dumbo さん プロフィール

  •  
dumboさん: 平安二丁目の窓から
ハンドル名dumbo さん
ブログタイトル平安二丁目の窓から
ブログURLhttp://heiannityoumevet.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文いきものって、すご〜〜〜いィ!   ものづくりなんかもねっ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/02/17 15:25

dumbo さんのブログ記事

  • カンブリアンモンスターT
  • 図柄を放っておくのはかわいそうかなと思い、ちょっと付け足して、あーしてこうして。Tシャツに印刷しましたが、久しぶりなの〜でっ〜かーすれてーこんな感じですか?爆安で購入してあった無地Tも、普通に使えるようになったかなぁ???とりあえず子供の普段着にでも・・・でっ、様子見ましょう。 [続きを読む]
  • もう600回だったのですね
  • 気付きませんでしたが早いもので、ページが600になっていました。お久しぶりです。さて、子供が夏休みでお相手ということで絵でも・・・なに書くか?古生物っうー、と申しまして・・・アノマロカリスとなり(しつこくてごめんなさい)見ているだけでなく、パパも書いてよーって言うものですから、ラフスケッチです。他の方のまねでは申し訳ないので、化石の写真をググって3D構築を頭の中で・・・途中ですが、こんな感じに型どりしまし [続きを読む]
  • レンズが曇っているのかなぁ? 500円
  • ちょっと見え方が変な感じなので、レンズふきできれいにして試し撮りです。NIPPON部分(視野の関係でPPONの所だけですが)がはっきりみえる500円でしたので、アップしておきましょう。12枚の深度合成です。なので3D合成かのうですから、動かしてみると、盛り上げ過ぎですか? [続きを読む]
  • 休眠、耐久卵、水で復活 ヒルガタワムシ
  • 今日はヒルガタワムシさん(全てメスですからちゃん?)、のお話ですが、何でかクマムシさんにあいたくなって探していたのですが、なかなか見つからないのでそのご飯?のお話になってしまいました。クマムシさんは強靭であることはご存知ですね。実は動いている時の状態ではあまり強くはありません。そこで疑問が再び。クマムシさんが生き残っているとしてもそのご飯は・・・せっかく厳しい環境を生き残っても復活した時ご飯がなけ [続きを読む]
  • 誘因、忌避、フェロモン geraniol
  • さて、「なんでゼラニウムがそんなに好きなの?」と、カミキリムシさんに聞いても答えてはくれませんので調べてみました。ゼラニウムの成分にゲラニオール (geraniol) というものがあるらしく、色々あるようですが・・・そのゲラ・ですが、これはバラにも含まれているので、ローズゼラニウムということで大体一致しているようです。これまた異論が色々ですが、蚊を寄せ付けないという作用があるようです。dumbo的には、蚊には頭に [続きを読む]
  • カミキリムシ
  • なんというカミキリムシでしたでしょうか?毎年、この時期に出てきます。このかたは小さめですので斑点が微妙になっています。体が大きいときれいな?点ですね。街路樹のプラタナスの幹から、多分こんな感じの穴でしょうか。昆虫は好きなのですが、木はたいへんなのでしょう、穴から腐って弱ってしまって・・・伐採されてしまうのです。この幹にもテープが貼られていましたので近いうちにきられるのでしょう。うーん、可哀そう?プ [続きを読む]
  • アノマロカリス Anomalocaris
  • 粘土のお時間です③ アノマロカリスのアノマロカリスさんが生まれ?ました。生きているみたいでしょ?笑本当の色はちがうのでしょうが、素晴らしい青が出ました。太陽の光を浴びるといっそう際立ちます。焼きではいつも、お世話になってしまって申し訳ございません。本当にありがとうございます。 dumbo [続きを読む]
  • ゾウリムシ 繊毛は細かく見ると・・・
  • いつもはアップですが、今日は実体顕微鏡像で遠くからです。このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちら結構素早いですね。いままで、色々と繊毛、鞭毛?のお話を致しましたが、どうして動くのか?不思議でならなかったのです。教科書では、「真核生物の鞭毛は、繊毛と同一構造の「9+2」の微小管からなり、ダイニンによって駆動する・・・」とあります。しかし実際の所なぜきれいな鞭打ちを [続きを読む]
  • 花は葉っぱから 
  • つつじが続きます。散歩をしていると、な感じのツツジがありました。注目部分を円で拡大しています。変わった形のおしべですね。これは、花弁化という現象で、遺伝子異常ということのようです。よく見ると、もっと変わった形のものが・・・この花は、上下二本のオシベがピンク色の花びらみたいになっています。このツツジは、枝?株?全体がこんな感じで、周囲の花もよく似た変異を起こしていました。こういうものがあったりすると [続きを読む]
  • つづきまして〜ツツジ・・・
  • ついでですので、葉っぱです。表からと、裏です。先っちょのほうはこんな感じで、少し拡大して、表だったかな?しっかし、毛がいっぱいなのですね。毛も数種あって、このツツジの葉表の太い毛は茶色いみたいですね。いつもはもうちょっと修正をしているのですが、破綻したままの画像ですみません。 [続きを読む]
  • またまた、ツツジですみません。
  • 縦を忘れていましたので、再度アップです。縦切りですとこんな感じです。青い線維はごみですね?拡大すると・・・、深度合成って難しぃ3Dで動かしてみましょう、このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちら全体像がつかめましたでしょうか? [続きを読む]
  • ツツジ オシベ 花粉 再び。
  • 画像の解像度がいまいちな感じでしたので、機材を変えて撮りなおしです。低倍率?ですね、花粉があふれ出ています。もうちょっとよってみますとこんな感じです。中は、こうなっています。深度合成が破綻しちゃっていますが、前日よりは見やすいでしょうか?花粉を普通の透過型顕微鏡で見てみると、特徴的な糸が出ているのですね。まえに、風に吹かれてふりまくようにとお話しましたが、この糸が虫に引っかかって媒介されるらしいで [続きを読む]
  • ツツジ オシベ(雄蘂:ゆうずい)
  • 以前、サツキ?のオシベがつつになっているとお話しましたが、中がどうなっているのか気になって、道路で咲いているツツジを観察してみました。オシベを数本とりまして(すみません)横からです。小さい穴で、花粉が出るのでしょうか〜ぁ不思議ですね。輪切りにしてみると、うーん、潰れてしまいましたっ。切った端は、飛んでいってしまって・・・何処でしょう?・・・こんなところに・・・ホントに輪っかが2つです。縦に切ると、 [続きを読む]
  • ハナ、花、雌しべ、雄しべ ってキノコ?
  • お久しぶりです、dumboです。色々考えごとをしていたら、結構更新していなかったのですね。今日は、近くに咲いていた花たちで、よく見えるようになったのですが、やっぱり甘い画像ですか?実体顕微鏡像です。花びらが白くて、真ん中が黄色い花です。名前はなんでしたっけ?まわりはこんなで、オシベでしょうか?黄色いマイタケみたい?●×△メシベ?で、なんかおいしそうですね。いいにおいの葉っぱの花です。よく見ると、エリン [続きを読む]
  • 再度、心臓のルーピング
  • 外は雨で、少し花粉が減ってきましたので、頭の曇りが晴れてきて、画像の修整です。こんな感じにループして、心房、心室と分離していきます。前日よりはわかりやすいでしょうか?実際には3次元的な変化ですから、もう少し考察が必要そうです。 [続きを読む]
  • 鰓と、心臓 Looping
  • オタマジャクシのエラを観察していたら血管の走行の画像が眼に浮かびまして、進化のお話を思い出しました。頭の中には、まず、鰓のようなものと、心臓みたいなものが出てきます。えらは酸素を取り入れ、心臓はそれを運びます。心臓は、ミジンコさんや、ヤゴさんにもありました。えらの話は長く続きそうですから、今日は心臓のお話でも・・・初めは血管の一部が拍動し逆流を遮る膜が出来たのでしょう。鰓が出来て、さらなる酸素の効 [続きを読む]
  • おたまじゃくしはかえるのこ 両生る〜ぃのなかまですぅ〜♪
  • 外鰓のある状態になりました。この期間は一時だけで、後は内部の鰓で呼吸するということのようです。もう、くねくねと泳げます。このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちらオタマジャクシの成長は、早いのですね。エラを拡大すると、このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちら心拍と同期して?血液らしきものが流れている様子が観察されるのですね [続きを読む]
  • まだまだ道半ばです。
  • 今年も、こちらに参加させて頂いております。まだまだ間に合うと思いますので、皆様のご協力をということで、UP致しました。ちょっと早いですが鯉のぼりですね。dumboのは、こんな感じです。毎年子供に書いてもらっているのですが、1匹あまっていましたのでいちどくらいは私もと、書いてみました。サンマらしいのですが、サバ(和サバ?)になってしまいました・・・ね。(サンマだけでなくサバもおいいしいですね。好きな魚の一 [続きを読む]
  • クマムシ 
  • 今日の主役はクマムシさんです。最強の生物として有名ですが、実際に動いている状態では意外と弱いらしいです。結構な種類がいて、今回のかたは水の中から見つかりました。ワムシを食べるようですが、動画の個体はワムシより結構小さかったので、子供なのでしょうか?実体顕微鏡では、この程度にしか見えませんでした。このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちら64倍をさらに拡大していま [続きを読む]
  • イヤササーハイヤー パーランクー
  • エイサーという踊りをご存知でしょうか?その踊りにかかせないものにパーランクーという太鼓?があります。あまり詳しくは無いのですが、「抜浪鼓」という中国からのものらしく、デンデン太鼓?ということのようです。練習するのに、やはりサイレント(消音)のものがあった方がよさそうなのですが見当たりません???なので自作ということに・・・以前電子ドラム作りをご紹介しましたが、一応dumboのメモも兼ねて作り方を記して [続きを読む]
  • ケンミジンコは止まらない②
  • 実体顕微鏡の写りがいい感じですので、久しぶりにケンさんです。(倍率は全く違いますが、こちらと比べてみてどうでしょう?)このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちらいつもながらに素早いです。やっぱり止まりませんね。 [続きを読む]
  • カエルの卵その後
  • カエルの卵のその後です。回転が治まり(左右が決定したのでしょう?)、尾芽胚と呼ばれる状態でしょうか、こんな感じになりました。まだ、オタマジャクシには見えませんね。カバさんでしょうか???たまに、このブラウザでは再生できません。再生できない場合、ダウンロードは🎥こちら「よんだ?」って動きます。 [続きを読む]