間取り説明会 さん プロフィール

  •  
間取り説明会さん: 新築間取り
ハンドル名間取り説明会 さん
ブログタイトル新築間取り
ブログURLhttp://xn--nbk857hyhms0ufp3a.com/
サイト紹介文新築間取り図、間取り参考例集
自由文新築間取り図、間取り参考例集
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/02/18 09:56

間取り説明会 さんのブログ記事

  • 36坪4LDK2階リビングの間取り
  • 参考のプランは36坪4LDKの2階リビングの間取りです。2階リビングのメリットはリビングの天井を高くできることリビングの天井を屋根なりにするだけで天井の高いインテリアが得ることができます。2階にLDKを配置する場合は1階に水まわりをのこすのか?それともキッチン付近に配置するかで間取りが変わってきます。キッチン付近に洗面脱衣を配置することで、家事動線がコンパクトにまとめられるので便利です。1階に洗面とバス [続きを読む]
  • 中庭のあるおしゃれな平屋の間取り
  • 参考の間取りは36坪の平屋のプランです。東道路で東から入る東玄関になっています。中庭のある家のプランで、広い玄関と玄関を開けると大きな中庭が見える印象深い間取りです。間取り図では石かタイルの仕上げになっていますがオブジェを置いても、鉢植えを置いてもよいし石庭や和風庭園などにして、作りこむのも良いでしょう。12畳の広い中庭はダイニングキッチンからリビングからも寝室からも眺めることができます。ダイニン [続きを読む]
  • 39坪4LDKのL字型の間取り
  • 参考のプランは39坪4LDKのL字型の間取りです。南玄関でL字型に庭を囲むような配置計画になるので南東側からの明るい光が建物に入るようにできます。リビングダイニングキッチンは18畳対面式キッチンで、ダイニングとリビングが一体化して広く見えるプランニングです。キッチンから洗面脱衣室の洗濯機も近いので家事動線もコンパクトで使いやすい間取りです。和室は独立して配置、8畳で広く日当たりと風通しの良い南東にある [続きを読む]
  • 41坪4LDKデッキ中庭のある家の間取り
  • 参考のプランは41坪のデッキ庭のある間取りです。4.5畳のデッキ庭を囲みながらリビングダイニングラウンジ的なスペース、和室などから出ることができます。2階のセカンドリビングからも見下ろすことができます。キッチンは対面式でバックカウンター収納も広く、パントリー収納が2畳あるのでさらに収納量が豊富です。玄関ホールには長いカウンターのシューズボックス玄関の広さを損なわずに収納量を増やします。またシューズクロー [続きを読む]
  • 39坪5LDK和モダンの家の間取り
  • 参考の間取りは和風住宅のプランです。リビングダイニングキッチンは、茶の間付きの対面式キッチン寝室は和室6畳になります。玄関ホールは3畳シューズボックスと土間収納が2畳たっぷりとした収納量が魅力的です。ダイニングキッチンは対面式でパントリー収納付きバックカウンター収納も量があるので収納量が豊富です。茶の間は和室4.5畳二階へオープンな階段を上ってあがります。二階の寝室は8畳でウォークインクロゼット3畳付き洋 [続きを読む]
  • 35坪4LDKパントリー収納のある間取り
  • 参考のプランは35坪4LDKの間取りです。シューズクロークやパントリー、リビング収納のあるプランで収納量に配慮しています。新築するとなると収納が気になるものです。理想の家は、3回建てないと出来ないといいますが、本当にその通りだと実感しました。特に収納量はこだわらないと後から増やせません。家を建てる事になり、私なりに本や雑誌など参考に間取りや建具などかなりこだわりました。でも実際住んでみて感じたのは、とに [続きを読む]
  • 41坪4LDK中庭のある家の間取り
  • 参考のプランは41坪4LDKの中庭のある間取りです。西道路で西玄関の間取りですが、南道路にも使用可能です。玄関ホールは3畳、南と中庭側から光を入れて明るい玄関になっています。明るい玄関ホールは家相風水上も良く朝にさわかやに外出することができる間取りになります。リビングダイニングはスペース分けされながらつながりを持て行くスペースで20畳の大きさがあります。リビングからもダイニングからも大きなデッキの中庭に [続きを読む]
  • 38坪3LDKリビング収納のある間取り
  • 参考の間取りは38坪3LDKリビングとダイニングが仕切れるプランです。リビングに来客があった時でもダイニングとリビングの間の引き戸を閉めることによって、ダイニングで食事することが可能です。洗面脱所にはダイニングから行きやすく土間収納や納戸やクロゼットなどの収納量も充実しています。土間収納は靴のほかにも、スポーツ用品や生活雑貨納戸的な利用ができる収納になります。スペースに余裕があるので風通しが良いのも良 [続きを読む]
  • 38坪4LDK家事室のある間取り
  • 参考のプランは38坪の北玄関、家事室のある間取りです。キッチンのサイドに家事室を設けることで主婦のキッチンスペースをより便利に広くすることができます。家事室は長く変わりなく利用できるのが良いところ学習コーナーとして一時的に利用して、そのほかの時期は家事コーナーに戻してお良いでしょう。私が家を建てた時は、子供が丁度小学六年生の頃で、正月の時期でした。当時の家づくりの主なコンセプトは下記の通りでした。子 [続きを読む]
  • カウンターバーのある家の間取り
  • 参考のプランは47坪のカウンターバーのある間取りです。ゆったりとしたLDKに大きなキッチンダイニングのスペースとは別にカウンターバーがあってお店、カフェのような部屋になります。家族や来客にバーを使ってもらいながら料理を楽しむという面白みのある間取りです。ホームパーティーの多い家庭の参考のプランになります。ハウスメーカーで家を建てる場合の体験談を紹介:私は注文住宅で家を建てたのですが、モデルハウスをも [続きを読む]
  • 30坪3ldk高齢者向けの平屋の間取り
  • 参考の間取りは老後に二人で住む平屋の家平屋は階段や段差がない家になるので高齢になった夫婦には移動距離が少なくてベスト。キッチンからの洗濯機への家事動線も近く移動距離を少なくすることに成功しています。数年前に新築のマイホームを建てた私が言えることは「見て素敵なのと、住みやすいのは違う」ということです。家づくりするにあたって、皆必ず展示会や内覧会に足を運ぶかと思います。実際に私達も何度も足を運びました [続きを読む]
  • 33坪4LDK学習コーナーのある南玄関の間取り
  • 参考のプランは3間間口の南玄関の間取りです。33坪で、建築コストを抑えながら部屋数を確保。リビングダイニングに学習コーナーもあり寝室は北側ですがに南に専用テラスを設けて明るくなります。家作りの上で間取りが大きな検討ポイントですが、収納も大きなポイントです。生活しているとだんだん物が増えていきます。収納が大きいと、ついつい溜め込んでしまい、収納庫が物であふれてしまうことになります。そこで、収納庫は移 [続きを読む]
  • 後から子供部屋を仕切る間取り
  • 参考のプランは36坪4LDKの一戸建て住宅。将来後から部屋を仕切るタイプの間取りです。後から仕切るのですが、仕切った後も別々に出入りができるドアをつけて収納を各部屋につけておきます。このときコンセントをつける壁も少しだけ残すのがコツ後から仕切るように照明も各部屋に分かれても良い配置計画にします家は一生に一度の大きな買い物です。家づくりをする際には、気持ちよく進めて、「いい家が建ったな」と自分でも満足でき [続きを読む]
  • 35坪4LDK2階リビングの間取り
  • 参考のプランは35坪の4LDK2階リビングの間取りです。2階にリビングダイニングを配置して景色の良い明るいリビングを実現した間取りです。2階リビングは天井を高くしてインテリア雑誌のような広々とした室内空間を得ることができます。ハウスメーカーでのローコスト住宅の家作りの体験談を紹介します。大手HMか地元の工務店かで悩みましたが、一生の買い物ならば納得のいくメーカーということで大手HMで決めました。大手HMで [続きを読む]
  • 部屋数の多い間取り
  • 参考の間取りは43坪5LDKの北玄関の間取りです。部屋数の多い間取りは家族の増加にも耐えられそして、四角い間取りは住宅のコストをおさえられます。コーディネーターさんの家作り体験談を紹介:家づくりを考え始めて実際に家が建つまでには3年くらいの歳月が経ちました。家づくりは人生で最初で最後と思っていたし、終の棲家にするつもりなので、じっくり時間をかけました。家に関してはインテリアコーディネーターの資格は持っ [続きを読む]
  • 36坪4LDK全室南向きの間取り
  • 参考の間取りは土間収納のある間取りでテラスの広い全室南向きの間取りになっています。自分の家を作っていくにあたって大変だったことはまずハウスメーカーの選択でした。休みのたびに色々なモデルハウスを巡り、それぞれのメーカーの人と話したり見積もりや図面を出してもらって比較しました。結局決め手となったのはあるメーカーに家の機能は落とさずに見積もり価格を下げてもらったことで、かつその担当の方が誠実な印象で信用 [続きを読む]
  • 将来二世帯住宅にできる間取り
  • 部屋数の多い間取りは将来に世帯に対応できます。例えば参考の間取りだと1階に8畳の大きな和室が独立して配置されています。リビングに和室を接するプランが多く見られますがあえて和室は独立したプランになっています。近くに納戸もあって収納量も豊富それとは別に2階には寝室と3部屋あるので部屋数も十分です。親との同居を好まない場合もあるのですが間取りで可能性を残しておくのもひとつの方法でしょう。建築士の方に頼んで家 [続きを読む]
  • 42坪4LDK収納の多い家の間取り
  • 参考の間取りは土間収納の大きな4LDKの間取りです。全室南向きで収納量も多いのでゆったりしたプランです。家を建てた体験談の紹介:私は3年前に家を建てました。その時のお話です。家を建てる前は2DKのアパートに住んでいて4人家族で住んでいました。1番下の子がまだ生まれたばかりで、産休中にやる事がなく活気のない生活に埋もれていくのが嫌で、前々からあった家づくりをしたいという気持ちから土地探しやオープンハウスの見 [続きを読む]
  • シューズクローク、物干し室のある間取り
  • 参考の間取り43坪の物干し室のある間取りです。リビングも大きく実用性と広さを兼ね備えています。全く「家づくり」の知識がなかったので家を建てる為に何がポイントになるか勉強しようと本を買い読み漁り、数多くのハウスメーカーのモデルハウスを周りました。しかし、知識が増えれば増えるほど、あれもこれもと希望が出て、ハウスメーカーが決定した後にその希望を伝えて見積もりを取ったところ、とんでもない高額なものに。そ [続きを読む]
  • 40坪5LDKローコスト住宅の間取り
  • 参考の間取りは40坪5LDKの総2階の間取りほぼ正方形なのでローコスト住宅のプランです。1階に大きな和室があるので、広く使える印象和室は洋室に変えても良いでしょう。祖間収納を小さくすれば、玄関から和室への入り口も作れます。新築の住宅、みんなの夢ですよね。真新しい家に初めて入るときのあのドキドキ感や、新築住宅ならではの匂いを嗅いだ時の満足感。たまらないものがあります。都会で住宅新築を考えることはなかなか難し [続きを読む]
  • 37坪4LDK畳コーナーのある間取り
  • 参考の間取りは37坪4LDKの畳コーナーのある間取りです。土間収納やパントリー収納など収納量も多く駐車スペースを北道路から並列で確保しているためL字型の形状の間取りになっています。住宅新築を考えているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。新築の住宅を建てる場合、まずはその新築を建てるためのハウスメーカー選びが重要です。ハウスメーカーによって、その坪単価も異なりますし、また家の仕上がりや間取りの考え [続きを読む]
  • 3LDKの収納の多い間取り
  • 参考の間取りは土間収納やキッチン脇に大きな納戸のある間取りです。2階にもウォークインクロゼットも多く、共用の物入れもあります。家作りではいかに収納を多くするかが大事です。住宅を新築する人は結構多いと思います。マンションを購入する人もいますが、やっぱり庭付きの一戸建てに憧れる人も多いです。ほとんどの人が購入資金は住宅ローンと貯金の一部だと思います。住宅のお金はそこで賄うことができますが、その後には必 [続きを読む]
  • テラスの大きな間取り
  • 参考の間取りはテラスの大きな4LDKの間取りです。和室はリビングに解放できる配置で階段は独立階段になっています。住宅においては中古住宅や新築住宅、賃貸住宅様々な選択がありますが、気楽さとこだわりを求めるのであれば新築を購入することをおすすめします。賃貸住宅だど借り物なので部屋をあまりいじることができません。また、中古住宅は前に住んでいた人のこだわりが詰まっていて、リフォームするのもどこまで変えるかとい [続きを読む]
  • 34坪4LDK物干し室のある間取り
  • 参考の間取りは34坪4LDKの2階建てのプランです。玄関ホールには土間収納、キッチンから洗面脱衣の洗濯機、階段を上って物干し室、物干しテラスへ家事動線に考慮された間取りになります。住宅を新築する際、土地も購入するとなると、気になるのは周辺情報です。そして、そんな時に重視するのは駅が近いか、スーパーや病院などの施設が近くにあるかといったことが多いのですが、意外と皆さん気にせずに後程影響があるのが、お隣さん [続きを読む]
  • 28坪2LDKのローコスト住宅の間取り
  • 参考のプランは28坪2LDKのローコスト住宅の間取りです。1階に広いLDKと2階に寝室と洋室の2室2人や一人暮らしにちょうど良い大きさの間取りです。人生で一回かもしれない家の新築は夢を叶えたいという気持ちがとても強くなるときだと思います。ですが、資金というのはみなさん限られていると思います。そのバランスを取るのがとても難しいと感じました。無理して家を建ててもその後の生活が成り立たないと、厳しいものがあります。 [続きを読む]