら、こんな家! http://www.fusosha.co.jp/sumai/backnumber/2018/post_009554.php犬って意外とデリケートなのです。床が滑れば股関節に不具合が起こったり、人間用階段では上り下りができ [続きを読む]
  • 大きな犬と暮らす Vol.2(愛犬の友 Premium)
  • スロープの家シリーズ 第3弾愛犬家住宅:スロープの家・CUBE(大型犬)が本日発刊の雑誌で紹介されています。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000513.000012109.html【書籍概要】書 名:大きな犬と暮らす vol.2(愛犬の友 Premiumシリーズ)編 者:愛犬の友編集部仕 様:A4判、160ページ定 価:本体2,400円+税配本日:2018年7月11日(水)ISBN:978-4-416-61864-6脚の弱った高齢犬のいるラブラドール3匹との暮らしに [続きを読む]
  • ドローン撮影(スロープの家・CUBE)
  • 愛犬家住宅:スロープの家・CUBEが完成し、引越後の落ち着いたタイミングで雑誌取材や竣工写真撮影を行いました。今回も建築家でもある写真家:井上玄さんに撮影をお願いしました。スロープの家・CUBEはドローン撮影において羽田空港の規制がかかるエリアを外れているとのことで、面倒な手続きをすることなく、天気予報の情報を見ながら撮影を決行しました。今回のコンセプトである「CUBEなボリュームに内包された生活空間をスロー [続きを読む]
  • 建築家31会のイベント開催のお知らせ
  • 私の所属している建築家31会協同組合の定期イベント建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28@横浜赤レンガ倉庫を開催します。建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.28 @横浜赤レンガ倉庫日時:2018年5月11(金):12時〜18時、5月12(土): 10時〜18時、5月13(日): 10時〜18時会場:横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 スペースA/B(入場無料)主催:建築家31会協同組合模型や写真の展示、無料の相談会、建築家と各種 [続きを読む]
  • おかげさまで創業28周年
  • 1990年4月26日に創業し、本日、28周年を迎えることができました。 これもひとえに皆様からいただきましたご厚情の賜物と感謝しております。 愛犬との快適な暮らしを追求し続け、代表作であるスロープの家(愛犬家住宅)シリーズもおかげさまで先月で3軒を実現することができました。小型犬、中型犬+愛猫、大型犬と多様なタイプでの設計監理をする機会をいただきましたことに感謝しております。1)スロープの家・SPIRAL [続きを読む]
  • オープンハウスのご案内(スロープの家・CUBE)
  • スロープの家シリーズ(愛犬家住宅)も今回で第3弾が竣工します。クライアントさんのご厚意により、オープンハウスを開催することになりました。住宅内でスロープを体験することのできる貴重な体験ができますので、この機会にぜひご参加ください。            概要スロープの家・CUBE(階段のないバリアフリーな愛犬家住宅)日時:2018年04月07日(土)13:00〜17:00 2018年04月08日(日)13:00〜17:00場所 [続きを読む]
  • シンポジウム” ペット共生住宅のあり方を考える ”開催
  • シンポジウム” ペット共生住宅のあり方を考える ”の事例発表講演に登壇します。【講演プログラム】1 基調講演(各30分) ①環境省自然環境局動物愛護管理室長 則久 雅司 「人とペットが共生する社会の実現に向けて」 ②(公社)日本獣医師会副会長 酒井 健夫 「ワンワールド・ワンヘルスとペット共生住宅について」2 事例発表講演(各30分) ①前田敦計画工房 代表 前田 敦  「ペット共生住宅の設計事例について [続きを読む]
  • ペット共生マンションの適正化推進ガイドライン 発刊
  • 私も監修者の一人として参加させていただきました「ペット共生マンションの適正化推進ガイドライン(¥15,000/1冊 +税)」が公益社団法人日本愛玩動物協会より発刊されました。マンション等の共同住宅はもちろん、戸建住宅においても押さえておきたい基本的なポイントがイラスト入りでわかりやく書かれております。「飼い主のマナーブック」も管理者や住民として知っておきたいことが簡潔にまとめられておりますので、こちらもオス [続きを読む]
  • 「スロープの家・卍」が住まいの設計で紹介されます。
  • 本日1月21日発刊の「住まいの設計 3・4 2018号」でスロープの家・卍が紹介されます。【巻頭特集】 だって大好きなんだもん! 猫と暮らす、 犬と暮らす、 幸せな家のつくり方もしあなたが子どもを育てている場合、家をつくるときには、その子どもの環境や住み心地を重視しながら計画しますよね。現代では猫や犬も家族と考える人が多いのは承知の事実。ならば猫や犬たちが快適に暮らせるよう、配慮するのが人間の務めではな [続きを読む]
  • 「20歳までネコが元気に長生きできる住まい」建築知識2018年2月号
  • 建築知識2018年2月号特集「20歳までネコが元気に長生きできる住まい」が本日1月20日に発売されます。私も愛猫家住宅設計時に手がけた工夫も紹介されていますので、ぜひご覧ください。雑誌の紹介文より20歳までネコが元気に長生きできる住まい現在、室内で飼われている猫の平均寿命は15歳程度といわれています。 本特集では、猫が心身ともに健康なまま、寿命を5年延ばすために 住宅設計ができることを徹底解説!猫の寿命を延ば [続きを読む]
  • 建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.3」開催のお知らせ
  • 首都圏で活動する「建築家31会」と、質の高いデザインとアフターサービスを提供する水回り設備の「セラトレーディング・CERA TRADING」によるコラボレーション第三弾。建築家31会 × CERA「Love! Bathroom vol.3」開催のお知らせ。東京・乃木坂にあるセラトレーデイングのショールームにて、Love!Bathroom をテーマに、まだ見ぬ理想のバスルームから実際の事例までを写真と模型を使って展示します。会期:2018年1月19 [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます
  • 新年 あけましておめでとうございます2018年1月1日本年もどうぞよろしくお願いします。前田敦計画工房 前田敦「愛犬家住宅:スロープの家・卍」昨年は「愛犬家住宅:スロープの家・卍」が竣工しました。平成25年に鎌倉に竣工した「愛犬家住宅:スロープの家・SPAIRAL COURT」に始まり平成30年春には「愛犬・愛猫家住宅:スロープの家・CUBE」が竣工予定で工事が進んでおりますので、3つのスロープの家が完成します。 [続きを読む]
  • スロープの家・CUBE(書院造りを立体的に展開した愛犬家住宅)
  • 新しい敷地での可能性を探り続けて、たどり着いたのが「スロープの家・CUBE」コアとなる正方形の「CUBE」をコの字型にスロープが取り囲む形態を選択しました。屋外から室内へ、そして室内からルーフテラス(囲まれたドッグラン)へとスロープでアクセスできるプランです。土地購入を検討した際に当てはめたプランから進化させた全く階段のない愛犬家住宅は要介護のご家族もいらっしゃることもあり、徹底的にスロープにこだわりまし [続きを読む]
  • 土地取得手続き(価格交渉・条件交渉は必須です)
  • 東京周辺の土地価格はとても高価です。都心においては建築価格よりも土地価格の方が高価な場合も多いので、弊社では、少しでも土地価格を安く購入することで、総予算の中から建築にかける費用割合を高めるようにサポートています。お付き合いのある不動産会社にお願いして、土地取得に向けての手続きを進めてもらいます。その際に、価格交渉も合わせて行います。不動産会社には、建築家としての視点からのコストダウンの理由を説明 [続きを読む]
  • 不動産は情報が命(家づくりのための土地探し)
  • クライアントさんが「散歩コースに売地を見つけたので地元の不動産屋さんに話を聞いてみました」との連絡をいただきました。僕の土地探しをサポートしてくれる不動産会社にも、その土地のことを調べてもらったところすでに、買手が不動産取得に向けて交渉中(ローン審査中)との情報をすぐに提供してくれました。しかし、地元の不動産屋さんはそんな情報は知らないようで、その土地の販売営業をかけてくる。クライアントさんも不動 [続きを読む]
  • 不動産は情報が命
  • クライアントさんが散歩コースに「売地」を見つけたので、地元の不動産屋さんに話を聞いてみたとの連絡をいただきました。僕の土地探しをサポートしてくれる不動産会社にも、その土地のことを調べてもらったところすでに、買手が不動産取得に向けて交渉中(ローン審査中)との情報をすぐに提供してくれました。しかし、地元の不動産屋さんはそんな情報は知らないようで、その土地の販売営業をかけてくる。クライアントさんも不動産 [続きを読む]
  • オープンハウスでのリアル体験
  • 私たち建築家は、ハウスメーカーと違ってモデルハウスを有していません。特に「愛犬家住宅のためのスロープ体験」となると、事例がほとんどないために体験する場所が限られてしまいます。そこで、クライアントさんのご好意により実際に設計監理した物件の竣工前オープンハウスや既に住まわれているお宅にお邪魔して体感させていただいたりしています。スロープの家シリーズ第2弾「スロープの家・卍」でのオープンハウスこちらで実 [続きを読む]
  • スロープの感覚 半地下の部屋の感覚
  • 建築基準法や条例により敷地にはいろんな規制があります。特に高さに関する規制は周辺環境に及ぼす影響が大きいので、細く規定されています。今回のスロープの家では高度斜線制限が特に影響が大きかったので、半地下の部屋を計画しています。実際に設計経験のある私にはスロープや半地下部屋をイメージできるのですがクライアントさんにとっては初体験特にスロープの昇降イメージは言葉で伝えることができません。半地下部屋につい [続きを読む]
  • 揺らぐことのないコンセプト(スロープの家)
  • スロープの勾配は建築基準法で下記のように定められています。建築基準法施行令第26条(階段に代わる傾斜路)1項 階段に代わる傾斜路、次の各号に定めるところによらなければならい。   1号 勾配は、1/8をこえないこと。垂直距離1mを登るのに8mの水平距離が必要になるということです。一般的な住宅で考えると、1階分を登るのに約23mの水平距離が必要になります。階段に比べ多くの面積を必要とするスロープの家を計画 [続きを読む]
  • 今回も一通のメールから始まった(愛犬家住宅)
  • 弊社へのオファーは、電話またはメールでくることがほとんどで、今回も含め、スロープの家シリーズは全てがメールからスタートすることになりました。今回はスロープの家を希望されるご姉妹とラブラドール2頭が暮らす家ということですが、他のスロープの家シリーズと違うのは、現在住まわれている築35年以上の住宅を解体し建て替えるというものでした。以前にも高齢犬を介護した経験があるとのことで、階段での生活に不安を覚え [続きを読む]
  • 愛犬家住宅(スロープの家・CUBE)工事スタート
  • 愛犬家住宅(スロープの家シリーズ)第三弾の工事がスタートしました。来春2018年には市川市にスロープの家・CUBE(大型犬)が竣工予定です。地鎮祭風景2003年4月に学習研究社から発行された犬と住む家 vol.2の企画:誌上コンペ「ミニチュアダックスフントと住む家」で発表したスロープの家がご好評をいただき、おかげさまで今回の住宅が完成すると、愛犬家住宅(スロープの家シリーズ)も小型犬・中型犬・大型犬バージョンが揃う [続きを読む]